ドイツ語読みが分かりません。お教えくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

等幅フォントで見てください。


ラ シ ド  レ ミ ファソ
A H C  D E F G 
アーハーツェーデーエーエフゲー

ラ♯ シ♯ド♯ レ♯ ミ♯ ファ♯ソ♯
Ais  His Cis  Dis  Eis  Fis  Gis
アイスヒスツィスディスエイスフィスギス

ラ♭シ♭ド♭ レ♭ミ♭ファ♭ソ♭
As B Ces  Des Es Fes  Ges
アスベーツェスデスエスフェスゲス
    • good
    • 1

cis[tsIs]「ツィス」に近い音です。

[I]は[i]より口をやや大きく開け、舌を引っ込めて言う発音です。
dis[dIs] これはそのまま「ディス」です。
ces[tsεs] 「ツェス」です。[ε]は[e]より口を大きく開け、やや[a]に近い音です。
des[dεs] 「デス」です。

ドイツ語の名詞は通常頭文字大文字が原則なのですが、こと音楽記号に関しては頭文字小文字の通例があるようです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q帰れソレントへのイタリア語なんですけど、これを日本語読みしたサイト教えてください

これは帰れソレントへのイタリア語なんですけど、これを日本語読みしたサイトなど知ってますか?
明日テストです。助けてください。
ブィーデオマーレーレみたいにです

Vide 'o mare quant'è bello!
spira tanta sentimento...
Comme tu, a chi tiene mente,
ca, scetato, 'o faje sunna'!
Guarda gua' chisti ciardine,
siente sie' 'sti sciure 'e arancio...
nu prufumo accussí fino,
dint' 'o core se ne va...
E tu dice: "Io parto, addio!"
T'alluntane da 'stu core,
da la terra de ll'ammore,
Tiene 'o core 'e nun turna'?!
Ma nun mme lassa',
nun darme stu turmiento...
Torna a Surriento:
famme campa'!

これは帰れソレントへのイタリア語なんですけど、これを日本語読みしたサイトなど知ってますか?
明日テストです。助けてください。
ブィーデオマーレーレみたいにです

Vide 'o mare quant'è bello!
spira tanta sentimento...
Comme tu, a chi tiene mente,
ca, scetato, 'o faje sunna'!
Guarda gua' chisti ciardine,
siente sie' 'sti sciure 'e arancio...
nu prufumo accussí fino,
dint' 'o core se ne va...
E tu dice: "Io parto, addio!"
...続きを読む

Aベストアンサー

なんか、標準イタリア語とナポリ方言ですこし違うらしいです
下のはたぶん標準イタリア語

http://yoritomofc.exblog.jp/4343804
♪ヴィードォ マーラァ クアンテェ ベーロ・・・・

Q音名(ドイツ語)

専門家の方にとっては常識だと思います。
恥を忍んで質問します。

ドイツ語での音名では(ポピュラー一般の)BをHで表しますよね。
(ポピュラーの)B♭はBですね。
これはどういった理由があるのでしょうか?
二十数年前から疑問でした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 ヘクサコードのHだと教わったような記憶があります、音名がつけられた頃は、完全4度の音楽体系だったので
ファの完全4度はヘクサコードのシの半音下になりますので、二つのシがあることになるので間違わないように、元の音をH、半音下をBにしたと。
 (ヘクサコードにシは無いと言われそうですが、ラ以上の実音はありますので、読み替えで音階をつないでいたが面倒なのでシに当たる音に名前を付けたのが、HとBの始まりだと)
 

Qピアノのドイツ語音名

今、私は中1なんですが(4月で中2です)昨日ピアノのレッスンの時に、ピアノの「ドレミファソ」等の音名をドイツ語で暗記してくるように言われたのですが、これは私ごろの年代の方は、必ずやることなのでしょうか?私の知人はやっていないそうなんですが、教えてください。

Aベストアンサー

私の場合は、ハノンのスケール(音階)をはじめるときに、先生が教えてくれて、今後はドイツ語読みでレッスンする、といわれました。
日本の音大入試では、ドイツ語読みで試験を課されるので、必ず必要になってきます。
音大進学をしなくても、ある程度以上に上達してくると、多くの先生はドイツ語で音階を覚えさせることが多いのではないでしょうか。
CDEFG...と覚えていくのは最初は大変(特にシャープやフラットになると)ですが、慣れれば、ドレミ・・・と同じ感覚で普通に使うようになります。
専門性の高いところまできたことを先生が認めてくれたということで、喜ばしいことではないでしょうか。

Q日本のクラシックはドイツ語?

素朴な疑問です。

中学・高校と吹奏楽をやって思ったんですが、音楽の授業ではイタリア語の「ドレミ~」で教わるのに、吹奏楽部ではドイツ語の「ツェー・デーエー~」で教わります。
自分なりに調べて、クラシック(日本)ではドイツ語で音名を言う方が多いらしい事が分かりました。
なぜ、日本のクラシックの方々はドイツ語で音名を言うのでしょうか?歴史的な背景とか、教えていただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

以下のHPに書いてありますが、

ドイツ語は発音の関係上、イタリア語(ドレミ)と比べ、音名唱などで歌うには向きませんが、臨時記号がついた場合の呼び名は簡潔で、合理的に体系化されています。そのため、派生音を含めた絶対的な音の高さを伝える場合に、とても広く用いられています。

http://www.senzoku-online.jp/theory/classic/02/onmei-03.html

E(エー)より半音階低いと、Es(エス)となりますね。半音階低いとesまたはs,、高いとisをつけるだけなので、簡単です。
イタリア語の場合、つけるものが長い。それに、日本ではハ長調のドレミ、ヘ長調のドレミという風に扱い、決まった高さの「音名」としては扱いません。
日本語のハニホヘトイロハは、半音下がれば変~、半音上がれば嬰~ですから、ややこしい。
その他、フランス語なども同HPの他のページに載っていますが、ドイツ語が一番使いやすいというのがわかるでしょう。
クラシックなどでは、それぞれの楽器の基本となる音階が違うので(B♭、E♭、F音階など)、音名をドイツ語で言えば、どの音を表しているのか、最もわかりやすい。

以下のHPに書いてありますが、

ドイツ語は発音の関係上、イタリア語(ドレミ)と比べ、音名唱などで歌うには向きませんが、臨時記号がついた場合の呼び名は簡潔で、合理的に体系化されています。そのため、派生音を含めた絶対的な音の高さを伝える場合に、とても広く用いられています。

http://www.senzoku-online.jp/theory/classic/02/onmei-03.html

E(エー)より半音階低いと、Es(エス)となりますね。半音階低いとesまたはs,、高いとisをつけるだけなので、簡単です。
イタリア語の場合、つけるもの...続きを読む

Q符読み(拍子読み)ができません・・・。

特に難しい拍子(2分の3とか4とか・・・)の曲などは全然分かりません。
2分の3拍子というのは1小節に6拍入るんですよね?
ってことは3拍子で数えられることはできるんですか?
符読みのコツがあったら教えてください。

Aベストアンサー

「a分のb拍子」はあくまで「b拍子」なので、1小節にb拍です。例えば「2分の3拍子」は「3拍子」です。
では「2分の」の意味するところは何かと言うと、「2分音符を1拍として読みなさい」ということです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報