以前、友達との会話でふと気づいたのですが海は何故、青くなって見えるのでしょうか?やっぱり空の色が水面に反映されているだけなのでしょうか?それだと天候にも左右されると思うし…当然、海水に色が着いている訳でもないし…下らない質問なのですが、もし良かったらどなたか教えて下さい。

A 回答 (2件)

 現在では海が青いのは、海の表面による空の光の反射と、水の分子により赤が吸収されて青が残った透過光が水の中の物質に散乱され、あるいは散乱の過程でより緑色に偏移して目に届く光とが混ざっている、という結論のようです。


 下のURLに詳しく説明されています。

参考URL:http://tkynx0.phys.s.u-tokyo.ac.jp/torii/physics …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。やっぱり空の色が反映されてるだけ…見たいな単純な理由ではなかったんですね。

お礼日時:2001/05/01 10:20

太陽から降り注ぐ可視光線のうち、海中の無数の水分子が波長の短い青い光を散乱させるからだそうです。

波長の長い赤は散乱されないのだそうです。空が青いのも大気中の微粒子が波長の短い青い光を散乱させている為、とのことです。雲が白いのは水蒸気くらいの粒子の大きさになると他の波長の光も散乱させる為に各色が配合して白い光になり、結果雲は白く見えるのだそうです。
雑学の本にのってましたので御紹介してみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど分かりました。まさか空も同じ理由で青く見えるとは…勉強になりました。本当にありがとうございます。

お礼日時:2001/05/01 10:20

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