人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

【政治】 3月11日のうちに「翌日に福島でメルトダウン起きる」が菅首相(当時)にまで伝わっていたことが発覚

★事故予測、発生当日に菅氏まで伝達~保安院

・経産省の原子力安全・保安院は、福島第一原子力発電所の事故が起きた3月11日の夜に、「翌日にはメルトダウン(=炉心溶融)が起きる」という保安院の予測が、菅前首相にまで伝わっていたとの認識を示した。

 保安院は3月11日夜、「3月12日午前0時50分に原子炉の中の核燃料が溶け出すメルトダウンが2号機で起きる」という予測を文書にまとめ、官邸に送っていた。保安院はその文書を2日に公開したが、保安院・森山災害対策監は3日、その内容は3月11日午後11時頃には、当時官邸に詰めていた海江田前経産相から菅前首相に伝えられていたとの認識を示した。これらのデータが、周辺住民の避難指示に役立てられたかどうかはわかっていない。

 事故については、被害の拡大防止などが適切に行われたかなど、事故調査委員会が年内にも中間報告をまとめる予定。

 http://news24.jp/articles/2011/09/03/07189922.html

事前に知ってたのにあの一連の対応もっと避難や汚染防止とかに役立てられたはずなのに…
このことについて皆はどう思うかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 なぜ今頃このことがニュースとして流れるのかというと、原発事故の最大の責任者が、自分の責任を回避しようとしいてるだけのことです。

まちがいありません。
 
 世界中の専門家が水素爆発、メルトダウンを予測していたことは、もう周知の事実になっています。でも、政治家には原発のしくみなんかわかるはずはなく、事故の一番の責任は東電と保安員にあるのは当然です。首相からの支持を待つまでもなく、即刻住民を退避させるべく、マスコミも総出で警報を鳴らすべきでした。なのに菅総理の退陣までこのニュースを隠しておいて、ほとぼりが冷めてから出せば、責任を事故当時の菅首相に負わせることができるという、セコイ考え方です。まちがいありません。

 仮に「メルトダウン」という言葉を伝えたとしても、メルトダウンすると、どんなことが次に起こるのかという説明はしてないでしょう。水をかければすぐに冷温停止できますとか、軽くごまかしたのです。まちがいありません。

 私はべつに菅前首相を支持はしませんが、東電・保安員が隠蔽工作をして、損害賠償を逃れようとしているのが見え見えです。まちがいありません。
    • good
    • 0

意味ないでしょう。


原発の危険性・核燃料の恐ろしさ、メルトダウンの危機・・・・・・我々を含め、総理も知らなかったのではないでしょうか。
絶対安全・絶対安心、電源喪失もメルトダウンも日本ではあり得ない!が3月10日までの原発の常識ですから。
クリーンでエコの低コスト発電、それが国策であり原子力発電のすべてです。危険性、深刻事故・高濃度放射性汚染の恐怖などの暗部については、公表せず、研究もせず、存在すらせず、深刻事故を想定した避難・復旧訓練すら行われていません。
某国から、核ミサイルの発射の可能性の報告でしたら、すぐに国防省はじめ、各自衛隊への指示はすぐに各部隊に即刻指示されたと思います。
    • good
    • 0

メルトダウンが伝わっていて、それを政府が公表したとしても現在までの状況に変わりはなかったのではないかと推測します。



ただ、自衛隊のヘリからの散水はよろしくなかった。隊員は必死でも、菅にしてみれば対外国へのパフォーマンスだったんじゃないのかと疑います。
水を送るのなら現に活躍したコンクリート圧送車でよかったけれど、それについての障壁がわかなない。
自衛隊にだって、建設部隊がいるんですけどね。

政府発表と現地では大きな違いがあって、3月11日の晩だか翌日には県警警察官が防護服を着て、現避難区域に入って避難誘導を始めていた映像がありました。東電から大量の氷が発注されたこともわかってきています。避難指示が発表される前だったから住民は何事かと思ったらしいし、氷の業者も時期外れの発注量の多さに驚き、それも東電からなので意味がわからなかったらしい。まさか、燃料棒の冷却用とはね。
水素爆発前には、原発敷地内に既に陸自が入っていたとも聞きました。
現地では初動でとりあえずはやっていたことになります。
茨城のバス会社だったかな搬送にあたったのは。注文したのは、国交省?経産省?あれ、どっちかです。

どこの国でも混沌とした騒ぎを防ぐには、情報の統制や操作は「有り」と思います。
この事はいい方に考えなくちゃいけないとも思います。
「メルトダウンしました」と発表されなくても、まるで影響の及ばないような人達までが知っての通りの騒ぎです。まずは、スーパーから水が消えましたよね。

今回は、民主党政権下でなくても同じであったと思います。谷垣なんかホッとしてんじゃないのかな。
    • good
    • 0

理解力も判断力もない人が日本の責任者だったというのが、


一番の悲劇だったと思います。
3.11以前から、その無能さや、外国人献金の話など、
いろいろ取沙汰されていましたのに、「首相をころころ変えてはいけない」
「こんな有事の時に政争とは」という、筋の通らない話で、菅さんをだらだらと
延命させ、無用な健康被害を受けさせられた、また、家・仕事・家族の未来像が変わってしまった、
福島周辺の方々の怒りや悔しさを思うと、本当に、今回のこの情けない対応しか、
政府として取れる方法はなかったのか、疑問だらけです。

 しかし、その菅内閣で、連帯責任があると思われる方々が今回も中心になって、
野田内閣が出来ました。菅内閣を延命させた責任、全てが後手に回る対応に、
助言も出来なかった面々に、これから、菅内閣以上の対応が出来るか
とても信頼はできません。

 しかし、世論調査では野田内閣の支持率は7割近くとか。民主党の支持率も
V字回復だそうです。
 どっかおかしくないですか?
 何かおかしくないですか?

事故調査委員会が、今回の対応のまずさをきちんと検証し、今後の原発事故に、
的確な対応が出来るような報告を期待するしかないと思われます。
そうしないと、福島第一の被害者は、精神的にも肉体的にも、速やかな
回復が出来ません。大事なのは、皆が忘れず、何があったのか、何をすべきで、
誰がしなかったのか、正しい検証から目をそらさないことではないでしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング