ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

中国鉄道部 http://www.china-mor.gov.cn/ の旅客列車時刻表にて、北京北→八達嶺 で検索すると、延慶行きの列車が全て和諧長城号ではなく、空調無しの快速と表示されます。

列車番号はS201からS227の奇数でS225が欠。運賃も軟座が11元、硬座が7元と和諧長城号に比べると安く、他に軟臥や硬臥の運賃も表示されます。最近のダイヤ改正で、和諧長城号から旧型の客車列車に変更になったのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中国の鉄道にはここ6年で25万キロ以上乗っています。



S2線の長城和諧号は乗車率の低迷により運営方式を地下鉄などの都市鉄道風に改めました。なので料金も下がりました。
ようするに今までは通常の長距離列車と同じように窓口で列車指定の切符を買って乗車でしたが、今は地下鉄と同じ磁気カード切符を買って自動改札を通って乗車です。また北京の交通カードでの乗車も可能です。

使用車両自体は同じなので、その辺は安心して下さい。また本数も増えました。ただし安くなったことで利用者が大幅に増加し、結構混雑しているようです。

状況は以下のブログが詳しいです。

http://railway.china215.com/?p=2447
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これで謎が解けました。北京駅に前売りの切符を買いに行って、メイヨーの一言で終わりになるところでした。地下鉄に乗るときに、共通のICカードを購入しておきます。本当に助かりました。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/13 11:06

No.2です。



一ついい忘れましたが、地下鉄風の運営になったということは自由席だということです。車両そのものは長城和諧号ですが、乗車の流れは地下鉄などと同じ「電車」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。ということは、919路のバスと同様に、中国人民との席取りバトルに参加しなければなりませんね。片道100円じゃなくても、300円ぐらいなら出してもいいので、以前のような指定席がよかったのですが、仕方がありません。

お礼日時:2011/09/13 11:10

中国鉄道部『中国鉄路客戸服務中心』

http://www.12306.cn/mormhweb/kyfw/ypcx/の空席検索によると、従来のY番号から、S番号に変わっており、軟臥・硬臥・軟座(11元)・硬座(7元)となっており、運賃も下がっており、明らかに従前の中国国産のディーゼル機関車駆動客車(和諧長城号)から、在来線の機関車牽引の客車となったことは明らかです。ただ、所要時間的には約1時間10分前後と変化していません。

但し、時刻表上は、6時12分発の始発から21時30分発の最終まで、日13本運行されていることになっていますが、空席検索では、すべて空席0(无座はなし)となっており、このことは実際には運行されていないことを示しています。

参考URL:http://www.12306.cn/mormhweb/kyfw/ypcx/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細にお調べいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/13 11:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング