曳山,このことばは何意味ですか?
わたしは英語にそれを訳したい。

  「 屋台祭 」 は、屋台(山車、曳山など含む)が
見所の祭りです。
   屋台には、からくり人形、踊り、屋台芝居、お囃子、人形、彫刻、絵画、幕(見送り、大幕など)。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ふたたび#4です。


いま、英英辞典で調べたら
a carnival float
っていうのがありました。
こっちのほうがいいかもしれませんね。
    • good
    • 1

私ならparadeとかfestival paradeと訳してます。


それで不明確ならば
ethnic parade of Japanese traditional festival
とか。
あとは、「男たちが曳いている...」みたいな説明をちょっと付け加えればよいでしょう。
    • good
    • 1

京都の祇園祭では曳山とは「南観音山」「北観音山」「岩戸山」を指します。


参考URLは南観音山のHPです。
祇園祭には舁山(かきやま)という分類もあります。
鉾車・曳山・舁山・山車・屋台など形によって分類上、名称は違いますが、幕も囃子も人形もあったりしますのでほとんど同じ意味を持ちます。

参考URL:http://www.minakan.jp/
    • good
    • 2

参考URLに実際に曳山をお祭りに使っている自治体のサイトを入れておきました。


英語ページもあるようですが、ここではHikiyama(Wheeled Float)と書かれているようですね。


写真がふんだんに使われているのでサイトをご覧になるとわかるかと思いますが、曳山とはお祭りの時に街の中を引っ張って移動させる車輪付きの屋台(屋台神輿)の一種です。


「曳山」そのものが固有名詞のようになっていますが、元々は山車と同様に「山」=屋台神輿を指す隠語で、山車が「車輪のついた屋台」であるように、曳山は「曳く(引く)屋台」という程度の意味です。


えーと…Pulled Float、ということになるでしょうか?

参考URL:http://www.nagahama-hikiyama.or.jp/htm/default.asp
    • good
    • 0

「曳山(ひきやま)」は、山車(だし)と同じ意味です。



goo辞典には送り仮名のついた「曳き山」という言葉で載っています。

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%D2 …

参考URLにあるように、地方により山車の呼び方は色々あるようです。

参考URL:http://park2.wakwak.com/~hero/guidance/guidancee …
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qwhen i will see you again

when i see you again
when i will see you again

二つの意味の違いを説明願います

https://www.youtube.com/watch?v=T6fVDAjs9f0

Aベストアンサー

歌を聴きましたが、歌詞は
When will I see you again?
です。この場合、whenは疑問詞です。

従って、この場合、動画のキャプションが間違っていますね。

when I see you againはもちろん、副詞節として、条件を意味するときに使います。つまり、文の一部ということになります。しかし、このビデオでは、疑問詞を使って1つの文として成立しており、文の一部ではありません。
when I will see you againというのは普通使いません。強いて言えば、自分がどうしてもあなたにもう一度会うつもりならーーという意味になるかなと思いますが、この文を使う状況が浮かびません。

以上、ご参考になればと思います。

Q44,16,12,25,21,31,4,26,32,36,2,40,26,36,16 暗号らしいんで

44,16,12,25,21,31,4,26,32,36,2,40,26,36,16
暗号らしいんですけど答えがわかりません
教えてください(>人<;)

Aベストアンサー

五十音順であ=1、い=2、う=3、え=4、お=5、か=6…とあてはめていくと
「わたしのなまえはみや…た(私の名前は宮…た)」となります。
最後の7文字は個人の名前のようなので全部は書きません。
自分で解読してみてください。

ラインやメールの相手が自分の名前を教えようとしてるのかな?
ぜひ解いてあげてね!

Qアイデンティティーとは、どういう意味ですか?

本を読んでいて、
「自分のルーツはどこにあるのかというアイデンティティーを探す旅に出る。」
「個人の記憶やアイデンティティーを伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」

この言葉自体の意味が分からないので、まずアイデンティティーの意味を上記の文章にも当てはまるように分かりやすく教えてください。
当てはまらないようであれば、意味だけをお願いします。
僕は、自分が自分であるという認識などと考えたりしましたが、やっぱり正しく理解したいので、平易に回答していただけると嬉しいです。

最後に他に例文を教えてくださるとありがたいです。お願いします。

Aベストアンサー

ちょっと、頭良さそうに聞こえるから、書いてみた。
という文脈では、アイデンティティー=自分と読み替えると意味がわかります。
「自分のルーツはどこにあるのかというアイデンティティーを探す旅に出る。」
「自分のルーツはどこにあるのかという自分探しの旅に出る。」

「個人の記憶やアイデンティティーを伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」
「個人の記憶や自分を伝えたり再構築したりすることは、文化的もしくは生物学的な見方をすれば、人生は何であるのかという意味にかかわってくる」
という感じです。

Q私,我,僕,俺,彼,誰はいつ習うべきだと思いますか

 私,我,僕,俺,彼,誰という,いずれも人称代名詞用の漢字ですが,私と我は小学6年,僕と彼は中学校で習います。また俺と誰は先日常用漢字表に追加されたばかりです。そこで質問です。
 これら6字の漢字は第何学年に習うべきだと思いますか。私は外国語活動の時間を考慮して,6字とも小学5年で習うべきだと思います。

Aベストアンサー

オレは小学3年生で習うべきだと思うよ。
マンガとかで接する機会もある漢字を中学で習うんじゃあ、新し漢字を教えてもらうワクワク感にかけるような気がする。

あと、我ですか?
そんなの日常会話で使いませんから、習わせなくていいです。
極稀に「なめとんのかぁ?わりゃー」で使う人がいるとかいないとか、いやもう我は使用禁止だよな、怖いし

Q『 beat the crap out of 』の意味について

 『 I beat the crap out of him. 』

 上記の文章を、どう訳したらいいのかわかりません。

特に“the crap out of”のところがわかりません。

わかる方がいましたら、教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://eow.alc.co.jp/%22beat+the+crap+out+of/UTF-8/
・・・いかがでしょうか。

Q日本語 ことば ひとまわり ふたまわりの意味?

初めまして
日本人です。
が 時たま聞く言葉に疑問を思っていました。

・あの家は家よりもひとまわり大きいよ。
・いや ふたまわりは、大きいね。

・あそこのハンバーガーはマックよりひとまわり以上 大きいよ。

などなど聞きますが、ひとまわり や ふたまわり って定義があるのでしょうか?
また、みまわり さんまわり って 言葉もあるでしょうか?

すいません。程度の低い 素朴な質問で。

Aベストアンサー

明確な定義はない

但し、ザックリ目分量での話なので10%程度じゃ目分量の違いに現れない
三まわりとか四まわりといった表現が無いと言う事は、違う比較表現(例えば倍以上大きいとか)があるから

とすれば、家の大きさなどの比喩として使うなら
一回りは半分には届かない程度の違い
二回りは半分を超えるような程度の違い
と考えるのが妥当ではないか

因みに、年齢に関して使う場合は
干支の一回り(十二歳)を意味するので基準は明確

Q意味を研究する事って

こんばんは。
今、授業で「認知意味論」を学んでいます。私は「意味を研究する事に意味があるか」という質問に答える事になったのですが、意味が無いと言ってしまうと授業が成り立たないので意味があると答えるべきだと思いました。
しかし、その根拠となる事柄がなかなか思いつきません。「どんな語にも意味があり、言語活動は意味を伝達する事であるから」ということだけでは、意味を研究する意味の根拠としては乏しいと思うのです(語の持つ意味が重要だとしても、言語によって意味は違い、その全てを網羅するのは不可能に近く、また、ある一つの言語に限っても、類似した意味の区別をつけることは困難、つまり意味というものは曖昧なものだから。)
そのような訳で、意味を研究する事の意味はどこにあるのか、皆様の考えをお聞かせ願いたく、質問しました。
また、私は専門家ではないので難しいことは分かりません。もし上の私の考え方でおかしなところがあれば訂正頂ければ助かります。

Aベストアンサー

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられた意味が重要だからです。逆にいえば、ある駒を見つめていてもその駒の持つ意味というものは決して理解できません。

これと同様に、意味というものは全体の関係性の中で言葉に付与されるものですから、孤立した単語を眺めていても決して浮かびあがってくるものではありません。言葉の持つ意味とは、他の単語との関係の中に捉えられる、ある体系内の価値である、という風に認識できるでしょう。言語とは網のようなもので、意味とはその中の流動的なひとつのマスに過ぎません。これが意味論の根本的なスタンスと言って良いでしょう。
そう考えると、ご質問にある「言葉の意味を考える」ことは、すなわち社会制度としての言語の意味のネットワークを考える、ということに直結するわけですから、文化・社会・歴史全般にわたる広がりを持つという意義もわかるでしょう。裾野が大変に広いわけです。

言葉がご指摘のように曖昧な意味を担っていて、周辺のぼやけというかある幅を有することも事実ですが、先の意味から考えればこれは逆に、意味が他律的に周囲との関係の中で定まるものであるがゆえに、意味の中心が存在せず、せいぜい最大公約数的なものしか認識できない、という風に言えるでしょう。

要するに、明快な意味が定義できないから駄目なのでなく、そこをスタートとして、それなのに曲がりなりにも意味が通じ合うのはどういうことなのか、という風に意味の意義を求めてみてはどうでしょうか。
「言葉はモノの名称リストではなく、我々の世界認識の結果である」というのが、現在の言語観の基本です。

また、意味というものは意外と動的なもので、単純なものではありません。意味論の初歩でデノテーションとコノテーションを学ばれることと思いますが、例えば『ユダヤ人は所詮ユダヤ人さ』というせいりふの意味を考えてみると、最初のユダヤ人は「ユダヤ民族に属する人」という外示的意味(デノテーション)を指すのに対し、あとの方のユダヤ人とは「狡猾でずるいやつ」という共示的意味(コノテーション)を担っています。

これはひとつの些細な例にすぎないのですが、コノテーションを深く知れば、表現を通じて人間の意識というものを知ることにもつながります。言葉の意味は一定しないもので、常に既成の意味体系に限定されていく人間の意識が、言語の表現作用を通じて解放されていく様がコノテーションには見られるからです。
意味というのは世界の分節化であり限定性を本質的にもつものですが、それに抗って新しい意味生産を行うこと、つまり、言語の網の目の改変、という点で言葉の意味をたどることは人間の意識や思考方法そのものを見つめることに直結します。無意識のレベルで言葉の音と意味がどのように関わりひとつの語として紡がれるのか、というプロセスを研究する人達もいます。

さらに、認知意味論というのは特に人間が意味を認識する過程を問題にするわけですから、意味を考えること、ひいてはどうやってその意味が認識されているのか、ということは人工知能や認知哲学など広い分野に活用されるべき知識です。
例えば、海に浮いているメッセージボトルを見たとき、我々はすぐにそこに何らかの意味があることがわかるのですが、これはなかなか容易なことではありません。内部情報(中の紙に書かれている意味)を理解する以前に、外部情報(例えば「この文章が日本語で書かれている」といったこと)、さらにフレーム情報(つまり「このボトルの中には意味のある情報が入っている」ということ)が適確に理解されなければなりません。
「これは意味のあるモノである」という情報それ自体もメタ情報として意味を担っているわけで、実は語やモノの意味を理解することはそれ以前に多くの意味の解釈を必要としているのです。我々にとっては無意識の作業ですが、そういった事柄が我々の頭の中でどのように認識し処理されているのか、大変興味深い研究テーマだと思います。その困難さは、人工知能にこれらの行為を代替させようとした時にどれほどの困難が伴うことかを想像してみればわかることでしょう。

※少しご質問の内容とはずれがあるかもしれませんが、あまり意味論を理解していない回答が多いようなので、敢えて考え方のヒントとして書いてみました。ご参考までに。

意味論というのは定義が難しくて定義も様々ですが、共通して確認できる前提としては、意味というものは社会的な性質を持っているということです。要するに、言葉の意味とは事物の中に隠れているものが発見され命名されるのではなく、人間がその言語を通して事物に意味を与えていくものだということです。

将棋をさす時にある駒が足りなければ、そこらの石でも牛乳瓶のふたでも、何でも代用することができますが、これは駒そのものが重要なのでなく、将棋というゲーム全体の関係性の中においてその駒に与えられ...続きを読む

Q「拙訳」の反対の意味の言葉は何でしょうか。

 日本語を勉強中の中国人です。自分の訳文のことを謙って言う時に「拙訳」と言うと思うのですが、他人の訳文のことを敬意を払って言う時にどのような言い方をするのでしょうか。「ご訳」でしょうか。それとも「高訳」でしょうか。ご存知の方、お知恵を貸していただけないでしょうか。

 また、質問文の中に不自然な表現がありましたら、そちらについてもご指摘いただければ幸いです。私は特に、第一段落の最初の一文にはとても不満足で、良い書き方を教えていただければ大変嬉しいです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー


すでに正解が出ていますが、私も「拙訳」の対義語としては「名訳」が最も適していると思います。
「名訳」というのは翻訳ではなく、すでに「創作」である、と言って良いかもしれませんね。


1、
間違いとは言えない二番目の文に不満が残るというのは、ネイティブに近づいてきた証拠と言って良いかもしれません。
この文は、自分の訳文と他人の訳文を対比させる構図になっています。
しかし、その対比が言葉で明確に示されていないために不満を感じるのでしょう。

{へりくだって言う時に「拙訳」と言う~}に対して、
{敬意を払って言う時に【は】どのような言い方を~}などのように、『主題提示』の【は】を使うのが有効でしょう。
『主題提示』することによって、私は「そのことについて」話したいのです、という意思を表明することができます。
ですから、{へりくだって言う時に【は】}という箇所に【は】を使ってしまうと効果が無くなりますから注意が必要です。
その意味も含めて前半部は完璧な日本語と言えるでしょう。

後半部は、もう少し工夫するとさらに自然な表現になります。
・「敬意を払う」は、「~に敬意を払う」「~に敬意を表する」という慣用的表現を使うのがベターです。
・文全体が意味することを最も簡潔に表現すると、
{「翻訳」をへりくだって言う時に「拙訳」と言うと思うのですが、敬意を払う場合は何と言うのでしょうか}
です。
「時」と「場合」とを使い分けることでも、どちらを重視しているか明確にできます。
・以上を元に後半部を手直しした上で全体をまとめると、
『自分の訳文のことをへりくだって言う時に「拙訳」と言うと思うのですが、他人の訳文に敬意を表する場合は何と言うのでしょうか』
などのようになります。

2、{ご存知の方、お知恵を貸していただけないでしょうか。}
これは良い表現ではあるのですが、少し気になっていました。
「使いどころ」の問題です。
「知恵を貸してください」と言うのは、主に、何か困った事に対して『良い【方法】を教えてください』と言いたい時に使う言葉です。
例えば、
「車に小さな傷がいくつか付いているのですが、業者に頼むと非常に高額な料金がかかります。
自分で何とか直したいと思っているのですが、どなたかお知恵を貸していただけないでしょうか」
などという場合です。
つまり、「知恵」と言う場合、基本的には「工夫」とか「方法」というニュアンスが込められます。
「どのようにすればよいのかわからなくて困っていますので、その方法を教えてください」といったようなイメージです。

ご質問の内容は「工夫」というよりは、
「どのような言い方をするのが正しいのでしょうか」
と、「知恵」ではなく、工夫の介在する余地のない「知識」を求める内容です。
ですから、この一文はあえて記述しない方が良いと思います。
ただ、[WHAT]ではなく、[HOW]と尋ねたい時にこのような書き方をするのは有効だろうとは思います。

3、{良い書き方を教えていただければ大変嬉しいです}
これはこれで『初々しさ』を感じさせる表現で、決して悪くはありません。
ただ、「大変嬉しく思います」などの方が少し大人的印象を与えることが可能だろうと思います。
「嬉しいです」(「形容詞」+「です」)は、
「直接的」「素直」「純情」「若い」という印象。
それに対して、
「嬉しく思います」/「嬉しく感じます」/「ありがたいと思います」/「ありがたく思います」などは、
「婉曲的」「慣れ」「落ち着き」「大人」というイメージが出るように思います。


すでに正解が出ていますが、私も「拙訳」の対義語としては「名訳」が最も適していると思います。
「名訳」というのは翻訳ではなく、すでに「創作」である、と言って良いかもしれませんね。


1、
間違いとは言えない二番目の文に不満が残るというのは、ネイティブに近づいてきた証拠と言って良いかもしれません。
この文は、自分の訳文と他人の訳文を対比させる構図になっています。
しかし、その対比が言葉で明確に示されていないために不満を感じるのでしょう。

{へりくだって言う時に「拙訳」...続きを読む

Qun-flipping believable の意味は?

ある製品に関するインタビューの中で、
使用前と使用後の感想について
「こんなに違うなんて信じられない」
it is un-flipping believable.
と言っているのですが、un-flipping believable とは
どういう意味でしょうか。

Aベストアンサー

基本形:  
it is unbelievable.

下品で強烈な罵り言葉を挿入:
it is un-f*cking-believable.

下品すぎるから、発音が似ている言葉で置き換えて、少し表現を婉曲にする:
it is un-flipping-believable.

Qsan-ji, Nihon-jin, - の意味?

ローマ字表記をする場合の『san-ji』『 Nihon-jin 』『Tanaka-san』などの-ji、-jin、 -sanハイフンはどの様な意味なのか?という質問に対して的確な回答を知りたいのですが、教えて頂けますか?

Aベストアンサー

そのままでは無いですか?
・前語に連なる従属的な語句であること。
・それらが数詞,敬称,分類・区分語句などであること。
を示してます。

その結果、No.1さんが回答される様な効果があると言うコトかと思います。
言い換えますと、前語を強調・明確化しますね。

例えば「Tokyo」は、世界中の殆どの人が知っていると思いますが、「Tokyoto」と表記すると、外国人が理解出来ない可能性があります。
しかし「Tokyo-to]と表記することにより、認知・認識が容易になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報