原作未読、作品自体を初めて見た者です。
玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、
初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。
『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。
以前新聞で読んだんですけど、
前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、
ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、
中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。
だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、
イマイチのめり込めないまま終わったのは、
主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか?
それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、
はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。
「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

吉村刑事が主役となるのは今回がはじめてです。

和賀が主役なのも中居君がはじめてです。もっとも、原作本の主役が誰かというと、今西刑事か和賀か、はっきりしないところがあると思います。これは、今西刑事対和賀の構図にした場合、1974年の映画を超えることができないという事情があるからでしょう。

感想を言えば、テレビはどちら(中居の和賀、玉木の吉村)も原作から離れてしまったドラマになっていて、それでも、人の宿命という点では中居君の方が描かれていたと思います。今回は、和賀が作曲家になる前の部分と彼の心の動きや闇の部分の描写が少なかったと思います。また、遍路に出る原因が、原作本をそのまま描くことは不可能なので、納得が行かない面があります。
まあ、平成の砂の器はこんなものかなと思います。
中居君のときは、主題歌がドリカムの「やさしいキスをして」で、毎回ジーンと来ました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
本来、和賀が主役だと思ってましたが、中居君のドラマや原作、映画との違いがよくわかりました。
作り手にとって、ずいぶん製作意欲を掻き立てられる作品のようですね。
今回のは全体的に心理描写は少なかったですね。
だからふに落ちない点がいろいろ出てきたのかもしれません。
犯人を知ってしまったらもう楽しめない作品かなと思ったら、
映画の口コミサイトを見ると推理ドラマとしてではなく、
重厚な人間ドラマとして多くの方に絶賛されているようですね。
私も熱い人間ドラマ、見てみたいです。
元々重い話は苦手なので原作はちょっと手に取る気になれないんですが、
映画、中居君のドラマと見比べてみたくなりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/13 23:48

脇役である吉村刑事を主役にもってきたのは許せるとして(彼と和賀を空襲により生き延びた同胞みたいな描き方はちょっと無理矢理感ありですが)、もう少し和賀の描き方をやって欲しかったです。



また「のだめカンタービレ」で名指揮者役を演じた玉木さんとどうしても比べてしまい少し残念感もありました。

原作の出来が見事なのと、映画の出来が良いため、それを超えるのは至難の技というのはわかっているのですが。


ところで中居くんのドラマ、そんなに好評だったのでしょうか?
彼のファンだけなのでは?
確か残念な感じでみていましたから。
(脇の方が良かったですが)



映画を見られることをお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
和賀の描写は少なかったですね~。
そこがただの推理ドラマになってしまった所以ですかね。
映画の出来がいいと聞いて、今口コミ評価サイトを見てみたら
すごく評価が高くてびっくりしました。
しかも脚本が山田洋次さんと橋本忍さんなんですね。
見てみたくなりました。

中居君のドラマはほんとに評判だったらしくて、
その記事で紹介されていた女性たちは(主に女性ファンが多かったそうです)
特にスマップのファンでも中居君のファンでもなかったと書いてありました。
なんか女心をくすぐるものが中居君の和賀にはあったらしいです。
再放送したら是非これもみてみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/13 21:59

pupPeteer119さんの回答の通りだと思います。


今度の作品では松本清張さんが泣いています。
原作で伝えたかったことが消えてしまっています。
残念です!!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
やはりハンセン病の差別を扱っているところが、この作品の重厚感に繋がってると捉えられるのですね。
そういえば、あまりドラマで差別を扱っているものは見ませんね。
原作を読んだ人にしかわからない素晴らしさが原作にはあるようですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/13 21:52

本を40年以上前に読みました。


加藤剛が犯人になった分もずいぶん前に見ました。中居さんの分は知りませんでした。
私の個人的な感想では「十分楽しかった」となります。感動しました。
現在の民主警察と違って当時の警察はずいぶん怖かったんだな~と思いました。
多少、おかしなところはありましたが、所詮ドラマなんですから楽しめりゃいいんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
原作を読んだ方でも楽しめたんですね。
原作は40年以上も前なんですか。
参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/13 21:48

原作では時代背景をベースとした暗さ、ハンセン氏病という病気に対して実際に行なわれてきた差別が重く渦巻いていて、犯人はもうどうしようもなく『そうするしかなかった』、という悲劇性を読者に強く訴え掛けてきます。



今回のドラマでは差別的なものに蓋をして、父親が無実の殺人容疑を掛けられた事でお遍路をして逃げ回っていたなどという安易な逃げでお茶を濁してしまったことで、犯人が犯行に及んでしまった心理的背景を物凄く薄っぺらなものにしてしまい、これが原因でストーリーの重厚さが失われてしまいました。

この脚本ではどんな役者を揃えても、役者さん達がどんなに頑張っても良い作品にはなりません。
それでも良い役者さん達が揃っていたので、彼らの頑張りにより大失敗というまでには至らなかったんじゃないかと思います。
結局、あの脚本とそれを採用したプロデューサーがどうしようもなく使えない人だった、ということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
原作はもっと重い作品なんですね。
犯行の動機は確かに薄く見えましたね。
差別的な背景に蓋をしたせいで、
よくある普通の刑事モノになっちゃったんですね。
曲調の変化に和賀犯人説を直感したり、なんか閃きの一つ一つが随分安直にも見えましたが、脚本の描写が甘かったんですかね。
でも、役者さんたちは好きな人達でした。
「砂の器」に詳しい人からの感想、大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/13 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本清張の「砂の器」って何を表していますか?

松本清張の「砂の器」という小説があります。
未読で、ドラマと映画しか観たことありません。
この題名の「砂の器」は何を表しているのでしょうか?
まぼろしの器、もろい器とかいう意味だとおもうのですが、
「器」が何なのかわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画版の冒頭にありますね。
「つくっては壊れを繰り返す砂の器のように人の幸せは儚いもの」
砂で作った器には、何を入れようとしても絶対に満ちることはない。いずれ壊れ崩れていくのが砂の『宿命』だから。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E3%81%AE%E5%99%A8

Q砂の器 和賀とれいこの関係は?

なんとなく毎回見ていたのですが
見逃したのが彼らの関係がよくわかりません。

先週れいこが一度お店に来ただけよと
言ってましたがそれだけですか?
一度来た後つきあっていたというだけの関係なのでしょうか。

教えて下さい!

ただならぬ関係のように思えたのですが・・
例えば昔の恋人とか・・・。。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元恋人ですよ~

テレビでは、最初に玲子が登場したとき、「和賀の元恋人」という表示がでました。それ以外にセリフ等では解説されていません。

どうやら、昔から、書き損じた五線譜などは、れいこに処分をお願いしていたようで、初めての登場も、その五線譜(といっても、切り刻んだセーター入りの白紙五線譜)を袋にいれて渡しているところでした。
そんな関係ですね~。すごく深くは解説されていません
ま、でも、れいこは、和賀をかなり愛していたって感じが出てましたね。もう、亡くなってしまいましたが・・・

Q映画「砂の器」のタイトル

野村芳太郎監督の「砂の器」がとても好きで、映画館やビデオで何度も見ました。特にセリフのない親子の巡礼シーンには毎回泣かされてしまいます。

ところでこの作品、僕には今ひとつタイトルの「砂の器」がピンときません。松本清張の原作を読んでいないせいかもしれませんが、この映画が好きな方、ご意見聞かせていただければ幸いです。

Aベストアンサー

私も大好きな映画です。

「砂上の楼閣」という言葉がありますね。基礎がない、もろく崩れてしまう。という意味ですが。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%BA%BD%BE%E5%A4%CE%CF%B0%B3%D5&kind=jn&mode=0&jn.x=40&jn.y=16

それと犯人の犯行動機とを引っ掛けて「砂の器」になったのでは、犯人は戸籍詐称を行っています。ですから本人そのもの(器)はどこにもないわけですよね。

勝手な思い込みかもしれませんが、そう思っています。

Q「砂の器」三木謙一より和賀がかわいそう。

いよいよ最終章となりました。

和賀が殺人を犯したことはとても悪い事ですが、
親の犯した過去を背負い、思いがけず水害で他の子供と間違えられ、新しい人生を送っていた彼をなぜ三木謙一は放っておいてあげなかったのでしょう?
三木謙一は自分が出てくることで和賀がどんなに困るか一番よく知っていたのでしょうに、善人のふりをして一番残酷な事をする人とは思いませんか?

一生懸命砂の器を作っている子供に、「ここは遊び場じゃない」と水をかけるような・・・

Aベストアンサー

このドラマではよく描かれてませんが
三木謙吉はすごーーーくマジメで実直で
正義感が人一倍強い人物なのです。
たとえ人殺しの父親であろうと、
見捨てることは三木の中では
殺人以上に犯してはならない重罪なのではないでしょうか…
もう少し、融通がきいて機転が働く人間だったら
殺されずに済んだと思いますが…。

>三木謙一は自分が出てくることで和賀がどんなに困るか一番よく知っていたのでしょうに、善人のふりをして一番残酷な事をする人とは思いませんか?

三木には分からない、理解できないことなのだろうと思います。
自分のしていること、和賀に会って話をするのは
当然のことだし、
父親がどうしているか知らないのなら教えてあげなきゃという思いにかられてのことだと思います。


ただ、映画版では病気の父親だから納得ですが、
今回は殺人犯ですからね…
ちょっと無理があるかも。

Q『砂の器』どうでした?

原作未読、作品自体を初めて見た者です。
玉木宏さん主演の『砂の器』をかなり期待して見たんですけど、
初日途中から飽きてしまって全然楽しめないまま無理やり見ました。
『砂の器』ってなんか名作として有名ですよね。
以前新聞で読んだんですけど、
前回中居君が和賀役をやった『砂の器』はかなり評判が良く、
ドラマが終わった後も和賀の面影を探してドラマのHPを離れられない人や、
中居君をテレビで見ただけで泣けてくるという程の「和賀ファン急増」というのが取り上げられていました。
だから、「砂の器」というのはそんなに素晴らしい作品なのかと期待して今回見たんですけど、
イマイチのめり込めないまま終わったのは、
主役が指揮者和賀から刑事吉村に代わっていたからなのか?
それとも犯人が誰か知ってしまっていたからなのか、
はたまた松本清張作品が私に合わないのか・・・。
「砂の器」をよく知っている他の方からみて、先日のこの作品はどうだったのでしょうか?

Aベストアンサー

吉村刑事が主役となるのは今回がはじめてです。和賀が主役なのも中居君がはじめてです。もっとも、原作本の主役が誰かというと、今西刑事か和賀か、はっきりしないところがあると思います。これは、今西刑事対和賀の構図にした場合、1974年の映画を超えることができないという事情があるからでしょう。

感想を言えば、テレビはどちら(中居の和賀、玉木の吉村)も原作から離れてしまったドラマになっていて、それでも、人の宿命という点では中居君の方が描かれていたと思います。今回は、和賀が作曲家になる前の部分と彼の心の動きや闇の部分の描写が少なかったと思います。また、遍路に出る原因が、原作本をそのまま描くことは不可能なので、納得が行かない面があります。
まあ、平成の砂の器はこんなものかなと思います。
中居君のときは、主題歌がドリカムの「やさしいキスをして」で、毎回ジーンと来ました。

Q中居版「砂の器」(原作ネタバレ )

ようやく最近見ました。
あれはあれで面白いし、和賀の親父さんが諸国を放浪していた理由も、秀夫が過去を捨てようとした理由も「あるかもなぁ」と思います。

しかし何というかハンセン病ほどの必然性が薄いんです。ハンセン病に罹患したことに関しては一切の責任がないのですが、本浦千代吉(でしたっけ?)の場合、同情すべき背景はあるにしろ、非合法な手段をとった責任は本人にあるとも言えます。

確かに現在のドラマでハンセン病と言われても特に若い世代では理解できる人は少ないでしょう。そして、ハンセン病に負けない事情といえば、「人殺しの子。しかも情状酌量すべき殺人。」となるのも理解できます。

が、しかし、自分の知り合いが賞賛するほどには心底面白いとは言えません。

て、こんな意見に反対されますか? 賛成されますか?

Aベストアンサー

過去にも同様の質問が多数有ります。
下記は一例です。
ちなみに私も質問者さん同様の意見です。

http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=817255

参考URL:http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=817255

Q加藤 剛 主演の砂の器の子役名は?

加藤 剛さん主演の砂の器での主役の子供時代を演じた子役の名前をご存じの方教えていただけますでしょうか?  よろしくお願いいたします。  
(砂の器のあとになにか映画に出ていたんですか? )

Aベストアンサー

春田和秀(はるたかずひで)さんです。
他の映画にも出演されています。

http://movie.walkerplus.com/person/93004/

Q砂の器(主演/中居正広)について教えて下さい。

こんにちは、お世話になります。

TBSのドラマ「砂の器」がたいへん好評のようですね?

僕はまだ観た事がないのですが、次回(2/1)から観てみたいな、と思っています。

そこで、前回までのあらすじやご感想などをお聞かせいただけるとありがたいのですが…。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

和賀(中居クン)は、新進気鋭のピアニスト。
元大物(?)政治家の娘(京野ことみ)との婚約も決まっている。
でも隠したい過去があり、唯一それを知っている昔の知り合いの男、三木(赤井英和・和賀と和賀の父親を助けたことがあるらしい)が突然現われ、改名していることを責められ、殺してしまう。
その帰りに、舞台女優の成瀬あさみ(松雪泰子)とぶつかる。
事件は『蒲田殺人事件』と、大きく報道される。
顔面も、全ての指紋も潰されていて被害者の身元の特定がなかなかできない。
現在の手がかりは、犯人らしい若い男が白いタートルネックのセーターを着ていたこと、被害者らしい年配の男は東北なまりだったことだけ。
後日海の見渡せる公園で成瀬あさみと出会うが、彼女は、あの残虐な殺人事件のあった日にぶつかった人物であることに気付かない。
和賀は、あさみがいつかあの日にぶつかったことを思い出すのではないかと不安にさいなまれる。

事件を追うのは、警視庁捜査一課警部補の今西(渡辺謙)。
事件の前に和賀と三木が話をしたスナックで『亀田』の話をしていたと聞き、三木が東北弁だったことから秋田の亀田へ向かうが、手がかりはつかめなかった。

また、和賀の友人・評論家の関川雄介(武田真治♪)の付き合っている水商売の女は、昔和賀が付き合っていたらしい。
血の付いたセーターを洗った物の処分に困り、昔の女である彼女に、いつも頼んでいるように、今回も出来損ないの楽譜を焼却処分して欲しいと頼む。
その袋が、関川が訪れた時に破れ、洗ってはいるもののうっすらと血の色が取れきれていない、切り刻まれたセーターが部屋に散らばる。。。
関川は、ワイドショーの常連コメンテイターもしていて、蒲田殺人事件についても犯人像などを連日語っているのだ。

あさみの過去も恵まれない物だったらしく、25年会っていない母親が亡くなったと知らせを聞き田舎を訪れるが、拒まれ、海に身を投じようとしたところへ和賀が現われ・・・

あ、また、第2話のラストで三木の息子という人物が父親であると遺体を確認し、被害者の身元が判明したようです。

では!
公式サイトも、かなり詳しく書いてありますよ☆

参考URL:http://www.tbs.co.jp/utsuwa/main.html

和賀(中居クン)は、新進気鋭のピアニスト。
元大物(?)政治家の娘(京野ことみ)との婚約も決まっている。
でも隠したい過去があり、唯一それを知っている昔の知り合いの男、三木(赤井英和・和賀と和賀の父親を助けたことがあるらしい)が突然現われ、改名していることを責められ、殺してしまう。
その帰りに、舞台女優の成瀬あさみ(松雪泰子)とぶつかる。
事件は『蒲田殺人事件』と、大きく報道される。
顔面も、全ての指紋も潰されていて被害者の身元の特定がなかなかできない。
現在の手がかりは...続きを読む

Q『砂の器』のような重たい感動的な映画

『砂の器』のような、けっこう重たい感動的な映画を教えてください。
邦画希望ですが、洋画も歓迎です。

※ネタバレなしでお願いします。

Aベストアンサー

邦画

「生きる」「天国と地獄」黒澤明

「白い巨搭」「氷点」山本薩夫

洋画

「シンドラーのリスト」スティーブン・スピルバーグ

「ライフ・イズ・ビューティフル」ロベルト・ベニーニ

「ソフィーの選択」アラン・J・パクラ

Q砂の器の仲居君

ドラマの中では字もピアノも上手ですが、実際はどうなのでしょうか?
ギャップがありすぎて素敵です。

Aベストアンサー

中居くんの書き文字といえば、
常盤貴子さん共演の「最後の恋」(だっけ?)で
医学生の役をやってた中居くん。
最初に常盤さんに書いたメモか何かは
すんごい達筆だったのに、
その後、つきあう事になって常盤さんに渡した
携帯番号と名前を書いたメモは
めちゃくちゃ幼い文字でした。
(どうも、中居くんが本当に書いたメモ)
そのメモを貰った常盤さんの台詞「この字、すごく可愛くない?!」って…
(^^;)


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報