温泉のためにボーリングしたところ、メタンガスが21%V/Vとでてきました。この濃度では、何か人体あるいは周辺で障害が出てくるのでしょうか?
また、障害がでたとしたら、何か対策はあるのでしょうか?教えてください。
60%以上でしたら回収して燃料に利用できると聞いたのですが。。。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「メタン」
このページで「燃焼・爆発特性」「燃焼・爆発特性」「条例・要綱及び指針」「毒性症状」「事故事例」等を参考にして下さい。

特に「爆発」と「無酸素状態」に注意が必要なようですが、さらに法規制等を調査されては如何でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.k-erc.pref.kanagawa.jp/kisnet/hyouji. …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q200V→100Vトランスを24V→12Vで使用

AC200V→100VのダウントランスをAC24V→12Vとして使用した場合、」何か問題は発生するでしょうか?

あるセンサー設備の更新を計画しております。
現在使用中のセンサーはAC24Vで動作しておりますが、現行機種でAC24V型のセンサーが存在せず、
色々調べたところAC100V仕様のセンサーがセンサー内部のトランスで
AC100V→AC12Vに降圧して動作している事が分かり、
AC24Vの電源をAC12Vに降圧して供給してやれば使える事が分かりました。

トランスメーカーのカタログを確認いたしましたが、AC24V→AC12Vという商品が見当たらないので
AC200V→AC100Vの単巻きトランスを流用してやることが最も安価に行えるのではないかと考えております。

AC200V→AC100Vのトランスも、24V→12Vのトランスも巻き数のの比率は同じとはずなので
問題なかろうと思っているのですが、このような使い方をした場合に、
何か問題は発生するでしょうか?

なお、センサーは全数交換ではなく、不調になった約半数を入れ替える予定なので、
送りの電圧(供給電圧)を変更することはできない状態です。

AC200V→100VのダウントランスをAC24V→12Vとして使用した場合、」何か問題は発生するでしょうか?

あるセンサー設備の更新を計画しております。
現在使用中のセンサーはAC24Vで動作しておりますが、現行機種でAC24V型のセンサーが存在せず、
色々調べたところAC100V仕様のセンサーがセンサー内部のトランスで
AC100V→AC12Vに降圧して動作している事が分かり、
AC24Vの電源をAC12Vに降圧して供給してやれば使える事が分かりました。

トランスメーカーのカタログを確認いたしましたが、AC24V→AC12Vという商品が...続きを読む

Aベストアンサー

AC200V用トランスをAC24Vで使うのはNo1の回答者様が述べているように巻き線数が多すぎてまともに動作できないと思われます。
巻き線数が多いと鉄心を磁化する励磁電流が不足して電圧変動がとても大きくなります。(少しでも電流を流すとガタッと電圧がおちる)

センサーの電源とのことなのでそれほど大きな電流はないと思われるので専用のトランスを特注されてはいかがでしょう。複雑な巻き線構成ではないのでそんなに高い値段にはならないでしょう。
市販のトランスで済ませるなら普通の100V⇒⇒⇒24Vセンタータップつきのトランスを買って2次側だけを使う手があります。0Vと24VのタップにAC24Vを加えると0Vとセンタータップが12Vになります。
なお、これを行う場合は1次のAC100Vのタップはしっかり絶縁してください。電流は少ないですがモロに100Vの電圧が出てきます。

Q三相200v発電機での燃料費と基本+電気代

こんにちは、よろしくお願いします。
会社で三相200vのエアコンがあります。
契約はエアコン3.5k+3.5kの2台で契約は7kです。
その契約が、同じ建物内にもう1カ所あり、
合計は14kの三相契約です。

インバーターを使っても最大2.2kですからインバーターは使用できませんよね、そこで三相200vの発電機で発電した場合の質問です。

1,発電機本体の費用と設置費は無視して、夏場の4ヶ月間毎日8時間のエアコンをフルに使用した場合の軽油代(1L=100円)と年間通じての基本+電気代ではどちらがどれぐらいお得なのでしょうか?軽油使用量は一般的なのでお願いします。

Aベストアンサー

#1です

昭和の時代の実績ですが

5000KWのディーゼル発電機(低速ディーゼル、C重油使用)で 約0.25L/KWH でした

軽油のほうが発熱量が低い、設備が小さいほど効率は低下するので、#1の値を想定しました

10KWの非常用発電機も使用したこともあります、
電力量と燃料使用量の統計は取りませんでしたが、5時間運転で10~15L程度でした
3ヶ月に一度程度 5~30分試運転したり、オイル交換等、燃料の少量危険物取扱所の届等 いろいろ面倒です

絶対に停電させられないシステムだったので、UPSと組み合わせていましたが、結構手間を食いました

安直な考えで飛び付くと 後々大変です(仮に設備費が0でも、高い買い物になります)

Qメタンガスによる発電、、

私は以前、あるテレビ番組で一般の方が家庭で、メタンガスによる
発電システムを作っているのを見た事が有ります!
さて、
メタンガスによる発電とは、どのような物なのでしょうか?
環境には、優しい物なのでしょうか?
コストや技術と云った面から見るとどうなのでしょうか?

宜しく、お願いします!

Aベストアンサー

 まず、メタンガス(CH4)は天然ガスの主成分です。その他、家庭では、生ゴミの処理で発生させることが出来ます。ので、装置などを買えば、安価に得られる原材料です。燃焼効率は、炭素に対して水素の含有量が多いので、特に低温燃焼のエネルギー効率が大きい。(炭素は燃焼の発熱は大きいのですが、燃焼温度が高いのです。ph:ろうそくを燃やすとき炎の上部に紙を当てると煤がつく。つまり、炭素の燃焼温度が高いため、ろうそくの燃焼温度では、炭素は燃焼できず炭素単体の析出=煤となります。)
 発電は普通の火力発電と同じで、メタンの燃焼→ボイラーの水から水蒸気への変化→体積の急激な増加→発電用蒸気タービンを回転→発電となります。
 上記のように炭素成分が少ないため、ほぼ完全燃焼(煤:Cの単体やCO「一酸化炭素」をださない)で速やかに水と二酸化炭素になる。ただ欠点は、体積当たりの発熱量が少ないのです。
 天然ガス(LNG)専用の燃焼発電器が必要となります。
 運転経費は安く、環境にやさしいシステムですが、設備がハイコストなのです。

Q3相200VからDC-48VとAC100V

こんにちは。

3相200Vの分電盤があり、そこからAC/DCコンバータを使って-48V DCを作ります。
追加でAC単相100Vも必要になったので、AC/DCコンバータの出力の一部を使ってDC/ACインバータでAC100Vを作ろうと思います。このような方法は問題ないでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

電力会社との契約(約款)により3相200Vから単相100Vを作ることはできない契約成ってます。したがってやっては行けない行為です。

Q電圧3相4線式380V/220Vから3相200Vをとりたい

タイ国で、3相200Vの装置を使用したいのですが、
タイ国の商用電圧が3相4線式380V/220Vとなっております。
この電圧から3相200Vをとる方法を教えてください。

Aベストアンサー

1次側 380/220 2次側200の3相トランスを使う

造船所に問い合わせればそのような装置を紹介してくれる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報