ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

ドイツは冬季五輪やサッカーのWカップではコンスタントに上位の成績を
残しますし、夏季五輪や、先日の世界陸上でもそこそこ
活躍するなど、オールラウンドです。
でも、なんだかマスコミの扱いが地味な気がするのですが
(単なる私の気のせいだったらすみません)
理由は何故ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かにスポーツ大国なのに地味ですね。



ドイツで生活していた頃、彼らの体格の良さには負けました。
ただ大きいだけではなく、筋肉質です。
忍耐強く厳しい訓練にも耐え、規律正しくチームプレーにも向いていそうです。
間近で見て、スポーツに向いているのは実感できました。
各種国際大会でそれ相応の成績を収めているのも当然です。
それなのに何故地味なの?と云う点をこの質問を契機に考えてみました。

ドイツの地味さの原因は、
1)色々な種目がドイツ国内で広く行われており、
2)運動能力に恵まれた彼らはどの種目でもかなりのレベルに到達でき、
3)強い種目は練習量や努力が成果に繋がるものが多く、
4)規律正しい彼らはマスコミの話題性に欠ける、
の4つが絡み合っているためと考えられます。

1)ドイツのスポーツの基礎はクラブスポーツです。
各町に色々な種目のクラブが有り活動しています。
最も広くプレーされているのはサッカーでその実力に応じてどの町のチームも
何らかの地域リーグに参加しています。しかし、これはどちらかというと例外です。
他の競技では、種目毎に強いクラブの有る地域や町や村が有り、そこから代表選手が
多く出るようです。ある日曜日、近所の体育館での近隣の村のチームとの
レスリング対抗試合が有り、入場無料なので見に行ったらオリンピックのメダリストが
居るとの事でびっくりしました。
メディアの報道も人々の興味も広く分散して、国民全体の視線を集めるスポーツ種目
というものがサッカー以外には見あたらない状況です。
逆説的ですが、国内でスポットライトを浴びないものが国外でスポットライトを浴びることは
起こりにくいということでしょうか。

2)日本の選手が国際的に活躍するためには、日本では頭一つ抜けた超一流でなければ
なりません。しかし、ドイツでは国内一流や準一流で国際的に通用する選手が輩出する
ために、国際舞台に台表として出る選手の交代が頻繁に起こりしかも速い。
その結果、この種目ならこの選手と云う常に話題の中心で有り続ける選手が少なくなる。
国際的なレベルは高くても、目立たない選手同士が争っているという事になる。

3)天賦の才能の競い合いとなる100m走より、努力で有る程度のレベルに到達できる、
400m走に強い。個人競技よりは、チームプレーの競技に強い。等の様に、スポットライトを
浴びにくい要因が有るようです。

4)行儀良すぎて、悪ガキとかビッグマウスとかタレント性の私生活でメディアの話題となり
その提供を続けられる選手が少ない。

ドイツでスポーツに対する興味が分散している目安として、Yahooのスポーツ欄の
見出しを並べてみます。日本とは較べ物にならないくらい多岐に渡っています。
サッカー*、F1*、テニス*、バスケットボール*、自転車、モータースポーツ、ハンドボール、
ビリヤード、プロレス、これら以外と分けてあります。これら以外は、陸上、ボクシング、
ボート*、ヨット、水泳、バレーボール*、ウインタースポーツ、アイスホッケー、競馬*、
スキーアルペン、乗馬、ゴルフ*、アメフト*、カヌーに分けてあります。
*印は日本のYahooの分類にも有るモノで(日本ではこの他にラグビーと相撲と格闘技が
入っています)。ドイツではプロアマ問わず。日本ではプロスポーツ中心の大きな違いが
見られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんありがとうございました

お礼日時:2011/10/29 12:41

 テニスでボリス・ベッカーとシュテフィ・グラフが男女それぞれの


世界ランキング1位だったころは、ドイツテニスの黄金期と呼ばれて
マスコミでも派手に扱われていましたよ。

 結局は#1さんの回答にかぶりますが、その2人以降、スポーツ界に
スター選手が少ないのがやはり原因じゃないでしょうか。

 あと、ヨーロッパは国が多いから、報道が分散するっていうことも
あるでしょうね。フランスの陸上選手とか思い浮かばないでしょう?
サッカーを除けば、ヨーロッパ人のスポーツ選手ですぐに名前が出て
くる選手ってわりと少ない気がします。

 ちなみに、いま男子テニスの世界ランキング1位はジョコビッチ
ですが、どこの国の人かわかります? テニスも昔のほうがなぜか
盛り上がっていた気がします。(※正解はセルビアです)
    • good
    • 1

たぶん選手の層が厚いけど、飛び抜けたスター選手がいないからじゃないですかね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

鋭いご回答ありがとうございます。確かにアメリカみたいに競泳の絶対王者である
マイケル・フェルプス、ロシアにおいては女セルゲイ・ブブカと言われる棒高跳びのイシンバエワ、
ジャマイカのウサイン・ボルトなどのようなスターはドイツにはいませんね。

ただ、今回の世界陸上で、ドイツの男子がやり投げ、円盤投げ、砲丸投げの
三つで金メダルを取ったのはすごいと思いましたし、
Wカップでは名ゴールキーパーのカーンがいたり(引退しましたけど)
クローゼやバラックなどの名選手もいて、
02年は準優勝、06年、10年は3位というのは安定感があって
頼もしく感じるんですよね…
まだ向上の余地があるんですかね

お礼日時:2011/09/06 19:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故、ドイツは冬季競技が強いのですか?

現在開催されているソチ五輪でドイツの活躍が著しいのですが、地元ロシアを抑え、そんなに北国・山岳のイメージが強くないのに・・・
その要素・勝因をお教えくださいませんか?



※メダルランキング<縦に金・銀・銅と合計>
1位 ドイツ
07
03
02
計 12

2位 スイス
05
01
01
計 07

3位 ロシア
04
06
05
計 15

4位 カナダ
04
05
03
計 12

5位 オランダ
04
04
06
計 14

14位 日本
01
02
01
計04

Aベストアンサー

大きな理由は他の回答者様も書いている通りですが、1つ重要なことを。

ドイツの現在のウィンタースポーツの活躍ぶりは、東西ドイツ統一もその一因になっています。何しろ東西分裂時の東ドイツは夏冬とも西ドイツを圧倒する成績を上げていました。はっきり言って勝てていたのはサッカーだけという具合。

その旧東ドイツ時のスポーツエリートへの国家の投資・訓練は、現在のドイツスポーツ界のそれより遙かに巨額で、また選手には過酷でした。
(一番イメージしやすいとするなら、全然関係ありませんが、シルベスター・スタローン主演の映画「ロッキー4」。あれで(BGM:Training Montage)ドルフ・ラングレン演じるソ連のドラゴが積んでいた科学的トレーニング。あれを国家レベルで行っていたと考えればそう外してないはず)

実際、この当時のトレーニングを積んでいた選手が、ドイツ統一後の各種世界大会で次々とドーピング検査に引っかかった現実が、彼らがどのようなトレーニングを積んでいたかを物語るものです。
※現在も旧東ドイツをはじめとする東欧出身コーチの指導を受ける選手が、突発的にドーピング検査に引っかかることもありますし、事実直近のロンドン五輪でも陸上の投擲競技で旧東欧国(旧ソ連系諸国)の代表選手が大量摘発された例もあります。指導するコーチにとっては、違法薬物を使用しての能力向上は、悪ではないという認識なのでしょう。これも手段の1つだ、と。

確かにドーピングはまずいのですが、そのトレーニング方法そのものは、現在でも広く世界で評価されているものです。その優秀なコーチ人材を最も多く取り込めたのは、当然のように現在のドイツ。特に旧ソ連時代の冬季競技の指導法をそのまま取り込めたことで、確かに「冬のイメージ」があまりないドイツで、(これは夏季・冬季関係なく)オリンピックや世界選手権クラスの競技で常に優秀な成績を収め続けている要因でしょう。

大きな理由は他の回答者様も書いている通りですが、1つ重要なことを。

ドイツの現在のウィンタースポーツの活躍ぶりは、東西ドイツ統一もその一因になっています。何しろ東西分裂時の東ドイツは夏冬とも西ドイツを圧倒する成績を上げていました。はっきり言って勝てていたのはサッカーだけという具合。

その旧東ドイツ時のスポーツエリートへの国家の投資・訓練は、現在のドイツスポーツ界のそれより遙かに巨額で、また選手には過酷でした。
(一番イメージしやすいとするなら、全然関係ありませんが、シルベス...続きを読む

Q舌の先などにプツッとした痛いできもの

舌を噛んだり傷つけたわけでないわけではない時に、時々舌の先等に、小さい見えるか見えないか程度のプツッとした凄く痛いできものができます。あれはなんですか?

