新規無料会員登録で1000名様に電子コミック1000円分が当たる!!

私はニュースリムを一日四錠、ダイエットパワーを一日三錠飲んでいます。
もちろん、これはきちんとした物を食べ、ウォーキングをやりながら補助としての感覚です。
今日、職場のおばさんにこんな事を言われました。
「サプリメントばかり飲んでいたら肝臓壊すし、こんなの作っている会社が儲かるだけだ!!」
私は「そんな信憑性ない事で何故言われなきゃいけないんだ!?」って思っています。
そんな素人の発言を信じていいのかさえ感じます。
実際はどうなのでしょうか!?
サプリメント飲んでホントに肝臓壊すのでしょうか!?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>サプリメント飲んでホントに肝臓壊すのでしょうか!?



サプリ剤は「有効な成分のみを錠剤に出来ない」ので、何らかの「余計な物」も含まれてる。

それら「余計な物」ってのは、たいていは「肝臓で分解しなければならない、化学物質などの人工物」だったりする事もある。

つまり「自然の食品から採るべき物を、サプリで採ると、どうしても、肝臓の負担が増える」って事になる。

で「肝臓の負担が限界を越える」と「肝臓が壊れる」って事になる。

何かを錠剤にする為には「でんぷん」を使って錠剤にするので、多量に飲めば「でんぷんの摂取過多」で、健康に良くない筈。

少なくとも「食品以外の物を摂取する限り」は「強制的に身体の栄養バランスを変えている」のは間違いなく、どこにどんな影響が現われるか、誰にも判らない。

もし「今飲んでいるサプリを30年飲み続けると、健康被害が出る」って場合、そのサプリが発売から30年経ってない物なら、30年飲み続けた人が居ない訳だから、誰も「30年後に危険だと言う事に気付けない」事になる。

今、薬害が出て被害者が居る薬品の殆どは「発売してから暫くの間、誰も危険な物だとは気付けず、役所が安全だとして許可を出していた物ばっかり」です。

貴方が今飲んでいるサプリが「危険じゃない、安全な物」である証拠は、どこにも無いのです。

危険な物だったのか安全な物だったのかの証明は「飲み続けて、取り返しが付かなくなった、十数年後の貴方の身体」によって行われるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今、両方とも開封してしまっているので、まずはダイエットパワーを完全に飲みきり、その後ニュースリムを完全に飲みきったらしばらくは食事だけにします。

お礼日時:2011/09/05 19:27

簡単に言うと サプリメントは 補助剤なんだよ。


食事等で取れない分を補うという事。
十分食事で取れているのに サプリメントを飲むのは
身体に良く無い。(理由は他の方が回答されているので割愛)

良くいうでしょ?
限度ってのがあるって。
赤ワインでポリフェノールが良いって聞けば
ガンガン飲む人。
何事も適度にって事。
過剰摂取は良く無いって事さ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
結構食事でとれていない分があったので飲んでいますが、最初に開封したダイエットパワーが残り数日で終わり、ニュースリムも開封しているため、全部飲みきったら後は食事だけで様子を見てみることにします。
後、親が「わかんせんを飲んだ方がいい」と言ってきたのですが、わかんせんはダメですか!?

お礼日時:2011/09/05 18:40

サプリメントは有効成分の他に、添加物や保存料、凝固剤が入っています。


この化学成分が肝臓に負担を掛けると思います。
無添加のサプリメントをオススメします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
わかんせんは飲んでも大丈夫ですか!?
質問に記載した上記のサプリメントは既に開封していて、ダイエットパワーは残り数日で終わりにし、ニュースリムに切り替えて残りをすべて飲んだら食事だけでしばらく様子を見る事を考えていますが、親が「わかんせんを飲んでみるといい」と話してきた事があるので、わかんせんが大丈夫かどうか気になります。

お礼日時:2011/09/05 18:45

 サプリメントばかりを信じて飲み過ぎると肝臓に負担が来る物があります。

摂りすぎは危険です。
 必要な量が入る分には問題無いのですが、食事や飲み物で摂取できるものがサプリメントで摂ると必要以上に体に入り、排出しようとします。場合によっては蓄積されていきます。少量なら問題が無いものが、多く溜まると毒と同じように作用する危険性もあります。

 まず、基本は食事。どうしても不足気味なものだけを摂るが、規定以上の摂取はしないこと。

 それとダイエットサプリは人によっては合わないこともありますし、中国製のものは時々とんでもない薬品が入っていて、毒を入れられているのと変わらない状態になりますので、当然やせます。でも体に危険なので死に至るケースも。
 それと、組み合わせも注意です。二種類も飲んでいますが、一種類に絞って下さい。過剰摂取の危険性がありますし、効き目が高い成分を帳消しにされる危険性もあります。まずどちらかに決めて、それの効能を確認しつつ続けてみて下さい。体調の変化で悪い反応があれば即中止して医師の診察を。

