あなたの映画力を試せる!POPLETA映画検定(無料) >>

人権派弁護士は、いつも人権、人権と叫び、凶悪犯罪者の人権だけを擁護していますが、

殺害された被害者や被害者遺族たちの人権を、信じられないくらい蔑(ないがしろ)にしていますが、

一体どういうことなんでしょうか?

本来なら、家族を奪われ、心身ともに深い傷を負い、将来もトラウマに苛まれ続ける日々が続く

被害者の家族の悲しみや苦しみは、まるでなかったの如く、徹底的に無視して、

加害者ばかりを助けようとしますが、信じられません。

血も涙も無いのかと思いますが、皆さんはどう思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

人権派弁護士と言っていますが、本当は反権力だからです。



国家権力の実現のために検察は犯罪者を罰しようとします。
その権力と戦うことが人権派弁護士とやらの使命と心得ています。
そもそも弁護士は法律家として人権を守るのは当り前です。
あいつらをことさら人権派と呼んで欲しくありません。

凶悪事件になると決まって出てきて、弁護を引き受ける弁護士は反権力闘争をしているのです。
だから彼らを人権派と呼ぶのは根本的に間違っています。

当然ながら、被害者家族など眼中にありません。
心身とも傷ついても何とも思っていないのは当然です。
さらに加害者だって見ていません。
弁護が及ばず死刑になろうとどうでもいいのです。
権力との戦いしか考えていないからです。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。私も回答者さんと同じように、
人権弁護士らの本当の目的は、『反権力』にあると思っています。

上記にも書きましたが、

少なくとも法曹界というのは、
建前はどうであれ、【正義】という使命を帯びている仕事のはずです。

そして、犯罪者や被害者家族らの将来や生死にも大きく関与する、
大変重要な使命を帯びた仕事です。

なのに、権力に勝ちたいとかいう馬鹿馬鹿しい理由と、出世の道具として犯罪者を利用し、
家族を残虐に殺された、多くの被害者遺族たちの悲しみや苦しみをも、
自分達の出世や欲望の為に、利用しようとします。

こういう人権弁護士なる輩は、
弁護士に成る資格どころか、
すでに人間としての資格も無いと思います。

こういう人達は、自分の大切な家族や人が、残虐な目に会って殺されない限り、
己の醜さ、愚かさに気付けないのでしょう。

お礼日時:2011/09/07 10:32

> 建前であっても【正義】が必要とされる職業です。



彼らは、質問者さんが信じる正義の実践者(≒ヒーロー)ではありません。
弁護士・検事の正義は、法律論で勝つことであり、裁判長の正義は、より適法に公正な判決を期すことです。

また質問者さんの正義感は、他人に蹂躙されるべきではないと同様、質問者さんは他人の正義感を蹂躙すべきではありません。
正義は人の数だけありますし、そうあるべきでしょう。

モチロン人が作った法律・ルールには限界がありますが、歴史的に進化し、国際法や他国の法令も考慮の上、策定された我が国の現行法やルールは「そこそこ」のレベルかと思います。
質問者さんが、それ以上のモノを考え得るとは思いませんし、質問者さんの正義感に万人が合わせる必要性もないと思いますが、もし万人が納得し得る法案等があるのであれば、是非ご教示下さい。

また、たとえば、質問者さんの正義感に照らし、被害者の方が圧倒的に悪で、加害者に十二分に酌量の余地がある殺人事件において、その被害者を愛する遺族がおり、その遺族と本村氏の心情には、全く違いは無い場合、
・裁判官はどう裁くべきか?
・弁護人は被害者を誹謗中傷せずに、被告を弁護すべきか?
・弁護人が公判において被害者を誹謗中傷した場合、この弁護士を非難すべきか?
などについて、是非ご教示下さい。

法曹界の人間も、名誉欲も金銭欲もある、ただの人です。
「彼らがスーパーマンであらねばならない」と言うのは、単なる理想論であり、実現は不可能です。
たとえ高徳の聖職者が法曹界に従事しても、全てのケースで理想的な判決を得ることなど出来ないでしょう。
質問者さんは、全てのケースについて、万人が納得出来る様に裁けるのでしょうか?
自分に出来ない理想を、他人に押し付けるのは、他人に対する人権侵害ですよ。

更に言えば、被害者や被害者遺族のみの救済を目的として、加害者と法曹界の人権を無視・侵害すると言うのは、片手落ちと言うより、失点の方が大です。
どうせ理想論を語るなら、全てが救済される方法を考慮なさっては如何でしょうか?

一部に狂人的な弁護士などが居るからと言って、全てがスーパーマンであらねばならないと言う極論的な結論は、全くもって理解が出来ません。

この回答への補足

裁判に英雄など求めていません。正義の名の下に、判決を下す事が常識だと言っているのです。

下にも書いていますが、弁護士・検事・裁判官という仕事は、人の生死や将来に深くかかわる仕事です。

それだけに、裁判に勝つことだけを使命とする等、言語道断です。

裁判に勝つことだけが、彼らの仕事で、正義など関係ないというのであれば、

何故、弁護士のシンボルは、「公正と平等・公平さ」を示す天秤と、

「正義と自由」を示す向日葵=ひまわりなのですか?

弁護士バッチにもこの「天秤」と「ひまわり」が象られていますよ。


それだけでも、弁護士という職務は、裁判で勝つだけの「ただの商売人」に、

成り下がってはいけない、職業の人達だという事が、分かるのではないでしょうか?

そして誰も、法曹界の人間にヒーローもスーパーマンも望んではいません。


●何度も言うように、正義の名の下に、公正な裁判をして下さいという事です。

そして「万人が納得出来るように裁け」等とは一言も言っていません。事実を事実として究明し、

感情や欲に流されること無く、正義を持って、罪を裁くべきでしょうと言っているのです。

また、現行犯で逮捕される等、明らかに“非冤罪のケース”でも、

「冤罪可能性」の名の下に、減刑されるべきなのですか?それこそ、狂人どころか、人非人でしょう。

補足日時:2011/09/10 09:58
    • good
    • 8

人権派かどうかはともかく、弁護士とは依頼されれば、そしていったん引き受けた以上、依頼者を(依頼者をですよ)たとえ殺人犯であっても限りなく無罪に近い刑を勝ち取る(勝ち取る!!)のが仕事です。

それが実績となって敏腕弁護士と呼ばれるようになります。これが弁護士の仕事です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。ですが、
正義よりも己の出世を優先させるのであれば、
何も弁護士に成らずとも、ビジネス界でも良かったように思います。

少なくとも法曹界というのは、
建前はどうであれ、【正義】という使命を帯びている仕事だと思います。

そして、医者と同じように、人間の生死や将来に著しく関与する
非常に崇高な使命がある仕事だと思いますので、
己の勝ち負けや、出世の道具として、弁護士を志すのは、最初から間違っていると思います。

お礼日時:2011/09/07 10:17

まず法律や裁判は、正義の味方ではないと言うことでしょう。


法律を良く知り、利用・活用する人の味方です。

更に弁護士は、明らかに検事とは違う立場ですね。
検事は、法令違反者やその容疑がある人物の敵であり、一般的・社会的には正義の味方の側です。(最近は地に堕ちましたが。)

しかし弁護士の場合、正義でも悪でも、クライアントを全面的に擁護するのが仕事です。
民事や特許裁判などでは、一概にいずれが正義か悪かは言えませんが、これらは両者に弁護士が付くので善悪は半々であり、刑事事件については、原告の数だけ被告があるワケで、こちらは一般的・社会的には悪に分類される方を、弁護する立場です。
従い、総じて言えば、弁護士は7:3とか6:4くらいの比率で、悪を擁護する仕事でしょう。
思想的に、悪人擁護に偏る傾向は、仕方がないとは思います。

ところで質問者さんは、裁判の経験有無はありますか?
裁判では、真実を争うのでは有りません。勝訴を争います。
裁判に勝つためには、真実・事実をねじ曲げ、法律が許容する限りのウソとか作り話を言ってでも、相手に勝つことを目的とします。

だから裁判になると、実際の真実・事実は一つなのに、架空の真実・事実が出て来ます。
その架空の事実・真実は、実際の真実・事実とは、正反対であったりします。

しかしたとえ架空であっても、整合性,信憑性,証拠性などが、真実・事実より高ければ、架空の主張が認められることも珍しく有りませんから、裁判では尤もらしいウソを平気で言いますし、自分側に有利な証拠を、捏造に近い様なことを含めて制作します。

これは検察も弁護士も同じです。
彼らの仕事は、正義や真実に基づきません。
勝訴と言う目標に向かってシナリオを作る、作家やプロデューサーです。
その作品は、裁判の相手方が見たら、激昂する様な内容であり、特に真実・事実を主張している側からすれば、とれも許せる様な内容ではありません。

その結果の代表が、冤罪ですね。
冤罪とは、検察が起訴すると決めたら、たとえ検事が内心では無罪と思っている様な場合でも、犯罪者に仕立て上げた結果です。
やってもいない犯罪の冤罪被害者の心痛は、想像を絶するでしょうね。

この冤罪の正反対の関係が、被害者・遺族と加害者・弁護士です。
弁護士は、反省のかけらも無い様な悪人に、うわべだけ反省の弁を述べさせたり、被害者を誹謗中傷したり、あらゆる手段を使って、依頼人を早期に野に放つことだけを目的に弁護活動を展開します。
冤罪被害に遭った人と同様、被害者や被害者遺族の心情を逆撫でしまくって、気が狂いそうな精神状態に追い詰めるんですね。

これらについては、彼らの仕事の特質上、どうしようもないし、悪人であっても弁護の必要性は有ります。
しかし検察や弁護士の考え方や活動は、必ずしも善悪とか、ウソかホントかなどには基づいていませんから、一般的,社会的,常識的では無い部分があり、むしろ異常とか反社会的であったりするんですよ。

彼らは学識は高く、特に法的な知識量は豊富で、社会的地位も高いですが、「超人」や「天才」ではありません。
普通の人より多少お利口ちゃんなだけです。
人格形成や精神修養に重要な時期に、勉学に最も勤しんだ彼らが、一般社会とはほぼ無縁のまま、法曹界と言う異常性を含んだ社会に足を踏み込んだワケですよ。

