海水に触れた鉄は,さびやすくなります.その理由を,化学式(イオン反応式でも良いと思います.)を使って,説明してください.よろしくお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

イオン 式」に関するQ&A: イオン式について

A 回答 (1件)

鉄がさびるのは一種の電池でして、


アノード(酸化される側)では
Fe  →  Fe2+  +  2e-
カソード(還元される側)では
1/2O2 + H2O  +  2e- →  2OH-
という反応が起きています。
このアノード反応とカソード反応が起きている場所は鉄板の上
で、電子は鉄板内を流れるわけですが、電池なので電解質の
部分がありますよね。 これは鉄表面の湿気で、ここに塩水
がついたりすると電気が流れやすくなり、より早くさびる訳です。

どお。分かった?

この回答への補足

ご連絡が遅くなって申しわけありません。大変参考になりました。
ただ,後2つほど,質問させてください。
1.Feを、NaCl(aq)につけたとき、Feが参加していく様子を化学反応式で示すとどうなるのでしょうか。
2、なぜ,水よりもNaCl(aq)のほうが,電気が流れやすくなるのでしょうか。

以上,宜しくお願い致します。

補足日時:2001/05/02 19:39
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡が遅くなって申しわけありません。大変参考になりました。
ただ,後2つほど,質問させてください。
1.Feを、NaCl(aq)につけたとき、Feが参加していく様子を化学反応式で示すとどうなるのでしょうか。
2、なぜ,水よりもNaCl(aq)のほうが,電気が流れやすくなるのでしょうか。

以上,宜しくお願い致します。

さらに,ポイントを差し上げたいと思うのですが,やり方がわかりません。是非,アドバイス願います。

お礼日時:2001/05/02 21:42

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【化学】海水を消毒した海水のことを何と言いますか? 消毒海水? どうやって海水を消毒するんです

【化学】海水を消毒した海水のことを何と言いますか?


消毒海水?

どうやって海水を消毒するんですか?

使う薬品は何ですか?

Aベストアンサー

塩素を入れて消毒する。
Cl2 + H2O = 2H+ + Cl- + OCl-(次亜塩素酸塩)
海水中に天然にある臭素イオンと反応し、次亜臭素酸(HOBr)となり、これら次亜塩素酸塩と次亜臭素酸が海水中のアンモニアと反応してハロゲン化合物となる。
できたハロゲン化合物が菌を殺したり、不純物を漂白したりする。

>>海水を消毒した海水のことを何と言いますか?
清浄海水と言うらしい。

Q化学反応式ってイオン反応式を含む???

銅イオンを含む溶液にアンモニア水を加えると、最初青白色沈殿を生じ、さらにアンモニア水を加えていくと深青色の溶液となる。これらの反応について『化学反応式』を書け。

この問題で解答は、『イオン反応式』で書いてありました。これってOKなのですか???おしえてください。。。

Aベストアンサー

化学変化を化学式を用いて表した式が「化学反応式」で、反応しないイオンは省略し,反応に直接かかわっているイオンだけを示した反応式を「イオン反応式」といます。
ですから、「イオン反応式」も「化学反応式」の一部です。
問題に「銅イオン」とあるので、「イオン反応式」で書くしかないですからね。

参考URL:http://www.mef.or.jp/bnm/harayama/kagaku6/ionrcfrm.htm

Q高1です化学基礎の問題で分からないところがあるので教えてください。化学反応式と量的関係というと

高1です

化学基礎の問題で分からないところがあるので教えてください。
化学反応式と量的関係というところです。

3.9gの亜鉛が塩酸とすべて反応したとき、
発生する水素の体積(標準状態)を求めよ

という問題です。

急いでます。早めの回答待ってます。

Aベストアンサー

Zn+2HCl→ZnCl+H2…①
化学反応はこうなります。
亜鉛の原子量は65.39ですので、1molが65.39gとなります。
下の亜鉛が3.9gなので、そのmol数は、
3.9/65.39=0.06molということになります

亜鉛が塩酸とすべて反応したのですから①式から
Znが0.06molなら発生するH2も0.06molになります。
標準状態0℃、1気圧で1molの気体は22.4Lの容積を占めます
反応して生成する気体の体積は圧と温度が定めらているので、容積は1molとの比で求めることができます。
求める亜鉛0.06molの容積は、
22.4L×0.06mol=1.344Lとなります。

ただし標準状態での容積は1997年よりも前は上記の22.4Lを用いていましたが、
現在では22.7Lを用いることがあるので、現在の教科書などで確認は必要です。
ちなみに22.7Lでは以下になります。
22.7L×0.006mol=1.362L

Qイオン化傾向はK,Ca,NaなのかK,Na,Caですか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、理化学辞典も参考にしなさいとアドバイスを受けていたので、もう一度理化学辞典を調べたところ、私が持っている第3版では、確かに先生がおっしゃったようにK,Na,Ca,Mg・・と記載されていました。

ちなみに化学大辞典を調べたのですが、こちらは高校の教科書通りの順番でした。

化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

私自身は、恩師の教えを今も信じています。
よって、私から見れば、高校の教科書、化学大辞典、その他ホームページの記載も間違いだということになってしまいます。

私が正しければ、イオン化傾向などの基本的な記述が何10年も(今もって)間違って教えられ続けていることになりますし、化学大辞典が正しければ、私が先生にだまされて何10年も間違った思いこみをしてきたということになります。

みなさんはどちらが正解だと思われますか?

イオン化傾向は高校の化学で習いますが、高校時代はK,Ca,Na,Mg・・・と教わります。ところが大学の無機の先生からは本当はK,Na,Ca,Mg・・なんだよと分厚いデーター集を見せられて、ほらココに書いてあると教わりました。

その時に街の書店で、各社の参考書を読みあさったところ、どの参考書も全てK,Ca,Na,Mg・・・でした。

最近、このサイトで参考にしていたホームページもK,Ca,Na,Mg・・・でしたし、娘が使用した高校の教科書でも同じでした。

昔、先生から、...続きを読む

Aベストアンサー

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測定値が時代を追って変化し』,何処かの時点で逆転したのだと思います。

 この辺りの事は「IUPAC (International Union of Pure and Applied Chemistry)」のサイト(↓)に情報があるかと思いますが,残念ながら私には見付けられませんでした。「Site Index」の「Reports」辺りにあるんじゃないかと思いますが・・・。見付けられたら教えて下さい。

 そう言えば,むか~し(?)「かそかな,まあ当てにすなひどすぎる借金」って習った時に,「なんで,そ=ソーダ=Na じゃないんだ?」って疑問に思いましたね。

参考URL:http://iupac.chemsoc.org/dhtml_home.html

 おもしろそうな質問ですので,チョット失礼いたします。

> 化学大辞典と理化学辞典との記述は明らかに異なります。

 「理化学辞典 第3版」を御覧になったようですが,手元の「理化学辞典 第5版 CD-ROM 版」(岩波)では,『Li, K, Ca, Na, Mg, Al, Zn, Cr(III), Fe(II), Cd, Co(II), Ni, Sn(II), Pb, Fe(III), (H), Cu(II), Hg(I), Ag, Pd, Pt, Au』とあり,他のものと同じく「K,Ca,Na,Mg,・・・」になっています。

 おそらく,#5 の 38endoh さんがお書きの様に『標準電極電位の測...続きを読む

Qイオン式から化学反応式へ変えるには

はじめまして

過マンガン酸カリウムの硫酸酸性水溶液にシュウ酸使用液を加えると、この水溶液の色は赤紫からほとんど無色になる。この変化はそれぞれ以下の様な式で表される。次の問いに答えよ。

1、下のイオン式は不完全である。両辺の電子の数を合わせ完成させよ。

なんとか不完全なイオン式を完成させ(泣)次の

2、の化学反応式をつくろうと思ったのですが…どうすればいいか分かりません。回答には(1)を

(1)MnO4(-)+8H(+)+5e(-)→Mn(2+)+4H2O

(2)H2C2O4 → 2CO2 + 2H(+) + 2e(-)

まず(1)を2倍(2)を5倍し電子e-を相殺?させる(と回答に書いてありました)ここまではいいんですが…

その後が…

回答のみではなく考え方もお教え頂けると嬉しいです、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

No.3でヒントを出したつもりですが、締め切られていないようですので、もうちょっと書きますか。
(1)を2倍(2)を5倍し電子e-を相殺すると
2MnO4(-)+6H(+)+5H2C2O4→2Mn(2+)+8H2O+10CO2
過マンガン酸イオンは、過マンガン酸カリウムで加えられているので両辺に2K(+)を加えると
2KMnO4+6H(+)+5H2C2O4→2Mn(2+)+8H2O+10CO2+2K(+)
硫酸酸性であるので、両辺に3SO4(2-)を加えると、
2KMnO4+3H2SO4+5H2C2O4→2MnSO4+8H2O+10CO2+K2SO4
と完璧に答を書いてしまいました。
ご理解いただけたでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報