『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

老人向け雑誌って、例えばどんなものがありますか?
歯医者に置くのですが、何か面白いものとか人気のものってありますか?
婦人公論・オブラなんかは50代向けでいいかな?と思ったのですが。違うのでしょうか?
健康雑誌は常にあるんですが、それ以外で何かいいのあったら教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

はじめまして。


No1の方も回答されておられますがサライはおススメです。
あと少しお値段が高くなりますが、和楽という雑誌も大人の雑誌です。
あと。。。婦人画報、自遊人、ダヴィンチ、ソトコト、ほんとうの時代
なんかも如何でしょうか。参考まで。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

和楽、女性に人気のようですね!
その他教えて頂いた雑誌も、調べてみたらシルバー世代だけでなく、幅広く読めそうですよね。
参考になりました!ありがとうございます。

お礼日時:2003/11/08 22:31

歯医者さんだとどうかな~ 健康雑誌で「安心」あたりなら…



参考URL:http://www.magazo.jp/magazine/5000260.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
いつも「ゆほびか」とかなので、たまには健康雑誌も入れ替えてみてもいいかもしれないですよね。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2003/11/08 17:30

老人向け、というわけではありませんが、個人的には


「サライ」とか「散歩の達人」あたりがお薦めです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

「散歩の達人」、実は私も読んでます・・・
「サライ」なんかだと、年齢層が狭すぎないから失敗ないかもしれないですね。中高年から老人まで読めそうだ。ちょっと立ち読みして見てみます!ありがとうございます!

お礼日時:2003/11/08 17:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお婆ちゃんがよく見る雑誌とは?

月刊誌などで主にお婆ちゃんをターゲットにしている雑誌などあるんでしょうか?よく見かける本がありましたら教えて下さい。お婆ちゃんに見せてやりたいので。お願いします。

Aベストアンサー

高齢者の中には老眼で細かい字は追いにくいという方も多々いらっしゃるせいか
お婆ちゃん向けの本というのはなかなか見かけませんね。
雑誌でなくても料理や収納などのムックはどうですか?
家庭的な方でしたら楽しめると思いますが。

ぜひ雑誌を、ということであれば、
お婆ちゃん向けというのではありませんが『暮らしの手帖』はいかがでしょうか。
流行に流されない本作りをしているので、
お婆ちゃんも違和感ないと思います。隔月刊です。

参考URL:http://www.kurashi-no-techo.co.jp/contents/home.html

Q高齢者向きの本、ご紹介下さい

90歳前後の女性が喜んで読んでくれそうな本があれば教えて下さい。とりたてて趣味もない女性なので、どんな本、雑誌を贈ればいいのか悩んでいます。できればあまり字が小さくなく、視覚的にも楽しめるようなものがいいです。老健施設やホームなどで、入居者向けに置いてあるものでも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

  こんばんは。

 90歳とは長寿でお元気ですね。私が勧めたい本では、赤瀬川源平著の「老人力」を読んでもらえたらと思います。

 数年前にちょっとしたブームや流行語にもなった老人力ですが、若者にはなく歳をとってこそ身に付く力であるという逆転したユニーク発想に興味を持ちました。
 
 例えば、歳を取ると物忘れが激しくなって若者からは非難されるものですが、それを著者は「老人力が付いた」と表現しています。
 若者には決して身に付かないが、歳を取ったものだけが得られるマイナス点を発想の転換で何やら楽しいものとして捕らまえる考え方は面白いものです。

 歳を取るのを悲観するのではなく、歳を取った者だけが身に付くことを楽しいものとして考えることで、老いたることに喜びを持つ一つの新境地を見い出したとも言えると思います。

 
 老後だからこそ楽しめるという物事考え方次第で、何事もどうにでもなるというこを著者は書き表していますが、若者でも一読して欲しい一冊です。

 そのご老人の女性にススメル前に質問者さんも是非一度読んでみてください。とても興味深く読めると思います。

  こんばんは。

 90歳とは長寿でお元気ですね。私が勧めたい本では、赤瀬川源平著の「老人力」を読んでもらえたらと思います。

 数年前にちょっとしたブームや流行語にもなった老人力ですが、若者にはなく歳をとってこそ身に付く力であるという逆転したユニーク発想に興味を持ちました。
 
 例えば、歳を取ると物忘れが激しくなって若者からは非難されるものですが、それを著者は「老人力が付いた」と表現しています。
 若者には決して身に付かないが、歳を取ったものだけが得られるマイナス点...続きを読む

Q高齢者向け雑誌・ラジオ番組

高齢者向けの雑誌やラジオ番組をご紹介下さい。
最近母がなくなり、父一人になりました。することもなくTVばかり見ているのも良くないので、雑誌やラジオ放送をきっかけに、社会との接点を持てたらと思っています。何か推薦できそうなものはありませんか?

Aベストアンサー

NHKラジオ(第一)の『ラジオ深夜便』は定番ですね。午後11:20~(土・日は11:10~)。
心が和みます。

Q老人が読むと感動するであろう本

老人が読むと感動するであろう本

祖母が一度腰を痛めて入院したら一気に体が衰え、
退院してからも外にでることがほとんどなくなり、
畑仕事や庭いじりもやれないほどになってしまいました。
「生きててもしょうがない」などとぼやいています。

そこで、もともと教養などほとんどない祖母ですが、
僕は本でも読んだらどうだろうかと思い、神谷美恵子の
ちょっとした全集の本を送ったところ、本人が非常に
気に入り、「いやぁ、感動した」と言いながら
何度も繰り返して読んでいます。そしてすでに全巻
読んでしまいました。

他に何かお薦めの本がありましたら、教えていただけないでしょうか。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

老人受けする本。

相田みつをの詩集。
作品は、これでご覧になれます。

瀬戸内寂聴さんの本。
文学的作品よりも、エッセイが良いと思います。
http://www.jakuan.com/

瀬戸内寂聴さんの講演会に、姑と母を連れて行きました。
大感激です。
寂聴さんの講演は全国で行われており、いつも最後に質問コーナーがあります。
高齢の女性が涙をながしながら質問していました。

「生きがいの創造」
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0%E2%80%95%E2%80%9C%E7%94%9F%E3%81%BE%E3%82%8C%E5%A4%89%E3%82%8F%E3%82%8A%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6%E2%80%9D%E3%81%8C%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B-PHP%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%A3%AF%E7%94%B0-%E5%8F%B2%E5%BD%A6/dp/4569573142

今さら、道徳的な本なんて・・・いえいえ、生まれ変わりの体験について、科学者が書いた本です。どんな人にも、産まれてきた意味がある、ということ。

老人受けする本。

相田みつをの詩集。
作品は、これでご覧になれます。

瀬戸内寂聴さんの本。
文学的作品よりも、エッセイが良いと思います。
http://www.jakuan.com/

瀬戸内寂聴さんの講演会に、姑と母を連れて行きました。
大感激です。
寂聴さんの講演は全国で行われており、いつも最後に質問コーナーがあります。
高齢の女性が涙をながしながら質問していました。

「生きがいの創造」
http://www.amazon.co.jp/%E7%94%9F%E3%81%8D%E3%81%8C%E3%81%84%E3%81%AE%E5%89%B5%E9%80%A0%E2%80%95%E2%80%9C%E7%94%...続きを読む

Q★切実です!! 50代の方がよく読む雑誌(若い方もお願いします)★

よろしくお願いします。

ライターの仕事をやっている者です。
仕事がらみなので切実に回答お待ちします。

タイトル通りなのですが、今、50代の方はどんな雑誌を
読まれているのでしょう?(男性、女性ともに)
若い人のファッション誌、音楽誌、クルマ関係、
主婦の皆さんのファッション誌、生活情報誌などは
わかるんですが、さっぱりピンときません。

また、50代の皆さんに、どんな雑誌が読まれると
思いますか?

年齢、性別関係なく、小さい情報でもけっこうです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

わたしも学生時代に書店でバイトをしていたので思い出せるだけですが…。

やっぱり趣味系の雑誌が多かったような気がします。
「山と渓谷」「散歩の達人」「趣味の園芸」「BE-PAL」「全国ゴルフ場ガイド」(これ雑誌だか不確かです)
「壮快」とかの健康誌。
あと、PC関連でも初心者向けの薄い雑誌とか。
女性ですと「婦人公論」「主婦の友」「暮らしの手帳」とか昔から購読してそうな感じでした。

やっぱり日経系は多かったです。「日経ビジネス」「日経マネー」とかですね。
「ダイアモンド」「プレジデント」「アエラ」もかな。

読み物系で「文芸春秋」。これは定期購読のお客様、本当に多かったです。

他の方も出していらっしゃいますが、「Yomiuri weekly」「週刊文春」「週間新潮」は週刊誌系でも、その世代の方が多かった気がします。

変わりどころで「会社四季報」もかな…。

思い出したものからただズラズラと書いてしまいましたが…。
参考にしていただけると幸いです。

Q携帯から0120のフリーダイヤルかけると料金発生するの

こちらの携帯電話からフリーダイヤルにかけた場合って、通話料発生するのでしょうか。 固定電話なら無料ですよね。 すいません、馬鹿のこと聞いて。

Aベストアンサー

料金は発生しませんが
相手側で携帯からフリーダイヤルへの着信を許可してない場合があります。

許可してない場合はアナウンスが流れますので
取りあえずダイヤルしてみればわかります。
 
 

Q後期高齢者(83歳)で末期癌なのに、症状が無い!!

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父はまだ頭もはっきりしているので、長生きしてほしいと思っていました。

 最近、「足の付け根が痛い!」と言い出しているそうです。
 父は癌からきているんじゃないか、骨にまで転移してるのではないかと思うそうです。
 これは初期症状のはずですか?
 
 紹介状を書いてもらって、9月6日に市民病院へ持って行くそうです。そして、検査をするか決めるそうです。
 検査も相当苦しいそうで、父はどうせ長く生きられないのなら、残りの時間を自宅で、今まで通りの普通の生活をさせてやりたいと思っているそうです。

 余命を告げられ、とてもショックでした(涙)今も頭がボーっとしています。毎日でも会いに行きたい気分です。

 末期癌で全身に転移しているのに、『症状が無い』ことってあるのでしょうか?20年以上前に胃癌の手術で、胃を半分取ったので、38キロ前後と細いですが、食欲も変わりないようです(主に栄養ドリンク)。足の痛みが出たのは最近ですが、外出もしたいようで元気です。

 これから苦しむことになるのでしょうか?

 祖父母は今、2人暮らしなので、心配です。祖母には、まだ癌のことは伝えていません。

 末期癌で余命4ヶ月でも、祖父のように、たまたまレントゲンを撮ったら”末期”そして”無症状”という方はおられるのでしょうか?
 あり得ないと思いますが、私は誤診であって欲しいです。

 長文ですみませんが・・・宜しくお願いします。

 私の祖父(83歳)が末期癌で、今日、「今年もてば良い方だ(余命4カ月弱)」を告げられたそうです。

 父はショックを受けていました。

 祖父はたまたま、他の病気の診察でCTを撮ったときに運良く別の科の医師が癌を発見してくれました。

 去年、肺気胸に2回もなり、市民病院で何度もレントゲンを撮ったり、CTも取ったのに。先週もペースメーカーの診察を受けてレントゲンを撮ったのですが、何も言われなかったそうです。なんか不思議です・・・。1年で全身にまで転移するのでしょうか?

 祖父は...続きを読む

Aベストアンサー

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが確実に痛みは来ますし食事も食べれなくなります。体力が落ちれば体の機能も低下します。きつい言葉で書き記しましたが私も医師から告知を受けちょうど3カ月で他界しました。奇跡を信じてあれもこれもと手を尽くし高額の健康食品も健康飲料も結局は効きませんでした。飲みにくいのと飲むことのストレスで今想えば反省だらけです。癌に効く薬は抗がん剤だけのようです。母は持病のリウマチですでに強い薬を服用していることも有り免疫を上げる治療も難しく抗がん剤治療は出来ませんでした。御祖父様が自宅で闘病生活をされたいとのお考えなら要介護認定を受けているのでしたら早速、ケアーマネージャーを通して往診の医師と看護ケアの手続きをして下さい。少しでも普通の生活に近い生活をさせてあげる場合は家族の協力が無いと無理です。最終的に点滴の交換やら排泄など家族が手を掛けます。緩和ケア病棟をエントリーするのも大切だと思います。私の場合は緩和病棟(ホスピス)は県内14棟の内、受付不能病棟多数。1~2ヵ月先の外来予約待ち、その後空きがあれば入院可能と言われたのが13棟です。残り1棟は数日中には入所可能だがとても古く、病院まで距離も遠く、私の場合は母の最期は県立病院の個室で最後の一月を過ごしました。告知を受けて一月後に家族で1週間の沖縄旅行に行きました。この時まで体力もあり痛みもなく本当に奇跡を信じていました。帰宅後数日で体力は落ちて行きました。
今後の御家族の方向性に少しでも役立てて頂けると幸いです。

私の大切な母も御祖父様と同じような年齢で同じように病院の別の検査で癌が見つかりそして先日、天寿を全うされました。娘の私が体験したことは高齢者の末期癌は確実に死の宣告をされたも同じことです。藁にもすがる思いでできる限りの手を尽くしましたが癌の進行はあまりにも速いのが現実です。私たちの一日の時間と患者の一日の体力が落ちるスピードの速さは何百倍の速さで進行しているようでした。要するに昨日と今日では全く別の症状で患者も家族も苦しみます。現在、御祖父様の体に痛みが無いとのことですが...続きを読む


人気Q&Aランキング