 これらのことは調べれば危険性も出てきます。肝臓は様々な物を分解処理をしています。しかし、この臓器は沈黙の臓器と呼ばれ痛みなど感じません。影響が出ると黄疸などの症状が出てきます。これはすでに危険な状態になっています。血液検査で肝臓の数値に以上が出れば本当に大変です。
 
 おばさんの言っている事は正しいです。ワイドショーなどでも取り上げているはずですから。女性週刊誌でも出ているかな?サプリの過信は禁物です。正しく飲む事も考えましょう。

 女性はホルモンバランスを壊すとまた別の問題も出てくるから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
間違ってなかったんですね。
ダイエットパワーがもう後何日かで終わるので、まずはそっちだけを飲みきり、終わった時点でニュースリムに切り替えてそれでやめます。

お礼日時:2011/09/05 18:01

カテゴリーが違うよ。



健康カテの方がより詳しい回答をもらえるかも。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
気づいた時には既に遅く、自分ではカテゴリーの修正ができなくなっていたのでそのままにしました。
後は運営側でかえてくれるのを待つだけにします。

お礼日時:2011/09/05 19:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサプリメントをたくさん飲むと肝臓に悪い?

私はサプリメントを10種以上毎日飲んでいました。健康診断では、いつも肝臓の値が悪く、近所の内科ではサプリメントをやめるように言われました。三ヶ月前に開腹手術を受け服用は中止していましTが、現在は肝臓の値は正常です。まだ、食事量が少ないのでサプリメントを再開しようと外科医に相談しましたら、okと言われました。どちらが正しいでしょう?肝臓の値とは、γ-GTPです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

サプリメントと云ってもピンからキリ迄です。痩せるサプリ、などと謳われており飲んだら死んでしまった、などと云う某国製のものもあった。また、肝臓に良いから、との謳い文句に誘われて少し飲み過ぎたら重篤な肝障害を引き起こし、中には死亡者まで出たものもある。

かと思えばサプリメントの有効性で、癌の標準治療群との生存率の違いにも面白い結果がある。
愛知がんセンターの中里博士らが、胃癌のII期、III期の患者らに癌の標準治療(手術・抗癌剤・放射線治療)された方々と、其処に免疫療法をしたものと比較した統計を出した。
標準治療群は、5年生存率 57% 7年生存率 55%
免疫療法群は、5年生存率 72% 7年生存率 68%
であった。
そのデータに、胃癌摘出の手術はしたが抗癌剤・放射線を拒まれて、サプリメント療法に頼った同じ病期の胃癌患者240人から、無作為に86人を選び同じ統計に重ねてみると、
サプリメント療法群は、5年生存率 89% 7年生存率 85% 20年生存率 75% であった。

サプリメントの種類は、十数種類に及び、飲む量も栄養所要量の十数倍~百倍以上にも及んでいる。そうしたメガドーズに反論される方も多いと思う。しかしながらその患者達、サプリメントを否定されたら生存率が統計通り標準治療群の域に下がって、亡くなられてしまう方々が増える、と結論できる。

サプリメントは厚労省の分類では「食品」に区分けされる。母乳を与えられない乳幼児にミルクを飲ませるのは、医師も栄養士も異論を唱えない。ミルクは母乳を真似て作られたサプリメントと云っても過言ではない。

γ-GTP上昇の原因はアルコールや薬物代謝に限らず、胆石や脂肪肝(肥満の人に多く観られる)で上昇することも知られている。サプリを休んだら、γ-GTPが下がった! と考える前に、今一度冷静に、数値が下がった原因を調べられる必要があると思います。
γ-GTPの基質はグルタチオン(システイン・グリシン・グルタミン酸)であり、タンパク不足からγ-GTPの基質『グルタチオン』産生が減り、数値の低下もあり得ます。この不足に因る低下は、良好な低下ではなく見せ掛けの数値であることも多い。

サプリメントの再開についてですが、病後の回復には栄養補給が欠かせません。選択は良品のサプリメントです。
一冊の本を紹介します。栄養医学ガイドブック Gakken マリアクリニック院長 柏崎良子著  サプリメント(栄養素の解説)、検査数値について、病気とサプリメント療法(処方と推奨量も含む)
先に示した癌患者の生存率についてですが、このドクターも統計結果は体験を通して熟知されています。
是非、ご一読あれ。

サプリメントと云ってもピンからキリ迄です。痩せるサプリ、などと謳われており飲んだら死んでしまった、などと云う某国製のものもあった。また、肝臓に良いから、との謳い文句に誘われて少し飲み過ぎたら重篤な肝障害を引き起こし、中には死亡者まで出たものもある。

かと思えばサプリメントの有効性で、癌の標準治療群との生存率の違いにも面白い結果がある。
愛知がんセンターの中里博士らが、胃癌のII期、III期の患者らに癌の標準治療(手術・抗癌剤・放射線治療)された方々と、其処に免疫療法をしたものと比...続きを読む

Q飲酒しないのにγ-GTPだけ高いのはなぜ?

先日会社の健康診断がありました。その時の血液検査結果がとても心配なんです・・・。
私は38歳女性、身長163cm、体重68.5kgです。現在ダイエット中で、腹八分目を心がけ毎日30分ジョギングをしてます。この2ヶ月で何とか5kg程やせました。
少々肥満とは言え、昔からとても体力があり病気知らずの私。当然、健康診断では肥満を指摘されはしてもそれ以外は「全項目異常なし」だろうと信じていました。
が、γ-GTPが104 U/lもあったのです(女性の正常値は8~32)。GTP、GOTはそれぞれ24 U/l、21 U/lと正常でした。
私はお酒を滅多に飲みません。最後にアルコールを摂取したのは、今回の検査から遡ること2ヶ月半も前のことです。
(質問1)肥満を解消するため、運動と栄養に気をつけ、規則正しい生活をし、飲酒しない私のγ-GTPが異常数値だなんて、一体どういう原因が考えられるのでしょうか?
(質問2)中国製ダイエット薬「せん之素」で肝機能に異常をきたし死亡した人がいる、という報道が今されていますが、私も2年近く前に服用しました。2~3週間だったか或いは1ヶ月位だったか、よく覚えていないのですが。体調不良などの自覚症状は何もなかったのですが、やはりやせ薬なんて不気味に思い、手持ちの1セットを飲んでやめました。ずいぶん前の服用経験ですが、これがγ-GTPの異常値に関係している可能性はあるのでしょうか? 

2点も質問してしまい申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

先日会社の健康診断がありました。その時の血液検査結果がとても心配なんです・・・。
私は38歳女性、身長163cm、体重68.5kgです。現在ダイエット中で、腹八分目を心がけ毎日30分ジョギングをしてます。この2ヶ月で何とか5kg程やせました。
少々肥満とは言え、昔からとても体力があり病気知らずの私。当然、健康診断では肥満を指摘されはしてもそれ以外は「全項目異常なし」だろうと信じていました。
が、γ-GTPが104 U/lもあったのです(女性の正常値は8~32)。GTP、GOTはそれぞれ24 U/l、21 U/l...続きを読む

Aベストアンサー

アルコールを摂取しない方の肝機能障害は少し注意が必要です。

肝機能障害を指摘された場合には、まずB型とC型肝炎ウイルスのチェックが必要です。これらのウイルスが存在すれば全く話は変わってしまいます。

次にこれらのウイルスが無い場合には、胆石症やコランジオーマの様な胆道系疾患をまず否定した後には、原発性胆汁性肝硬変と自己免疫性肝炎の2つの疾患の初期である事を否定する必要があります。

これらの疾患も否定されたならば、nonalcoholic steatohepatitis (非アルコール性で脂肪が蓄積している肝炎)と言われている疾患があります。この疾患は単なる脂肪肝よりは肝硬変への進展率が高く、やや要注意です。

これらの疾患の診断には、体重減少と伴に肝機能がどのように推移をするかを見る事や、血液、超音波検査、CT、等を行ないます。場合によっては肝生検での確定診断が必要な事もあります。

食事と運動に関しても自己判断をしないで、まず肝臓の専門医を受診される事をお薦めいたします。

2年前のダイエット薬「せん之素」に何が入っているかわかりませんが、継続して摂取していませんのでまず関係がないと思います。

アルコールを摂取しない方の肝機能障害は少し注意が必要です。

肝機能障害を指摘された場合には、まずB型とC型肝炎ウイルスのチェックが必要です。これらのウイルスが存在すれば全く話は変わってしまいます。

次にこれらのウイルスが無い場合には、胆石症やコランジオーマの様な胆道系疾患をまず否定した後には、原発性胆汁性肝硬変と自己免疫性肝炎の2つの疾患の初期である事を否定する必要があります。

これらの疾患も否定されたならば、nonalcoholic steatohepatitis (非アルコール性で脂肪が蓄積して...続きを読む

Qサプリメントの常用は健康上危険なのでしょうか?

