人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

キャノンEOS5DマークIIでRAW撮影し、現像後TIFFファイルに変換保存したら、一枚あたりのメモリーが120MBになりました。ソフトは、canon digital photo professionalです。
同時に同じ写真の「JPEG」ファイルでは11~13MBの容量です。
なぜ同じ写真なのにこのように違うのでしょうか?
また、カメラ使用説明書には、RAWは25MB、JPEG(ラージ)は8MBぐらいでした。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

TIFFはすべての画素についてデータをそのまま保存するので、


データが大きくなります。RGB3色で、各16bitの場合は、
1byte=8bitであるため、

5616×3744×16×3÷8=126,157,824byte

となり、確かに120MB程度になります。

RAWデータは画像変換する前の生データですが、
EOS 5D MarkIIの場合は14bitなので
その分16bitよりもデータが小さくなります。
また、何らかの形で取り扱いやすいように
データを圧縮していると思われます。
この圧縮はデータの取扱上の圧縮であり、
可逆圧縮です(元に戻せる)。

JPEGは8bitであり、そもそものデータ量が小さいです。
また、見た目があまり変わらないような形で
画像をいじってデータ量を小さくする圧縮を行っています。
これは元に戻せないので非可逆圧縮です。

高い圧縮率も低い圧縮率も設定でき、
高い圧縮率の場合は、輪郭部分をよく見ると
若干の荒れが確認できるはずです。
低い圧縮率であれば、TIFFより容量が小さいにも関わらず、
あまり変わらないきれいな画像が得られるでしょう。

なお、パソコンの画面表示は基本的に8bitまでしか対応していないので、
16bitあってもそれが表現できるわけではありません。
何に役立つかというと、データ量に余裕があるので、
後から明るくしたり暗くしたりする加工を行う場合に、
画像が不自然にならないという意味はあるということです。
単に画像を見るだけなら低圧縮率のJPEGで十分です。

加工する余地を残しておくなら、RAWで保存しておいて、
現像する際に明るくしたり暗くしたりすればいいわけで、
TIFFで保存する意味はあまりないでしょう。
    • good
    • 0

追記です。



一般的なデジタルカメラの場合は
撮像素子の各画素でRGBを検出するのではなく、
R:B:G=1:1:2の割合で各色の画素が存在して
それぞれが明るさを検出し、
隣接する画素のデータをうまく合成する形で
各画素にRGBのデータを生成します。

したがって、RAWの段階では

5616×3744×14÷8=36,501,192byte

となり、生データでも35MB程度となります。
これを何らかの形で可逆圧縮して
25MB程度にしているものと思われます。

参考
http://wwwimages.adobe.com/www.adobe.com/jp/prod …
    • good
    • 0

120MBは、TIFF16bitですね。

TIFF8bitなら半分の60MBになります。

JPEGの場合、1画素につきRGB各8bit計3byteですから1ファイル、凡そ60MBになりますが、数分の1以上に圧縮するのでファイルサイズが小さくなるのです。
DPPだと、JPEGに変換する時の画質設定7~8で、カメラ設定Fineの圧縮率と同じになります。(図柄で設定は同じでも圧縮率は変わります)
ただし、JPEGは、一旦圧縮すると元には戻せない非可逆圧縮ですから、大切な画像はなるべく低圧縮で保存します。

ちなみに、TIFFは、DPPでRAW現像後、Adobe Photoshop などレタッチソフトに送って加工する場合に使います。この方が、圧縮したJPEGから加工するより劣化を最小限に抑えられるからです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデジカメの「TIFF」と「RAW」の違いについて

最近のデジカメで、ハイスペックモデルには
RAW撮影機能がついていますが、
付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、
どのような違いがありますでしょうか。

RAWのまま現像する場合は、露出やホワイトバランスなどを、画質を落とさずに自由に調整がきくと思いますが、

TIFFに変換した場合、たとえばフォトショップなどで
レベル補正やトーンカーブなどで調整できると思いますが、RAW現像と比べて違いはありますでしょうか。

Aベストアンサー

> 付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、
> どのような違いがありますでしょうか。

RawはCCDを通った光の情報そのものであり、それにカメラ設定が
添付されたものがRawファイルです。そして添付されたカメラ設定に
もどづき付属のソフトなどで現像したものがTIFFファイルとなるのです。

少し強引にフィルムカメラに置き換えてみると撮影し終わった潜在フィルム
がRawであり、DPEで現像する事がTIFFという事になると思います。

潜在ファイルか現像済みファイルか.これがRawとTIFFの一番大きな
違いでしょう。

> RAWのまま現像する場合は、露出やホワイトバランスなどを、
> 画質を落とさずに自由に調整がきくと思いますが、

いえ、そんな事はありません。Rawで撮っておけばあとでなんとでもなる
と良く雑誌などでみかけますが、ご存じかと思いますが写真は光がなければ
撮れません。そしてある一定量の光をCCDに当てる事により像を作っている
わけです。一定の光の量とは適正露出であるのが良いのでしょうが、例えば
Rawで調整するからかなり暗めに撮ってRaw調整・・・というのは現像時に
擬色カラー(ノイズ)を増やす原因にもなります。このノイズはモニタで相対的には確認しづらいので、いざプリント
すると赤く仕上がってしまった・・・や緑っぽい・・・などの原因になってきます。

それと白飛びした画像をRaw調整で露出補正し、現像しても白飛び部に情報が帰って
くるわけではないので例えRawと言えどもある程度シビアに撮影する必要があると
私は思います。


> TIFFに変換した場合、たとえばフォトショップなどで
> レベル補正やトーンカーブなどで調整できると思いますが、
> RAW現像と比べて違いはありますでしょうか。

TIFFにした場合、カメラ設定をすでに読み込んだ現像されたデータである事から補正すれば
するほど階調情報は失われていきますが、Rawならば光の情報にカメラ設定をそのつど
適用させる形で補正が行えますから階調劣化は無いんです。
ただRawから現像されるTIFFファイルには2種類あります。8bitファイルと16bitファイルです。
この場合、16bitでフォトショップで読み込んだ方が情報が豊富にある事から補正による劣化は
少ないと言えます。ただモニタでは16bit出力が出来ないためその階調の豊富さを確認する事は
出来ません。

> 付属のソフトなどで、RAWをTIFFに変換した場合、
> どのような違いがありますでしょうか。

RawはCCDを通った光の情報そのものであり、それにカメラ設定が
添付されたものがRawファイルです。そして添付されたカメラ設定に
もどづき付属のソフトなどで現像したものがTIFFファイルとなるのです。

少し強引にフィルムカメラに置き換えてみると撮影し終わった潜在フィルム
がRawであり、DPEで現像する事がTIFFという事になると思います。

潜在ファイルか現像済みファイルか.これがRawとTIFF...続きを読む

QJPEGからTTIFF変換の意義について

現像初心者で色々な事を試行錯誤でやっている者です。

JPEGで撮影しレタッチしたものをTIFFで保存することに後のプリント画質上の意義はありますか。

JPEGで撮ったものは原則JPEGで保存すべきでしょうか。

Aベストアンサー

少なくとも編集途中なら、Jpeg以外の劣化しない方式(可逆圧縮)にするべきです。
Jpegは、保存する度に僅かずつですが劣化します。

開く→(編集)→保存→閉じる
└←─←─←─←─←─←┘
と繰り返せば、それだけ劣化します。

TIFFやPSD(Photoshopの形式)なら、劣化しません。

店とかにプリント頼む場合は、そこが対応している形式(Jpeg等)にする必要はありますけど。

QRAWデータの画質を落とさずにJPEGに変換することは出来ないのでしょ

RAWデータの画質を落とさずにJPEGに変換することは出来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

JPEGもRAWも圧縮されています。一部のRAWは圧縮されていませんけどね。

ここで「圧縮すると劣化する」と勘違いしないでください。
JPEGという圧縮方式は「非可逆圧縮」で、圧縮されたデータを元に戻しても圧縮の元となったデータと完全には一致しません。JPEGは削除できるものは積極的に削除し必要なところは極力残すことでファイルサイズを減らす画像形式です。

それとRAWとJPEGとは表現できる階調幅に違いがあります。
画像データは色の3原色(RGB)毎に記録できる明るさの数があります。JPEGは8ビットで256段階(2の8乗)。それが3色分あるので「256の3乗」色表現することが可能。

RAWは12ビット以上となるので、表現できる色の数がJPEGとは桁違いです。
※階調の8ビットとか12ビットというのは「2の8乗」「2のに12乗」で計算してください。
 最近のデジ一のRAWは14ビットです。

ということで、RAWの画質のままJPEGにするのは不可能です。
やるとしたらJPEG2000かTIFF(16)で保存してください。


人気Q&Aランキング