現在、小さいスポーツクラブに勤めています。法人会員制度の見直しを行っているのですが、従業員15名以下と16名以上で分けたいのですが、相手先の従業員数を調べる場合はどうすれば調べられますか?相手先に提示してもらうような公文書みたいなものもあるのでしょうか?外部から調べるには?その辺りを教えてくれませんか、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

中小の法人を公的に調べる方法は無いと思います。

大企業であっても、非上場会社は必ず判るとは限りません。四季報が一般的な情報入手経路ではありますが。
多少費用をかけてもということであれば、帝国データバンクや商工会議所のデータベースを利用するのが唯一の手段かと思います。これも必ず判るものではないのですが・・・
相手先様にお願いして、アンケートの形で直接教えていただくのが一番ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ないです。締め切るのを忘れてました。ありがとうございました。

お礼日時:2003/12/25 23:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本語、英語、語彙数は?

小学校1年生の語彙数と中学校3年生の語彙数は、どちらが多いのでしょう?日本語と英語を比べると英語のほうが語彙数は少ないのですか?

Aベストアンサー

>小学校1年生の語彙数と中学校3年生の語彙数は、どちらが多いのでしょう?

これは学習する語彙数でしょうか、それとも、習得済みの語彙数でしょうか。学習する語彙数は間違いなく中3の方が多いでしょう。小1から積み重ねていくのですから。

習得済みの語彙数も、同一人物を比べるのであれば、普通に生活をしていれば、小1のときより、中3の方が語彙数は多いでしょう。また、「自分の年齢不相応の難しい本を読みあさっている天才的な小1と、小さい頃から本も読まず人との交流もせずに引きこもっている中3とを比べる」という極端な場合を除いて、一般的には小1より中3の方が語彙は多いと考えていいのではないでしょうか。

>日本語と英語を比べると英語のほうが語彙数は少ないのですか?

そんなことはないと思います。日本語も英語も物事の数だけ語彙がありますし、常に新しい語彙が生まれたり、外国から入ってきたりしています。

ただ、一般的な日本人が習得する語彙数を考えれば、英語よりも日本語の語彙の方が圧倒的に数が多いでしょう。

Qクライアントに、下請けからの請求書を提示して商品の仕入を提示するように

クライアントに、下請けからの請求書を提示して商品の仕入を提示するように言われています。
これは倫理的におかしいと思うのですが、法律で何か規制されていないでしょうか。教えて下さい。

Aベストアンサー

まず貴社~下請け間取引情報の『開示義務』の原因を知る必要があります。
クライアント・貴社間に信用取引を損なう問題が発生したのかということです。

クライアント~貴社間取引において明らかに契約主旨に反した(仕様が異なる等)ものが納品されたと判断された場合には、メーカーの品番やJIS規格等の裏付けを取るために、金額を伏せた請求書や納品書、注文書で足ります。
つまり利益追求のため貴社が『同等品』を納入したのではなかったというケースです。

他に納期や、下請けへの支払状況のトラブルですとクライアントや、その関係者の『与信』に係ることですから提示要求をされることもあります。

あとは単価(売価)が高額であるとしか考えられませんが、あなた様がおっしゃる倫理的=商業マナーということでしたら、いくらで仕入れていようが利益設定は各社の自由ですから、フトコロまで見せる必要はありません。

私も経験がありますが、発注すれば客であるという特権意識とバカ丸出しの世間知らずが多いことは事実です。
しかし、こればかりは『商売とはそんなものでない、ポケットの中身を見せろとは無礼千万である』と、貴社の姿勢を告げることで足りることではないでしょうか。

これは法律をもっての規制などありませんし、商習慣や商人(ビジネスマン)の心得に属する問題です。

まず貴社~下請け間取引情報の『開示義務』の原因を知る必要があります。
クライアント・貴社間に信用取引を損なう問題が発生したのかということです。

クライアント~貴社間取引において明らかに契約主旨に反した(仕様が異なる等)ものが納品されたと判断された場合には、メーカーの品番やJIS規格等の裏付けを取るために、金額を伏せた請求書や納品書、注文書で足ります。
つまり利益追求のため貴社が『同等品』を納入したのではなかったというケースです。

他に納期や、下請けへの支払状況のトラブルですとク...続きを読む

Qなぜ英語では、数や冠詞の概念が重要なのでしょうか?

マークピーターセンさんの「日本人の英語」などを読むと

英語では、数や冠詞の概念が重要であるとわかります。

では、なぜ英語では、数や冠詞の概念が重要なのでしょうか?

Aベストアンサー

● 日本人の英語

実は今回のブログ記事のタイトルはマーク・ピーターセン著「日本人の英語」という本から引用したものです。この本は、英語と日本語の構成と論理の違いからくる日本人の冒しやすい間違いを例として吟味し、どうしたら英語の「頭脳環境」に入っていけるかを説明した本です。

ちなみに、この本は初版が1988年と古いのですが、私が英語を勉強してきた中で最も素晴らしいと思った本です。個人的には、世の中に英語の教材は数あれど、日本人の英語習得においてこれほど優れた本は他には存在しないのではないかと思います。

この本では、著者が見てきた日本人の英語のミスの中で、意思伝達上大きな障害をきたすと思われるものを大別し、重要な順に取り上げています。そしてこの本で最初に取り上げている問題、つまり、著者が最も重大な障壁と考えるのは次の問題です。

冠詞と数。a、the、複数、単数などの意識の問題。ここに英語の論理の心があり・・・

まだまだ英語を勉強しているという人も、あるいはもう英語が結構話せるようになった人も、重大な障壁としてこれが頭に浮かぶ人はどれくらいいるでしょうか?もしこれが頭に浮かばなかったとしたら、その人は殆どネイティブスピーカー並みの英語能力を身につけたか、そもそもこれを重要な問題だと十分認識することができていないかのどちらかです。もし後者に当てはまってしまったら、自分では英語を話せると思っていても酷く不自然な英語を話している可能性が高いです。後者の場合は冠詞の問題を重要なものだと認識するところから始めなければいけません。このように問題を認識するのすら難しいことがまさに最大の障壁である理由なのです。

● 間違いの例 - その3

前回に続いてもうひとつ例を挙げます。以下はこの本からの引用です。

先日、アメリカに留学している日本人の友だちから手紙がきたが、その中に次の文章がいきなり出てきた。

Last night, I ate a chicken in the backyard.

これをみたときの気持は非常に複雑で、なかなか日本語では説明できないが、ちょうどあてはまる英語の決まり文句でいえば、I didn't know whether to laugh or cry (笑ったらいいのか泣いたらいいのか) という気持であった。

これは日本語の感覚でいうと「昨夜、裏庭でバーベキューをしてチキンを食べたんでしょう?どこがおかしいの?」と、何がおかしいのか想像しづらいと思います。実は、この例文は英語では次の意味になります。

昨夜、鶏を1羽(捕まえて、そのまま)裏庭で食べ(てしまっ)た。


夜がふけて暗くなってきた裏庭で、友だちが血と羽だらけの口元に微笑を浮かべながら、ふくらんだ腹を満足そうに撫でている -- このような生き生きとした情景が浮かんでくるのである

これは著者が意地悪して曲解しているのではありません。当たり前ですが英語のネイティブスピーカーは英語をぱっと見たときに「ああ、日本語には冠詞がないからこの a は英語としての意味を持たないのだな」などとは考えません。この例文を英語としてそのまま受け取れば、自然とこのような情景を思い浮かべてしまうのです。

それでも「バーベキューでチキンを食べたと言いたいのは明らかではないか。なぜそのように意味を捻じ曲げてしまうのか、どうにも腑に落ちない」という人もいると思うので、もう少し詳しく説明します。

● ネイティブスピーカーにとって、「名詞に a をつける」という表現は無意味である

これもこの本からの引用になります。これがどういうことを意味するか分かりますでしょうか。これを説明する前に、私たち日本人がどのように冠詞 a の使い分けを学ぶかをおさらいします。

<日本人の冠詞と名詞の覚え方>
chicken はニワトリという意味を持つ名詞である。ニワトリは数えられるので、a chicken、two chickens というふうに言う。でもトリ肉を指してこの言葉を使う場合は数えられない名詞になり、a はつけずにただ chicken と言う。

私たち日本人は、このようにまず名詞に意味を与え、それに a をつけるかつけないか考えます。しかし、英語のネイティブスピーカーはそのようには考えません。

ところが、これは非現実的で、とても誤解を招く言い方である。ネイティブスピーカーにとって、「名詞」に a をつける」という表現は無意味である。


英語で話すとき、先行して意味的カテゴリーを決めるのは名詞でなく、a の有無である。もし「つける」で表現すれば、「a に名詞をつける」としかいいようがない。「名詞に a をつける」という考え方は、実際には英語の世界には存在しないからである。

そして、英文法の参考書に書かれてある典型的な冠詞の説明を引き合いにだして、次のように説明します。

この類の説明では、すでにあった、ちゃんとした意味をもった名詞に、a は、まるでアクセサリーのように「正しく」つけられるものであるかのように思われる。
しかし、本当は逆である。すでにあった、ちゃんとした意味をもっていたのは、a である。そして、名詞の意味は不定冠詞の a に「つけられた」ことによって決まってくる。


つまり、a というのは、その有無が一つの論理的プロセスの根幹となるものであって、名詞につくアクセサリーのようなものではないのである。


「この類の名詞には冠詞をつけない」または「つける」というふうに解説されている「冠詞用法」をみると、実に不思議な感じがする。

これは日本語にはない感覚であるうえに、このことをはっきり教わったことがある人もあまりいないのではないかと思います。この思考プロセスに気付けないでいると、いつまでたってもどこかおかしな英語をしゃべることになってしまいます。

英語の品詞の中で、名詞は意味をとりやすく最も抵抗なく受け入れやすいのではないかと一見は感じられます。他の品詞に目を向けると、例えば動詞は目的語をとるかとらないかも一緒に覚えなくてはなりません。さらに学習の初期段階で覚える簡単な動詞は、実際は副詞(up、down、out、off など)と組み合わされて無数の慣用表現を生み出すとんでもない化け物であることを後々知ることになります。ちなみに著者はこのように言っています。

私は、run と put と get くらいあれば、他の動詞をほとんど使わずに聖書の現代訳でもできるような気がする。

しかし、「冠詞と数の問題」があるために、日本人にとって本当の意味での理解が難しいのは、実は名詞なのです。

英語の名詞と日本語の名詞が概念的にきわめて不均衡な関係にあり、

著者はこのように英語の名詞と日本語の名詞を「概念的にきわめて不均衡な関係にある」と表現していますが、英語を勉強していると、私もこのことを強く感じます。

● ネイティブスピーカーの話し方からみる思考プロセス

英語でものを考えるときは、まず冠詞の有無で意味的カテゴリーを整えて、それから名詞を探すという思考プロセスを辿ります。対して、日本語頭脳のままで英語を話すと、このような2段階の思考プロセスを辿らずにいきなり名詞に飛びついてしまいます。

でも、それって本当なの?と疑わしく思えるかもしれません。実は、英語のネイティブスピーカーは、この思考プロセスがはっきりとみえる形で英語を話すことがあります。例えば chicken という単語が出てこなくて言葉に詰まったとしましょう。

まず、日本語頭脳の思考プロセスで話すとこうなります。

(えーと、トリ肉、それは英語だと a をつけずに言うから)chicken!

(えーと、ニワトリ、それが一匹だから)a chicken!

対して、英語のネイティブスピーカーの思考プロセスではこのように発声されます。

(数えられないモノ)uh...(数えられないモノ)uh...(そのモノの名前はトリ肉だ)chicken!

(一つのモノ)a...(一つのモノ)a...(そのモノの名前はニワトリだ)a chicken!

(あの)the, uh...(あの)the, uh...(いま the で限定されるモノの名前はニワトリだ)the chicken!

uh というのは、言葉に詰まったときに発する音で、口を半開きにして「アー」というような音になります。ちょっとかしこまった場で話すときに出る日本語の「えー」のように、意味を持たずに言葉に詰まったときに無意識に出る音です。umm みたいに m で口を閉じることもあります。また、この場合の a は「ア」とは発音せずに「エーィ・・・エーィ・・・」と伸びた音になります。the, uh は「ザ」ではなくて「ズィーアー・・・」みたいな感じです。

http://oneh.blog.jp/archives/8787597.html

● 日本人の英語

実は今回のブログ記事のタイトルはマーク・ピーターセン著「日本人の英語」という本から引用したものです。この本は、英語と日本語の構成と論理の違いからくる日本人の冒しやすい間違いを例として吟味し、どうしたら英語の「頭脳環境」に入っていけるかを説明した本です。

ちなみに、この本は初版が1988年と古いのですが、私が英語を勉強してきた中で最も素晴らしいと思った本です。個人的には、世の中に英語の教材は数あれど、日本人の英語習得においてこれほど優れた本は他には存在しないので...続きを読む

Qアイシンの期間従業員 休みについて

アイシンの期間従業員に募集があったので、面接を受けたいと思っているんですが

休みについては「完全週休2日制」と書かれており、米印のところには「トヨタ自動車と同じです」と書かれていました。

これってトヨタ自動車も完全週休二日制、ということなのか、トヨタ自動車のカレンダーと同じ休みということなのかどちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://kikankou-no-okite.net/qujin_info/post_11.html

>これってトヨタ自動車も完全週休二日制、ということなのか、トヨタ自動車のカレンダーと同じ休みということなのかどちらなのでしょうか?