モチロン全ての検事や弁護士が異常と言うわけではありません。
しかし、一部の検事や弁護士が、一般的には異常と思える様な思考や発想をしても、何ら不思議ではないと思いませんか?
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。そうですね、
弁護士はたとえ極悪犯罪人でも弁護をする職業です。

ですが、己の欲や出世を絡ませた、常軌を逸したような弁護は、
たとえどんな言い訳をしようとも、間違っていると思います。
同じく、検事の側にもそれは言えます。

上記にも書きましたが、やはり、弁護士・検事・裁判官は、
普通に金儲けや出世だけを考えていれば、良いだけの職業ではないはずです。

他人の貴重な将来や生死に関わる仕事であり、
建前であっても【正義】が必要とされる職業です。

世間一般?に、かどうかは知りませんが、
たとえ、一般的に嘘くそ言ってナンボの世界が常識化されていようとも、
それを「じゃあ、しょうがない・・・」で、放っておくとますます、
事態は悪化するばかりだと思います。

そういう法曹界にしてはいけない、そういう出世と欲に絡んだ者達だけが、
善悪を掌握し、正義が歪められてはならないと、国民が声を挙げて戦うべきだと思います。

そしてその先駆者として、戦っておられるのが、被害者遺族の会の方々であり、
昨今では、光市母子殺害事件の本村氏なのではないでしょうか?

私は幸いなことに、被害者にも加害者にもなった事がない、平凡な人生を送っています。
ですが、正義が捻じ曲げられて、人生を狂わされ、苦しんでいる人達が、少しでも減るように、

「出世と欲で絡んだ弁護士・検事・裁判官・警察官がいるのは、当り前」というような
オカシナ社会を常態化させない為にも、国民も声を挙げて、一緒に戦っていくべきだと思います。

別にこの法曹界の人達が、この日本の人口半分もいるわけではいですし、
また、自分達平凡な人間にも、光市母子殺害事件のような被害者や加害者に成り得る可能性は
あるのですから、他人事として考えるのではなく、自分にも起こりえる悲劇として見ています。

お礼日時:2011/09/07 11:18

弁護士の役割しか考えてないからです。

弁護士は大概は被害者より加害者の方を担当する事が多いことですから、加害者の人権を主張するのです。人権弁護士は全弁護士の1%以下の一部なのですが、マスメディア等の表に出て喚き立て物ですから目立つだけの事です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そうですよね、1%のオカシナ人権擁護弁護士達が目立つだけなのかもしれません。

ただ弁護をしているだけならまだしも、死刑廃止論やなんたらかんたらと、
何故にそんなところまで、ギャーギャー騒いでいるのか?理解に苦しむ人達です。

お礼日時:2011/09/07 11:21

加害者の弁護をするのは普通の行為ですが、一部の弁護士は被害者の人権や尊厳を踏みにじってまで加害者の弁護をしてもなんとも思わない。

というのが理由だと思います。
日本弁護士連合会副会長だった岡村勲氏は次のような反省をしています。
「私も人権派弁護士の一人だった。被害者の苦しみ、権利に思いを致すことがなかった。妻を殺されて初めて常識に立ち戻れた」
裁判にも一般人の常識を取り入れるという動きがありますが、いわゆる人権派弁護士にはその常識がないということがこの方の反省から分かります。


犯罪被害者等基本法が平成16年に成立し、「被害者の尊厳」について明記されました。
 加害者の弁護をするいわゆる人権派弁護士は、加害者の刑を軽くするための手段として被害者の人権や尊厳を踏みにじってきた事例があったのですが、これで少しはそれにブレーキがかかるかもしれません。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私もこの岡村氏の話は聞いた事があります。

人間というのは、自分も含めて、本当に愚かな生き物ですね。
相手の立場に立ってみて、初めてその人の立場や苦しみを心底理解出来るのでしょう。

これは少しトピックスとはかけ離れますが、
だからこそ人間は、転生輪廻=何度も生まれ変わる事が、必要となってくるのだと思いました。

権力者や金持ちの立場でばかりいれば、決して、貧乏人や虐げられている人の気持ちは、
未来永劫理解する事が出来ません。そうなれば、未来永劫、己の魂は磨かれない。

だからこそ、人間は、何度も違う立場や境遇に生まれ変わることによって、
他人への理解や思いやりを深め、『魂を磨く』修行をしているのだと思います。

この岡村という人は、生きてる間に、大変辛い目に会ったと思いますが、
それによって、人間が磨かれ、残りの人生を『真に意義ある人生』へと変えていけたと思います。

平気で人を殺した加害者も、自分が殺される立場=死刑となって、
初めて『生の尊さ』を理解できるのではないかと思います。

もしかして、残虐な加害者達も、そういう人間として、立ち直れるチャンスを、
人権派弁護士達の手によって、奪い取られ、摘み取られているのかもしれませんね。

お礼日時:2011/09/07 12:18

単なる仕事だから、とは思えないほどひどい


場合がありますね。

彼ら人権派といわれるひとたちは、左側の
人が多いように思えます。

左側のひとたちに共通しているのは、手段を
選ばない、ということです。
時には、証拠を偽造したりまでします。
これは彼らの常套手段です。

何がドラエモンですか。
あんなことが通ったら、国民の司法に対する
信頼が地に落ちますよ。
彼らは司法や法を侮辱しています。

目的が正しいのだから、手段はどうでもよい、と
考えているのでしょう。

本当に人権のことなんか心配なんかしていませんよ。
あるのは売名であり、曲がった使命感でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
そう言えば、思い当たりますね。
左側の人達って、よく捏造されますよね。

人権派と言いながら、北朝鮮や中国の人権には何も抗議もしませんし、
むしろ、媚びてる感じがします。

再犯がほとんどの極悪犯人ばかりを擁護し、助けているようにも見えます。
むしろ、情状酌量の余地ありの加害者とかについては、あまり関心がなさそうですよね?

ごく普通の良心と常識を持って生活している人達が、
頭から湯気を出して、「怒り狂うような凶悪犯罪者」には進んで弁護し、

「絶対的に死刑だろう」と思わせる極悪人を、死刑から逃れさせて、
またぞろ、犠牲者を出す可能性大と分かりつつ、弁護しているような気がします。

ハッキリ言って、こういう弁護士屋の家族こそ、
極悪人に残虐に殺されれば良いのにと、思わずにいられません。

自分の愛する家族が無差別に殺されて、
それでも、その犯人達を擁護し、無罪にするなら、立派ですけどね。

お礼日時:2011/09/07 14:06

>加害者ばかりを助けようとしますが、信じられません。



一応被疑者だと思いますが・・・

>血も涙も無いのかと思いますが、皆さんはどう思われますか?

その一面もありますが、最近の冤罪事件の解明は彼らの仕事ではないですか?

被告の方が圧倒的に検察に対して弱く弁護士は必要でしょう

あなたが何かの間違いで被疑者になったら世間から見放されても何か専門家の助けが必要になるとおもいますが

被害者家族の心のケアは、国の制度としてカウンセラーとかが必要で相手の弁護士を無くすことが解決ではないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

しかしながら、私が残虐な殺人を犯したのなら、
弁護士を断ります。死刑で十分です。

命を長らえようなんて思いません

人の命と将来を奪ったのですから、
自分も命を奪われて当然ですから。

私は何かの間違いで被疑者になった人達の事をも、
弁護しなくても良いなんて言ってません。

光市母子殺害や滋賀リンチ事件やコンクリート殺人事件のように、
明らかに、残虐非道と分かっていて、平気でドラえもんだの、精神的に幼いだのと
愚かな弁護をしたり、擁護して、生きながらえさせる事の残酷さを批判しているのです。

お礼日時:2011/09/07 14:11

そういう批判は全く当たらないです。



彼らは法律家です。法律家は法律で認められている権利を依頼者にもたらすために働いているのです。
被害者が可哀想とか、加害者が憎たらしいというのは法律の話とは異なります。

そういう法律外の事情に引っ張られて法律の運用が捻じ曲げられると言うのは法治国家としてあってはならないんですよ。
人権派だか何だか知りませんけれど、すべての法律家はそうあるべきですね。そして裁判所も。

そういう法治国家が嫌だというのなら、法治国家ではない北朝鮮にでも行きましょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。

法律家なら、キチンと法律家らしくして欲しいという事です。
余計な欲や感情を持ちこまずに、正義の名のもとに、罪を裁きなさい。と言ってるだけです。

法を悪用して、己の欲や権力出世の為に、
犯罪者を利用している事が、間違っていると言っているのです。

何故、私が北朝鮮に行かなければならないのですか?意味不明です。

お礼日時:2011/09/07 14:24

人権派ではなく、弁護活動を仕事と割り切って淡々とやっている。

ただそれだけのこと。

>本来なら、家族を奪われ、心身ともに深い傷を負い、将来もトラウマに苛まれ続ける日々が続く
被害者の家族の悲しみや苦しみは、まるでなかったの如く、徹底的に無視して、
加害者ばかりを助けようとしますが、信じられません。

仕事だからでしょう。

>血も涙も無いのかと思いますが、皆さんはどう思われますか?

まあ、僕は自称人権派弁護士は下種だと思います。(光市母子殺害事件の弁護内容を見れば誰だってそう思います。)

この回答への補足

回答ありがとうございます。

>仕事だからでしょう

マトモな仕事をしているとは思えませんね。

弁護士の仕事を自己の欲や権力と絡ませて、淡々と仕事をこなしているなら、
何もココまで色々糾弾されていないでしょう。

>僕は自称人権派弁護士は下種だと思います

同感です。

補足日時:2011/09/07 14:31
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁護しようがない凶悪犯でも弁護する弁護士がいるのはなぜ?

オウム真理教の麻原彰晃こと松本智津夫被告や池田小学校乱入殺傷事件の宅間守被告など、弁護のしようがない凶悪犯でも弁護をする弁護士がいるのはなぜでしょう?
こんな人達の弁護をしていてもやりがいを感じるのでしょうか?

Aベストアンサー

「弁護のしようがない凶悪犯」だと、誰がどうやって判断するのでしょう?
個人として自分なりの意見を持つのはもちろん自由です。
でも、刑罰を科すための判断であれば、公正な裁判手続きに基づく判断が必要だろうと思います。

もし、弁護士が自分の勝手な判断でいい加減な弁護をし、その結果死刑判決が出てしまったら、犯人や犯人の家族・友人に対してなんと言えばよいのでしょうか?
「被告人の権利も充分に保障され、弁護士もベストを尽くしたけれど、公正な裁判の結果、どうしても死刑にするしかないことになった」と言えるのでなければ、私は、刑罰を科す国の主権者たる国民の一人として、胸を張っていられません。

弁護士がベストを尽くすことは、科された刑罰が正当であることを保証するために、どうしても必要です。
極悪人の弁護は、その罪にふさわしい処罰をすることついて誰からも後ろ指を指されないようにするためにものでもあります。
そういう制度を支えているという意識は、弁護士の人たちにもあるのではないかと思います。

Q被害者の人権は無視なのか?

かなり前のテレビで、死刑の是非を問う番組をやってました。

その中で、誰かが「何故、加害者の人権ばかり言うんだ?被害者の人権は無視なのか?」と、人権屋の女弁護士に聞いたところ、「あのね、[人権]とは生きてる人間にしか無いの。亡くなった人にはないの」と、さも[お気の毒]と言わんばかりに言ってました。

[何故、被害者に人権が無くなったか]は関係無しとばかりに、「だから、加害者の人権は守らなきゃならないの」と駄目押し。

これには、皆、絶句。

これが、死刑反対論者の考えのようです。死刑反対派弁護士は人間の屑であることが分かる。加害者に殺されて人権が奪われたのが事実。

以前は、裁判に[遺影を持ち込むのは禁止]でした。

理由は

・被告が動揺するから

・モノの持ち込みは、そもそも禁止だから

皮肉な事に、[死刑廃止論者の人権屋弁護士]が、妻を殺されて[被害者遺族]になり、そこで初めて、被害者や遺族が、いかに踏みにじられているか知り、[被害者遺族の会]を作り、[被害者の尊厳と遺族感情]に配慮するようになりました。

弁護士をもってしても、自分が[その立場]に立たなくては、何も気が付かなかった訳です。
岡村弁護士について調べると分かります。

何も悪い事していない人が殺されて悪い奴が生きている事がおかしいと思います。身勝手な動機の殺人で被害者1人だからと死刑にしないとか言う裁判官もキチガイだと思います。殺人だろうと傷害致死、危険運転致死、危険運転致死だろうと人を身勝手に死なせた罪は法定刑死刑だけにしてほしいぐらいです

冤罪は全ての刑罰も冤罪あります。冤罪で死刑、懲役があるから刑罰止めましょうと理屈
冤罪の可能性ある死刑囚は死刑執行しません。
よく死刑反対派が飯塚事件で死刑執行され冤罪とほざくがDNA鑑定以外に久間元死刑囚の車から被害者の血液と尿が検出されていて完全に黒。足利事件の冤罪は出鱈目DNA鑑定だけで犯人扱い、飯塚事件と訳が違う
死刑反対派は死刑囚がやった殺人見た事ないから綺麗事言えると思います。

ぼくは高卒で馬鹿ですが、有識者の皆さまは いかがお考えですか?

かなり前のテレビで、死刑の是非を問う番組をやってました。

その中で、誰かが「何故、加害者の人権ばかり言うんだ?被害者の人権は無視なのか?」と、人権屋の女弁護士に聞いたところ、「あのね、[人権]とは生きてる人間にしか無いの。亡くなった人にはないの」と、さも[お気の毒]と言わんばかりに言ってました。

[何故、被害者に人権が無くなったか]は関係無しとばかりに、「だから、加害者の人権は守らなきゃならないの」と駄目押し。

これには、皆、絶句。

これが、死刑反対論者の考えのようです。...続きを読む

Aベストアンサー

冤罪や犯罪被害者軽視を別として、簡単に言うと死刑は野蛮な刑罰だから廃止しましょうと言うのが先進民主国家の行き方だからです。何度も言いますが死刑はイスラム国家や朝鮮民主主義人民共和国、中華人民共和国での非人権的な国家の刑罰です。日本も早く先進民主国家、文化的国家の仲間入りしましょう。

Q自分が在日かどうか調べる方法

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証明)を取れば両親のこともわかるのですか?
母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう?

ちなみに私は両親の戸籍から分籍(転籍)しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。


在日か調べたい→戸籍を取れ、という解答はよく見るのですが、
具体的な方法が見つからず困っています。


また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、
まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。
日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、
日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87.5%はチョッパリニダ!では、
やはりちょっと心持ちが変わるので、はっきりさせたいのです…。

今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。

今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。
それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。

しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。


ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。
この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか?

自分の本籍地で戸籍謄本(全部証...続きを読む

Aベストアンサー

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。
昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。
明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。

古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。
在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。

簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。
新字体ならば、
「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。
戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。
戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。

戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。

ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。

…私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。


以上、参考程度に

・コリア系の帰化人には
『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。
『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。
※ただし、在日外国人なら、日本の戸籍規則に縛られないので通名としてなら上記の漢字は使用できます。


朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。
明治43年から太平洋戦争が終わるまで...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q重大な事件を起こした加害者の家族はどうやって生きていくのでしょう?

