痔になりやすい生活習慣とは?

他人の氏名を無断で使用して、文書を作成し、公表した場合、法的にはどのような罪になるのでしょうか?

刑法の名誉棄損の罪には当たらないと思うので、民法の不法行為ぐらいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

> 類推解釈の禁止は、罪刑法定主義から導かれる刑法の原則の一つです。


> 法学部で刑法の講義を受けた人なら、多分みんな知っています。

だとしても、
「公然」についての類推解釈なのか?
「事実」について類推解釈する話なのか?
「毀損」の類推解釈なのか?
絞り込んでもらわないと、漠然としてしまい、話が進まないって話です。

--
> 今回は事実を適示するわけではなく、

の部分について、類推解釈になるのでは?って話ですと、No.4の回答でのURLにまとめられている判例なんかから引っ張ると、

| 大正14年12月14日 大審院 大正14年(れ)第1651号 大刑集4巻761頁
| 露骨に明言しなくても演説の全趣旨および当時の風説その他の事情によって、一般聴衆をして何人がいかなる醜行をなしたかを推知させるに足りる演説をした場合には、名誉毀損の事実を認めるのに妨げない。

| 昭和34年3月31日 東京高 昭和33年(う)第1836号 東高刑時報10巻3号228頁
| 名誉毀損罪における事実の摘示は、他人の名誉が毀損されるものと認めうる程度にされれば足り、必ずしも事実の内容につき詳細にわたってこれを明示する必要はない。

なんかを根拠に、

> 結果的に名誉を毀損する行為を行った者に対しても当該条項を適用させるのは、

って事で、結果的にそうなったって因果関係が明確なんですから、AがBの名誉を毀損する目的で摘示を行ったって事で十分なのでは。
「事実」の方に関しては、条文でその有無を問うてはいないんですし。
    • good
    • 0

公表する目的及びその内容によって、さまざまなケースが考えられますので、一概には言えませんが、適当に列挙すると、



・選挙に立候補し当選することが目的で、有名人の名前を利用し、自分を推薦しているような文書を公表した場合は、公職選挙法違反(虚偽事項の公表)

(西東京市長選において、ある陣営が田中康夫長野県知事から、激励電報が届いた旨のチラシをばら撒いたが、知事側は事実無根と主張し、容疑者不肖で告発されたケースあり)

・ある薬品について、有名な医者の名前を利用し、その医者がその薬品の効能を保証するかのような文章を公表した場合、薬事法違反(誇大広告等の禁止)

・金儲けが目的で、有名人のブログを有料で読むことが出来るサービス(本人に無断で他人が書いたもの)を提供した場合、詐欺罪も視野に入る

・有名人の信用を失墜させ、また業務を妨害する目的で、その有名人が公序良俗に反することをしたなどの告白する虚偽の文書を公表した場合、業務妨害罪や名誉毀損罪にもなりうる

等いくらでも可能性は考えられるので、具体的に何が目的で、どのような文章なのか明確にしていただけたら、具体的な回答ができるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

目的は不明ですが、無断で他人の名前で新聞や雑誌に論文を掲載した場合です。
他人の名前を使い、自分の名前を出さないことには、それなりにメリットがあるのかもしれませんね。

お礼日時:2011/09/15 17:08

> しかし、条文の文言からすると行為としては確実にそれに当たらなく、類推解釈は禁止されてますが、それでいいんですか?


> また、それで良いとしたら、なぜ良いのでしょうか。

「類推解釈は禁止されてますが」の部分に関して、どこに書いてあるのか?何が?誰が?何の?類推解釈を禁じているのか、不明瞭です。

一般論としての「疑わしきは罰せず」とかの意図での話なら、「現実に人の社会的評価が害されたことを要しない」とかって判例(大審院 昭和13年2月28日)があります。

下記のサイトなんかは、被害者側に役に立つ判例に関して、非常に見やすく抜粋されています。

名誉毀損で泣き寝入りしないために
http://www.geocities.jp/meiyomamoru/


事例に制限を付けないのなら、極端な話、
・AがBの氏名を使用して論文を作成、雑誌に投稿し、掲載された。
・Bが名誉毀損だって事で被害届の提出、訴えを起こした。
・Aが「Bの名誉を毀損する目的でそういう行為を行った」と自首してきた。
・裁判でも「Bの名誉を毀損する目的で~」って肯定。
とかだったら、名誉毀損事件として取り扱いしない理由、出来ない理屈は無いのでは。

この回答への補足

>「類推解釈は禁止されてますが」の部分に関して、どこに書いてあるのか?何が?誰が?何の?類推解釈を禁じているのか、不明瞭です。
一般論としての「疑わしきは罰せず」とかの意図での話なら、「現実に人の社会的評価が害されたことを要しない」とかって判例(大審院 昭和13年2月28日)があります。


類推解釈の禁止は、罪刑法定主義から導かれる刑法の原則の一つです。
法学部で刑法の講義を受けた人なら、多分みんな知っています。

条文では、「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。」と規定してあり、今回は事実を適示するわけではなく、結果的に名誉を毀損する行為を行った者に対しても当該条項を適用させるのは、類推解釈なのではないでしょうか。?

参考↓
http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa1549478.html

補足日時:2011/09/14 10:03
    • good
    • 0

特定の個人や団体を批判する記事だったり、内容によっては、名誉毀損って事になる可能性はあるのでは。



> どこかに論文というか文章を投稿した場合です。

当人からのクレーム処理、後から訂正なんかのための事務対応なんかで通常の業務に支障が出たとかなら、業務妨害。
名誉毀損と同様に、訂正記事なんかによってその雑誌や当人の信用が毀損したって事なら、信用毀損とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答していただいたのはありがたいのですが、わからないのですね。。

名誉という利益を侵害し得る行為であることは確かだと思います。
しかし、条文の文言からすると行為としては確実にそれに当たらなく、類推解釈は禁止されてますが、それでいいんですか?
また、それで良いとしたら、なぜ良いのでしょうか。

お礼日時:2011/09/08 17:03

民法の不法行為は罪じゃないんだが・・・。

単に名前を勝手に騙っただけなら、名誉棄損の可能性のみ。作った書類によっては私文書偽造とかいろいろあるが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

書類と言うか、どこかに論文というか文章を投稿した場合です。

これで刑法の名誉毀損?

お礼日時:2011/09/08 10:47

文書偽造・および行使罪(名前を騙っているのであれば有印も付きますね)になるんでは


ないかと。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E6%9B%B8% …

>刑法の名誉棄損の罪には当たらないと思うので

名誉”毀”損ですね(棄ではありません)
他人の名前を勝手に使った文書を公開しているため、その文章の内容によって名前を使わ
れた方の信頼を損なう事になりかねませんので、名誉毀損でも適用できるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

刑法 (抄)
(◆名誉毀損◆)
第二百三十条
 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。
2 死者の名誉を毀損した者は、虚偽の事実を摘示することによってした場合でなければ、罰しない。

ですよね。
条文の文言からすると、行為としては確実に違うので、適用は難しくないですか?
類推解釈は禁止されてると思ったのだが、それでいいんですか?

お礼日時:2011/09/08 10:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名前を勝手に使われたのですが・・・

こんにちはm(__)m

つい先日なのですが、家に封筒が来まして
開けたところ「この度は○○に入会して下さってありがとうございます」
と、冠婚葬祭関係のものみたいなのですが勝手に入会されていました。
名前を勝手に使った人も、分かっており、
この事をどういうつもりか聞いてみようと思っているのですが、
法律的には、どのようなものがあるのか
どなたかお知りになっている人がいましたら聞きたいと思って書き込みました。

本人に無断で、名前を偽り、金銭が発生することに入会をされた場合、
法律上では、保護されるものなのでしょうか?
また、「民法第○○上・58」みたいな事も教えて頂けると助かります。

すみませんが、どなた様か宜しくお願いします。

Aベストアンサー

民事法上は,法律行為をしなかった人間に法律行為による効果が帰属することは原則ありません。例外的に他人の行為により効果が帰属するのは,代理権を授与した場合,委任契約を締結していた場合などです。
当該契約による効果を主張したい場合,主張する者が原因事実を立証しなければならないので,ご質問の場合は「冠婚葬祭関係みたいなもの」が契約(でしょうかね?)の相手方がsakura0123さんであることを立証する必要があります。これに対しては別人が名前を騙った旨を主張,立証することになるでしょう。

刑事法上の問題では,入会に際し,契約書,申込書等を作成,提出しているのであれば,私文書偽造,偽造私文書行使罪に該当すると思われます(刑法159条)。ご質問の趣旨と離れるかもしれませんが。

法律がどうこうと考えるより,あなたの名前を勝手に使った人が知人であれば,そのものズバリ「何がおもしろいの?」と聞いてやればすむ話では?で,「冠婚葬祭関係のもの」なる業者に対しては,「他人が自己の名前で無断で申し込んだので,速やかに登録を抹消してくれ」と内容証明郵便を送付しておけばいいでしょう。

民事法上は,法律行為をしなかった人間に法律行為による効果が帰属することは原則ありません。例外的に他人の行為により効果が帰属するのは,代理権を授与した場合,委任契約を締結していた場合などです。
当該契約による効果を主張したい場合,主張する者が原因事実を立証しなければならないので,ご質問の場合は「冠婚葬祭関係みたいなもの」が契約(でしょうかね?)の相手方がsakura0123さんであることを立証する必要があります。これに対しては別人が名前を騙った旨を主張,立証することになるでしょう。

...続きを読む

Q他人がネットで、私の名前を使って投稿したら・・・

突然の質問で申し訳ありません。
もしネット上で、他人が無断で”私”個人の名前やニックネームを使って、投稿やメールを出した場合、もしそれで金銭的な損益が無かった場合でも、私が不快に思ったり、不本意な投稿だと思った場合、また投稿を見た方が不快に思われた場合、私の名前やニックネームを無断で使った相手に、どの程度まで法的な責任を求めることができるのでしょか?
昨日、私は教えて!gooの質問にお礼を書きこもうとしていました。その時、突然、知人が尋ねてきたので、早速出迎えてお茶を入ようとして、私が席を離れた隙に、知人が私の”albrac"のニックネームを使って、投稿したのです。急な知人の来訪なので、知人が投稿したのを知らず、ログアウトして、それっきり気付きませんでした。
知人は何も言わなかったので、気が付いたのは昨日夕方で、知人に詰問したところ、今朝になって本人がそれを認めました。
「こぶとりじいさん」の質問に対するNO.1の解答がそれです。
早速、知人には厳しく抗議しましたが、知人本人に罪の意識がありません。ただ、iモード感覚だったそうです。

まず、私はメカの管理者として法的、道義的責任を感じ、申し訳無く思います。
「こぶとりじいさん」の質問者のかたにも幾重にもお詫びいたします。

突然の質問で申し訳ありません。
もしネット上で、他人が無断で”私”個人の名前やニックネームを使って、投稿やメールを出した場合、もしそれで金銭的な損益が無かった場合でも、私が不快に思ったり、不本意な投稿だと思った場合、また投稿を見た方が不快に思われた場合、私の名前やニックネームを無断で使った相手に、どの程度まで法的な責任を求めることができるのでしょか?
昨日、私は教えて!gooの質問にお礼を書きこもうとしていました。その時、突然、知人が尋ねてきたので、早速出迎えてお茶を入ようとし...続きを読む

Aベストアンサー

 結論的には、名誉毀損に基づく慰謝料請求(民法710条)が問題になるが、請求が認容される余地は薄いと考えます。

1 刑事責任
 不正アクセス行為の禁止等に関する法律8条1号、3条2項1号は、他人のIDやパスワードを無断で入力して、ネットワーク上の他のコンピュータを利用する行為を禁止し、違反者に刑罰を科しています。
 ですから、「知人」(Aさん、とします。)がalbracさんのHNとパスワードを無断で入力してログインされたのなら犯罪行為ですが、既にalbracさんがログインされた後に問題の書き込みをされたのであれば、パスワード等冒用罪にはあたらないと思います。

2 民事責任
 もっとも考えやすいのは、名誉毀損に基づく慰謝料請求です。
 おそらくalbracさんは、「こぶとり」の意味も知らない人だと他人に思われるような書き込みをされたために面子(法律用語で、「外部的名誉」とか、「社会的評価」といいます。)が丸つぶれだ、というお気持ちかと思います。
 しかし、東京高裁平成13年8月27日判決(*1)が判示したとおり、「言論の自由を尊重する観点からは、仮に侮辱的発現がなされても、『被害者』が直ちに十分な反論を行い、それが功を奏した場合には、損害は回復されるとみるべきである」という考え方も十分成り立ちます。
 この判決の議論に従えば、albracさんも、こうしてご質問になっているとおり、ご自身の名を騙ってなされた投稿を訂正する機会があり、現実に訂正を実現されたわけですから、もはやalbracさんには慰謝料をもって回復すべき損害は残っていないという結論も十分成り立ちます。そうすると、道義的責任はともかく、Aさんに法的責任はないことになります。
 もっとも、前記の判決の論理自体、定説というわけでもないようですので、必ず慰謝料請求が否定されるわけではないと思いますが、「訂正の機会論」を持ってこられると、裁判所も、高額の慰謝料(*2)を認容するのにはちゅうちょすると思います。

 以上、お気持ちを逆なでするような回答しかできませんでしたが、ご容赦くだされば幸いです。

*1 ニフティの掲示板に侮辱的発現を書き込まれた女性が、ニフティサーブに対して慰謝料の支払と書込者の氏名の開示を請求した事案。
   http://www.asia-u.ac.jp/~matimura/
をご参照ください。
*2 参考までに、東京高裁平成13年9月5日判決(ニフティのフェミニズム関連の掲示板上で、掲示板開設の中心的メンバーに対して執拗な侮辱的発現を繰り返した事案。*1と同じサイトをご参照。)では、書込者に50万円の慰謝料の支払が命じられました。

参考URL:http://www.npa.go.jp/hightech/fusei_ac1/gaiyou.htm;

 結論的には、名誉毀損に基づく慰謝料請求(民法710条)が問題になるが、請求が認容される余地は薄いと考えます。

1 刑事責任
 不正アクセス行為の禁止等に関する法律8条1号、3条2項1号は、他人のIDやパスワードを無断で入力して、ネットワーク上の他のコンピュータを利用する行為を禁止し、違反者に刑罰を科しています。
 ですから、「知人」(Aさん、とします。)がalbracさんのHNとパスワードを無断で入力してログインされたのなら犯罪行為ですが、既にalbracさんがログインされた後に...続きを読む

Q名前が勝手に使用されています

恩師から相談を受けました。
その恩師は、社会的地位の非常に高い方ですが、ある「自己啓発セミナー」の推薦人に名前を使用されていることを昨日知ったそうで、相談を受けました。
速やかに弁護士に相談するように言いましたが、直接の被害を証明できないと、詐欺罪にならないのでしょうか。
民事で訴えても、時間がかかると思われますが、名前の使用の差し止めを、裁判所は速やかに命令してくれるのでしょうか。
恩師は、損害賠償などのことは頭に無いようで、自分の名前が勝手に使われることで、信用する人が出るのを何とか防ぎたいだけのようなのですが。

Aベストアンサー

「勝手に使われて不快である。」程度でも構わないと思いますが、まずは直接に使用の差し止めを請求するところからかと。

> 名前の使用の差し止めを、裁判所は速やかに命令してくれるのでしょうか。

そういう問題解決のための努力すら行っていない状況なら、
「まずは双方で話し合って。」
と諭されます。


弁護士名義で内容証明郵便を送付し、使用の差し止めを請求するとかからになるかと。

Q手紙による内部告発、注意点は?

内部告発を検討しています。

社内コンプライアンス通報制度は信用ならない、プライベートなPCからメールで告発もヘッダーなどから身元がバレる可能性もある、そう考えると古典的ですが手紙が一番、匿名性があると考えます。

その際にどんな注意点があるでしょうか?
アドバイス頂きたいです。

私が思いつくに…
・筆跡からバレないようにWordなどで文章作成し印刷。
・言い回しなんかの癖が出ないような文章にする。
・投函は自宅の近くのポストではなく、無関係なポストから投函する。

Aベストアンサー

誰に告発文を郵送するのか分かりませんが、
匿名者からの告発文で動くでしょうか?

例えば全柔連の女子選手達の内部告発が
あって監督が辞めましたけど、あれって
誰が告発したかは内部では分かっていますよね。
事情聴取しないとその真偽が確認出来ないからです。

匿名のように思えますが関係者が漏らさないのと
メディアが隠しているからだけなんですよね。

匿名だと単なる悪戯(あるいは怪文書)に
終わる可能性が大ですね。

私が以前勤めていた会社でも内部告発制度は
ありましたけど、原則実名でないと受け付けてくれません。
勝手に偽名で送っても偽名というだけで
ゴミ箱行きです(例えそれが真実であっても)。

Qアパートでの隣人とのトラブルについて相談です

 長文になりますが…。アパートの隣人から度々嫌がらせを受けて困ってます。まず嫌がらせの原因ですが、扉の開け閉めの音がうるさいという事みたいです。でもそれはこちらも同じで共同住宅ではある程度は仕方がない事だとは思うのですが…私も隣人の生活音がうるさいと感じる事もありますし、とにかく私はうるさくしないよう気を付けているつもりです。それで嫌がらせの内容ですが、まず初めにドア付近に電気が流れている変な小型機器を取り付けられ、それを外そうと素手で触るとビリビリ痺れてなかなか外せませんでした。後、誹謗中傷内容のビラをアパート全部屋に投函されました。あまりにもひどいと思いましたのですぐに大家さんと警察に連絡し、その後、直接、警察にも出向き相談しました。担当の刑事さんはそのビラの内容を見て被害届を出す事は十分出来ると言われました。また弁護士にもそのビラを見せたところ相手の名前を教えてくれれば訴える事も出来ますと言われました。
 私としてはそこまでするつもりはなかったのですが、その後も壁を蹴ってきたりと嫌がらせをなかなか止めないので思い切って被害届提出とあと弁護士に頼んで訴えようと考えております。そこで教えてほしいのですが、こういう場合、まず被害届に対して警察は相手にはどのような処分を下すのでしょうか?社会的制裁はあるのでしょうか?また、訴えた場合の損害賠償はどのようになると想定できるでしょうか?法律やトラブルについて詳しい方、教えて下さい。お願いいたします。
 最後まで読んでいただきありがとうございます。

 長文になりますが…。アパートの隣人から度々嫌がらせを受けて困ってます。まず嫌がらせの原因ですが、扉の開け閉めの音がうるさいという事みたいです。でもそれはこちらも同じで共同住宅ではある程度は仕方がない事だとは思うのですが…私も隣人の生活音がうるさいと感じる事もありますし、とにかく私はうるさくしないよう気を付けているつもりです。それで嫌がらせの内容ですが、まず初めにドア付近に電気が流れている変な小型機器を取り付けられ、それを外そうと素手で触るとビリビリ痺れてなかなか外せません...続きを読む

Aベストアンサー

訴訟と被害届とは全くの別物です。被害届には一切の費用が掛かりません。一方で訴訟とは刑事事件とは別に民事で争うことを意味しています。

被害届を提出すると刑事罰が相当するのか警察が判断することになります。個人が訴訟することとは全く異なり警察が捜査し必要があれば立件して刑事罰が相当であると判断すれば起訴若しくは書類送検となります。
いわゆる前科が付くことになり社会的に大変大きな汚点が残ることになりますし、会社勤めであれば解雇もありえますので相手に対しての制裁効果又は威嚇効果は計り知れません。軽く考えていると大変痛い目に合うと言うことです。

私は被害届を提出して警察の介入をした方が良いと思います。
逃げること(事なかれ主義)は決して良いことではありませんし再発防止の為にも他の被害者を出さないためにも毅然とした態度を取ることをお勧めします。

Q名誉毀損は民事と刑事両方あるみたいですが、刑事事件で取り扱われる為には

名誉毀損は民事と刑事両方あるみたいですが、刑事事件で取り扱われる為には民事とは別の要件が必要ですか?例えば民事で名誉毀損で賠償が認められるような事例の場合、もし刑事告発されていたら刑事事件として加害者は逮捕されていたのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

刑事と民事はそもそも全然別のものです

刑事訴訟においては、刑法上の名誉毀損罪というのがありますが、
民事訴訟においては、名誉毀損というのは直接定めておらず、不法行為
(故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う)として扱われます

>例えば民事で名誉毀損で賠償が認められるような事例の場合、もし刑事告発されていたら刑事事件として加害者は逮捕されていたのでしょうか?

そもそも全然のものであるために、告訴されていたら、
逮捕される可能性も、されない可能性もあるとしかいいようがありません

(ちなみに、「告訴」するのは被害者及びその親族など。「告発」するのは第三者。
名誉毀損罪は、親告罪であるので、告発は出来ず、告訴される必要がある)


ちなみに、これは実際にあった事件で、いまだにたまに
テレビ朝日の特集番組等で報道されていますが、

2002年にある人が死亡した事件につき、
警察の発表(?)によれば、自殺であるとされていて、
その後本格的な捜査はされていないようなのですが、、

民事訴訟(死亡した人が保険に加入していたが、
自殺だと保険金が下りないために、遺族が保険会社を相手取って、
これは殺人事件であって、保険金の支払いを請求したもの)
では、これは殺人事件であり保険金を支払え、とした判決が下されました

民事訴訟で「殺人事件」と認定されているにもかかわらず、
警察が動かないのは問題である、この国の制度はおかしい、
とテレビ朝日の番組では主張されています

(ちなみに、私は法律を学ぶ学生なのですが、
民事で殺人事件と認定されたからといって、
警察が動かなければならない理由が、肌感覚として理解できません。。。

法律を学べば学ぶほど、市民感覚が失われていく、
という言葉を聞いたことがありますが。。。)

こんにちは

刑事と民事はそもそも全然別のものです

刑事訴訟においては、刑法上の名誉毀損罪というのがありますが、
民事訴訟においては、名誉毀損というのは直接定めておらず、不法行為
(故意又は過失によって他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う)として扱われます

>例えば民事で名誉毀損で賠償が認められるような事例の場合、もし刑事告発されていたら刑事事件として加害者は逮捕されていたのでしょうか?

そもそも全然のものであるために、...続きを読む

Q中傷手紙が届いています。対処法を教えて!

数か月前から自宅、会社に私への誹謗中傷文が届いています。
警察に相談しましたが、内容が脅迫や名誉棄損に当たらないと、事件にならないとの返事。
既に数十通にものぼっており、どんな文言が入ると事件になるのか?教えて下さい。
犯人は分かっています。証拠がないので逮捕に至りません・・・
自殺をすれば警察は動いてくれるのでしょうか?精神的に限界です。
対処法を教えて下さい。

Aベストアンサー

○○しなければ○○するぞ、だとか、殺すというようなことを連想させるワードが入っていれば脅迫罪(刑法第222条)に、金品が目的になると恐喝罪(刑法第249条)に、事実であろうとなかろうと、あなたの人格が疑われる内容の文章を会社に送りつけるなどをして知れ渡った場合は、名誉毀損罪(刑法第230条)、事実無根の悪口であれば侮辱罪(刑法第231条)が該当する可能性があります。
後は民法709条の不法行為に基づく損害賠償を請求する場合でしょうか。
今回の件で会社側に知られたことによってあなたが受けるべきであった利益を侵害したといえると思いますので、これによって生じた損害賠償を請求できると思います。

無料相談の法律事務所があると思うので、証拠を全て持って行き、どのような罪で問えるだろうか相談してみてください。
もちろん、警察と同じように判断され、罪に問うことは出来ないかもしれませんが。


もし、何か証拠が必要だというのであれば、ビデオカメラや監視カメラでも構わないので現場を押さえましょう。
そのひとが書いた自分の名前入りの文章などがあれば、それらと送られてきた手紙の筆跡鑑定を依頼し、同一であるという鑑定を貰えれば証拠の一つとすることが出来るかもしれません。
これらも弁護士さんなどに相談したほうが良さ気です。


相手が『恋愛感情その他の好意』や『それが満たされなかったことに対する怨恨』をもとに行動されているようであれば、ストーカー規制法での対応もできると思いますが、詳細な内容がわからないため適用できるかは不明です。


自殺をしても、無関係で処理される可能性が非常に高いです。
その手紙がその人からのという証拠が出てこなければ、事情徴収程度終わってしまうでしょう。
相手はあなたの命を対価にするほどの人物なのでしょうか?
自殺するのは相手を喜ばせるだけです。
なにかしら正当な方法で反撃して困らせてやりましょう。

いのちのつながり|自殺対策支援センターライフリンク
http://www.lifelink.or.jp/hp/link.html
こちらで該当する機関に電話で相談することで、気持ちについては持ち直すことが出来るかもしれません。

○○しなければ○○するぞ、だとか、殺すというようなことを連想させるワードが入っていれば脅迫罪(刑法第222条)に、金品が目的になると恐喝罪(刑法第249条)に、事実であろうとなかろうと、あなたの人格が疑われる内容の文章を会社に送りつけるなどをして知れ渡った場合は、名誉毀損罪(刑法第230条)、事実無根の悪口であれば侮辱罪(刑法第231条)が該当する可能性があります。
後は民法709条の不法行為に基づく損害賠償を請求する場合でしょうか。
今回の件で会社側に知られたことによってあなたが受けるべきで...続きを読む


人気Q&Aランキング