宗教のことは、まったく知りませんでしが、
仏教というのは、生きているうちに悟りを開くことが大切で、
物への執着はあまりよいことではない、と知りました。

もともと私はそういう考えでしたので、ホッとしました。

気になったのは、
もし、身内がなくなったとき、葬儀なしで、お坊さんを呼ばなかったら、
亡くなった身内が、幽霊になって、出るでしょうか?

ときどき、今は遺骨も拾わない、という記事もありますが、
墓を作らないのだったら、骨を拾わないほうがいいのでしょうか?
これもあまりよくないことなのでしょうか?

基本、生きている間がすべて、と思っているので、
あまり気にしていなかったのですが、
テレビ番組で、遺骨が長い間仏壇に入れたままになっていたので、
亡くなった親が怒っている、とやっていたので、驚きました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

それは先祖に聞いてみないと判りませんね。



本来仏教に生死は無いんです。魂の修行が在るだけです。
仏教でも宗派によって考え方が違います。例えば浄土宗などでは死ねば即仏の世界に行けます。そうなると亡くなった人にお経を唱えるのも不合理な話で、結局お経は生きている人のためのものとなる。逆に亡くなった後もお経で救わなければ成仏できないと言う教えであれば、お経を唱えなければ怨まれるやも知れません。
逆に後者の教えを説く宗派のお坊さんが「お経は生きている人のための物、死んだ人に唱えたって何もならない」と言えば檀家から総攻撃を喰らうでしょうね。実際そうなってしまった人もいます。

仏教の全部じゃありませんが、魂の世界を喩えると光に似ています。
光は周波数によって変わることは理科で習ったはずです。波長が長いと赤くなり、更に長くなると暗くなって、最後には目に見えない赤外線になります。
逆に周波数が高くなると青から白っぽくなり、こちらもやがて目に見えない紫外線になります。
魂の世界で目に見えない部分が霊界と言う所であり、目に見える部分が現世、人間界です。
私達は人生により多くの経験と知識を得て自らの波長を短くしていくわけです。一段波長が短くなる際に死を迎えます。これを繰り返し、悟りを開くまで達すると仏陀になれるわけです。
私達の世界から目に見えない仏の世界に生まれ変わる事を解脱(げだつ)と言いますが、真の解脱は悟りを開く事を言い、それまでは修行と死を繰り返すわけです。

つまり人間であると言うのは魂の成長過程において目に見える可視光線の領域に存在しているに過ぎません。修行を積めばやがて可視光線から紫外線となり、この世に生まれる必要の無い段階に入ります。逆に悪行を繰り返せば周波数が長くなり、低いほうの目に見えない赤外線のような世界、つまり地獄に落ちるということです。

お経と言うのは人間の得るべき知識や経験などを文書にしたものです。
我々が全てを体験しなくても教科書を読めば知識として得られるのと同じく、お経は体験し得ない知識を得るものです。
だからお経を読むことでより大きな知識を得、それによって破傷を短くする度合いを上げようというのが仏教です。
お経は自分は読むことで「功徳」をえます。また人に読み聞かせる事によって大きな功徳を得ます。この読み聞かせの行為を「法施」といいます。今日を読み聞かせる事は聞いた相手も知識を得ることとなり、功徳を得ます。
してに功徳を与えた事は更に大きな自分に対する功徳になるわけです。

また人間は死んで仏の世界に生まれたからと言って終わりではありません。
これも宗派によって異なるのですが、魂は仏の世界に入っても悟りを得るための修行を繰り返します。
観音行とはこの修行の事を言います。
つまり亡くなった人に対する読経は次の段階に進んでいるであろう魂に対して読み聞かせをする事であり、それはとりもなおさず自分の功徳であるということです。

で、亡くなった人を供養しないから怒って来るというのはありえない話です。
人は死ぬと49日後に次の転生先が決まります。
これを周波数で喩えるなら、その人が可視光線の波長であれば人間界に転生し、悪行を行なえば地獄に転生するだけです。紫外線の領域の波長であれば仏界に転生すると言う事になります。
つまり自ずと転生先は決定されるわけですから、それによって怨むのはお門違いだし、更に言えばそれで怨むようであれば波長が無くなる、つまり地獄や畜生道に転生するということになってしまいます。

読経するのは功徳を積む事にはなるが、読経しないからと言って浮かばれないと言うのは自己責任だということです。
まァ逆に考えれば、そのように浮かばれない魂だから恨むと言う事も在るかもしれませんけど、よほどの意志の強さが無ければ、そんな簡単に怨みを晴らすほどの霊力を得る事は出来ません。
四十九日を過ぎれば次の転生先に行ってしまいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

幽霊が出るとか、悪いことをすると地獄にいく、とか、
そういう話を子供のころから聞いていると、
お経は死者のためになくてはならないもの、と思ってしまいます。

悪いことが起ると、供養しなかったか、と責められる感じです。
こうやって責める人は、普段から自分の責任を他人に転嫁する傾向ですが。

光の見えない部分は、難しい話で、わからないですが、
人の心と思っていいですよね。間違っている解釈かしれないけれど・・・

読経も、人のエネルギーをどこへ向けてるか?だと思います。
読経している時間に、困った人を助けるのに時間をかけている人もいます。
信心深い人が、自分の利益優先だと、それって何??と
思うことがあります。

やはり毎日の生き方が大切なんでしょうね。

姑と義理弟が、いつも数珠を持っていますが、
人をすごく憎んでいる方たちで、ギャップを感じます。
ふたりとも人間不信で、アルコール依存症です。
私に向かって「あなたがお嫁にきたから、悪いことが起る」といいます。
本人の心の問題だと思います。

お礼日時:2011/09/07 08:38

いちおう占い師やってます。


はっきり言ってしまうと供養だの墓だの葬式だのと言うのは宗教屋が信者から金を巻き上げるための方便です。あとは遺族の自己満足ですかね。
もともと仏教にしろキリスト教にしろ死者を弔えなどという教えはありません。
「死人を葬ることは、死人に任せておくがよい」とキリストも弟子に言っています。

そもそも成仏できるか否かは生前の本人の心がけ次第でしょう。
成仏できないから子孫に化けて出るなんて不届きな先祖は「地獄に落ちろ」と言って叩き返してやりましょう。(これは冗談ですが)

誤解しないで欲しいのはだからといってご先祖を敬わなくてもいいということではありません。
命日でも朝起きた時でも寝る前でも、自分が今日あるのはご先祖のおかげだと思えば自然に手を合わせて感謝したくなるはずです。

幽霊が出るからとか世間体が悪いからとかではなく、自分を生み出してくれた存在のありがたさに感謝すること、それこそが本当の供養だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いやぁ~、はっきりわかっているんですね。
私は妹に、ちゃんと御坊さん呼んで、葬儀をやれ、と命令されていますが、
なんでも人任せ、お金も出したくないけど、やることやってくれないと、
自分に災いが起るからだと思います。

姑も信心深い??ようですが、わりと人任せで、先祖の供養を長男の後妻さんに
強要していました。

普段は金がすべて、っていう人たちなのですが、
宗教にすがるというか、宗教さえやってれば、大丈夫、と思ってるようです。
極端に言うと、人を脅す人たちなのですが、
宗教やれば、なんでも許される、というように見えます。

私は親元にいるときは、生きている感じがしませんでしたが、
親元を離れたら、心が自由になり、生きていることに感謝するようになりました。
感謝は先祖ではなく、身近な人にしています。

お礼日時:2011/09/07 08:21

ばかばかしい



大切な家族が亡くなっても
まだ自分のそばにいるのなら
なお結構じゃありませんか

幽霊になって出てきて
何するんですか
「うらめしやー」とでもいうのですか
ばかばかしい

すべて、ニセ占い師が金儲けの為に考えたことで
そんなものはありゃしません

テレビに出ている占い師はみな偽物です
それでもホールを一杯にする詐欺まがいの人もいますから
こまったもんです

こういう詐欺師のおかげで
石屋はお墓は作ってもらえるし
お寺は檀家がふえるし
たすかっているので何も言いません

だから仏壇にいつまでも置いておくといけないなんて
言うのです
(早く墓作って、お寺に持ってきてということです)

葬儀無しというのは考えものですが
自分の納得のいく式をすればいいのですよ

なお献体は今、多すぎて断るわけもいかないので
大学等では困っているのが現状です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考えてみれば、カメラを向けると、幽霊が声を出したり、
白い影が走ったり、ギシギシ音がするんですよね。

悪霊払いは、あれは嘘っぽいですね。
占い師の宣伝になると思いました。

お骨を置いたまま・・・のところも、
お寺と墓業者が儲かる、と思いました。
私も、やっぱりしなくちゃいけないかな、と心配になりましたから。

中古住宅に幽霊が・・・というのも、
土地買って新築じゃないと怖い・・・と
思う人も出てくると思いました。

献体、多すぎて困っているのですね。
知りませんでした!!

お礼日時:2011/09/07 00:29

テレビのはたまたまだとおもいます。



なくなった親族などに対して
亡くなったあとも恨みつらみをいう人は
心に良くないものがたまりそうですよね。

それが悪いものを呼ぶことがあるかもしれません。
とにかく生きている人間の思念ほど強い物はないと言われています。
(生き霊が一番怖いと言われてそだちました。もともと寺の家系です)

葬儀をしたとか坊さんをよんだ呼ばなかった程度で
幽霊がでるとかはありえないとおもいます。

遺骨を自宅においてても悪いことはないと思いますし
今は合祀というか 骨をお寺にお納めして
まとめて供養してもらうこともふえました。
10年とかしたら粉にして大きな仏の形に固めて拝むところもあります。
宗派を問わないところも多くあります。

また なくなったら みんな仏様だから
生きてた時の罪も許せばこころ安らかに拝んであげられる
または「ああ いきてた時は色々あったけど懐かしいな」って
なつかしむことで充分供養になるとおもいますし
墓作らなきゃとか墓参らなきゃとか
「~しなきゃ」は呪縛にも似た言葉であまり好ましくかんじませんね

子どもの頃から お仏壇はあの世の窓だから
ご先祖がこちらをみてるので きちんと挨拶して 報告をしなさいよ
と言われていました。
頂き物も真っ先にお仏壇にお供えし(あったことないけど ひいばあちゃんはおまんじゅう好き?とかききながら)
あとでお下がりをいただきます。

そういえば 話しかけると 仏さんの格が上がり
守る力がつよくなるとも言われてました。
(だから お願いごとはしてはいけないとも)

でも 仏壇がなくても 思い出すだけでもいいと聞いています。
ふと 懐かしく思い出すこと。
これが供養につながるはずです。

宗教の根本は 明るく 今 ここに自分が存在するのは
先祖から脈々と続く命のおかげだと認識して
毎日感謝する気持ちが大事だと気づくことだと思うからです。

死ぬと確かに肉体は亡くなりますが
あなたもその続く命の流れの一部なのですから
しんだらはい終わり!という個別なものでもない気がしますよ。

こたえになってませんね すみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「死んだらはい終わり」というのは、生命というか、自分はなにもわからなくなる、
という意味です。残された人の心には思い出が残ります。

生霊の教えは、きっと、人を過剰に憎んだり、すべて自分の思い通りになると思うな、
ということだったのでしょうね。

両親の時代は、大きな葬式、個人の墓が当たり前で、
さらに物、金、見栄の世界で、今もそれを強要されますが、
私は子供のころから精神の世界に住んでいたので、親のすることが
あまり好きではありませんでした。

なので、極端になりますが、あえて何もしないことで、
心が浮き彫りになってくると思います。
子供にも、何が大切なのか、わかってもらいたいですし。

罰が当たるから、みんながしてるから、ああしよう、こうしよう、とやるのは、
滑稽な姿ですよね。

お礼日時:2011/09/07 00:15

死者が化けて出ると言われるのは土俗宗教に多い考え方で、


本当の仏教では人は死ぬと仏になる長い旅路に出るため、化けて出ません。
ですのでお盆のようにご先祖様が帰ってくるという考えは本来の仏教にはなく、
日本に古くからあった信仰と融合したものと言われます。

また宗教の教義によって死者の帰還の事実のあるなしが変わる訳がありませんので、
「仏教では」「キリスト教では」は関係なく死者は化けて出るか出ないかの二択になります。

京極夏彦氏いわく、苦しい思いや後悔をして死んだ人が、今でも苦しんでいるだろう、死に切れない
だろうと思うのはあくまで生きている側の見解で、死んでしまえば感情も怨恨も存在しない。
即ち化けて出るのではないかという恐怖や怒っているだろうという思いが生きている私達によりリアルに思えてくるほど気にかけている状況にあると、それはふとした物音や風の仕業で動く草などによってまさに実在するかのような形で私達に「感じられる」ようになる、これが幽霊であるといい、私もそう思います。

この文脈から考えると、お坊さんを呼んでお経を上げてもらう事で自分が納得することがなくなられた方の成仏に深く関係するということですね。遺骨もしかりです。

ちなみにそう書きましたが、私観では京極氏の考え方を応用するかたちで幽霊は私たちの中に存在する
と思います。
私達が自分を自分と自覚している「自我」は、自分の中に莫大に存在する大小の経験メモリ(見た場面、聞いた景色、かいだ匂いなど記憶の断片)の海の中で、自分ならではのオリジナリティの強いメモリをつないだひとつの共通項にすぎないもので、それ以外に結び付けて他の人格を形成しうる要素もたくさんあり、多重人格などは現在の自分を否定して他の自我を紐つけして構成してしまう現象です。
このメモリの広大な海の中では、まったく自意識と関係なく存在する人格もありうり、それがリアルな存在として端聞きする情報を切欠に意識されるのが幽霊と思います。