現在、サプリメントに頼って、ビタミンB2,B6,B12、C,D,E,亜鉛、イチョウ葉エキス、ビフズス菌、カルシウム、クエン酸などを定期的(販売元が勧める一日摂取量の80%目安を毎日)とってます。

サプリメントに頼ると、特にビタミンB群は自己の産生能力が落ちてゆく恐れがあって、ビタミン群もステロイドと同様に記号が合わなければ適材適所に作用しないはずだが、作ったビタミンは無印記号で侵入し作用するので、自分自身が作る記号のビタミンはやがて利かなくなるので危険である,,,,、と言った意見を眼にしたのですが、サプリメントの常用は麻薬と同じようにやめられなくなってしまうのでしょうか?

健康に良いと思ってやってることが、数年たつと否定されるケースがあり、疑心暗鬼でCMを見ているのですが、サプリメントも同じでしょうか?

肯定的な意見でも否定的な意見でも何でも結構ですので、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>危険ととるほうが賢明なのでしょうか
何でも分量が多ければ毒性を持ちます。ただその患者数が少ないか覆いだけかの違いです。
たとえばアミノ酸.蛋白質では必須です。しかし.アミノ酸代謝障害(腎不全など)の方には致死的になり兼ねません。
ビタミンB1塩化チアミンのLD50は経口で9000mg/kg.静脈で430.b2リボフラミンは腹くうで560.B6塩酸ビリドキシン経口で4000.ニコチン酸経口で5000.ハンテドール静脈で4000.葉酸静脈で120.B12酢酸ヒドロキソコバシラミン静脈で2000-4000です。
LD0はわかりませんが.程度の差はあれ毒性があります。

食品の場合.特に何かの交ぜ物と入っている場合には.「消化」されますので吸収にそれなりに時間がかかります。しかし.精製した薬剤で取ると.大体15-30ぷんで吸収が始まり1-3時間で血中濃度が最高になります。食品では物によりますが1-4時間かかります。瞬間的に高濃度になり易い濃度の高い製剤の毒性の一つとして.瞬間的に高濃度になり易い事があります。

それと.一部の方々が愛用しているが害がないという方の場合に.慢性的な栄養失調(偏食など.特に農村の場合にはあるものしか食べないので偏食が激しい)に陥っている場合と代謝障害を含めた内傷・外傷や吸収障害となっている方の場合があります。都市部の方の場合に重金属汚染・石油燃焼ガスによる大気汚染などの環境汚染による代謝障害で特定のビタミン需要が多くなっている場合があります。

ここでははっきりと中身が分かっている有効成分にのみ限りましたが.製剤の添加物や不純物の影響も考えなければなりません。
たとえばある羊歯の胞子はべとつかず物がくっつきにくくする性質があり漢方薬等で配合されていた時期があります。この胞子の発癌性が指摘され以後使われなくなりました。
ツムラの漢方薬には.煎じ薬と顆粒があります。顆粒を飲むとアレルギーを発生する方がいます。これは顆粒にするためにいろいろなものを添加していて添加物によるある種の中毒です。
日本仕様の何かの注射薬と海外仕様の違いはある種の添加物です。海外では温度が高いために変質しやすいので添加しています。この生産ラインを国内向けと海外向けとを同じ調合にしたら日本国内での副作用の発生が増えたという事があります。

化学合成の場合に結構物騒な薬品を使います。もし混ざっていたらどうなるのでしょうか。

なるべくならば使用しない.使用するときはごくかぎられたときに。これが純度を上げた食品成分を使用する場合の原則です。

>危険ととるほうが賢明なのでしょうか
何でも分量が多ければ毒性を持ちます。ただその患者数が少ないか覆いだけかの違いです。
たとえばアミノ酸.蛋白質では必須です。しかし.アミノ酸代謝障害(腎不全など)の方には致死的になり兼ねません。
ビタミンB1塩化チアミンのLD50は経口で9000mg/kg.静脈で430.b2リボフラミンは腹くうで560.B6塩酸ビリドキシン経口で4000.ニコチン酸経口で5000.ハンテドール静脈で4000.葉酸静脈で120.B12酢酸ヒドロキソコバシラミン...続きを読む

Q夫の健康診断で肝機能GPTが60だったのですが・・。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうですね・・、昨年より2~3Kg増えたと思います。

夫に私から、病院で精密的な検査を受けるように勧めたのですが、
経過観察なのだから病院に行く必要は無いんじゃないかとか、
昨年まで良かったのだから、今回だけ、たまたま高い数値が出てしまっただけのことかもしれないだとか、
来年も高い数値が出るようなことがあれば病院に行くようにするなどと言って、
口実を並べ立てて病院に行こうとしません。

昨年より飲酒量が増えたわけではないのに、肝機能GPTが60に上がったのは、
どのような理由が考えられるでしょうか?

また経過観察とのことですが、病院に行かないとなると、何ら治療を施すわけでは無い為、
結果として放置になってしまうのですが、それでも良いものなのでしょうか?

それとも無理にでも夫を説得して病院で受診させるべきでしょうか?

また日常生活や食生活において留意する点などございましたらアドバイス下さいませ。
経過観察と言えども、少しでも改善していきたいと思っています。
どうぞ宜しくお願い致します。

夫34歳が、健康診断で肝機能GPTが60で【経過観察】と書かれて結果表が戻ってきました。
肝機能GPTの基準範囲は7~45と記してあり、高めの結果なので心配しています。

経過観察という結果が出たのは今回が初めてで、昨年の数値は42で異常なしだった為、
昨年まで良かったのに、どうしたことかと心配しています。

夫の飲酒は、自宅では週に2回程で、1回当たり缶ビールを一本飲む程度です。
飲み会などがあれば、その場の雰囲気で、もう少し飲む量も増えるでしょうが・・。
体重はそうで...続きを読む

Aベストアンサー

GPTの数値を単独で判断するにはどんな名医でも不可能です。ましてや基準値やや上程度ですと検査結果としてまさに「経過観察」としか申し上げられません。
ちなみに去年の42にしても決して低値という訳ではありませんのでもしかしたらここ数年来で徐々に上昇傾向にあるのかもしれません。そうでしたら体質もしくは食生活の改善が必要かもしれません。
ご存じのようにこの検査は肝機能の指標となっていますので肥満による脂肪肝、アルコール肝なども対象となっております。(肝炎ばかりではないということです)
検診では機械的にコメントをつけていますので基準値をはずれると何かしらのコメントが自動的につきます。一種のアラームです。
これにより、医者が瞬時に異常に反応できるのです。
また、基準値はあくまでも統計処理をしていますので20人に1人くらいは異常値がでても不思議ではありません。
安心するようなことばかり書きましたが、一応人命に関わる性急なことではないのでこの様に判断しましたが、今後、値に一定の傾向(上昇)が見られるようでしたら精密検査も必要と思われます。

QALT(GPT)が異常に高いのですが…

先日、献血を受け、その結果がハガキで送られてきました。見てみるとALT(GPT)が92IU/Lで、「医療機関での受診をおすすめします。」とのことでした。説明書きを見ると急性肝炎・慢性肝炎や脂肪肝などで数値が上がります。とあります。そこで質問なんですが、
1.肝炎でまず考えたのが、B型・C型肝炎等のウイルス性肝炎なんですが、献血結果で送られており、「献血にご協力頂きありがとうございました」以外に特にコメントがないということはその可能性はないと考えてよいのでしょうか?
2.ALTの92という数値は検査に急を要するレベルなのでしょうか?ちなみに前回(H17.9月は26IU/L、H16.4は67IU/Lでした。)
3.肝炎・脂肪肝の症状はどのようなものでしょうか?
ちなみに他の項目の数値は
AST(GOT)が48IU/L
γ-GTPが78IU/L
総蛋白が7.1g/dL
ALBが5.0g/dL
コレステロールが223mg/dLです。宜しくおねがいします。

Aベストアンサー

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に肝臓で分解されるんですが、処理をし切れずに肝臓にたまってしまったものを脂肪肝といいます。
例えるならば、脂肪という借金を肝臓(消費者)がためてしまうわけです。
ある程度まで消費者は借金を借金で返す、つまり自転車操業してでも生活できます。
このときは破滅への道を辿っていることに気付かないそうです。
しかし借金が雪だるま式に膨らむとついには破綻してしまいます。
この状態が肝臓で言うと肝硬変や肝癌という状態です。

脂肪肝は薬など使わなくても高タンパク低脂肪な食生活である程度改善できます。
脂肪肝と診断されても悲観なさらずに「重篤な病ではなく脂肪肝でよかった」位に思ってくださいね!

こんばんは。NO.1です。

最近太ったということで、原因として一番怪しいと思います。
肥満体型ではないようですが・・・

時間をみつけて病院へ行くとのこと。
用心に越したことはありません。
手遅れになってからでは悲しいですからね。

今更なんですけど、病院へ行くときは献血の葉書を持って「ちょっと数値が高いみたいなんだけど・・・」というと担当の医師もなぜ病院へ来たのかというのが明確になって検査・治療の流れがスムーズになると思います。

ちなみに脂肪肝について・・・
脂肪は主に...続きを読む

QDHCのサプリは安全なんでしょうか?

食事で栄養を取りにくいのでサプリを飲もうと思うのですが
ここで見てると安全じゃないとか
@コスメだと気休め?とかあるんですが
やはりそうなんでしょうか?

ニキビで悩んでるのでビタミン類を摂取したいのですが
良いサプリはありますでしょうか?
学生なので何千もするのは無理だと思います。

教えてください><

Aベストアンサー

言うまでもないことですが、どんなサプリも、人によって合う合わないがあるかと思います。

自分に合うか合わないかは、自分で試行錯誤して選んでいくしかないと思っています。ですから、事の是非を一律にメーカーの括りだけで判断するというのは、間違っているような気がします。

ちなみに私は、すでにニキビとは縁遠いのですが、現在健康のためと思って使っているビタミン系のサプリについてご説明します。
それは、DHCの天然ビタミンC剤(アセロラ)と、エーザイのチョコラBBです。
価格が安い方の「化学合成ビタミンC」は、DHCに限らず、ネット上で評判が良くないので、あえて飲まないようにしています。

私の場合、ビタミンCを飲む習慣が無かった頃に比べて、風邪をひきにくくなったような気がしているので、その意味で、効果があったのかなあと思っています。ただし、これが絶対というわけではないと思うので、使い切った後は、別のメーカーのものを買って試してみるつもりです。

チョコラBBは、寝不足や疲れたときに飲むと、だるさが出ないような気がするので、そういう自覚症状があるときだけ飲みます。
(効能の一つに、”にきび”と書いてあります。)

蛇足ながら、すでに励行されているかと思いますが、ニキビの場合、洗顔も大事だと思います。

言うまでもないことですが、どんなサプリも、人によって合う合わないがあるかと思います。

自分に合うか合わないかは、自分で試行錯誤して選んでいくしかないと思っています。ですから、事の是非を一律にメーカーの括りだけで判断するというのは、間違っているような気がします。

ちなみに私は、すでにニキビとは縁遠いのですが、現在健康のためと思って使っているビタミン系のサプリについてご説明します。
それは、DHCの天然ビタミンC剤(アセロラ)と、エーザイのチョコラBBです。
価格が安い方の「...続きを読む

QファンケルとDHCはどちらが良い?

長年ファンケルを愛用してきたのですが、このまえ、DHCのサンプルをちょっと使ってみたところ、なかなか良かったので、今後どちらにしようか悩んでます。
肌的には、ノーマル肌なので、今まであまり肌トラブルはありません。DHCのほうが、コスト的には、少し低いような気がします。ファンケル&DHCコスメの愛用者の意見をぜひ聞かせてください。またDHCのおすすめ商品なども教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

初めまして。

化粧品、かなりマニアです。
DHCも、ファンケルも、アテニアも、オルビスも、資生堂、ランコム、シャネルも。。。殆ど全ての物を一通り使った事があります。

で、わたしの体験談なのですが、DHCは商品はともかく、会社の姿勢が余り良くないです。
クレンジングオイルは確かに他社にはなかなか真似の出来ない物を作っているとは思いますが、商品を頼んだ時の送料が(3000円以下の場合)有料だったり、割引率が低かったり、一度開封すると返品がきかなかったり、友達を紹介した時にもらえる商品券が通販でしか使えなかったり、細かい所が不親切で「消費者の立場に立ってないなあ」と思いました。

また、マイルドローション等はコスト的にかなりお高いです。
キャンペーンの時にまとめてセットで買えば安くなりますが、そうなると要らない物も付いてきちゃうし、悩む所です。

対して、ファンケルは。。。
企業姿勢、いいですねー。開封後も返品可能ですし、ショップもDHCに比べ、デパート等にも入ってますし、ポイント制度なども好感持てます。
ただ、ファンケルの不都合な点は全ての商品が少量なので(無添加だから仕方ないけど。)やっぱり「バシャバシャ気軽に使えない(化粧水が特に。)」等、不満もありますよね。
でも、洗顔料はパフで泡立てると、ホントにキメ細かくていいですよね。あの泡は癖になります。

わたしが質問を拝見した感じでは、クレンジングオイルはDHCで、洗顔料はファンケル。化粧水はどちらか気に入られた方。
ミネラルマスクはDHC。
クリーム等は他社を探す。。。というのはどうでしょう。

それから最後に。わたしのオススメメーカー、「アテニア」と「オルビス」ですが。(質問者さんはこれについては聞いてないですよね。勝手に捕足してごめんなさいね。)
アテニアは実はファンケルの子会社なんですよね。ですので母体は同じニコスターという会社で、非常に安心出来る物を低価格で提供する姿勢も同じです。
アテニアは「完全無添加」ではなく、多少添加物(防腐剤など)入っていますが、使い心地の
とても良い商品をお安く提供しています。
一度、ホームページ、御覧になってみて下さい。
(http://www.attenir.co.jp/)

オルビスは大人のニキビ肌にとても良いです。
わたしはオルビスを使ってからお肌のトラブルが余りなくなりました。
(http://www.orbis.co.jp/)

一つの所で商品を揃えるのも、もちろん良いですが、自分に合った物を見つけだすのも楽しいですよ。
わたしはクレンジングオイル→DHC。
洗顔料→アテニア
化粧水→アテニア(時々ファンケル)
クリーム→ランコム(イドラゼン)
ファンデーション→シャネル
。。。と、バラバラですが2年かかって探し出した組み合わせです。

お肌に合う物が見つかるといいですね。

長くなってしまいましたが、何か参考になれば嬉しいです。

tokyo24

参考URL:http://www.attenir.co.jp/

初めまして。

化粧品、かなりマニアです。
DHCも、ファンケルも、アテニアも、オルビスも、資生堂、ランコム、シャネルも。。。殆ど全ての物を一通り使った事があります。

で、わたしの体験談なのですが、DHCは商品はともかく、会社の姿勢が余り良くないです。
クレンジングオイルは確かに他社にはなかなか真似の出来ない物を作っているとは思いますが、商品を頼んだ時の送料が(3000円以下の場合)有料だったり、割引率が低かったり、一度開封すると返品がきかなかったり、友達を紹介した時にもら...続きを読む

Q栄養剤(サプリメント)を豊富に摂りすぎると肝臓(腎臓?)に負担?

同じ種類の栄養剤(サプリメント)は適量でも、いろいろな種類のサプリメント(たとえば1日に5種類とか)をとると身体に悪いですか?2種類ぐらいにしぼった方がむしろ健康にいいですか?

例: DHA と ビタミンE と コエンザイムと のこぎりやし と プロポリス をそれぞれ毎日、適切な量だけ飲む。これはかえって健康に悪いですか?

Aベストアンサー

はじめまして。
体に必要な栄養素は、毎日の食事から摂取する。
これが理想ですが、なかなかそれは難しい時代にあって、手軽に摂取、継続できるサプリメントは便利ですよね。(^^)

atsumikiyoshiさんは、サプリメントを摂取しようと考えられたきっかけの症状がおありでしたか?
(ここではatsumikiyoshiさんが、肝臓や腎臓等、特定の疾患や投薬を受けていらっしゃらないと仮定して、お話しさせていただきますね。)

具体的に改善を期待するものがおありでしたら、まずはそれに有効なサプリを、「最小の種類」から始められてはいかがでしょう?

2~4週間程体調の変化を観察し、まだ必要だと思われたら少しづつ種類を増やす。
いきなり大量のサプリ摂取をすると、「何が自分の体に合っているか」「必要の無いものはどれか」が、わからなくなります。

例にあげていらっしゃる内容を、「適切な量の摂取」をするという事については、大丈夫だと思いますが、ご心配ならば、そのメーカーの健康相談室や、お客様相談室のような所に問い合わせてみるのも良いかと思います。

信頼できる品質の物を選ぶ事も大事ですが、「水溶性」はともかく、「脂溶性」の物を多種類摂取する事で過剰摂取となり、肝臓や腎臓に大きく負担がかかり、健康を害しては意味がありません。

もしも何らかの疾患をお持ちでしたら、それは担当医にご相談されてから・・・、を強くお薦めいたしますけれど。

長文、失礼致しました。(^^;

はじめまして。
体に必要な栄養素は、毎日の食事から摂取する。
これが理想ですが、なかなかそれは難しい時代にあって、手軽に摂取、継続できるサプリメントは便利ですよね。(^^)

atsumikiyoshiさんは、サプリメントを摂取しようと考えられたきっかけの症状がおありでしたか?
(ここではatsumikiyoshiさんが、肝臓や腎臓等、特定の疾患や投薬を受けていらっしゃらないと仮定して、お話しさせていただきますね。)

具体的に改善を期待するものがおありでしたら、まずはそれに有効なサプリを、「最小の種...続きを読む

Qサプリメントの副作用ありますか?

現在サプリメントの大手会社『D○C』の
サプリメント数種類服用してます
αリポ酸 カルニチン フォースリン トコトリエール
ミネラル あと『フ○ンケ○』のコエンザイムQ10
このサプリメントのせいかどうかわかりませんが
体のあちこちに痒みが生じてかいしまったら
そこの部分が皮膚炎になりました
生まれて30年アトピーなどとは無縁で
肌がきれいな事が自慢だったのに(ブスですが)
今では体のあちこち汚い皮膚炎があります

