アクセサリーを買いたいですが、酸化・変色しにくい順番を教えてくださいませんか?


プラチナ・K18・K10・WG(ホワイトゴールド)・シルバー・イエローゴールド・ピンクゴールド

プラチナ→  →  →   

このような感じで教えてくださると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

こんばんは。

残念ながら間違った解答をされた方がいらっしゃいましたら、正しいことを書いておきましょう。
金属の錆びやすさはイオン化傾向、つまり電離度の大小で決まります。

K>ca>Na>Mg>Al>Mn>Zn>Cr>Fe>Co>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au

上式で左へいくほど錆びやすい金属です。Alはアルミ、Feは鉄、Cuは銅、Agは銀、Ptはプラチナ、そしてAuが金です。プラチナは残念ながら金より錆びやすくて貴金属性が劣るんですよね。
ですから一番良いのは18金以上の金、できれば22金が最も安定した物といえます。プラチナのアクセサリは純プラチナじゃありません。大抵は75%か80%がプラチナであとは他の金属を混ぜています。ですから、錆びやすいのです。18金も75%が金ですが、プラチナより錆にくいのです。

よって
K22→K18→プラチナ(800)→プラチナ(750)→K14→スターリングシルバー(925)→K10
となります。この式では右の方が錆びやすいのです。
K10は10金で金は半分も入っていませんから、銀より錆びます。
ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドには、それぞれK22、K18、K14があります。
    • good
    • 28
この回答へのお礼

大変参考になりました。

ありがとうございました。

詳しいんですね!

お礼日時:2011/09/15 09:28

残念ながら、間違えてしまったようですね。

すみませんでした。

私自身は店員さんの「18金よりプラチナが痛まないです。」という言葉を参考にしたので、間違いないかと思いました。失礼致しました。(どこへ行ってもそう言われましたので)

丁寧な回答があって、よかったですね。

金属などは、どしても酸化、変色してしまうので、少しは覚悟して、丁寧に汗などをとってあげればいいのかと思います。

いい回答があったこと、よかったと思っています。好みのアクセサリーが見つかるといいですね。
店員さんとも、いろいろ話してみるといいですよ。専門ですから。
お店で気に入ると案外どの金属かよりも、気に入ったものが欲しくなるかもしれないですね。(人間の心理ですね)
実際今は金が高騰してますので、22金だと今はかなり高くなってますので、予算なども考慮されるといいかと思います。
    • good
    • 12

こんにちは。

すでに詳しく、素晴らしいご回答がでていますね。
きちんと学術的に説明をされると、納得ですね。(No,2の方の回答です)
なんとなく、感覚で回答されている方と比べると一目瞭然です。

私も、プラチナは嫌いな金属なんです。私のアクセサリはK22です。
K22のお色はとてもきれいですよ。それにお手入れも本当に楽です。
いつまでも、変色や酸化など肉眼では全く分かりませんよ。
いつも身につけているので、汗などで何かしら反応がでて変色しててもおかしくないはずですのにね。
他の貴金属でしたら、確実に変色しているでしょう。
ですので、プラチナが安全・酸化・変色しない説はあまりね。
やはり、ゴールドですよ。
ホワイトゴールド、イエローゴールド、ピンクゴールドなど、含有している物質が異なりますからね。
といっても、温泉などに浸けてもゴールドは全く変色しませんよ。
私のK14のイエローゴールドでさえ、変色はありません。(源泉のすぐ近くのお湯に浸けてもです。)

プラチナはね、婚約指輪となると仕方ないですから、身につけていますが、本来はアクセサリに向いていない金属だと思いますよ。
いくらPt950でもね。色に温かみがなく、きれいではありません。

購入されるのであれば、今ゴールドは高騰していますが、できるのであればK22のアクセサリをオススメしますよ。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

ありがとうございます。
K22とはあまりネットでも見かけないんですが、安心して使えそうですね。
プラチナが1番だということが間違いだったかもしれません。

わたしもどちらかといえばゴールド派なんです。
K22を探してみます。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/15 17:45

酸化・変色についてはご回答が揃ってますから遠慮します。



プラチナとダイヤの組合せがダントツなのはその硬さゆえだと思っています。
多少荒っぽいことをしても傷が付きにくいのでカジュアルでも惜しげなく使えます。
ただしどちらも粘りがないので衝撃にはモロい面があります。