いずれにせよ死者は先達でもあり、尊敬し敬うべき存在であるならば、自分で納得がいく状態で亡くなっ「ている状態」でいて欲しいですよね。そのために行うことがなんであれ供養であり、それで気が済めば幽霊は出ません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うちにはお琴がありますが、ときどき勝手に音が鳴ります。
ピアノも同じ現象がないともいえないです。
これが、テレビとかになると、幽霊が弾いている、となるんですよね。

もし人を殺せば、その人が恨んで出てくるのではないか?という恐怖で、
幽霊を作り上げてしまう、ということですね。

私自身は、死んだ人はお経は聞けないし、
お経がないとあの世にいけないのかなぁと、子供のころから不思議でなりませんでした。
それと、お坊さんはどう見ても、普通の人でしたし。

「自我」も日ごろから感じることがあります。
他人あっての自分、ということです。

人が死ぬのは大変で、いろいろあるようですが、
あまりよくない印象を残ったものに植え付けたくはないですね。

お礼日時:2011/09/06 23:30

仏教の教えでは、人が亡くなれば仏様になります。


仏様は、人の幸せを願う物で有り、生きている人に罰を与えたり恨みを残す事はありません。

幽霊になって出てきたり何かの悪さをすると感じるのは、生きている人間が作り出した物で有り、死んだ人は絶対に人に悪さはしませんし、出来ません。

自分の気持ちが許せなければ、世間一般のまつりごとをすれば気も済む事です。
しかし、それを気にしない人であれば、好きなようにすれば良い事です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

身内で、墓参りしないと、たたられる、病気になったのもそのせい、
私には悪霊がついている、という人がいます。(妹ですが・・・)

私から見ると、妹自身の問題だと思います。
態度が悪いので、人間関係がうまくいかず、イライラする毎日なので、
お金を使うことで発散し、借金だらけでまた苦しい・・・と私には見えますが、
本人は、墓参りしなかったから、悪霊のついている姉がいるから・・・といいます。

まさに、生きている人間が作り出していますね。

悪霊のついているらしい私は、穏やかに暮らしています。

これは心の在り方次第ですね。
生き方の問題です。

妹のような人が、いくらまつりごとをしても、
心はなかなか安らがないと思います。

お礼日時:2011/09/06 22:49

>>亡くなった身内が、幽霊になって、出るでしょうか?



ケースバイケースだと思います。死んだ方が「あの世」のあることを信じていて、この世への執着があまりなければ、長い間、幽霊になって出ることは無いでしょう。
ただ、通常は、死後49日程度は、地上にとどまることは許されているので、霊視できる方であれば、本人の葬式に、霊体となった本人が出席しているのを確認できたりします。
亡くなった本人は、「俺が居なくなって家族はどうなっているかな?」「会社はどうだろう?」と確認したくて、自宅や会社に出現することもあるようです。
もちろん、霊感が無い方なら、幽霊は視えませんので、出ていても、出ていないのと同じですけどね。

そして、「生きている間がすべて」と思っていたりすると、自分が死んだとは認識できず、「変な薬を投入されて、長い夢の世界にいるのだ!」「みんなが俺を死んだものとして騙そうとしている!」とか言い張る方も多いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

死んだ人の気持ちがわかる方ですか?

生き方たように死ぬ、と聞いたことがあります。
「みんなが俺をだまそうとしている」という死に方は、生き方が相当悪いのではないかと
思いました。

死にたくない、死ぬのが怖い、人が死んでも自分だけは死なない、という人のほうが、
執着があるような気がします。欲求不満な人が多いかも?
生きている間がすべて、という人は、この世に満足してると思います。

回答者さんのいってることは、すべて反対のように思えてなりません。

お礼日時:2011/09/06 22:39

>身内がなくなったとき、葬儀なしで、お坊さんを呼ばなかったら



医大に献体希望していて、葬儀なしを希望している人は幽霊になってしまいますね。
人間、死んだら終わりですよ。

ちなみに私のいとこは坊さんですし、親は献体を希望しています。葬儀は不要と言ってます。
別にいとこを呼ぶつもりはありませんし、親の意思を尊重しています。
(献体すると、医大で毎年慰霊祭のようなことをしてくれます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お寺の子が、お盆になると、自宅に幽霊がたくさん寄ってくるのがわかる、といってました。
(子供が聞いてきたので、うそか本当かわかりませんが)

献体はすごいですね。
私も死んだら終わり、と思ってるのですが、
献体は考えたことがありません。
何かのきっかけで、強くそう思ったとき、実行するかどうかですね。

お坊さんは別に呼ばなくていいですよね。
田舎なので、組のお通夜の長い長いお経を何度も経験し、お坊さんと聞くと、
拒否反応が出ます。

見送る人の心があればいいですよね。

お礼日時:2011/09/06 22:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q幽霊が見える人って?

私は幽霊が見えないので、幽霊がいるとは信じられません。
でも、知り合いには、幽霊が見える人がいます。
幽霊が見える人と見えない人の違いは何なのでしょう。
脳の構造が違うのですか?
それとも幽霊ではなくて幻覚なのでしょうか?

Aベストアンサー

私も精神的にかなり病んでいた時には、見えていました。
幻覚と、あと思い込みの力が強いと思います。
どちらかと云うと、思い込みの力の方が遥かに多いとは思いますが。


ちなみに…
‘見えて’いる方には言えない言葉です。

Q親族の葬儀にも出れない宗教とはどのような宗教でしょうか?思いつく宗教具

親族の葬儀にも出れない宗教とはどのような宗教でしょうか?思いつく宗教具体的に教えて下さい

Aベストアンサー

よくわかりませんが・・・
参考URL

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1025409470?fr=shopping_search

Q幽霊が見えるようになった人

あまり幽霊の存在を信じていませんが、いるとしたらどうしても見たいです。話もしてみたいです。

以前は幽霊等の存在を信じていなかったけど、見えるようになった方はいませんか?

(1)信じていなかった理由
(2)見えるようになったきっかけ
(3)現在の意見(やっぱり幽霊はいます。とか)
上記3点について、お聞かせ下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問者様のお礼の内容を見てふと思ったのですが、子供のころのほうが「幽霊」というものになじんでいたきがします。
学校の怪談なんて定番ですね。見える見えないにかかわらず。

私の好きな小説の一節に「子供はすべての暗闇にお化けの影を見出す」
というものがあります。
子供のころはまだ世界に知らないことがたくさんあって
それをすなわち「幽霊」という形で認識してしまうのではないでしょうか。
幽霊の正体見たり枯れススキともいいますね。
大人になると世の中に不思議なことが少なくなってしまうので
中々そういった世界を見ることができなくなってしまうのだと思います。
たとえば都市伝説で有名な「口裂け女」ですが、もし今、そういった
容貌の女性をみかけたら、お化けとは思わず「何らかの事情でそういった容姿を持ってしまっている人」として見てしまいませんか?
色々思うところあるかもしれませんが、少なくとも「ひえー!ポマードポマード!」と有名な撃退呪文を唱えつつ逃げようとは思いません。

私は幽霊の存在を信じていない、というか見たことがないので信じようがないのですが、おそらく見るためには信じようと(理解しようと)する心はとても重要だとおもいます。そうすればおのずと世界は広がるのではないでしょうか。それが良いことかどうかは私には分かりません。
もしかすると質問者様に不利益なことになるかもしれません。
今の生活に満足しているならば、わざわざそれを壊すリスクのありそうな世界に自ら足を踏み入れなくても良いような気もしますが…。

事故に遭ってから見えるようになった、とかそういう人の話も
聞いたりしますが、脳の一部が損傷してそれ以前と一寸回路が変わっちゃったのかな?と解釈してしまいます。夢がないですね。

私はもし会えるなら、幽霊より妖怪に会いたいです。
ネオン眠らぬ東京砂漠じゃ難しいですよね…。

質問者様のお礼の内容を見てふと思ったのですが、子供のころのほうが「幽霊」というものになじんでいたきがします。
学校の怪談なんて定番ですね。見える見えないにかかわらず。

私の好きな小説の一節に「子供はすべての暗闇にお化けの影を見出す」
というものがあります。
子供のころはまだ世界に知らないことがたくさんあって
それをすなわち「幽霊」という形で認識してしまうのではないでしょうか。
幽霊の正体見たり枯れススキともいいますね。
大人になると世の中に不思議なことが少なくなってしま...続きを読む

Q無宗教の葬儀と供養について

もうじき定年を迎える、共働きの夫婦ですが、妻が無宗教者でして葬式は僧侶など呼ばない方法で執り行い、”墓標もいらいし遺骨は自分の縁のある土地(たぶん生家付近のどこか)に粉にして撒いてほしい”と申します。
このような事、最近では執り行われている事もあるそうですが、まださきの事とは言え知識として知っておきたいと思い、質問させていただきます。

(1)葬儀はどのように執り行われるのか。
(2)遺骨を故人の希望通りにするには、どうすれば良いか(埋葬に関する法律や方法)
(3)葬儀後の故人の弔いの方法

妻の気持ちを察して、私が先に逝った場合も、同じ方法で残った親類・縁者に見送ってほしいと思っております。

無宗教の葬儀と供養に知識・経験のある方のご返答をお願いします。

Aベストアンサー

無宗教
日本の仏教は葬式仏教といわれ葬式はビジネスであり心がないことがあります。付き合いのない見知らずの坊さんにお経上げてもらったり、喝なんて叫んでもらいたくないかもしれません。
でも、葬式は誰のためにするのか。それは遺族など生き残った人を慰め、亡くなった現実を現実として認めるようにする儀式です。さらに死者に自分は十分なことをした、親孝行したという自己満足の場でもあります。

葬儀は坊さんの芸能イベントです。


(1)葬儀はどのように執り行われるのか。
私の参加した葬儀では弔辞、焼香、親族挨拶でした。音楽はクラシックでした。参加者の間では何か寂しいという声が聞こえなくもありませんでしたが葬儀らしい葬儀でした。
人柄の分かる写真、ビデオ、遺品の展示などする人もいるようです。でも多くの人は義理で葬儀にきているので控えめがいいのではないでしょうか。

(2)遺骨を故人の希望通りにするには、どうすれば良いか(埋葬に関する法律や方法)
埋葬法という法律にのっとり遺骨は墓地以外に埋葬(土に埋める)できません。でも、海、山、野原に散骨しても罪に問われません。ただし焼却した骨を粉砕する(事件性が疑われないよう)。他人の土地に撒けば問題が起こるのでしてはいけません。国有地でも知らない人が散骨しているのは気持ちよくありません。人にいないときに人の骨と分からないように撒くべきでしょう。

(3)葬儀後の故人の弔いの方法
遺族の決めることです。個人の意思を重んじるなら記念日として何かすることです。位牌は先祖の繋がりを感じる物的証拠です。菩提寺があればお寺が行事を知らせてくれますが無宗教では遺族がしっかり記念日を覚えておく必要があります。

無宗教
日本の仏教は葬式仏教といわれ葬式はビジネスであり心がないことがあります。付き合いのない見知らずの坊さんにお経上げてもらったり、喝なんて叫んでもらいたくないかもしれません。
でも、葬式は誰のためにするのか。それは遺族など生き残った人を慰め、亡くなった現実を現実として認めるようにする儀式です。さらに死者に自分は十分なことをした、親孝行したという自己満足の場でもあります。

葬儀は坊さんの芸能イベントです。


(1)葬儀はどのように執り行われるのか。
私の参加した葬儀では弔辞、焼...続きを読む

Q幽霊が見える人と見えない人がいるのはなぜでしょうか

私はある日を境に幽霊が見えるようになりました。

しかし、最近ではほとんど見かけなくなりました。

ただ、現実の出来事と符合するようなこともあり、幽霊が単なる幻覚とも思えません。

どうして、人によって見えたり、見えなかったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

 お礼、ありがとうございます。#6他です。

 個人は先に申し上げたようなのですが、集団ですとかなり明確に分析することができます。個人について調べると、一人だけでも複雑で、しかも個々人を比較しても、なかなか見えてきません。

 多人数対象で、尺度を設けることが可能だと、傾向が顕著になって見えやすくなることが多くあります。

>私が集団で幽霊を見たときに、一瞬だけ見えた人がいました。その後の動きは見えなかったらしく、その幽霊がどこへいったかは僕の経験と共有できませんでした。

 これは、そうした現象を多人数が認識する、その初期での現象として、しばしば観察されます。

 人間集団の傾向として、一人が何らかの行動を取ると、周囲も真似る傾向が強く見られます。これは認知でも見られ、むしろ一人の認知を出来るだけ共有する傾向があるために、結果としての行動が真似られるようです。

 一人が見たと言ったら、それを聞いたかなりの人数が見たと思うわけです。実際には、追随したほとんど人は、実際には何も見ても聞こえてもいません(一人目がサクラで嘘を言うといった実験があったりする)。

 このとき、最初の一人が発した情報に不確定要素があるため(言葉や身振り手振りでは、視覚・聴覚情報は僅かしか表現できない等)、追随した各々は似ているが違ったイメージを持つことになります。

 そうしたことが繰り返されると、だんだんと一つのイメージに近づいて行きます。また、多くの他人が見た・聞いたというものが見えない・聞こえないというのは不安もあります。

 妖精伝説の多いアイルランドでは、非常に多数が同じ妖精を何度も見る経験を持っています。非常に具体的で、確信性の高い経験です。ときには、たとえば必要な土木工事が差し止めになります。「そこに住んでいる妖精がいる」と、その地域の人々多数が真剣に訴えるからですね。

 それくらい、そこの人々には具体性、迫真性があるわけですが、これは同じ神話を幼少時から共有する歴史が長いために、明確でブレの少ないイメージが共有されたと考えるべき状況のようです。

 誤認が多くの人に共有されるプロセスとしては、そうしたものもあります(他にもいろいろありますが割愛)。

P.S.

 念のため繰り返しますが、そうしたことがあるからといって、幽霊などの未確認のものが実在しないという結論は決して導けません。誤認について注意をする必要を示唆するに留まります。

 お礼、ありがとうございます。#6他です。

 個人は先に申し上げたようなのですが、集団ですとかなり明確に分析することができます。個人について調べると、一人だけでも複雑で、しかも個々人を比較しても、なかなか見えてきません。

 多人数対象で、尺度を設けることが可能だと、傾向が顕著になって見えやすくなることが多くあります。

>私が集団で幽霊を見たときに、一瞬だけ見えた人がいました。その後の動きは見えなかったらしく、その幽霊がどこへいったかは僕の経験と共有できませんでした。

 これは...続きを読む

Q閉眼供養・開眼供養

このたび墓を改葬(引越し)することになりました。
閉眼供養(古い墓)の際に今までお世話になった住職にお渡しするお布施やお礼ののし袋はどれを使用するものでしょうか?

あと開眼供養(新しい墓)の際の服装は普通の法事(黒ネクタイ等)と同じなのでしょうか?

ぜひご経験のある方等のご意見お願いしたいと思います。

Aベストアンサー

お墓の改築は、家の改築と同じ慶事です。
祝儀袋は紅白の水引、参列者は銀か白のネクタイです。
お墓に立てるろうそくも赤色です。

開眼に引き続き新しい仏の納骨を行うなら、小休止の間にろうそくは赤から白に取り替え、ネクタイも黒に代えます。
水引も今度は、銀白か黄白になります。
お坊さんもそのように袈裟を、慶事用から弔事用に着替えます。

Q幽霊って存在すると思いますか? また、犬には見えるものですか?

幽霊って存在すると思いますか?
また、犬には見えるものですか?

Aベストアンサー

幽霊など今の様に脳科学や医学と言う分野が無かった頃に現象を説明するに合理的な物であって、今では残光現象を脳の
補正機能による錯覚と言う事も判ってきているので物理的な幽霊は存在しません。
見えて居ないが何か居る気配がすると言うのも脳が作り出しているだけ。
あっ、金縛りに於いては医学的にメカニズムが解明されており説明も付きますので霊的な事象ではありません。
また、犬には見えて居るとも言われてきましたが、しっかり検証すれば違うと言う事もハッキリするでしょう。

Q開眼供養料(入魂供養料)について

息子が先日死亡しました。我が家にお仏壇はなく49日の法要にあわせて仏壇を購入しましたが法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか?また必要な場合水引の色は何を使えばいいのでしょう?

Aベストアンサー

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>

必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼には、鯛のお頭つきとか、紅白の餅、紅白の饅頭などを供えます。後半の供養には、白饅頭とか、黄色饅頭とか(地方により異なる)いわゆる、供養のお供えをします。

トータルの予算があっても、やはり、2つに分け、紅白ののし袋の仏像開眼部分と、49日忌の、黒白ののしと分けるべきで、引き物も、出来たら分けるべきでしょうね。

開眼ののしは、金銀とか紅白とか、お祝いのしです
開眼お礼とか、仏像名を書いてもいいでしょう。まずは、仏壇を購入したら、仏像が付いてきたという考えでなく、仏像をお招きするのに、ふさわしいように、仏像の家を新築したと思ってください。

