人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

土地を購入しようかと思った矢先、松山市より伊予郡砥部町のほうが、税金が高いと聞きました。 どの税金が、どれだけ違うのか分かりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 多くの方が誤解していると思いますが、住民税は全国どの都市でも金額は一緒です稀に、


年数百円~数千円の目的税を導入しているところがあるくらいです。

 ただなぜ、このような誤解が生まれるかというと、税金は同じだが、行政サービスの高低
がある、たとえば、体育館や公民館・図書施設が整っていて施設利用料が無料の市町村とか、
医療費無料サービスがあるなど、サービスの違いが税金の高低に誤解されるのではないかと
思います。

 また、市町村に支払うお金で一番違うのが、国民健康保険料(税)これは各市町村によって
だいぶ差があるので、国民健康保険に加入するのであれば、その辺を参考にされると良いか
と思います。

 保険料の計算方法は松山市は所得割のみ、伊予郡砥部町は所得割+資産割+平均割+平等割
となっているみたいなのでホームページに計算法方法は記載してあるので見てください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございます。
そうなんです、なんか色々と話を聞くので、こんがらがって・・・
国の税金額は、基本は一緒ですものね。
でも健康保険料が市町村で差があるとは、いわゆる保険料を払える年齢層の人数で
違ってくるんでしょうかね。

砥部のほうは、何かとプラスされるの計算が少し多いようですね、
一度HP見て計算してみます。
とても参考になりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2011/09/20 15:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング