こんばんは!
「宇宙はつねに(徐々に)広がり続けているから、
宇宙に果てはない。」
と聞きました。これは本当なんでしょうか?
それと、こんな話も聞きました。
「今は宇宙は広がっていっているが、いつかは
逆に宇宙は縮まっていく。」
この説を信じる人たちはいるのでしょうか?
もしくは、これは学会などで認められているのですか?
あと、宇宙が縮まっていくと、
地球などの惑星はつぶれてしまうのでは?
もし地球などの太陽系の惑星が全てつぶれてしまっても、
また惑星(地球や太陽のような)は
できるのでしょうか??
教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私も詳しいわけではないですが、最先端の宇宙物理学のトピックの一つだと思います。


今現在は、空間そのものが広がり続けています。
これはどういうことかというと、私たちから遠い星ほど、早く遠ざかっていくという事実がありまして、これは空間そのものが広がりつつあるからに違いない(つまり、空間そのものが広がりつつあるなら、遠い星ほどその間の空間も大きくなるのです)と考えてのことです。

宇宙は、その始まりは、ほんの小さな小さな点で、それが急速に大きくなってできたと考えられています。
これは、現在宇宙が広がり続けていることから、逆算して、過去にはこうだったのだろうと推測した結果らしいです。

この膨張の具合が、将来も変わらず、同じように広がっていくか、それとも広がり方が加速していくのか、はたまた広がり方がだんだんゆっくりになっていって最終的に縮まっていくようになるのかというのは、現在研究のなされるところですが、
今のところの研究成果では、どうやら縮まることはなく、少し加速気味に広がっていくのではないかというような記事をちょっと前に見た記憶があります。
もし、宇宙が縮んでいくようなことがあっても、それは遠い未来の話で、縮みすぎた宇宙が現実になるずっと前に、地球は太陽に飲み込まれてしまうとおもいます。(太陽の寿命の方が先に来るのですが、その前に太陽が膨張して、地球が飲み込まれてしまうのです。といっても相当先の話で、そのときに人類が存在するかどうかも怪しいのですけど)
宇宙の大きさがある程度までは、現在のように、恒星や惑星もできるでしょうけど、本当に小さく小さくなってしまった場合は、惑星や恒星はできなくなり、また存在できなくなるでしょうから、「つぶれる」というのはないように思います。

詳しくお聞きになられたい場合は、物理学のカテゴリでご質問になられたらよいと思います。
    • good
    • 0

宇宙に興味を持たれたのですね。



超弦理論やM理論や膜宇宙論などを検索して調べて見られたら面白いと思いますよ。

私たちが現在知っている宇宙に関する事柄はまだまだ理論の段階です。真実がどうなのかは、まだ解明されてはいません。
なので、質問の内容がホントともウソとも言えないというのが本当の所でしょう。
目に見える現象から仮説を立て、理論を構築し実験によって実証するのが科学ですが、宇宙については今現在、理論を構築している段階なのです。

自分が生きているうちに解明されると面白いなとは思うのですが、世界の天才たちに頑張って欲しいですね。では。
    • good
    • 0

こんばんは。

知っている範囲でお答えいたします。宇宙は広がりつづけている、という事については、現在では定説になっていると思います。今後としては、3つのパターンがあります。
1.永遠に広がりつづける宇宙・・・この場合、物質の密度はどんどん希薄になり、ついには、空にひとつも星が見えなくなる、というイメージです。
2.一定の状態でバランスを取り、伸縮をしない宇宙
3.縮まってゆき、最後に点になってしまう宇宙
どの状態になるか、という決め手は、宇宙にある物質の量によるそうです。地球に重力があるように、物には物を引きつける力があります。宇宙が爆発力によって広がっているとした場合、もしも物質による引き付け合う力の合計が、宇宙が広がろうとする力よりも大きければ、いつかは広がる事をやめて、逆に物質同士の引き付け合う力で縮んでゆく、という事です。
宇宙にある物質の量は、星など、観測できる対象に対しては、計算が出来ているようで、答えは、縮むだけの量は無いという事です。しかしながら、目に見えない物質、と言われる物があるそうで、例えばブラックホールなど、そういったものの量がきちんと計算できていないようです。こういった未知の物質が科学の力で解明されてゆけば、必ず答えが出る問題だと思います。
    • good
    • 0

私も素人です。

ですので、学校で聞いた話です。

>「宇宙はつねに(徐々に)広がり続けているから、 宇宙に果てはない。」

思うに、果てが無ければ、何が広がっているの!?
(↓ここからが聞いた話です。)
宇宙の広がりの早さに追いつく手段が無いので、
宇宙の果てがどこにあるのかを実際に観測することはできない。

>「今は宇宙は広がっていっているが、いつかは 逆に宇宙は縮まっていく。」

これに関しては、私は聞いたことありません。
    • good
    • 0

わたしも素人なので違うかもしれませんが・・・



「宇宙はつねに(徐々に)広がり続けているから、
宇宙に果てはない。」

広がり続けているから果てがない、と言うのはちょっと違う気がします。
時空として閉じているから果てがないんだと思います。
地球の表面をどこまで行っても果てがないのと似ていると思います。

「今は宇宙は広がっていっているが、いつかは
逆に宇宙は縮まっていく。」

確かにそういう学説はありますが、最近の観測結果からは、永遠に膨張し続けるという学説のほうが有力になってきているようです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q星・宇宙の画像が見たいです

夜中は星や宇宙に関する画像が見たくなります☆
みなさんのオススメの宇宙などの画像が見れるサイトを教えてほしいです!
よろしくおねがいします

Aベストアンサー

↓国内のサイトですが、NASAの写真を紹介しています。
http://v4epon.ld.infoseek.co.jp/nasaToday.html


↓日替わりで美しい写真が楽しめます。バックナンバーも見られます。
http://antwrp.gsfc.nasa.gov/apod/astropix.html


↓ここも楽しいです。
http://www.spaceweather.com/


↓彗星専門のページ
http://cometography.com/index.html


↓太陽の様子をリアルタイムで見るならココ。
http://sohowww.nascom.nasa.gov/data/realtime-images.html


↓月のクレーターなら
http://www.lpi.usra.edu/resources/cla/


↓国内のアマチュアが撮った写真がメインです。
http://www.astroarts.co.jp/gallery/index-j.shtml

Q地球・月・太陽の偶然?

皆様初めまして。
先日、偶然ラジオを聞いていると何かのCMで

「もし、地球と太陽の距離が『もう少し』近かったら、地球上に水はないでしょう。
もし、地球が『もう少し』小さかったらあらゆるものを引き付けている引力が小さく今のような状態にはなっていないでしょう。
太陽から地球と同じくらいの距離にあり、地球より小さな月には、人類も水も確認されていません。
地球は偶然、絶妙の距離と大きさを備えています。」

・・・(ちょっと説明下手ですが)というものです。

そこで気になるのは『 』部の『もう少し』と言うセリフです。

『もう少し』の距離や大きさってどのくらいなんでしょう?

勘は困りますが、アバウトでもいいので教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、地球は今の重さであるからこそ今の軌道を取っています。
重さとは、物と物が引っ張り合う力なのです。
よって、地球の大きさや組成が同じのまま太陽との距離が変わることはありません。

さらに地球上の話ですが、夏と冬は暖かさが違いますよね。
また、南極は寒いですが、赤道は暖かいですよね。
これらは地球の傾きにより日照時間による差によるもの、と考えられています。
一概に住める、といっても暖かい赤道付近だけ住めるという可能性もあるわけです。
これ以外にも生命が生きる条件には水や空気、宇宙から届く放射線など
様々な条件がからむので"ざっと計算"はできないのが実情です。






と、いうわけで。これらの諸々の条件を勘案した研究も行われています。
一般的な仮説では、生命が生きられる距離(ハビタブルゾーン)は
「太陽系ならば0.97~1.39au」となります。(もちろん異論は多数あります)

auは天文単位。平たく言うと地球と太陽との距離です。
金星は0.7くらい。火星は1.5くらいですね。

もちろん、これが絶対に正確とは言い切れません。我々人類が気づいていない、
もっと重要な要素があるかもしれないですからね。









あんまり哲学カテゴリーっぽくないので、少し余談です。
哲学上は「人間原理」という考え方があります。
近~現代の物理学者が考え出した概念です。


この考え方では地球が偶然出来て、人間が偶然生まれたとは考えません。
今の地球だからこそ人間が生まれ、人間が観測したからこそ、今の地球の姿が
解っていると考えます。

もし、地球が別の形であれば、単に別の生き物が生まれていたか
あるいは生命が生まれていなかっただけなのです。

その観測されない宇宙も可能性の上で存在しているかもしれませんが、
誰にも見つからない宇宙を語ることにあまり意味は無いのかもしれません。
観測者が居るという事実こそが重視されるのです。

そもそも、地球は今の重さであるからこそ今の軌道を取っています。
重さとは、物と物が引っ張り合う力なのです。
よって、地球の大きさや組成が同じのまま太陽との距離が変わることはありません。

さらに地球上の話ですが、夏と冬は暖かさが違いますよね。
また、南極は寒いですが、赤道は暖かいですよね。
これらは地球の傾きにより日照時間による差によるもの、と考えられています。
一概に住める、といっても暖かい赤道付近だけ住めるという可能性もあるわけです。
これ以外にも生命が生きる条件には...続きを読む

Q宇宙の画像が欲しい!!

富士通のFMV LOOXのノートパソコンで見た
スクリーンセーバーだか壁紙の
宇宙の画像がどうしても欲しいんですけど、
入手方法はありますか?

その画像じゃなくても、
宇宙の画像ならいいんですが。。。
地球らしき物体の向こう側から、
光が見えてきて、
宝石の指輪みたいな画像がほしいんです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

宇宙の画像が欲しいならば、グーグルのイメージ検索をしてみましょう。

http://images.google.com/images?num=100&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&c2coff=1&q=%E5%AE%87%E5%AE%99&sa=N&tab=wi&lr=

Q太陽滅亡寸前、地球人はどう逃れる?

科学に携わっている方に質問です。

○十億年後、太陽がなくなり、太陽系も地球も滅亡寸前と仮定して、

地球人はどうやって生き残りを図れるでしょうか?

説によると、地球人をDNAレベルに落とし込んで他の惑星に
不時着させ、文明を築くのを待つ、
という話を聞きましたが、ほかにどんな方法が考えられるでしょうか?

○十億年後なんて人類生き残ってないよ、という回答はなしで、
お答えください。

Aベストアンサー

今の陳腐な次元認識を遙かに超えたもはや人類とは言えない意識生命体を創造してそこへ待避するでしょう。重要なのはDNAではありません。より高次元の認識を獲得して、銀河系に君臨します。

脳の解明と同時に時間軸の完全な理解と次の次元への意識の侵入が進みます。
肉体はもはや必要としません。

いずれ自分が宇宙なのか宇宙が自分なのか区別がつかなくなるでしょう。

Qスペースシャトルから見た地球や宇宙の画像を見れるサイトを教えて下さい。

スペースシャトル若しくは衛星から見た地球や宇宙の画像を見れるサイトをご存じでしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

最初に紹介した
JAXAの中で
このように、いろいろと地球画像あるんですけどね
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/library/
http://www.eoc.jaxa.jp/topics/tp0503/index.html
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/gallery/region/index.html
http://www.eoc.jaxa.jp/experience/calendar/eoc_calendar_2005_j.html
同じくNASAにも沢山ありましたけど
多くありすぎて載せませんが
他には
http://v4epon.ld.infoseek.co.jp/
http://the-cosmos.org/epod/2005/01/2005-01-04.html
http://n-kishou.com/ee/weather/u_kisyoudai.html

Q宇宙から見た地球は砂粒に過ぎなかった

  
宇宙の彼方からはやぶさが捉えた地球はまるで砂粒のよーであった。

あまりに小さな世界。

同時に別の考えが浮かんだ。

もしこの世界が完全な連続体であるなら世界は相対的なものとなり、目の前にある砂粒の中にも文明は存在し、毎日四苦八苦して生きる人間がひしめいているのではないかと。





             はやぶさが捉えた地球

Aベストアンサー

砂粒をバカにしましたね。

砂粒にも五分の魂といいます。

砂粒の中にも、無限の宇宙が広がって
いるんですよ。

砂粒の中に、人間がひしめいているかは
しらないけど、何かがひしめいている
ことは確かでしょう。

Q宇宙をかける少女のブレインコロニー(レオパルドとか)の画像をできるだけ

宇宙をかける少女のブレインコロニー(レオパルドとか)の画像をできるだけたくさんください。

Aベストアンサー

こんにちは。

ください、とはどういう意味でしょうか。
個人的に受け渡しをして欲しいということでしょうか?

画像が欲しいだけならGoogleの画像検索で「ブレインコロニー レオパルド」と入力してみては。
いっぱい画像ありましたよ?

Q地球も宇宙も他人も建物も、全てを自分が創造?

とても、わかりやすいブログ記事がありました。下記。
他人でGoogle検索したりしても、出ますが・・・。
その内容は、「自分が全て=宇宙=他人=建物を創造している。」というようなものです。

タイトルは、入りきりませんでしたが、全てを自分が創造している?というものです。

しかし、他人はほとんど、こう言います。
「それは有り得ない。」「常識的に言って、貴方が創造しているわけではない。」
「貴方は神ではない。」(←これは大げさですが。)

自分が創造している=創造主=創造神だとすれば、自分=神のようなものになってしまう、というわけです。

また、自分、という漢字は、「自ら=大本、宇宙誕生前の存在」を、「分けた」という意味で、
つまり、大いなる存在が分裂して、分かれた結果が、自分だと言うことになるでしょう。

誕生日、という漢字は、誕という意味が、「おおげさ、嘘」というような意味で、
生まれたのは嘘な日、という意味になります。
つまり、確かに肉体が生まれたのは、自分の誕生日ですが、本当はその前から存在しているというのが本当=真実だということになるでしょう。

また、シュレディンガーの猫の実験では、箱の中の猫は、開けてみるまで状態が確定しないらしい?
これって、自分のいる空間の、遠くにいて家の壁があったりしたら、見えないところにいる他人は不確定だということなのでしょうか?
また、他人に限らず、遠くにある駅とか、遠くにあるマンションは不確定だということなのでしょうか?

私は、幻覚体験を多く体験しましたが、幻覚の建物が一時的に出現しました。
ドアを開けて、中へ入り、階段を登って3Fまで行けました。
しかし、それらが幻だとしたら、ホンモノの建物の上に、幻覚の建物が出現したというわけですから、
幻のドアを開けて、中へ入ろうとしたら、ホンモノの壁にぶつかるはずです。(当時ドアの場所に壁があったことを確認しました。)
しかし、ぶつかりませんでした。つまり、幻覚の建物と、ホンモノの建物は、「入れ替わった」のです。
つまり、2つの建物は幻であり、自分が原因かは不明ですが、「創造されて現実は存在する。」と言うと、説明がつきます。

他に不思議なのは、PCの変化。Dropbox内に知らないグロ動画があったり、(すぐ削除してしまった。核汚染の少年。)
HDDの説明が、「大きなもの」「小さなもの」になっていたり、(OS再インストールして正常に。)
知らない動画が複数入っていたり(調べると有料動画で、映像も汚い。不完全に創造された?)・・・。

また、去年の5月ですが、11日間だけ、新機能がついた携帯になりました。新機能とは、一文のニュースが流れるものです。しかし、元に戻りました。機能無くなりました。創造か幻覚か不明ですが。

神は、絶対的?らしく、1つしかなかった。だから、相対性?2つの比較できる世界=今のこの世、この宇宙を創造したらしいです。

その上で、自分だけに意識があるのか?それとも、他人にも意識があり、他人も自分と同じように生きているのか?(常識論)
わかりませんが、、、、

結局、本題の質問は、下記文章を読んだ上で、
「地球も宇宙も他人も建物も、全てを自分が創造しているのか?」ということです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
http://plaza.rakuten.co.jp/loran/diary/201303140000/

現実の創造主は自分。
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年、自分の感情体と意識体を手放すことが出来ました。

感情体も意識体も自分ですから、出て行った後は完全に動けなくなりました。

腰痛持ちなので、スゴイ腰痛が一気に襲って来ました。

いままで意識体が、懸命に頑張って助けてくれていたことが分かりました。


感情体と意識体が消えた時、自分が創造主であることが分かりました。

これは、一瞬で感じたことです。


自分はもちろん、家族も友人も、敵も味方もすべてが自分の創造でした。

なんと、地球も宇宙も自分の創造でした。


それが分かったら、腹が立つことが無くなりました。

なぜなら、腹が立つことを創造しているのは自分だからです。

もしも、誰かに傷つけられたとしたら、その誰かを創造したのも自分です。

ですから、自分が嫌な創造をしなければいいのです。


それで、自分以外に期待することをやめました。

他人に気兼ねや遠慮することもやめました。

自分が本当に望むことをするようになりました。

肉体に我慢や犠牲を強いることをやめました。


その結果、とても平和で穏やかになりました。

肉体もとてもリラックスしています。


誰でも自分の人生の創造主です。

平和になるのも幸せになるのも、自分が実現します。

神仏は、それが学びなので、決して助けてくれません。


あなたも、自分が創造主であることをお楽しみください。

とても、わかりやすいブログ記事がありました。下記。
他人でGoogle検索したりしても、出ますが・・・。
その内容は、「自分が全て=宇宙=他人=建物を創造している。」というようなものです。

タイトルは、入りきりませんでしたが、全てを自分が創造している?というものです。

しかし、他人はほとんど、こう言います。
「それは有り得ない。」「常識的に言って、貴方が創造しているわけではない。」
「貴方は神ではない。」(←これは大げさですが。)

自分が創造している=創造主=創造神だとすれば、自分=...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが見ている全てのものは、あなたの頭の中の現象なのです。
『それは外の世界を反映したもの』などという仮説は、実証手段を持ちません。
逆に、あなたが死ねば全て消滅するという事実が、先の言明の証明です。
もし、あなたが死後あの世で目覚めたら、これは間違っていますが。

ただ、この造物主は、全知全能ではなく、むしろ不完全ゆえに、
本来、絶対的に確定化しようとすると無限不確定性(=無)に発散
する不確定性原理を、経験的に現象表面的に(本質まで確定せず、
いい加減に)捉える事で、有限な性質=存在=宇宙を派生させて
いるのです。
その不完全な認識ゆえに、自己存在の補完としての環境を把握できず、
肉体的な自己チューな意識に萎縮し、その短絡的な意志において、
自己矛盾として環境とぶつかる(物体)のです。

QNASAが発表した初期宇宙の画像は楕円形だけど・・・

2003年2月11日にNASAが発表したWMAPの観測データによって、宇宙の年齢が137億年であることなどいろいろわかりましたが、そのときの初期宇宙の画像は楕円形をしています。NASAのサイトを見ると、「ちょうど地球の地図でもあるように、全天候を投射するために楕円形をしている」と訳せるようなコメントが小さくありますが、これは結局、誕生時の宇宙は球で、ラグビーボールのような楕円ではないということなのでしょうか?どなたかご存知の方、ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

おはようございます。

あのデータは宇宙の形とは全く関係ないものです。
衛星が全天球をくまなく観測するとデータ自体は本来球形になります。
http://www.astroarts.co.jp/alacarte/kiso/kiso02-j.shtml

その3次元であるデータを2次元である紙や画面に現すにはちょうど地図のようになんらかの図法でデータを変換しないといけません。
そして今回は以下のような図法で表記したのだと思います。
http://homepage1.nifty.com/ptolemy/projection/prj17.htm

宇宙の形ですが宇宙自体は3次元ですので厳密には球ではなく超球だと思います。

Q宇宙はビッグバンから始まって、地球環境も偶然自然にできあがって、生命は

宇宙はビッグバンから始まって、地球環境も偶然自然にできあがって、生命は海から偶然誕生して、人間は猿から進化した進化論を、真実だと思いますか。

それとも、全智全能の存在(神)が、すべてを創造と思いますか。

他の考えのある方も教えてください。

Aベストアンサー

ビッグバンの事は多分、宇宙が膨張し続けているから、最初はこうだったのではないかという
推測に過ぎないと思いますよ、断言は出来ませんけどね
まだそう言う段階ですから人間がどうやって出来たかなんて分るのはまだまだ先の事ですね
存在する確率はものすごく小さいんですよ、だから何らかの力が働いて出来たと思うことは自然
な事なのです、それを神とか創造主とかよんでいるだけの事ですよ
まあ、個人的には神を信じてますけどね・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報