特に、未成年の子供が殺人の様な大きな事件を起こした時、その両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

引っ越すにしても、一戸建てでローンがあれば簡単に引っ越せないですよね。

最近は少年の犯罪が多く、その家族の行方をいつも考えてしまいます。

Aベストアンサー

>両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

サカキバラ事件の両親は、子供が逮捕された後、当時住んでいた住居を引っ越しています。
と言っても、父親が勤務する会社の都合で転勤し、転勤先の社宅で住んでいましたよ。
この事件の場合は、同じ職場(某大手企業)で働き続けています。

>その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

子供が転校する時、受入学校のPTAが反対しました。
然しながら、社宅と異なった校区の学校に転校する事で解決したようです。
当時は、犯人の氏名だけでなく加害者側の情報規制が強かった時代です。
事件現場・校区を離れると、利害関係者以外に情報は流れません。
今でこそ、加害者の親が堂々とTVインタビューに答えていますが・・・。

犯人も、医療少年院を出所し、一般市民として暮らしています。
少年院・保護司以外には、何ら情報公開がありません。
確実なのは、誰かの隣で生活している現実だけですね。

>引っ越すにしても、一戸建てでローンがあれば簡単に引っ越せないですよね。

その通りですが、住宅ローンが残っている場合は、自己破産するようです。
債権者(保証会社が)建物を取り壊し、土地を更地にします。
ローンが残っていない場合は、住居を売却して引っ越します。

>最近は少年の犯罪が多く、その家族の行方をいつも考えてしまいます。

余談ですが・・・。
未成年といっても、責任能力が有る!と裁判所で認定されると、両親には(原則)損害賠償責任はありません。
法的には、加害者自身に損害賠償責任があります。
身近な事件では、高校生が自転車で(女子高校生)を跳ねて相手に高度の障害を与えた横浜の事件。
裁判所は「加害者高校生に対して、2000万円の損害賠償を命じる判決」を出し判決が確定しています。
現実問題として、自転車事故では保険に未加入ですから、被害者は泣き寝入りが大半です。
加害者の親が「そんなの関係な~い」と主張すれば、被害者側は何も言えません。
加害者に責任能力が無い場合は、加害者の両親が全ての責任を負いますが・・・。
加害者に責任能力が無い場合は、加害者は「無罪」となり、非常に矛盾した状況になります。

>両親は同じ職場で働き続けることができるのでしょうか?

サカキバラ事件の両親は、子供が逮捕された後、当時住んでいた住居を引っ越しています。
と言っても、父親が勤務する会社の都合で転勤し、転勤先の社宅で住んでいましたよ。
この事件の場合は、同じ職場(某大手企業)で働き続けています。

>その兄弟も学校はどうするんでしょうか?

子供が転校する時、受入学校のPTAが反対しました。
然しながら、社宅と異なった校区の学校に転校する事で解決したようです。
当時は、犯人の氏名だけで...続きを読む

Qテレビ朝日の報道って、そんなに偏向してますか?

よく、テレビ朝日や朝日新聞社の報道は左翼的だ、反日的だ、偏向的だ。といわれますよね。特にインターネットで。

でも、朝日新聞を長年購読している私には、そんなに偏向報道をしているようには思えないんです。テレビ朝日の報道も同じ。

私的には、インターネットの世論は極右に感じます。
例えば、民主党批判がすごいです。(ヤフーのニュースのコメントコーナーでよく見かける。)

しかし、昨日の東京都議選では民主が圧勝。
インターネット世論と現実世論のかい離がうかがわれます。


話が飛びましたが、皆さんはどう思われますか?
テレビ朝日、朝日新聞の報道に関しての御見識をお聞かせ願いたく思います。

Aベストアンサー

学歴度といいますか教養度が高い、格調ある新聞が「朝日新聞」。朝日は、教育者だった義理伯父(母方の妹の連れ合い)の影響で高校生の時から馴染んできました。文体が洗練されています。
一方、実家では地元(T市)の「読売」で、読みこなすうち違いがはっきりしてきました。記事が田舎くさいと云っては語弊がありますが、記事全体が保守的です。たまにはスプーク記事で詳しいことが知りえますが、、、。
大人になって目覚めるうちに「朝日」が、日本の社会に対して的を得た記事を掲載している正当(統)的メディアと確信するに至りました。それと「弱者の味方」で社会的ですね。

Q犯罪者を弁護する弁護士の心情について

22歳大学生、弁護士を目指し勉強中のものです。

私は将来人のために役立てる仕事、社会的弱者の力になれる仕事に就きたいと思い弁護士を目指そうと思いました。

しかし今私が目指すべきは弁護士ではなく検察官のほうが合っているのではないのかと悩んでいます。

というのも、私は正義感が人一倍強く犯罪を犯した人を許せないかもしれないという気持ちがあるからです(もちろん弁護士の仕事は刑事弁護だけではないということはわかっていますが、ここでは刑事弁護をする弁護士に的をしぼって話をします)。

犯罪者を許せない、徹底的に正義を追及したいという気持ちであるなら検察官のほうがいいのではないかと思うようになりました。

しかし、私がやりたいのは一般的には民事のことについてなんです。

もちろん刑事事件も扱える弁護士として仕事をしたいと思っています。

そこで犯罪者を弁護する意義のようなものを見出したいのです。

犯罪を犯してしまった人を弁護する弁護士はどのような気持ち、というかどのような志で弁護に臨んでいるのでしょうか??

Aベストアンサー

私は弁護士ではないので、弁護士に回答はお任せいたしますが、職業柄多くの弁護士とお付き合いをしており、検事や裁判官と同様、社会的正義実現のために(主として人権擁護の立場から)活動をなさっていると理解致します。
ご参考までに布施柑治『ある弁護士の生涯-布施辰治-』、岩波新書(1963年3月)をお読みになると、あなたの知りたいことが(全部とは言いませんが)分かると思います。

個人的な見解としては、被疑者が憲法で保障されている権利(人権)を守りながら、刑事裁判の手続が正当になされ、適正な判決が出されることに(裁判官と検事と)協力していると思っています。

勿論、人権派と称する弁護士の中には、無罪判決を勝ち取ることに熱を上げて、問題視される人がいるようで、残念な気がしますが、極く一部であってほしいものです。

Q暴力団って必要悪なのに、どうして排除するのですか?

民事介入暴力や、麻薬や覚醒剤、拳銃などの密売に関わるなどの犯罪行為そのものは、厳しく取り締まるのは当然だと思います。その上での質問ですが、暴力団そのものを排除しようとする動きは、どのようなメリットがあるのでしょうか。暴力団なきあとの治安は大丈夫なのでしょうか。排除とは無くすこととは違うというなら、一体何が目標なのでしょうか。

腕っぷしが強く、血の気が多くて手の早い、根っからの荒くれ者やならず者というのは、いると思います。彼らが野放しでいては、繁華街では毎日トラブルが絶えず、治安が悪くなると思います。

全部逮捕すればいいじゃないかと言っても、それは無理。事件になるまで、警察はそうそう動いてはくれないし、まして逮捕はできません。事件が起きて牢屋に入れても、また出所してきて、再び事件を起こすに相違ないのです。

ここに睨みを聞かせ、荒くれ者を組織化して街の治安を守れるのは、暴力団をおいて他にないと思います。組織としての暴力団こそが、チンピラどもがカタギの衆に迷惑をかけぬように、交通整理をしているのではないでしょうか。盛り場でバーを営むなど、暴力団無くして、できるわけがありません。

仮に暴力団という組織を壊滅においやっても、一人ひとりのヤクザ・チンピラがいなくなるわけではないでしょう。組織のしばりから放たれた荒くれ者がどれだけ街を荒らすか、考えただけでも恐ろしい。繰り返しますが、事件を起こす前に逮捕はできないし、牢屋に入れてもいずれまた出てくるのです。

暴力団がなくなったら困る。私の認識は誤っているのでしょうか?

民事介入暴力や、麻薬や覚醒剤、拳銃などの密売に関わるなどの犯罪行為そのものは、厳しく取り締まるのは当然だと思います。その上での質問ですが、暴力団そのものを排除しようとする動きは、どのようなメリットがあるのでしょうか。暴力団なきあとの治安は大丈夫なのでしょうか。排除とは無くすこととは違うというなら、一体何が目標なのでしょうか。

腕っぷしが強く、血の気が多くて手の早い、根っからの荒くれ者やならず者というのは、いると思います。彼らが野放しでいては、繁華街では毎日トラブルが絶えず...続きを読む

Aベストアンサー

社会が暴力団を必要悪として認知することは、最終的には、国を危うくする愚かしいことです。

暴力団は基本的には非合法な手段で金を稼ぎ組織運営をしています。彼らの資金源は麻薬覚せい剤の販売、「みかじめ料」という恐喝稼ぎ、組織的売春、ふりこめ詐欺、借金の恐喝的取り立て代行や不動産の不法占拠などです。暴力団を必要として認知することは、これらの犯罪を必要悪として認知することに他なりません。

暴力団組織がなくなれば無軌道な犯罪者が増えて社会が混乱するという理屈は屁理屈です。暴力団組織は自らの延命と繁栄をその基本原則にしていますから、突発的な事件を起こさせないようにして継続的日常的に犯罪を継続させて組織として自分らの力を伸ばし肥え太っていこうとしているのです。彼らは犯罪を産業化させて、より多くの犯罪と犯罪者と犯罪被害者を生み出し続けるだけの忌まわしい組織にすぎません。

彼らは地下経済を構築します。この経済は税金を納めませんから地下経済が伸びると国家収入が減ります。税を逃れる誘惑は一般市民に簡単に及びます。イタリアでは消費税は20%ですが犯罪組織の店を使うと、この税を免れることができます。

米国は1920年代には社会が黙認した酒の密売でマフィアが増長し国内に警察の力が届かない地帯ができるほどの危機を経験しました。イタリアはいまだにマフィアの力を削ぐことができずイタリアのANSA通信は、マフィアを「イタリア最大の企業」と呼んでいます。このような状態にならないよう、暴力団の力をなくすことが望ましいです。

社会が暴力団を必要悪として認知することは、最終的には、国を危うくする愚かしいことです。

暴力団は基本的には非合法な手段で金を稼ぎ組織運営をしています。彼らの資金源は麻薬覚せい剤の販売、「みかじめ料」という恐喝稼ぎ、組織的売春、ふりこめ詐欺、借金の恐喝的取り立て代行や不動産の不法占拠などです。暴力団を必要として認知することは、これらの犯罪を必要悪として認知することに他なりません。

暴力団組織がなくなれば無軌道な犯罪者が増えて社会が混乱するという理屈は屁理屈です。暴力団組織は...続きを読む

Q弁護士はどんな凶悪犯も弁護するんですか?

よくテレビドラマとかで凶悪犯とかでも弁護士をよんで弁護してもらって
ますが、レイプとか殺人とかの凶悪犯でも仕事だから心では人間のクズと思いながら弁護する
んですか?

というか弁護ってなんですか。

Aベストアンサー

kakusei69 さんに 勘違いがあるかもしれないので
記します。

逮捕された人=犯人 とは一概には言えません。

たとえ防犯カメラに映ってたとしても似た人かも
しれませんし映像を加工されてるかもしれません。
無実の罪で逮捕されるというケースも 日本でも
あります。 松本サリン事件はいい例です。

そこで 「ちゃんとした言い訳をする機会を与える」のが
弁護士の役目です。

無実なら 「私はやってません、なぜなら証拠があります…」

ほかにも
「やったことは事実だけど、こういう理由で脅されて
 やってしまったのです」

というような感じです。普通はディベートなんてしたこと
ないので、口のうまい人に攻撃(口撃)されると言い返せません。
それでは口の達者な人がみんな勝ってしまいます。

だから弁護 「弁=ことばで」「護=まもる」 する人が必要に
なります。 理路整然と、相手の矛盾点を突きながら 
こちらの言い分が正しいんだという 言葉の戦いをします。

弁護士は 容疑者に「本当のことを話してください」と言って
まず、本当にあったことを聞きます。その中から少しでも
罪が軽くなる「言い訳」を「探して」 言葉で守るのが弁護士の
役目です。

マスコミの犯人視報道を見ていると、もう犯人だった=悪人だ 
と決め付けているので錯覚に陥りますが、実は本当のところは
当人でないとわからないのが実情です。

とは言っても防犯カメラとかに映っていれば いっくら弁護しても
「有罪は有罪」としてほぼ変わりません。

弁護士も人の子ですから、本当に罪を犯した容疑者から
話を聞いて 「このクズが!」と思う人も多いですよ。
こんなクズのために仕事するのってやってられないよな~と
思ってるはずです。 ただ、そういう職業なんです。

親の病気を治す費用が欲しいがために、悪徳業者の店の金を
奪ったところを 現行犯で警察官にたまたま見つかった…
「見逃してやれよ、そいつ親思いで 本当にいいやつなんだよ、
今までだって犯罪なんか1回もしたことないんだよ。おまわりさん
頼むよ~今回だけ見逃してやってよ 金とられたのは悪徳
業者だろ」 と第3者は思うかもしれません。
道徳的には 賛否あると思いますが、 やっぱり警察官は
事情がどうあれ つかまえなっきゃいけないんです。
そういう仕事なんです。 弁護士も同様 弁護しなきゃいけないんです。 

kakusei69 さんに 勘違いがあるかもしれないので
記します。

逮捕された人=犯人 とは一概には言えません。

たとえ防犯カメラに映ってたとしても似た人かも
しれませんし映像を加工されてるかもしれません。
無実の罪で逮捕されるというケースも 日本でも
あります。 松本サリン事件はいい例です。

そこで 「ちゃんとした言い訳をする機会を与える」のが
弁護士の役目です。

無実なら 「私はやってません、なぜなら証拠があります…」

ほかにも
「やったことは事実だけど、こういう理由で脅されて
 や...続きを読む

Q山口県光市母子殺害事件 本村さんが再婚していた

↓これって、知らなかったのですがTVで報道されましたか?会見で、「妻」じゃなく、「元妻」と被害者は発言すべきだったと思いますが。

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20120221-906827.html

99年の山口県光市母子殺害事件での上告審判決で、
最高裁第1小法廷が20日、被告の上告を棄却したことを受け、
妻と長女を奪われた本村洋さん(35)が会見を行った。

会見の中で、本村さんが再婚していたことを語った。
「2009年に籍を入れさせていただきました。1人で生活し、
いろいろと精神的に参っていた私を、支えていただける方と出会うことができました」と報告した。
現在は2人で生活しており、殺害された2人の命日には、一緒に祈りをささげているという。
また、事件後、殺害された妻の結婚指輪をネックレスにして肌身離さず身につけていたことについては、
「今日もしてきました。私が棺おけに入るまで、身につけておこうと思います」とした。

Aベストアンサー

よくそんなこと言えるものだね

私も10年以上前、唯一の身内が殺されたが、その憎しみ、怒り、無念、苦悩、悲しみは今でも消えないよ。

身内を守れなかった後悔、無念さを君にはわかるのかね

その私の悲しみを理解してくれているのは、唯一、妻だけだがね。

妻が言うには、夜、今でも私はうなされているそうだ。

出来れば、身内を殺した2人を私のこの手で直接、絞め殺したいくらいだが、殺人者の妻と
周りから呼ばれ、忌み嫌われるだろうから、諦念の感で報復は諦めているが。

守るべき人がいなくなれば、最早怖いものなし。
妻がいなかったら今や私は、天涯孤独だから、今頃殺人したことに反省の念のないその2人+その一族を皆殺しにしているでしょう。

本村氏は人格者ですが、彼以上に彼の奥さんもまた人格者なのでしょう。

あなたが本村氏のご家庭のことにつき、とやかく言う筋合いは全くありません。


人気Q&Aランキング