皮膚科に行ったら「触りすぎだ」といわれました
そしてかゆみ止め処方されました

私の体質が変わっただけでしょうか?
何かサプリメントに原因ありますか?
噂ではαリポ酸は副作用があると聞いて
先日から服用中止しました

ご存知の方いましたら教えてください

Aベストアンサー

サプリメントは濃縮された栄養素や元素です。通常の食品では摂取することが難しい栄養元素を濃縮して体内にとりこむわけです。人間が自然に生きて食品を摂取しているときにはありえない濃縮した栄養素を身体に取り込むわけです。ビタミンCなどは摂り過ぎても体外に排出されるといいますが、そのためには肝臓に負担をかけます。サプリメントは病気の人、体質改善にどうしても必要な方には朗報かと思いますが、ほぼ健康な人がむやみにとると、サプリメントの濃縮された栄養素を仕分けして吸収するぶんと排出するぶんにわけるために身体はかなり負担をしいられると聞きました。知人で全身倦怠感に悩まされた方が、専門医にかかったところ、「まずサプリメントを全部やめてください」といわれたそうです。ただ、ローヤルゼリーだけはいいかな、と摂り続けていたら、一ヵ月後の診断で「まだ何かやめていませんね」と言われてびっくりしたそうです。ローヤルゼリーも普通の働きバチを生殖能力のあるハチに変身させるものですから、効果もあると同時に別の負担をかけると考えてもいいかと思います。
何千年という歳月を人間はほとんど飢餓に近い状態で生きてきています。そのほとんどは現代の医学の水準で手あてされていればサプリメントがなくても平均寿命はかなり伸びていたはずです。
現代病のほとんどは食品のとりすぎによるものと言われています。今足りないものを摂るよりも、摂りすぎているものを削るほうが健康でシブトイ身体になるという意見もあります。
一度全てのサプリメントをやめて、穀類や野菜を中心にした食生活を続けてみてはいかがでしょう。とりわけ玄米には免疫と毒素の排出を促す力があるといわれています。
自然食品についての書物はたくさんでています。
これもあまり神経質にならずに自然で美味しいものを美味しいと感じながら食べて楽しむことが大切かと思います。どうしても時間がないときはコンビニのおにぎりやインスタント味噌汁でもOKくらいの気持ちで、基本をキープしていけばいいと思います。
化学薬品は効用と副作用があります。サプリメントも、濃縮された効果のあるものは、同時に身体に負担をかける、というのはなるほど、と思います。
身体がかゆくなる、というのは薬疹みたいですね。必要以上の薬物(毒素)が摂取されたとき、それは皮膚からも排出されるため通り道である皮膚に発疹などが出ます。サプリメントも多すぎるとき、肝臓で処理しきれなかったぶんが皮膚から発散されるときにトラブルをおこしていると考えることはできるかもしれません。

サプリメントは濃縮された栄養素や元素です。通常の食品では摂取することが難しい栄養元素を濃縮して体内にとりこむわけです。人間が自然に生きて食品を摂取しているときにはありえない濃縮した栄養素を身体に取り込むわけです。ビタミンCなどは摂り過ぎても体外に排出されるといいますが、そのためには肝臓に負担をかけます。サプリメントは病気の人、体質改善にどうしても必要な方には朗報かと思いますが、ほぼ健康な人がむやみにとると、サプリメントの濃縮された栄養素を仕分けして吸収するぶんと排出するぶ...続きを読む

Qγ-GTPが高くなると具体的にどうなるか。

夫のγ-GTPがここ3年ずっと200台です。
本人も初めは驚き、頑張ってお酒を減らしていましたが、

(1)頑張っても減らない
(2)今の所生活に何の害も出ていない。

と、言う二点より禁酒・運動などの努力をしなくなりました。
よく、アルコール性肝障害、閉塞性黄疸、肝内胆汁うっ帯などと聞きますが、知識もなく周囲にもいないので、主人に説明も出来ずイマイチぴんとも来ません。

このまま200台が続くと具体的にどういう症状が出て、どう生活に係わってくるのか、ご存知の方いらっしゃったら教えてください。
少し具体的に説明して、ちょっとビビる位反省し、たるんだ気持ちを考えなおし、気を引き締めなおしてもらえるようにしたいです。

また、私も妻として知っておきたいので・・

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。
ガンマGTPというのは、漏出酵素といわれる物の一つで、肝臓の細胞が壊れて血液中に流れ出てくるものです。
普通の人でもわずかづつ、細胞が死んで壊れていき、新しい細胞が作られて補充されるのですが、細胞が壊れて死ぬのが十倍位早いスピードであるって考えていただければいいでしょう。
なので、それをずっと続ければ、いずれ肝臓の細胞が足りなくなります。

大体その位の数値だと、肝臓は脂肪肝という状態になってるといわれています。
脂肪肝なら、時間がかかっても直りますが、肝硬変になってしまうと直りません。(つまり細胞全滅)

その時には、今以上に動けなくなります。
顔色は土色~灰色になり、とにかく非常に疲れやすく、出血もしやすくなり、痔静脈瘤破裂による、走り痔だとか、食道静脈瘤破裂で吐血したり・・・という事が起きてきます。

http://www.newton-doctor.com/kensa/kensa01.html


人気Q&Aランキング