人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

ご質問させて下さい。
傾いている部屋に住まわれたことのある方、また、現在そういう部屋にお住まいの方にお聞きしたいのですが、部屋が傾いていても特段そこに住む事はそんなに問題なことではないのでしょうか?

蕨の方に築25年ですがロフト付、家賃も手ごろな1Rの部屋を見つけました。建物の外観も綺麗で、角部屋のこともありすぐに部屋を見させて頂きました。
建物・部屋内部とも事前にネットで膨らませたイメージとなんら変わりなく、即決しようかと思ったのですが、なんとなく気になり、持ってきていたビー玉を床に置くとコロコロ転がって行くではありませんか。
「この建物は傾いているのでしょうか?」と仲介業者さんに問うと「この年式では多かれ少なかれ傾いていますよ」との答え。
私はさらに引き下がって「他の部屋にお住まいの方は傾きは気にならないのですか?」と問えば「特に苦情をいただいたことは無いですよ」とのこと。
この業者さんの仰る事が本当かどうかは分かりませんが、そのアパートは6室部屋があり4室は埋まっております。確かに傾きが気になっていない人が住んでおられるようです。

私は特に敏感なほうではないだろうと思っております。さりとて鈍感というわけでもないように思っております。そして部屋が傾いていようがそんなことどうってことないんじゃないか?と思ってきたのも事実です。

しかしながら、先の大震災で傾いた多くの建物の報道にあわせ、その傾きと健康被害の因果関係が学識者の意見とともに広く世に知られるところとなりました。
それまでそんなことに気にも留めていなかった私も、ここ最近、傾きと健康被害の報道が頭から離れず、もしそういう建物に住んだら大変なことになるんじゃなかろうかとの老婆心が芽生え、私はその部屋のことを一度持ち帰ることにし契約はいたしませんでした。

そこでご質問なのです。
ビー玉が転がっていくぐらい傾いた部屋に住んでも、大丈夫なもんでしょうか?
学識者の方々が発表されている傾きと健康の関係について、そんなの大げさなんじゃないのかな?という思いが私には拭えません。
経験者の皆様、お言葉をお聞かせ下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

良くあるビー玉ころがしは本当に信じてるんでしょうか。


やってもいいけど全く転がらない家の割合がどれだけあるか。
いうとおり、古ければ木の反りや床の反りはありますし、床が完全に水平な家などそうそうありません。
転がすときに問題なのは「加速するスピード」であり「転がる」ことではないといえます。

本当に傾斜が大きいなら入っただけで妙な気がするものです。
そういう場合はやめたほうがいいと思います。
傾斜を確認するなら下げふりなどで確認したほうがいいですよ。
床の傾斜も6/1000もいかないようならの無駄な心配といえます。
傾斜角度が不明瞭な状態で研究結果を大げさであると考えるのは考え物です。
本当に大きな傾斜があってももちろん三半規管の強い人などはある程度平気なようです。
年数がたっているときは地震や地下水の大きな変動による地盤沈下などは傾くことがありますが、建物重さによる圧密沈下にによるものだと傾斜はあってもそれ以上ほぼ進行しないとは判断できます・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御意見ありがとうございます。
補足ですが、その場で仲介業者さんが事務所にとって返し水平器なるものをもってきてくれ、
壁にあてたところやはり傾いているのがわかりました。

お礼日時:2011/09/15 11:42

若い時に7年間丁稚に行っていたときに住み込みだったのですが、そこは傾いた部屋でした。


寝泊りだけだったので健康被害はありませんでしたが部屋に入るたびに違和感を感じました。
(7年経っても違和感は変わらなかった)

質問者さんが借りようと思っている部屋に入った瞬間に傾きが気になるようなら
辞めておいた方が良いと思いますが・・・。

あれ?でも良く考えたら仕事を辞めた理由はバイクで骨折したあと(骨折は部屋とは無関係)で
仕事に復帰したんだけど不整脈が酷くなって体が鉛のように重くなって働けなくなったからつーのは
実は部屋の傾きと関係あるのかな???(仕事を辞めて実家に帰ったら不整脈は治りました)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご意見くださりありがとうございます。
そーですか、やっぱり傾きはだめですか。
たしかに健康に関わると思ったらだめですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/15 11:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q傾いている戸建て賃貸物件で悩んでいます

引越しを考え始めて物件巡りをしているうちに
築30年以上の古い一戸建ですが
ようやく場所・間取・賃料で納得できる物件が見つかりました。

ほぼ契約する気持ちになったので、もう一度内覧をさせてもらいました。
そのとき念のため部屋に傾きがないか確認する目的で
床にビー玉を置いてみたのですが・・・
部屋の端に向かって転がってゆきました。
床をよく見ると、部屋の真ん中が盛り上がるようにたわんでおり、
別の位置で確認すると今度は別の方向の端に転がっていきました。
(ビー玉の動きは初めはゆっくり、端に近づくにつれて少し勢いづく様子。
ときどきテレビでみる欠陥住宅でサーっと転がっていくような感じではありません)

心配になって他の部屋でも試してみたところ、
5DKの間取りで1部屋を除くすべての部屋で傾きが確認されました。
これには同行した連れ合いも唖然。
案内してくれた営業の人に聞くと、今年春からリノベーションにとりかかり、
そのとき引戸が開けられない箇所もあるなど傾きがあったので、
5センチほど家を持ちあげる工事をしたと説明されました。
それでもまだこの傾きがあるというのはどういうことでしょう?

連れ合いは普段からよく目まい症状を訴えるのですが、
帰宅してから話していると、
彼女は内覧中に建物の揺れを感じたといい、私はまったく感じなかったことから、
もしかするとこれはあの傾きのせい?と怖くなって来ました。
何軒も物件を廻ってようやく見つけたところなので
問題なければここに決めたいという気持ちもあるのですが
後で後悔するようなことになるのであればやめるのが賢明でしょうか。

皆様のご意見をお聞かせください。

引越しを考え始めて物件巡りをしているうちに
築30年以上の古い一戸建ですが
ようやく場所・間取・賃料で納得できる物件が見つかりました。

ほぼ契約する気持ちになったので、もう一度内覧をさせてもらいました。
そのとき念のため部屋に傾きがないか確認する目的で
床にビー玉を置いてみたのですが・・・
部屋の端に向かって転がってゆきました。
床をよく見ると、部屋の真ん中が盛り上がるようにたわんでおり、
別の位置で確認すると今度は別の方向の端に転がっていきました。
(ビー玉の動きは初めはゆっくり...続きを読む

Aベストアンサー

家の傾きのよる健康被害は、テレビでも取り上げられています。
めまい、耳鳴り…ひどい人ではふらつきがひどく立てなくなることも…。

特に内覧中でそれを感じ取ってしまっているつれあいの方にはつらい環境かと思います。
たとえば、この傾きを修繕してほしいと言っても、ジャッキアップなどによる大掛かりな修繕となり、築年数も考えると現状のままでいいという人がいれば貸してしまえ、なのだろうと思います。
しかも1度その修正をしているにもかかわらず…ということは元はもっとひどくて、ようやく【感じない人なら気付かない程度になった】ということなのではないでしょうか。

1泊だけするということではないのですから、つれあいの方のことを考えるとやめられる方がいいと思います。

Q傾いた家での健康被害の具体例を教えてください

東日本大震災で自宅の地盤がおかしくなり、家が傾きました。
先日調査してもらったところ、傾きは11/1000だそうです。
丸いものは転がります。

家の中でも傾きに程度があり、一番ひどいところで11センチほど沈んでいるそうです。
築25年の軽量鉄骨造です。

もちろん直したいですが経済的に厳しいため、直すことも出来ずにいます。
住宅メーカーに相談しましたが、どうにもできないと言われてしまいました。
当時の建築基準でOKだったし、当時の担当者ももういないから直すための
手助け(値引きなど)はできないと言われました。

震災から数週間は傾きが気になりましたが、数カ月が過ぎ、私も家族もその傾きに慣れてしまい
今では前と変わらず過ごしています。

さて、その住宅メーカーも含め、幾つかの会社に補修を相談してみたのですが、揃って言われることは
「早く直したほうがいい。健康被害がでますよ。」
ということです。
「どんな健康被害ですか?」
と聞くと、
「平衡感覚がおかしくなり、子供の発育に影響が出る。めまいや吐き気を覚える人もいる」
というものです。

ところが、どこの会社もその健康被害の具体例を出せるわけではないのです。
例えば傾いた家に住み続けた人達100人を調査した結果・・・とか、
どこどこ研究所の調査によると・・・とか、
数値やレポートを根拠として健康被害が出ると言っているようには聞こえないんです。

ネットでも検索しましたが、どうもこれといった具体例が見つかりません。
1人や2人の体験談ではなく、どこか信頼できる機関からの発表のような形で
傾いた家の健康被害を知ることが出来るサイトなどありましたら教えて下さい。

東日本大震災で自宅の地盤がおかしくなり、家が傾きました。
先日調査してもらったところ、傾きは11/1000だそうです。
丸いものは転がります。

家の中でも傾きに程度があり、一番ひどいところで11センチほど沈んでいるそうです。
築25年の軽量鉄骨造です。

もちろん直したいですが経済的に厳しいため、直すことも出来ずにいます。
住宅メーカーに相談しましたが、どうにもできないと言われてしまいました。
当時の建築基準でOKだったし、当時の担当者ももういないから直すための
手助け(値引きなど)はでき...続きを読む

Aベストアンサー

http://news-sv.aij.or.jp/shien/s2/ekijouka/health/index.html
こういうものはありました。
一部は国の資料を参考文献としています。
他のページにいろいろ情報も載っています。

現実お客様では傾いているけど数年で傾いたので25年平気よという人も。
私は南に転ぶようなこわいくらいの傾きでした。
建具の建てつけが良く支障がなかったのでそのままだったという事でした。

でも、排水管の逆流や建具が自動ドアになる閉まらなくなるなどあまり良くないこともおきます。
直すためにはたいてい数百万以上するので確かに大きな出費です。
罹災証明だけはもらっておいて5年以内には何らかの対策を考えられる備え(貯金)をすることをお勧めします。基礎さえ割れなければ改善の余地がきっとあると思います。

Q5年くらい傾いた家に住んでも大丈夫でしょうか?

5年くらい傾いた家に住んでも大丈夫でしょうか?
子供が大学にいる間だけ借家を借りようと思ってます。
他はすべて良いのですが家が端(手前)から端(後ろ)までで2,5センチ傾いているそうです。
左右には傾いていないみたいです。
歩いてみると特に傾斜がついているところでくらっとしました。
こういう傾斜って住んでると慣れるもんでしょうか?
間取りも環境も家賃も良いのでできれば住みたいのですが・・・
実際に傾いた家に住んだ方の感想が聞けると大変ありがたいです。
実際に住まわれた方、ご返事ください。

Aベストアンサー

高台の庸壁などで造成された土地や、宅地造成で盛土をして天圧処理が甘い所でそういった家を目にします。

2.5センチに対する距離によって、傾斜の度合いも違うのですが、10mの距離で2.5cm程度であれば、かなり敏感な人でなければ気付かない程度の斜度でも有ります。

より敏感に感じるのは、寝る為に体を横にした時に違和感をより感じる事と思います。
(頭を低い方へ向けると、より感じます。)

また、所によっては室内扉が自動で開いたり閉まったりすることも出てくるでしょう。

期間限定とは言え、敏感に反応する人にとっては、とても苦痛に感じてしまう事も有ります。

どちらの方向に、どれだけ傾斜しているのかを把握する事で、就寝時に工夫をする事で、軽減する事は出来ると思います。

立地と家賃の魅力。対、違和感。となるでしょうから、どれ程の傾斜が有るのかを事前に踏まえ、違和感を軽減する工夫で対応できるかどうかを、今一度現地で確認されるべきかと思います。

人によっては、平衡感覚を侵され、耐え難い環境になってしまう人も居ります。

建築に関る者として、お薦めする事は出来ませんが、感覚は個人差も有るので、現地で寝そべり、許容の範囲かどうかを確認され、決めるべきかと思います。

高台の庸壁などで造成された土地や、宅地造成で盛土をして天圧処理が甘い所でそういった家を目にします。

2.5センチに対する距離によって、傾斜の度合いも違うのですが、10mの距離で2.5cm程度であれば、かなり敏感な人でなければ気付かない程度の斜度でも有ります。

より敏感に感じるのは、寝る為に体を横にした時に違和感をより感じる事と思います。
(頭を低い方へ向けると、より感じます。)

また、所によっては室内扉が自動で開いたり閉まったりすることも出てくるでしょう。

期間限定とは言え...続きを読む

Q契約した賃貸マンションの床が傾いています。

鉄骨鉄筋コンクリートで築33年のマンションを賃貸契約しました。
内覧の時は内覧の間に他の人に契約されないために
あまり長時間見れなかったので気づかなかったのですが
今日観にいったところ、床が結構傾いているように見えます。
そこで質問なのですが仮に傾斜が6/1000を超えていた場合、
修繕、または契約を白紙にすることは可能なのでしょうか??
また不同沈下の場合はどうなのでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

窓が開かないのは、建物が傾斜しています。
間取りが判りませんから、どの方向に傾斜しているか判断できませんが、5箇所に内2箇所の窓が開かないのは傾斜が強いことを表しています。

この状態では、生活に影響がでるばかりではなく「身体」にも悪影響がでてくる可能性が十分にあります。
床の傾斜は、平衡感覚に影響するので「めまい・頭痛」といった自覚症状が多々報告されています。
正直、「契約解除」は不可能ではありませんから、検討するべきでしょう。

Q家がどんどん傾いてます

一戸建ての築40年の平屋(賃貸)に住んでます。
坂道から階段を30段ほどあがったところにある家なんですが、道路側は坂道に沿って高い壁になっていて、うちからは道路を見下ろす感じです。入居したときから、見た目でなんとなく、傾いているなって気がしました。(実際、窓がきちんと閉まらない状況でした)半年住んでいて、最近、窓を開けてもスーッと勝手にしまってしまうくらいです。室内の壁に亀裂のようなものも新たに見つけました。
坂道がある側のみ傾いていると思います。
他の質問の答えなどもいろいろ見ましたが、大きい地震が来たらつぶれてしまうかもしれないとちょっと心配に思っています。今までは、傾いていないほう側を中心に使ってましたが、傾いている方の端っこの部屋も、近々フルに使うことになります。

そこで質問なんですが、
1.大きい地震ってどのくらいのことを言うんでしょうか?確か、ここに住み始めてから震度3くらいはありました。
2.ほかにつぶれちゃう心配がある状況はありますか?
3.家だけつぶれるより、坂道に沿った壁が崩れて、家が崩れちゃうことの方が考えられますか?

その他、対処法など、いい方法があったら教えてください!あんまり早くに引越しする余裕はありません!

一戸建ての築40年の平屋(賃貸)に住んでます。
坂道から階段を30段ほどあがったところにある家なんですが、道路側は坂道に沿って高い壁になっていて、うちからは道路を見下ろす感じです。入居したときから、見た目でなんとなく、傾いているなって気がしました。(実際、窓がきちんと閉まらない状況でした)半年住んでいて、最近、窓を開けてもスーッと勝手にしまってしまうくらいです。室内の壁に亀裂のようなものも新たに見つけました。
坂道がある側のみ傾いていると思います。
他の質問の答えなどもいろい...続きを読む

Aベストアンサー

#2のaltosaxです。
多くの方からとても親切な御回答がたくさん寄せられてよかったですね!


>さて、築40年程度の家ですが、今、なんとなく傾いた
>感じがわかる気がする程度なんですが、半年以上前の
>現状はわかりません。でも、半年で気づくのはすごく
>傾いているって事だからなんでしょうか?

家の傾きがあまりにひどい場合は、床にぺたっと座っただけで、船酔いのような感覚を感じてしまいます。
こうなると健康にも悪影響がありますが、「床が傾いている」ことと「家全体が傾いている」ことはイコールである場合と、そうでない場合(単なるその部屋だけの問題)がありますので、いんちきでないきちんとした建築士の免許を持った先生で、なおかつ家屋調査の経験豊かな方に頼んで見てもらわないと、知ったかぶりのハッタリ診断に振り回されてしまう危険性がありますので御注意ください。
(すごいエライ一級建築士の大御所大先生でも、高層ビル新築専門の先生だったら、木造家屋の古い家の劣化診断はまるっきり何も知らないので、要注意です)

船酔い状態するほど傾いた家だと、もう引っ越してきた当日にすぐ気分が悪くなりますので、半年たってようやく気付いてきた傾き具合なら、少なくとも健康被害には結びつかない程度だと思います。

でも、これが倒壊に結びつくかどうかという問題は、1~5の自信ありの御回答の方も誰もお答えになって下さっていないのですが、倒壊か持ちこたえるかの重大な2大決定要素の「その家の必要壁量」と「偏心率(お家の重心と壁のバランスが食い違って、家がみずからよじれてしまう現象が発生してしまう率」を計算してもらわないと、答えが出せないものなんです。

極端な話でいえば、土地の地盤がわるくても、壁量がものすごく多くてがっちりしていれば、地震で家が傾いても、傾いたまま固い家の上物部分だけは無傷で残るので大丈夫(お豆腐の上に鉄のおうちの模型を置いて、お豆腐が崩れるまで揺すっても、鉄でできたおうちの模型は無傷であるという考えとおなじです)という計算になるのが、いわゆる耐震診断の計算です。

ですので、こちらの掲示板でどんなに「自信あり」のかたに尋ねても、実際に問題のお家を調査して計算をすることはできませんので、「地震がきても大丈夫か危ないか」の結論は、大家さんを通じて、きちんとしたいんちきでない信用のできる耐震診断をしてもらわないと答えがでないことになります。

おおやけに認められているインチキでない本式の耐震診断には、「簡易診断」と「一般診断」と「精密診断」があります。
しかし、精密診断は大学の教授をそのつど呼んでこなければならないことになっていますので、ふつうは実施できません。

「簡易診断」であれば、実は専門家に頼まなくても、ちょっとした理科の知識がある人なら、自分でもできるようになっています。お近くの役所の建築指導課などの窓口にいくと、「我が家の耐震診断」という小冊子が全国で無料で配付されています。
簡易診断を専門家に頼むとだいたい5~8万円ぐらい(お家の大きさや手間によってかなり差が出てしまいますのでこれはあくまで目安にすぎませんが)です。
一般診断を頼むと、これは新築の家を設計するのと同じ計算をしてもらうことになりますので、15~20万円ぐらいかかります(これもお家の大きさや、古い設計図があるかないかでかなり差がでますのであくまで目安とお受け取りくださるのが無難です)。


>擁壁は確認しましたが、コンクリートでした。ふくら
>みは全体的にあるとか無いとかなんでしょうか?近く
>で見た感じでは、亀裂もないし、わかりませんでし
>た。あと、階段の横の上部3分の1位だけは玉石擁壁
>でした。

高さが2メートル以上ある擁壁だったら、役所へ申請しないと作ってはいけないことになっていますので、ほぼ正しい造りになっています。
でも、いんちきで作ってしまっている擁壁もたくさんありますので(役所に提出した設計図どおりに出来ていないとか、わざと最初1m90cmぐらいでおさえて後から継ぎ足したり、などあのてこの手のいんちきがあります)これもきちんとした経験と資格のある人に見てもらうようにして下さい。

玉石擁壁は、昭和25年以後(建築基準法ができた年)以後は新造が認められていない建て前ですが、けっこうあちこちありますね(汗)
2メートル未満なら無許可で作って良いのでそれなら今でも玉石擁壁は出来てしまいます。


ただそれとは別問題としていちばん心配なのは、貸家のばあい大家さんがお客をとりたいばかりに、無申請でいんちき増築しているケースがよくありますので、そう言う場合には不正行為がばれると困る大家さんだと、診断をしてもらうように頼むと露骨にいやがる可能性があることですね。。。
そうでなくても大家さんの多額の修繕負担がかかる話しだといい顔をしないことはあり得ると思いますのでつらいところですね。。。


>それと、一番擁壁に近い部屋が6年前くらいに増築さ
>れたそうです。それは何か関係はありますか?

増築することと、家全体が傾くこととは、直接的には無関係です。
(増築部分がたまたま盛り土でふわふわしているところに建ったら、ふわふわ部分に建てられたところが傾く、ということです)

2000年以降にきちんとした役所へ申請されて増築されたものであれば、古い既存部分のおもやも含めて十分な耐震性を役所から要求されますので、インチキ工事がなければ安心できます。
でも六年前だと母屋までふくめた強度の要求は義務付けられていなかったので、増築部分だけ安心で、古いおもやは危ない、ということはあり得ます。

また、一般的な住宅地ですと10平方メートル未満(だいたい六畳間ぐらいまで)の増築は無申請でもかまわない地域が多いですので、申請なしで増築されているばあいは、何も考慮されないでめちゃくちゃにただ建て増しされていることもあり得ます。


現物のお家を何も見ないで、計算もしないで語ることのできる一般論としては、
40年前のお家でしたら、当時の建築基準法を満点で合格していても、今の建築基準法にはぜんぜん足りていない強度になっている可能性が過半数以上の確率でありえます。
また、玉石擁壁は「震度いくつで」ということは建てられた地域の土質によって千差万別なので答えることが不可能ですが、法律で認められている工法ではありませんので、崩れてしまうことを覚悟しておいたほうが無難です。 それでどの程度の範囲で崩れるかと言うと、これまた地域の土質によってまちまちですが、ごくごくどんぶり勘定に一般論でいいますと、だいたい30度の角度の範囲で崩れます。(これを安息角(あんそくかく)といいます)砂浜で遊んでお山を作って壊すときに、ある一定の角度でこわれますね?
あれと同じです。砂だったり土だったり、それぞれの土質に応じて角度がすこしずつ変わります。


ながながとなってしまいましたが、まずはmocha420さんの場合、借り家ですから、ひとまず地元の役所の建築指導課へ相談に行ってみて、公費の耐震診断補助制度があるかどうかたしかめて、大家さんに公費があれば診断を申し込んでもらうように働きかけてみるのがよろしいのではないでしょうか。
また、先に書きました通り、「簡易診断」であれば自分でできますので、相談窓口で「我が家の耐震診断」という簡易診断小冊子をもらってきて、大家さんに内緒であるていどの自己診断ができますから参考にしてみて下さい。自分でできる、とはいえ、なかなか難しい面もあると思いますが、わからないところがあったら、見取り図を添えて、小冊子をもらった建築指導課へもういちど教えて下さい、と聞きに行けば、けっこう教えてくれる親切な役所もありますので、だめもとで色々教えてもらいに行くのも見聞が広まっていいと思います。
ただただ心配で、えたいのしれない恐怖を感じ続けるのは気持ちわるいですよね。
そういう訳で、まずは役所に相談に行ってみてはどうでしょうか。
また、#2で御紹介した協会でも対応してくれます。
(ただ、市民サービスということで最初の一回目は役所のほうが得することがあるかもしれません☆役所ではらちがあかない、と思ったら協会へ相談してみるといいと思います)

#2のaltosaxです。
多くの方からとても親切な御回答がたくさん寄せられてよかったですね!


>さて、築40年程度の家ですが、今、なんとなく傾いた
>感じがわかる気がする程度なんですが、半年以上前の
>現状はわかりません。でも、半年で気づくのはすごく
>傾いているって事だからなんでしょうか?

家の傾きがあまりにひどい場合は、床にぺたっと座っただけで、船酔いのような感覚を感じてしまいます。
こうなると健康にも悪影響がありますが、「床が傾いている」ことと「家全体が傾いている」ことは...続きを読む

Q傾いた部屋に引っ越してしまい体調を崩しました。

鉄筋コンクリート数階建ての1DKに引っ越して2週間ちょっとが経ちましたが、部屋が片付いてきて床に座るようになった時に床が後ろ方向と右下方向に傾いているように感じました。また台所部分では歩くだけでも耳が痛くなったり、テーブルに座っても和室と同じように後ろ方向と右下方向に引っぱられる感じがします。そこで水準器を使用した所、振り切れる場所もありますが、枠内からはみ出る場所もたくさんあり、またその方向が一方向ではなく全体的に下り坂傾向でプラス右下が下がった感じで盛り上がった部分もあり非常にややこしい感じになっていることが分かりました。床に座るようになってから耳の痛さが耐えられないほどになり、外に出ると道路が右側に斜め45度に傾いていると感じたり、スポーツクラブの床に横になっても右下がとても下がっている感覚がしたりという状態が続きました。それから1週間、引っ越して2週間辺りから家の中での耳の痛さは少しマシになりましたが吐き気がする、外を歩くとフラフラするなどの症状がずっと続き真っ直ぐに歩けないし自転車に乗ると船酔いしたような感じになり管理会社に床が傾いていて体調が悪くて困っていると伝えました。すると今までにそんな苦情は聞いたことがないと言われてとりあえず見に行きますと言われて見に来られましたが、建築は全く分からない人に来させて状況を見てもらい、異常が目に見える部分を指摘して写真も撮られましたが社長はあなたが勝手にこの物件を気に入らないと言っていると取り合ってくれません。私は見ていないので私が確認しないととっしゃられますが、建築関係の社長を名乗られるのに「見るだけ」に来るとおっしゃられました。そこの建築会社が建てたと聞いてますが、天井からの引き戸の高さが左右で違うなどなどを言ってもあなたの部屋だけがそんなことがあるわけがないし、あなたの個人的な主張でしょうと話にならないです。個人的に測ってもらうのは構わないと言われましたが、結果が出たとしても今までの人に何の問題もなかったのですからと言われるような口ぶりです。そこで質問なのですが傾きに対する個人差はあると思いますが、床に座るようになったその日から外に出て道が45度も傾いていると感じたり、2週間経っても吐き気がする・ふらふらする、片側の肩が上がってしまうなどの症状が出ている場合、測定してもらったら体調に異常を来たしてもおかしくない数値が出るのでしょうか?ある機関に相談したところ、ふすまの上部が2枚とも同じだけかなり隙間が開くというのは捻れて傾いていると伝えていいと言われました。とにかくドアや引き戸の天井からその枠組みまでの長さも左右で1センチ近く違ったりします。5分間の内覧のみでは気づかなくて普通の物件として入居しましたが、こんなに平衡感覚がおかしくなるのにあなたの個人的意見ですといわれないといけないものなのでしょうか?数値として出る範囲なのか、出たとしても普通に暮らせる範囲ではないと言われれば何らかの法的手段を取れるのでしょうか?あまりにも体調が悪いので解約して退去予定です。お詳しい方がいらっしゃれば教えていただけると幸いです。一応、台所のよく立つ場所などは板などで補正していますが、いろんな方向に傾いているので歩くだけでも耳が痛くなります。よろしくお願いします。

鉄筋コンクリート数階建ての1DKに引っ越して2週間ちょっとが経ちましたが、部屋が片付いてきて床に座るようになった時に床が後ろ方向と右下方向に傾いているように感じました。また台所部分では歩くだけでも耳が痛くなったり、テーブルに座っても和室と同じように後ろ方向と右下方向に引っぱられる感じがします。そこで水準器を使用した所、振り切れる場所もありますが、枠内からはみ出る場所もたくさんあり、またその方向が一方向ではなく全体的に下り坂傾向でプラス右下が下がった感じで盛り上がった部分もあり...続きを読む

Aベストアンサー

この読み難いご質問文が "傾いた部屋" で書かれた事に起因するものなら、
事態は深刻かもしれませんね。

ここへの投稿はカテ違いだと思いますので、ご自身の体調に関する事は
"健康==>メンタルヘルス" へ、部屋の貸主への慰謝料・損害賠償請求に
関しては "法律==>民事" へ、それぞれカテを変えて再投稿されることを
お薦めします。

なお部屋の傾きと体調不良の因果関係はほとんど無く、貸主の賠償責任は
全く無いというのが、素人なりに私としての見解です。

Q床が傾いてきています

先日、築17年、鉄骨造3階建の1階に入居しました。

当初から、クッションフロアの床が凹んでいる、ブヨブヨとやわらかい感じがする部分があったのですが、ここ数日でなんと急激に床が傾いてきました。
入居時に比べて、一番ひどい場所で1.5センチ程下がっているのが幅木から見て取れます。壁と床の間には一列に渡り数ミリの隙間、向かい側の天井も同様に隙間が生じ枠がずれています。8畳程の部屋ですが、半分が外壁側に向かって下がっている感じです。隣室との壁も明らかに傾斜しています。傾きは進行中のようです。

特に重い家具などは置いていません。長雨のせいなどで基礎から傾いてしまったのでしょうか。床下が腐っているなどの理由で床が下がってきているのでしょうか。

いずれにせよ、管理会社に連絡しまして、明日内装工事の業者さんが見に来てくださることになっています。内装屋さんの手に負える状態ではないような気もするのですが…。

当方としては原因を究明し、適切な修繕を行って頂いて大事に住みたいと思っていますが、すぐに転居すべきなような危ない建物だったらと不安も拭えません。

まずは状態を確認してもらってからの話になるのだと思いますが、交渉の上で何か注意する点はありますでしょうか。ご教授頂けると助かります。

先日、築17年、鉄骨造3階建の1階に入居しました。

当初から、クッションフロアの床が凹んでいる、ブヨブヨとやわらかい感じがする部分があったのですが、ここ数日でなんと急激に床が傾いてきました。
入居時に比べて、一番ひどい場所で1.5センチ程下がっているのが幅木から見て取れます。壁と床の間には一列に渡り数ミリの隙間、向かい側の天井も同様に隙間が生じ枠がずれています。8畳程の部屋ですが、半分が外壁側に向かって下がっている感じです。隣室との壁も明らかに傾斜しています。傾きは進行中のよ...続きを読む

Aベストアンサー

床の一部が凹んでいるような状態は床を支えている根太(ねだ)が腐っていると思います。
根太は直接建物の強度にはあまり関係ないので今すぐ心配はしなくても良いと思いますが、
床全体が傾いていたり壁が傾いていたりすると、基礎部分が傾いていることになりますので、やや危険な状態かと思います。

ただ、築17年ということで、恐らく傾きは落ち着いており、
今以上に傾きが進行する可能性は低いと思われます。

業者の方に見てもらう場合、
外見だけは正確な判断はできないと思いますので、
可能であれば床下にもぐって見てもらった方が良いでしょう。

Qフローリングの傾きについて

ここ数年、自宅の床の傾斜が気になるようになりました。
自宅(鉄筋ALC2階建・築20年)は12年前に床を絨毯からフローリング材に張り替えリフォーム(自宅を建設した業者と同じところに依頼しました。)を行ったのですが、ここ最近、キャスター付のイスなどを使用した時に傾斜が気になるようになりました。家族も皆、傾斜が気になるようなのでホームセンターで200mmの水準器を購入して自ら測ってみたところ最大で200mmあたり4~5mmの傾斜が存在しました。そこで、リフォームしてもらった業者とは違うところに依頼して調査してもらったのですが「築20年というのを考慮すると大体この程度ですよ。」というコメントをいただきました。
さらにこの傾斜を修正するにはフローリング材がモルタルに直接張り付けられているようなので「フローリング材を剥がし、モルタルを水平に塗り直してフローリングを貼りなおしになりますが費用が、かなりかかります。」とのこと。ちなみに住宅の骨組などには傾斜はなかったようです。
この、200mmあたり4~5mmの傾斜というのは築20年を考慮すると許容範囲なのでしょうか?また、8畳程度の面積のモルタルを水平に塗り直すにはどの程度の費用がかかるのでしょうか?ご存知の方いらっしゃいましたら教えて
下さい。

ここ数年、自宅の床の傾斜が気になるようになりました。
自宅(鉄筋ALC2階建・築20年)は12年前に床を絨毯からフローリング材に張り替えリフォーム(自宅を建設した業者と同じところに依頼しました。)を行ったのですが、ここ最近、キャスター付のイスなどを使用した時に傾斜が気になるようになりました。家族も皆、傾斜が気になるようなのでホームセンターで200mmの水準器を購入して自ら測ってみたところ最大で200mmあたり4~5mmの傾斜が存在しました。そこで、リフォームしてもらった業者とは違うところに依頼...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく8帖の半分の2000mmで4~5ではないでしょうか?
8帖で鉄骨造ですがスパンが4mとしましょう。すると床や梁の許容たわみ量は1/250つまり16ミリです。また、3640mmとすると14.5ミリです。4~5ミリは確かに許容ではあるといえると思います。
ただ、局部的に下がっていると確かに使いづらいでしょう。