お布施として、全部込みこみという場合でも、左上に仏像開眼並び49日忌と書くか、言葉を添えるべきですね。

で、開眼が、上ですので、紅白水引が、先ですね。

法要の際49日の法要のお布施以外にお寺様に開眼供養料が必要なのでしょうか>>>>

必要と考えます。まず、仏様をお招きするというお祝い事と理解してください。(仏像を開眼する)そして、その仏像のお家の新築祝いを同時に行う。(仏壇を購入)と思ってください。

そして、その新しい仏様の基に、息子さんの黒いお位牌を供養入魂して、その後、息子さんの供養のための法要をして、先祖代々の供養法要をすることになります。

つまり、祝い事と弔事を続けて行うわけです。

よって、前半の仏像開眼...続きを読む

Q霊能力があり幽霊が見える方に質問

見えるのは人間の幽霊だけですか?犬や猫、トンボ、あり、植物、生き物すべての霊が見えるんですか?

Aベストアンサー

私は霊が居ても居なくてもどっちでもよい無所属?中間派です。専門ではないので回答にならないのですが、気分転換にでも読んで頂けたら幸いです。

【時間も磁場も見ることが出来る人が霊能力がある】のかな?という推理を立ててます。もちろん証拠も経験も自信もありません。デタラメでも構わず一つの発想として提起です。

物質のあるところには空間もあり、物質があるからこそ時間が流れるというのが時空ですよね?詳しくはないですが(汗)

時間は空間と切り離せないものでありながら、時間を観測することが出来ません。風を調べ様として箱に閉じ込めてみても空気しかないように。

光が粒であり、波であるということを実感しないように普通の人には理解することも出来ません。普通の人は「今、或いは僅かな過去の現象」しか見えないですよね。星の王子さまは「心眼」で時空を超えた感知能力がありました。

動物や子ともには「心眼」があるかもしれません。
これは全身で同時に見て聞いて触って匂いをかいで痛みや心地よさ、ついでに何か?を感じるのです。

これには証拠があります。私の子供は胎内記憶があり、お腹の中の色や明るさ、匂い、触り心地を覚えてますが、出産の時頭から出てきたのに小さな出口にピカピカの銀色のハサミで出口を切ったらすごく明るくなった。と本人しか知り得ないことなので本当だと思います。全身の皮膚で光を感知していたことになります。皮膚も脳ももとは一つの細胞だったのですから胎児だと細胞が分化しても綿密に組織のプログラムが限定されていない時期であるのかな。

子供の知的探求心は、努力や知識量とは関係なく備わっています。全てが統合されたイメージの中であり、細分化されていないのだから全体を知っているのと同義なのかもしれません。

大人になって経験が増すと巨視的だった子供も普通の大人になりますね。余計な経験をするよりも何時までも子供な人がいたら霊能力があるかもしれない。

時間や特殊な光、電波を見る目がもしかしてあって、経験が能力を削除して、有益な情報だけに軽くして更新されてしまったのかもしれないな。

霊はどうでもいいですが(といいつつ私も質問「生物:意識と霊界:1996371」を出してます)、子供の能力は絶対凄いと思いますよ。

私は霊が居ても居なくてもどっちでもよい無所属?中間派です。専門ではないので回答にならないのですが、気分転換にでも読んで頂けたら幸いです。

【時間も磁場も見ることが出来る人が霊能力がある】のかな?という推理を立ててます。もちろん証拠も経験も自信もありません。デタラメでも構わず一つの発想として提起です。

物質のあるところには空間もあり、物質があるからこそ時間が流れるというのが時空ですよね?詳しくはないですが(汗)

時間は空間と切り離せないものでありながら、時間を観測する...続きを読む

Q供養(卒塔婆供養)をしたいのですが。

供養(卒塔婆供養)をしたいのですが。
過去あるお寺の檀家でしたが、親父の代(健在)で関係が険悪になり、現在、お付き合い無くここ数年ご先祖様に対して何もできていません。
私としても話を聞いている限り、そのお寺さんとお付き合いするのは、はばかれます。
そのお寺さん以外に供養をして頂ける(卒塔婆を書いてくれる)ところはあるものでしょうか。
どこに相談したら良いかわからないので、こちらにご相談する次第です。
ちなみに墓地はそのお寺さん内ではなく、住居地区の集合墓地にあります。

Aベストアンサー

京都の誠願寺なら真言宗ですが、宗派関係なく、先祖供養してもらえます私の宗派は浄土真宗ですが、やって貰っておりますよ、卒塔婆も書いて貰えますし、一度電話相談された良いですよ親身になって教えて貰えますよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報