よく、食べ過ぎたりして胃が悪い時に出来る、と祖父母なんかに聞かされた気がしますが・・・。

実際、出来たときは、疲労時というか、心身どちらか一方でも過度に疲労したかな?少し食べ過ぎ?と思い当たることもあります、が、毎回ではありません。

あれは何で、どんな時に出きやすくなりますか?
また、予防策、出来てからの対処法など教えて下さい。
病院に行くほどひどくならないので、これまでそれで病院に行ったことはなく、だいたい1週間程度で治りますが、出来るととても痛いです。

Aベストアンサー

口内炎が舌にできたものだと思いますよ。私も子供のころからしょっちゅうできます。舌にできるとものすごく痛いんですよね(T_T)

原因はストレス、栄養の偏り(特にビタミンB不足)、睡眠不足、口の中の不衛生、胃の不調や風邪の時などの体調不良時などさまざまだと思います。
私はできてしまったら薬を塗って早めに就寝して睡眠を十分にとること、食事後や口の中が痛いときなどとにかくうがいをして口の中を清潔に保つこと、ビタミンBを取ることを心がけています。

よくできるならひどくないと思ってても一度医者に行ったほうがいいかもしれません。薬をくれるので次にできたときにも便利ですし原因もわかるかもしれませんよ。

Qドイツ人やロシア人は何故、顔の輪郭が四角くてがっちりしている人が多いのですか?

皆さん、いつもお世話になっております。
質問はタイトルのとおりです。
今まで私がテレビなどでドイツ人やロシア人を見てきた
限りのお話しになるのですが、
何故か、ドイツ人やロシア人は顔の輪郭が四角くて、がっちり
している人が多いなと思いました。
私の素人考えですと、「たぶんドイツ人やロシア人は
硬くて歯ごたえのある物を食べる機会が多いから
がっちりした輪郭になるのではないか?」と思ってるのですが、
他にがっちりとした輪郭になる理由は何が考えられますか?
皆さんからのご意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

ドイツ人はゲルマン民族の血筋ですから、骨格がもともとがっちりしています。ゲルマン民族が大移動した頃、ゲルマン人をはじめて見たローマ人は、ゲルマン人はまるで熊みたいと思ったそうです。もともと森に住み狩猟民族ですから、体型がそうなるのだと思います。

ロシア人は東スラブ系で元々馬を操るのがうまい民族ですから、その移動範囲が広くなることで、他民族との混血が多くなったのだと思います。

最近は少なくなったと思いますが、ドイツもロシアも今頃から冬支度として、撒き割りをします。撒き割りは重労働です。また、どちらの国も日本よりも農民や肉体労働者の割合が多いことも影響していると思います。

日本人も旧日本人(耳垢が油っぽい人)は新日本人(サラサラとした耳垢を持つ人)に比べ骨格ががっちりしていて、エラの張った人が多いですよね。
食べ物も関係すると思いますが、陽にあたる時間や力仕事をすることでも体系はがっしりとすると思います。

また、ヨーロッパの北の方にいくほど、平均して身長は伸びるようです。子どもなどみると、いわゆる「もやしっ子」の様に感じます。

20年くらい前までは、ドイツやロシア料理と言えば、他の西ヨーロッパの国々に比べ、肉の量が断然多かったですが、最近ではドイツ人でもベジタリアンや成人病を気にして肉を控える人が多くなりました。
また、子供達も固い物をあまり食べなくなり、外で遊ぶことも少ないので、顎が小さく発達しない子供が増えています。そのうち、日本の子供もドイツやロシアの子供も、グリーンマン(エイリアン)の顔みたいになると思います。
http://images.google.com/imgres?imgurl=http://rlv.zcache.com/little_green_man_on_black_hoodie_tshirt-p235663857377533511u2u5_400.jpg&imgrefurl=http://www.zazzle.com/little_green_man_on_black_hoodie_tshirt-235663857377533511&usg=__wLXGl7CMmnAjUTRIR5qPLoUr6w0=&h=400&w=400&sz=24&hl=de&start=36&sig2=y188TaOpRl1598XzTtuxLQ&um=1&tbnid=-TSSJzB8X1gFNM:&tbnh=124&tbnw=124&prev=/images%3Fq%3DGreen%2BMan%2B%2Balien%2B%25EF%25BC%25A2%25EF%25BD%2589%25EF%25BD%258C%25EF%25BD%2584%25EF%25BD%2585%25EF%25BD%2592%26ndsp%3D18%26hl%3Dde%26rls%3Dcom.microsoft:de:IE-SearchBox%26rlz%3D1I7GPRE_deDE287%26sa%3DN%26start%3D18%26um%3D1&ei=Tl6zSsWlCJWSmwPn8tnbCw

ドイツ人はゲルマン民族の血筋ですから、骨格がもともとがっちりしています。ゲルマン民族が大移動した頃、ゲルマン人をはじめて見たローマ人は、ゲルマン人はまるで熊みたいと思ったそうです。もともと森に住み狩猟民族ですから、体型がそうなるのだと思います。

ロシア人は東スラブ系で元々馬を操るのがうまい民族ですから、その移動範囲が広くなることで、他民族との混血が多くなったのだと思います。

最近は少なくなったと思いますが、ドイツもロシアも今頃から冬支度として、撒き割りをします。撒き割...続きを読む


人気Q&Aランキング