両方共にイエスでしょう。
良さそうな条件ですね。是非トライされてみてはいかがでしょうか。

Q「数を把握する」って英語でなんと言うのでしょうか?

「数を把握する」を英語で表現したいのですが、適切な表現が見つかりません。
日本人英語でなんとか意味の通じる表現はできるのですが、
自分でも不自然な英語だと感じています。

自然な英語表現をご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
ご質問の「商品の在庫数を把握する」でしたら、状況によって下記のように使い分けます。
1.「在庫」を表す単語
ふたつあります。
・stock:店舗のバックヤードや倉庫などにあり、必要に応じて販売可能な商品の数を意味する場合
・inventory: いわゆる棚卸などで書類に記入する在庫の数。店舗の場合はstockと同意語。店舗以外のいわゆる出荷前の品物の在庫も含む、広い意味での在庫。

ですから、状況によって使い分けるようにしています。

2.「把握する」を表す単語
これもすごくバリエーションがありますが、いくつか例文をあげるとすると下記のようになるかと。
・seize stock quantities : 「しっかりつかむ、理解する」という意味のseizeは、特にフォーマルな文章や、会社としての指針などを示す時などに使われます。
・understand the quantities in stock/understand inventories:自分が在庫数をきちんと覚えている時など、一番日常的に使われるのがunderstandです。
・manage the number of items(products) in stock/manage the inventory of our products:
「管理する」という意味のmanageは、「把握する」も含みます。

参考になれば幸いです。

ddeanaです。補足を拝見いたしました。
ご質問の「商品の在庫数を把握する」でしたら、状況によって下記のように使い分けます。
1.「在庫」を表す単語
ふたつあります。
・stock:店舗のバックヤードや倉庫などにあり、必要に応じて販売可能な商品の数を意味する場合
・inventory: いわゆる棚卸などで書類に記入する在庫の数。店舗の場合はstockと同意語。店舗以外のいわゆる出荷前の品物の在庫も含む、広い意味での在庫。

ですから、状況によって使い分けるようにしています。

2.「把握する」を表...続きを読む

Q従業員数と売上高の関係

どのくらいの従業員数でどのくらいの売上高が平均なのかとかが載っているサイトってありますでしょうか?

また、従業員数と売上高で優良企業かどうかは見れますでしょうか?

Aベストアンサー

中小企業庁のHPに「中小企業白書」が掲載されています。
 http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h23/h23/index.html
その付属統計資料に次のものがあります。

8表 製造業の事業所数、従業者数、出荷額
10表 卸売業の事業所数、従業者数、販売額
11表 小売業の事業所数、従業者数、販売額

 これで、従業員数でどのくらいの売上高が平均なのかがわかります。




また、従業員数と売上高で優良企業かどうかは見れるかということについては、無理としか言えません。
「増収減益」という言葉があるように、売上は増加したが、利益はマイナスになっているということもあります。
売上データがあっても、利益率がどの程度かは知ることはできません。

また優良企業と言うには利益だけでなく資産状況も良好である必要があります。
「黒字倒産」という言葉があります。
売上代金を回収するタイミングより前に仕入代金の支払期日がくる場合では、売上の急増は利益を伴っていても、倒産の引き金になる可能性があります。売上の拡大に伴って、仕入金額も拡大します。多額となった仕入代金を支払う預金等がなければ、資金ショートして倒産します。

参考URL:http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/index.html

中小企業庁のHPに「中小企業白書」が掲載されています。
 http://www.chusho.meti.go.jp/pamflet/hakusyo/h23/h23/index.html
その付属統計資料に次のものがあります。

8表 製造業の事業所数、従業者数、出荷額
10表 卸売業の事業所数、従業者数、販売額
11表 小売業の事業所数、従業者数、販売額

 これで、従業員数でどのくらいの売上高が平均なのかがわかります。




また、従業員数と売上高で優良企業かどうかは見れるかということについては、無理としか言えません。
「増収減益」という言葉があるよ...続きを読む

Q英語の"双数"の歴史

英語(英語に必ずしも限りませんが)で,同じような形のもので作られているもの,例えば,パンツ,メガネなどは,一つでも複数と見なされて扱われますが,このような扱い方を仮に"双数"と呼ぶことにして,このような言語上の習慣がいつどのようにして英語に取り入れられたか,その歴史についての資料,文献などについてどなたかご存じでしたら教えて下さい.

Aベストアンサー

資料を挙げることはしませんが、ざっとだけ説明いたします。

双数(Dual; れっきとした専門用語)は、英語のご先祖様である印欧祖語(Proto Indo-European)から派生した古典語には確認されます。例えば、サンスクリットや古典ギリシャ語なんかでは、ほぼ独立した曲用が認められます。

英語は、印欧祖語同様理論的に再構築されたゲルマン祖語(Proto Germanic)の子孫なのですが、古英語(700頃-1200頃)では人称代名詞に双数独特の曲用が見られることから、ゲルマン祖語でも一部に双数が保持されていたと考えるのが妥当であると思われます。

スラヴ系言語(やはり印欧語族)では、一応双数は消滅したことになっているのですが、チェコ語のoko(目)やruka(手)など一部の名詞については、単数変化・複数変化のいずれとも異なるので古代の双数形の名残であると見られています。

Q従業員持株会の証券会社手数料

ある上場企業で持株会の事務担当をしています。
皆さんの会社の持株会って、証券会社(または信託銀行)に、会員1人あたり年間いくらの手数料を支払っていますか。
私のところは税抜きで500円/人・年です。

Aベストアンサー

私の会社は税抜きで600円/人・年です。

Qヨーロッパの人は英語や隣国の言語等、普通の人でも数ヶ国語話せる人は多い

ヨーロッパの人は英語や隣国の言語等、普通の人でも数ヶ国語話せる人は多いんですか。

Aベストアンサー

オランダ在住のものです。

ヨーロッパ内でもその国によりますが、
はい、数ヶ国語話す人は多いです。


オランダは特に小国かつ多国籍の国ですので、ほとんどの人が流暢な英語を話します。
オランダ内ではドイツ語の通用度も高いです。ドイツ語はあまりうまく話せないが、理解はできる、という人が多いです。
つまり、どの程度流暢かを除けば、大抵のオランダ人は3ヶ国語を理解することができます。
さらに人によってはフランス語も分かる、話せるという人もいます。


ただ、ヨーロッパどこの国でも3ヶ国語を話す人ばかりかというとそうではありません。
ある程度国土の大きいフランスやドイツに行くと、英語すら通じないことが多いです。
(それでも日本よりは通じるかと思います)
イタリアもあまり英語が通じないですね。
でもイタリア人の一部はスペイン語が分かったり、フランス語が分かる人もいます。
こんな風に英語が分からなくても、2ヶ国語が分かるといった人もいます。
(ベルギーはオランダ語とフランス語とドイツ語が混ざっているので、
その付近ではこれらの言語で2~3ヶ国語話す人が多いでしょう。)


ただヨーロッパのどこの国でも、しっかり教育を受けている人のレベルになれば、
大抵の人が2~3は流暢に話すのが普通です。
そしてどこの国の人でも、他の言語の習得にかかる時間が日本人に比べて極端に短いですね。
やはり言語と発音の類似性という点が大きいと思います。

オランダ在住のものです。

ヨーロッパ内でもその国によりますが、
はい、数ヶ国語話す人は多いです。


オランダは特に小国かつ多国籍の国ですので、ほとんどの人が流暢な英語を話します。
オランダ内ではドイツ語の通用度も高いです。ドイツ語はあまりうまく話せないが、理解はできる、という人が多いです。
つまり、どの程度流暢かを除けば、大抵のオランダ人は3ヶ国語を理解することができます。
さらに人によってはフランス語も分かる、話せるという人もいます。


ただ、ヨーロッパどこの国でも3ヶ国語を...続きを読む

Qスナック(飲食業)での従業員の不正

スナックのオーナーですが、女性ママ一人、他数人での小さなお店です。私は時々しかお店に顔を出せないです。過去、ママが店の売り上げをゴマカシてかなり損害を被りました。そのたびにママを首にして新しくママを雇うのですが、すでに3名も不正を働かれてしまっています。オーナーが閉店まで監視しているわけにも行かず困っています。
なにか不正防止の良い対策は無いものでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

お店の開店時、閉店時に顔が出せるなら
開店時にレジにおつり分を投入(毎回同額に)
閉めたときにレジ内の増額分と
レシートの総計とが一致しているか確認
レジを空にして帰宅
翌日またおつりを持ってきてレジに入れる。
で、だめでしょうか?


人気Q&Aランキング