床をはいでモルタルの塗りなおしという事ですがそこだけモルタルを5ミリとはいかないので同じ高さに仕上げるには今のモルタルを削り取らなければなりません。巾木がどうなっているかにもよりますが床の貼りなおしも含めて数十万から50万くらいというところでしょう。許容範囲であるのでそこまでの費用はちょっと高いような気もしますね。
また、以前絨毯はすっかり取り外しましたか?絨毯だけはいでアンダーレイのフェルトをはがさずにフローリングを施工してあるとフェルトがつぶれてへたりが生じているということも考えられます。

想像が多くみなければ判断しずらいところが多いので参考とします。

Q建物傾きありの中古物件について

築30年の中古物件の購入を考えております。
間取り・リフォーム済み・環境・価格の面で大変気に入っている物件があるのですが、ひとつ家の傾きだけが引っかかっています。
仲介業者に相談した所、
(1)阪神大震災を乗り越えたくらいだから大丈夫だ。
(2)今すぐどうこうなる事はない
(3)通常『建物傾きあり』という記載はしないが、この家に関してはたまたま調査した結果多少傾きがあった。
(4)この土地で斜面で築30年くらいの家であればだいたいこのようなものだ。
などの意見しか得られませんでした。
実際、各部屋でガムテープやビー玉を転がしたところ、
西南側にゆっくり転がっていきました。
西南側の窓も、5ミリ程の隙間があります。
外壁下部に少しひび割れている箇所も気にしたら微かにありました。

契約日に建設会社も立ち会って話を聞く事になっておりますが、
その前にご意見をお聞きしたく、記入しました。
以下の物件です。

(1)平成18年全面リフォーム済み
 (外壁塗り替え・屋根葺き替え・キッチン交換・お風呂替え)
 (洗面&トイレ替え・クロス張り替え・畳表替え・フローリング張り替え)

(2)構造:軽量鉄骨造
    ストレート
 
(3)地上:2階
 
(4)3SLDK

(5)築年月:昭和53年

(6)建物傾き有り

(7)1年半前まで前所有者が住んでいた。
 その後競売にかかり、業者が買い取る。
 リフォーム後、販売開始。
 
(8)2980万で約1年間販売していたが、最近2580万に落とした。

(9)2年間の保証あり

(10)南側一段下がり日当たり良好

(11)面積:1階 81.75
    2階 39.74

(12)土地面積:274.25 (82.96坪)

(13)建蔽率:40% 容積率:60%

15~20年住む予定です。
本当に気に入ってしまい、安心材料が欲しいのが
正直なところでございますが、ご意見をお聞かせくださいませ。

どうぞ宜しくお願い致します。

築30年の中古物件の購入を考えております。
間取り・リフォーム済み・環境・価格の面で大変気に入っている物件があるのですが、ひとつ家の傾きだけが引っかかっています。
仲介業者に相談した所、
(1)阪神大震災を乗り越えたくらいだから大丈夫だ。
(2)今すぐどうこうなる事はない
(3)通常『建物傾きあり』という記載はしないが、この家に関してはたまたま調査した結果多少傾きがあった。
(4)この土地で斜面で築30年くらいの家であればだいたいこのようなものだ。
などの意見しか得られませんでした。
...続きを読む

Aベストアンサー

築30年であれば、ある程度傾きがあっても不思議ではありませんが、
それ以前に旧耐震設計基準の建物だという点が気になります。

昭和56年以前に建てられた建物は、現在の最低基準の半分以下の耐震要素しか持っていない場合が少なくありません。耐震補強をしていないのであれば、大きな地震で倒壊する可能性が高いと言えます。
阪神大震災で倒壊しなかったのは、ただ単に「運がよかっただけ」です。震災の際にまったく破損がなかったとは考えにくいのですが、そのへんは確認されましたか? その際、適切な補修がなされているかもポイントになると思います。

いずれにせよ、上物は無価値だと思われた方がいいのではないでしょうか? 誠実な不動産業者なら、そのような評価を率直に伝えてくれると思いますが、書き込みを拝見する限りではあまりよい業者さんではないようですね。
土地代と割り切って購入し、なるべく早く耐震診断、耐震補強をされるか、改築されるのがよいと思います。

Q床の傾き修理方法が分からず困ってます

日曜大工で現在畳敷きの6畳間をフローリングに変更し、同時に部屋
の傾きを補正したいと考えてます。(2.7メートルで約4センチ傾いてます)
床構造は、「根太-合板-畳」です。
できれば合板は剥がさずに傾きを補正したいのですが、隙間が畳分
しかないこともあり良い方法が思いつきません。やはり剥がさざるを
得ないのでしょうか。
フローリングにすると寒いので断熱材も入れたいと思ってます。
道具は丸のこ、インパクトレンチ、カンナ他、一通りは揃っております。
良いお知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

合板の上で傾きを修整するのはかなり大変です。
合板をはがし根太で調整するのが簡単で早いと思います。
根太も外し大引きの両側面に水平になるように木を打ち付け根太を戻しましょう。
ついでに断熱材も入れれます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング