この問題を教えてください。よろしくお願いします。

問題 私はメアリーが先生になることを望んでいる。

答え I hope (that) Mary will become a
   teacher.

疑問点 
 Maryのあとのwillですが、どうしてwillがくるのですか?
 望んでいるという未来的な言葉があるのでwill(未来形)で表すのでしょうか?

ちょうど、中学2年生の文型の所を勉強しています。わからなくて困っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

hopeの後にwillが使われているのは,それが未来の内容だからですね。

例えば,「私はメアリーが先生になると思います」でも,
 I think (that) Mary will become a teacher.
とwillを使いますが,これも未来の内容だからです。逆に,過去の内容であれば過去形になります。夜遅く電話をかけた相手に,「起こしてしまったのでなければいいのですが」というときは,
 I hope I didn't wake you.
となります。

ただし,hopeの後では,未来の意味でも現在形をそのまま使うこともよくあります。「どうかパーティーを楽しんでくださいね」みたいな意味で,
 I hope you will enjoy the party.
 I hope you enjoy the party.
のどちらも言えます。ご質問の文でも I hope Mary becomes a teacher. と言えると思います(たぶん)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とてもわかりやすく教えていただき、ありがとうございました。過去の場合、未来だけど現在形になる場合などもあることがわかり、気が引きしまる思いです。頑張って勉強します。どうも本当にありがとうございました。助かりましたm(_ _)m

お礼日時:2001/05/01 20:16

メアリーさんがもうすぐ教育学部を卒業する人だったら、


I hope that Mary becomes a teacher.
でもいいでしょうね。けど、その場合でも will があっても不自然じゃ
ないと思いますし、逆に become は未来に実現することが明確な簡単な
言葉なので、わざわざ will を言わない人も多いと思います。
「先生になることを望んでいる」のではなく、
「今、先生であればいいのに」であれば、
I hope that Mary is a teacher.
という文も有りえます。そうでないことが分かってる場合には、
I wish that Mary was a teacher.
となります。口語的な表現でも受け付けてもらえるなら、
Hopefully, Mary will be a teacher.
なんていう言い方も普通だと思います。他にも
Hope Mary's gonna teach. とか、Should be nice if Mary would teach.
なんてのもありかと思います。他には、I want Mary to be a teacher.
なども正解でいいと思うのですが、「望む=hope, 欲しい=want,
(できれば)してもらいたい=would like to」しかダメ、というのが
学校英語といったところでしょうか。

問題を見て先生が文句無く配点をくれる表現は、やっぱり最も直訳が
1対1的に正確な、"I hope that Mary will be(/become) a teacher."
だと思います。誰が望み、望む=hope で、Mary に対する述語が未来のこと
であるということが、中2英語までの範囲で最も当たり前に表現されている
からです。

特にネイティブに聞いた訳ではないことをご承知の上で、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かい説明をありがとうございました。色々な言い方があることがわかりました。まだ、中2英語しかわからないので、ちょっと難しい説明もありましたが、今後、役に立つと思っています。本当にどうもありがとうございました。

お礼日時:2001/05/01 20:21

自分の回答に対する補足です。



>実際今は教師ではないのですが、将来教師になればいいなと
>仮定のお話をしていますので、willを使っているのです。

と書きましたが、一部表現を修正して

 実際今は教師ではないのですが、将来教師になればいいなと
 望ましい未来を想定していますので、willを使っているのです。

とします。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前の答えでも、すごくわかりやすかったのですが、わざわざ教えていただいてありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/05/01 20:18

東京外国語大学の学生をしております。


Aliasさんの回答で正解です。最後に(たぶん)と書いてありますが、それがたぶんではないというお墨付きをつけるためだけに書き込みました。ただしそれが(米)という条件が実はつけられているということを加えて。

hopeというのは、普通未来を望むのです。ですから本来は未来形を使いますね。
また、過去がこうであったら、という願望の時は、hopeよりもwishを使った仮定法(中2ではまだ早すぎますが)を使うことが多いのはマメ知識程度に持っておくと得かもしれません。
    • good
    • 0

そうですね。


実際今は教師ではないのですが、将来教師になればいいなと
仮定のお話をしていますので、willを使っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

単刀直入で、すごくわかりやすかったです。どうもありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2001/05/01 20:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未来形(will) と未来完了形(will have p.p.)の違い

こんにちは。是非、ご意見ください。
例えば、下記のような2つの文章があるとします。

1) The infection rate will rise by 100 percent within three years.
2) The infection rate will have risen by 100 percent within three years.

この表現の違いで、
1)感染率は3年以内に2倍になるでしょう。 ==>単純な予測
2)感染率は3年以内に(確実に)2倍になるでしょう。 ==>より確実な予測
という違いを表現することができますか?

未来完了は、「確実に~する」「いくら遅くとも~までには」という意味があるというのを見たので、いろんな方のご意見をお聞きしたいと思ってます。

Aベストアンサー

未来完了は、その文字があらわすとおり、未来時点において何かの完了や達成を期待されている文章や受け答えに現れます。
つまり、文章や会話においては、その未来完了形の文章が書かれる/答える、までの前段階のプロセスが通常はあります。日本語でいうと

「明日彼は到着しているだろうか?」
とか
「先生は来週金曜までに、あの実験結果を見せてくれるだろか?」
のような問いかけ文や、文脈がどこかにあります。またそれが書かれていなくても、文章全体としてなにかが完了していてほしい(期待値がある)ということがわかる場合に使われます。

ですので、1つの文のみで訳をつけるとむずかしいのですが、修正すると

1)感染率は3年以内に2倍になるでしょう。 ==>単純な予測  OK
2)感染率は3年以内に2倍になっているでしょう ⇒それまでに達成/完了をにおわす言い方 

です。
しかし
==>より確実な予測 は、NG △です。

willを用いた文においては、話者が当事者であるI、すなわち研究者や論文、データの発表者なら、その予測の根拠があるでしょうから「確実な」といえなくもないですが、第三者がなにかの記事を見て言っただけなら、何を根拠に「確実」といえるのかがわからなくなります。(未来完了はHe/She/Youでも主語になれる)

未来完了形で再三者も言える場合を考えると、

3年以内に2倍になっているでしょう(それまでに達成/完了しているでしょう)

とは言えるのです。
確実性の違いの問題よりも、文脈が期待していることに対しての、「完了度合い」の表現の違いと言ったほうが近いと思います。
単純未来は、ご想像のとおり責任がない言い方でもあります。

未来完了は、その文字があらわすとおり、未来時点において何かの完了や達成を期待されている文章や受け答えに現れます。
つまり、文章や会話においては、その未来完了形の文章が書かれる/答える、までの前段階のプロセスが通常はあります。日本語でいうと

「明日彼は到着しているだろうか?」
とか
「先生は来週金曜までに、あの実験結果を見せてくれるだろか?」
のような問いかけ文や、文脈がどこかにあります。またそれが書かれていなくても、文章全体としてなにかが完了していてほしい(期待値がある)...続きを読む

Qhope の望む対象は常に未来?

hope の望む対象は過去のものではありえないのですか?今12月として、11月になにかがあったことを望む(hope)ことはできますか?

Aベストアンサー

まだ結果を知らなければ、できますよ。
I hope he has made it okay last month.
「彼が先月、うまくやってくれてればいいけど」

すでに結果がわかっていて、あえてそうでなかったことを望むのであれば"wish"です。
I wish he has made it okay last month.
「彼が先月、うまくやってくれてたらよかったのに」

Q単純未来と意志未来のwill

I wonder how long she will stay there.・・・(1)
Do you know when Masao will come.・・・(2)

(1)と(2)のwillは単純未来で訳せばいいのでしょうか。それとも意志未来でしょうか。どっちでとらえてもOKですか?
単純未来なら
(1)=彼女はそこにどのくらいとどまるかしら。
(2)=あなたは正男がいつ来るか知っていますか。
意志未来なら
(1)=彼女はそこにどのくらいとどまるつもりなのかしら。
(2)=あなたは正男がいつ来るつもりなのか知っていますか。
で合ってますでしょうか?

どっちでもいいような気がしますが、どっちなんでしょう?
簡単でもいいのでご回答ください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

イギリス英語とアメリカ英語では、shall/willの使い分けはかなり違ってきます。ここでは標準的なアメリカ英語でお話します。

I wonder how long she will stay there.・・・(1)
Do you know when Masao will come.・・・(2)

この「will」は「単純未来」、「意思未来」のどちらでも解釈可能です。ただ実際の発音を聞けばどちらの意味で用いられているかがすぐに判断できます。

単純未来とは「そのときになれば自然とそうなる」という単純な時間の流れにともなって何かが行われる意味ですが、この場合「will」は弱形発音となりアクセントがありません。だから「she'll」のような短縮形を取ることができます。
意思未来は「will(<古来名詞の「意志」という意味が最初にあった」にはっきりした意味を持たせますので、決して短縮形にならず、willにもストレスを置いて発音します。

文字の上だけからは話者(筆者)がどちらの意味で用いているかは不明ですが、アメリカ英語に置いては普通、単純未来であり、特に意思未来の場合はそれを明確にするため「will」をイタリック体にして「ストレスを置いて発音する(=すなわち意思の用法である)」ことを読者に伝える表記上の工夫をすることが多いです。

------
単純未来なら
(1)=彼女はそこにどのくらいとどまるかしら。
(2)=あなたは正男がいつ来るか知っていますか。
意志未来なら
(1)=彼女はそこにどのくらいとどまるつもりなのかしら。
(2)=あなたは正男がいつ来るつもりなのか知っていますか。
で合ってますでしょうか?
-----
はい、まったくおっしゃる通りです。とてもこなれた自然な日本語となっており素晴らしいと思います。

この意思の用法は、本来意思をもてない「物」を主語にしても用いられ、その場合は「まるで生き物として意思を持っているかのように」という比ゆ表現となります(これを「性質」と呼ぶこともあります)。

The door won't(will not) open.(ドアがどうしても開いてくれない)

アメリカ英語でshallは一部の限られた用法にのみ用います。

He shall come.といえば「話者の意思」の用法であり「彼に来させるぞ」を表します。
I will give it to you.(あなたにそれをあげる)という英文を「横柄な口調」で言う場合、「I(私)」をあえて言葉に出さず(それが横柄な響きを生む)、
You shall be given it.(それはお前にくれてやる)
といったりもしますが、これも「話者の意思」です。

Shall I do it?(それをしましょうか?)
Will I do it?(私がそれをするの?)

このような区別もあったりします。
時にイギリス英語とアメリカ英語でwill/shallの意味合いが逆転するケースもありますが、過去30年以上にわたり、will/shallの使い分けで迷ったり、失敗したことは一度もありません。上記の基本さえしっかり抑えておけば大丈夫かと思います。

イギリス英語とアメリカ英語では、shall/willの使い分けはかなり違ってきます。ここでは標準的なアメリカ英語でお話します。

I wonder how long she will stay there.・・・(1)
Do you know when Masao will come.・・・(2)

この「will」は「単純未来」、「意思未来」のどちらでも解釈可能です。ただ実際の発音を聞けばどちらの意味で用いられているかがすぐに判断できます。

単純未来とは「そのときになれば自然とそうなる」という単純な時間の流れにともなって何かが行われる意味ですが、この場合「wi...続きを読む

Qwillの意志未来と単純未来について

willの意志未来と単純未来について
I hear he will study abroad next month.は間違いでしょうか。
カッコ内を選択する問題で I hear he ( ) sutdy abroad nextmonth.
選択肢は(1)will (2)is going toで解答は(2)でした。
解説には同じ意志未来でもでis going toは「あらかじめ考えていた意図・計画・予定」を表し、wilは「現時点での決定」を表すので、willは文脈に合わないとありました。
willでは間違いなのでしょうか?
単純未来と考え「彼が来月留学するということを聞いた」という訳ならwillも正しいような気がします。
ちなみに、問題には和訳はありませんでした。

Aベストアンサー

質問者のご意見のとおりだ、will でも間違いではない思います。
意味的には、「来月留学するつもりらしい」となるでしょう。
この用法、普通に使われています。

また、他の質問者さんからありました hear の時制ですが、
過去に聞いたことでも、その内容が現在も有効な場合、
hear は現在時制または現在完了を使うことになっていますので、
このままの方がいいです。

QIt was hoped that all will go well.

It was hoped that all will go well.
It was last year that I visited my native town.

強調構文を表すのはどちらになるのでしょうか
また、なぜそう判断できるのか教えていただけないでしょうか。

強調構文では、動詞が強調されることはあるんですか?
解説お願いします

Aベストアンサー

強調構文は下です。
it is ... that
の ... が強調される部分ですが,動詞がくることはありません。

上は was hoped で受動態で,that 以下が期待された
という一種の形式主語構文になっています。

it is that を取り除いてみて(語順を変えるだけで)正しい英文になれば強調構文だとは言われています。
Last year I visited my native town.
I visited my native town last year.
で成り立っている。

hoped all will go well
文として成り立たない。

動詞を強める場合は
do/does/did +原形 として,do/does/did の部分を強く読む。
be 動詞であれば見た目ではわからず,強く読むしかない。
と説明されます。
(別の表現をするなど,杓子定規には考えない方がいいです)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報