ゴールドだと18Kが一般的ですが、普段使いなら10Kくらいの硬さがいいと思いますし
フォーマルに使うなら18K~22Kまで、
24Kは爪で傷が付くくらいなので留め金などを同一素材では作れませんし
保護コーティング処理しないとアクセには不向きです。

アクセとしてお求めになるなら用途や好みを伝えて、お手入れのしやすさなども含めて
店頭で相談しながら選ばれるといいと思います。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/15 09:27

補足しておきます。

プラチナ950がK24純金より酸化しにくいなどということは絶対にありません。そもそもなぜプラチナがもてはやされるか私には理解できませんが、恐らくアクセサリでプラチナをありがたがるのは、日本人がほとんどではないでしょうか。
色も黒ずんで銀のような温かみが無く、硬くてもろく、およそ貴金属としての特性を備えていない金属です。
純金(K24)は柔らかいのでアクセサリには不向きですが、普通の環境下では一切変色も酸化もしません。確かにプラチナも一見酸化しにくく見えますが、仮に純プラチナと純金コンビネーションのペンダントトップがあったとしますね。それを肌につけていると汗や様々な要因で電離が起こります。その場合金とプラチナが接していればプラチナが先に錆びます。このような事は化学の知識があれば分かることです。
もちろん合金の種類にもよります。金は通常銀や銅と合金しますが、プラチナの場合はクロムとかニッケルとか他の金属と合金しますから、錆びても多少色が黒ずむ程度で、よほど比べないとわからないかもしれません。金も14金程度だと58%くらいしか金が入っていませんから、銅の酸化で赤みが増す場合があります。18金なら75%が金ですから、変色の程度はうんと少なく、22金のように92%程度なら、ほとんど変色はありません。

ご質問が酸化しやすい順番というタイトルでしたから、その答えは金が一番酸化しにくいということに間違いはありません。ただ、変色という観点から見れば、プラチナ合金は錆びても多少黒ずむ程度で、見た目にはそれほど変化がないということはいえますが、これは見た目上の話で、酸化しないのではありません。

化学的に安定というのと、見た目に変化が少ないというのは必ず一致しません。私は学術的見地から申しあげておりますが、全ての金属の中で化学的に最も安定した金属はプラチナではなく、金だということをご承知置きください。ですから、いろいろな価値観はあるでしょうが、プラチナが金に比べて貴金属性が劣るということは紛れも無い事実です。
    • good
    • 9

こんばんは



プラチナ・K18・K10・WG(ホワイトゴールド)・シルバー・イエローゴールド・ピンクゴールド
こちらの中ですと割った素材の良し悪しにもよりますので
すごく難しいです

ピンクゴールドでもものによっては変色が早いこともあり
つける方の汗のかき方でも変わってくることもありますので
簡単にこれです、とは言えないのですが

プラチナ950→プラチナ900→プラチナ850・K24→K18・K18WG→K18ピンクゴ-ルド→K10・K10WG→K10ピンクゴールド→シルバー925


ただこの中には柔らかいものもありますので
変形しやすいものもあります
そのバランスを見極めて素材を選ぶことと
正しいお手入れで変色や変質を遅らせたり防いだりするものもありますので
変質、変色しやすいからアクセサリー、ジュエリーには向かない、と片付けられるものではないので
ご参考までに
    • good
    • 4
この回答へのお礼

大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/15 09:28

アクセサリーを買われるなら、プラチナが1番ですね。



金は数字が上がった方が値が上がりますので、その分いいものになります。イエローゴールドは金のもともとの色ですので、金の中では変色しにくいはずです。

24金などはショップで見てないですが・・・

プラチナ⇒18金⇒14金⇒10金・・・といった感じに金は、数字が下がるほど、安いです。

一応プラチナにも数字が書いてあります。簡単に言えば値段が高いものはいいものです。

金は・・・イエローゴールド⇒ホワイトゴールド⇒ピンクゴールド⇒シルバー(シルバーは一番安いです)

友達がピンクゴールドが好きで買いましたが、色落ちするのが早かったですね。ただし、日本人の肌の色にはとてもなじむものです。

専門ではありませんので、100%確実とは言えませんが、店員さんから教えてもらいました。

ただし、18金ホワイトゴールドと、10金イエローゴールド・・を比べた場合は、聞いたことはありません。

10金イエローゴールドと14金ピンクゴールドの場合も比べたことはありません。

買うのであれば、お店に行き、気に入ったものを買うのがいいかと思います。

ただし、今は金の価格が上がってますので・・・高いかもしれないです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

大変参考になりました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/15 09:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング