ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

家の前に80×200センチ程の花壇があります。

そこにはペチニアを植えてたんですが、花は咲いてますが茎がヒョロヒョロ伸び途中葉っぱも枯れているので見た目が物凄く悪いんです。
かわいそうですが全部抜いてしまおうと思っているんですが、花壇が寂しくなるのでどうしたらいいのか困ってます。

こちらは北海道なのでこの気候にあった植物を植えたらいいのか、それとも抜いた後そのまま土だけにしたらいいのか…他に何か良い方法がありましたらアドバイス下さいm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

地域によって気候は違いますが、草花を栽培する時に必要な事は気候


も大事ですが、環境に適応した草花を栽培する事です。

ぺチニアでは無くペチュニアですね。この植物には一年草と多年草の
2種類があります。栽培方法は多少は違いますが、違いに開きは少な
いので、同じように管理をすれば問題はありません。
一年草の場合は暑さや寒さには少し弱い性質がありますが、多年草の
場合は品種改良で暑さも寒さも一年草より強くなっています。
しかし地域が北海道ですから、寒さは半端ではありませんので、出来
るなら1年で生育が終わってしまう一年草を植えられた方が良いかも
知れません。
現在の花壇の環境ですが、日当たりや水はけは大丈夫でしょうか。
ヒョロヒョロになっているのは日照不足、水不足、肥料不足、それと
も寿命なのか分かりません。ただ一年草でも開花は11月末まであり
ますから、寿命では無い事は確かです。

日当たりが悪いなら日当たりが良くなるように改善し、改善が出来な
いなら日陰に強い植物にしましょう。

水はけが悪いなら腐葉土や堆肥を入れて土壌改良をしましょう。
ペニチュアは多湿過湿に弱いので、水持ちが良過ぎる土にすると根が
痛んで弱るか枯れます。北海道でも今年の夏は暑さが厳しかったです
よね。夏場は土壌が高温になり蒸れが生じやすくなります。夏場は土
を乾かし気味にした方が過湿から逃れられるので、草花を植える前に
は水はけと若干の水持ちを良くし、通気性が高められるように改良が
必要です。何年も改良をしない土に、穴を掘って植えただけで育つ物
は一つもありませんから、必ず土壌改良は行うようにしましょう。
土は1年で疲れてしまい、本来の力を発揮する事が出来ません。

肥料不足になると草姿が乱れます。生育旺盛な開花時期には、液肥の
薄め(そのままで使えるタイプでも、2倍程度に薄めて使う)を1週
間から10日に1度、水代わりに施します。余り濃い過ぎる液肥を与
えてしまうと、肥料障害を受けやすくなります。肥料を忘れると草姿
が乱れてしまいます。そうなると切り戻しをするしかありませんが、
一年草の場合は冬になれば枯れるので、切り戻しをしても意味が無く
なります。

思い当たる事があれば、それを改善しないと状態は良くなりません。

地域にも花屋やホームセンターがありますよね。その場所に出回って
いる草花なら北海道に適している植物だと言う事です。種では地域外
の種類のあるので、苗から育てるようにすれば失敗は少なくなるはず
です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ペチュニアですね(^^ゞ
それすら分かっていない私です…(-.-;)

物凄く詳しく回答下さりありがとうございます!

現在3件回答いただき、手入れをしていない事が分かりました(>_<)
土・日光・水これが揃っていればいいという安易な考えだけで花を植えたら結果こんな事になり恥ずかしいです…(〃д〃)

回答下さった皆様にベストアンサーしたい気持ちです。

勉強になりました!
ありがとうございました♪

お礼日時:2011/09/16 21:30

こんばんわ^^


この質問を読む限り、お手入れしていませんでしたね。
他の方も書かれていますが、間延びしないように
ある程度の切り戻しも必要だったと思われます。

>北海道なのでこの気候にあった植物を植えたらいいのか
いまから植えても はっきり確実に花を見れる物もないように思います。

抜いた後
>他に何か良い方法
1.比較的早く収穫のできる種を購入し菜園にするか
2.チューリップ・クロッカス等の秋植え球根を植え、春までたのしみに待つ
3.計画的に区割りして1+2の両方を行うか

ちなみに私はペチュニアはプランターを使い、楽しんでいます。^^
あまり参考にならないかも知れませんが・・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました!

手入れがよく分からないまま、水やりばかりしておりました(*_*)

今、回答下さった方にお礼していますが皆様にベストアンサーしたいくらいの気持ちです(^^ゞ

チューリップも今、球根が売っていますよね。
花壇の花の状態を考えて、もしかしたら今から球根を植えた方がいいのかもしれません。

今回せっかく皆様に良いアドバイスをいただいたので来年プランターにペチュニアを植えてみようかと思います(^o^)

お礼日時:2011/09/16 21:44

茎がひょろひょろ伸びている…ってことは。

切り戻し、やってないのでは?

ペチュニアであれば、切り戻しをしてあげる必要がありますよ。
http://cat-tail.milkcafe.to/garden/petyunia/kiri …
このサイトが参考になるかと。

また、YouTubeに動画があがってますね。


せっかく伸びているんだし、抜かずに様子を見るのもひとつの手ですよ。
ただ、これから寒くなっていきますから、年を越せるかどうかが疑問ではありますけれど…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!
今サイトとYouTube観させていただきましたが、そうなんです。他の回答者様にもご指摘いただきましたが手入れしてませんでした、恥ずかしいです…。
日当たりはイイ場所で水やりはしていましたがここまでです。
枯れた花を摘んで採ってましたが土の事も切り戻しもしないでそのまんまでした(*_*)

勉強になりました、今度は気をつけて綺麗に咲かせたいと思います!
回答下さってありがとうございました(#^.^#)

お礼日時:2011/09/16 21:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q寒冷地でも冬越し出来る花

冬は一番寒いときは-10℃から-15℃まで下がる所に住んでいます。家は狭くて、苗などを室内に入れて冬越しさせるのは無理なので野外で冬を越せるものを花壇に植えたいと思っています。
この寒さでも野外でも冬越しできる花にどんなものがありますか? 今まで植えて越せたのはなでしこ、ビオラ、パンジー、カスミソウ、ルピナスですが、これ以外のものでありましたら教えてください。

また寒冷地でのガーデニングについての情報が載っているサイトもしくは本があれば教えてください。大概の本やカタログはもっと温暖な気候を基準にして書いてあるので、耐寒性強と書いてあってもここでは無理だったりしてあまり参考になりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こちらは北海道の札幌です。雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ・芝桜・ジャ-マンアイリス・ジギタリス・しらねあおい・ストケシア・あ・から・わ・の忘れな草までまだまだたくさんありすぎて書ききれません。
お花の参考書では北海道新聞社から出ている、荒井道夫さんの書かれた「北海道の花づくり問答」「北海道四季の園芸なんでも相談」をお勧めします。
とても具体的に書かれているので、細かいところで迷わなくてすみます。
本州のカタログに載っている耐寒性強は、ひとつの目安になると思いますが、北海道の場合は寒冷地ではなく、厳寒地だそうでガッカリしました。後は育ててみるしかないんですよね。
その年の冬の様子でダメになったりうまくいったり、それもまた楽しいから続けているのかもしれませんが・・・。

こちらは北海道の札幌です。雪がお布団の代わりをしてくれるので、かなりの種類が冬越可能です。
うちで長年過ごしている多年生植物はアカンサス・アガパンサス・アストランティア・アルストロメリア・アルメリア・アンテミス・いちげ・イベリス・いわからくさ・エンレイソウ・おだまき・翁草・オレガノ・キャットミント・ガウラ・カンパニュラ・ギボウシ・京鹿の子・シャスタ-デ-ジ-・クリスマスロ-ズ・クレマチス・けし・けまんそう・キンケイ菊・コレオプシス・桜草・シダルサス・石竹・秋明菊・ショウマ...続きを読む

Q今時期の北海道のお庭

北海道に住んでいます。
新居に越したばかりなのですが何も無いお庭をどう手を付けて良いか頭を抱えています。
今まで観葉植物を家の中でしか育てたことが無く、花を外で育てるのは初めてです。
これから寒くなる北海道ですが、今はまずどうしたらよいでしょうか?
本やネットで調べたりしていますが、北海道の情報、今時期の花、土について…
なかなか知りたい情報が出てこなくてこちらで質問させていただきました。
まず土を作らなければならないと思うのですが、どのように作ったらよいのでしょうか?今は雑草が生えている白っぽいさらっとした土で、素人の私が見ても花が育つような土ではないと思うんです。
この時期はもう花を植えるには遅いでしょうか?
春に向けて植える球根もあるようですが、もう植えても良いのでしょうか?
庭に使えるスペースは20坪くらいです。


それと、
今家の中にはアイビーとワイヤープランツがあります。
お家の中でしか育てたことが無いのですが、この時期に外に出しても大丈夫なのでしょうか?そのまま外で冬は越せるのでしょうか?
よそ様のお庭にアイビーがわっさりとあるのですが、それはほっといてるだけでたくさん増えるのでしょうか?

たくさん質問をしてしまい申し訳御座いません。
どうかアドバイスよろしくお願い致します。

北海道に住んでいます。
新居に越したばかりなのですが何も無いお庭をどう手を付けて良いか頭を抱えています。
今まで観葉植物を家の中でしか育てたことが無く、花を外で育てるのは初めてです。
これから寒くなる北海道ですが、今はまずどうしたらよいでしょうか?
本やネットで調べたりしていますが、北海道の情報、今時期の花、土について…
なかなか知りたい情報が出てこなくてこちらで質問させていただきました。
まず土を作らなければならないと思うのですが、どのように作ったらよいのでしょうか?今は...続きを読む

Aベストアンサー

種類によって違うかもしれませんが、氷点下でも越冬している
アイビーは見かけます。しかし、寒さが厳しく雪が少ない地域では
難しいかも…。
この時期だと、コスモスや小菊等の鉢植えで多少彩りを添え、
花壇は来年に向けて計画し、土作りに専念した方が
良いかもしれませんね。
マリーゴールドはすぐに芽が出るので、沢山植えて
雪が降る前に土に鋤き込むと良いですよ。短い期間でも、
伸びた根が少しは土を改良してくれます。
春向けの球根では、ムスカリと黄スイセンの組み合わせが
オススメです。見た目も可愛いし、結構長く咲いてくれます。

北海道専門のガーデニング雑誌も刊行されています。
『まいろふえ』
http://www.mylofe.jp/
図書館でバックナンバーを片っ端から読んでみて下さい。
色々参考になります。
園芸書も球根を植える前に、ちょっとでも
読んでおくと後で随分違います。
丸ごと土作りについて説明している本もありますが、
一通りの知識が載っている本が1冊あると便利です。
最近の本では、『これだけは知っておきたい 園芸の基礎知識』
西東社/2009年4月発行/等が「花壇に適した土作り」
「球根選びと庭への植え付け」他について写真付きで説明して
あり分かりやすいです。
そういえば私も家を建てた時、何もない庭をご近所と比べて
プレッシャーを感じてました。素敵な庭が出来ると良いですね♪

参考URL:http://www.mylofe.jp/

種類によって違うかもしれませんが、氷点下でも越冬している
アイビーは見かけます。しかし、寒さが厳しく雪が少ない地域では
難しいかも…。
この時期だと、コスモスや小菊等の鉢植えで多少彩りを添え、
花壇は来年に向けて計画し、土作りに専念した方が
良いかもしれませんね。
マリーゴールドはすぐに芽が出るので、沢山植えて
雪が降る前に土に鋤き込むと良いですよ。短い期間でも、
伸びた根が少しは土を改良してくれます。
春向けの球根では、ムスカリと黄スイセンの組み合わせが
オススメです。見...続きを読む

Q北海道でのチューリップの球根の植え方

北海道に住んでいます。
チューリップの球根をプランターに植えてみようと買ってきました。
自分なりに植え方を色々と調べてみたら、
冬期間も水切れに注意する・・・ということですが、
北海道の冬に水をあげたら凍ってしまうだけだと思うのですが、
どうしたらよいのでしょうか?
それから寒さに当てないと咲かない・・・ということですが、
北海道の厳冬期はマイナス20度くらいになりますが、
大丈夫なのでしょうか?

他にも北海道でチューリップをプランターで育てる際の注意事項等
ご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

札幌在住です。
毎年プランターと地植でチューリップを咲かせています。
結論から言えば、プランターに植えっぱなしで全く問題ありません。
屋外に出しておきあとはそのまま放置です。
プランターですが、道東のような小雪で寒冷な地域であればむろに入れたり囲う必要が出るかもしれませんが雪が積もる地域であれば何もしなくて大丈夫です。
冬季は雪に埋もれますが、雪の中では保温作用と適度な水分が与えられますのでそのまま埋もれている状態が理想です。
寒いからといって室内に入れるのは厳禁です。
また、積雪前に芽が出ることもしばしばですが、これもそのまま冬を越しても問題ありません。

水遣りですが、雪が降るまでは自然の雨で十分です。
過剰な献水は球根を腐敗させますので注意してください。プランターなら尚更です。

チューリップは非常に育てやすい植物の一つですので、あまり気にせず放っておきましょう。

Q北海道でのラナンキュラス球根の植え方

ラナンキュラスの球根を植えてみようと初めて買ってきました。
北海道なので寒すぎて屋外では冬を越せないようです。
現在は少し水分を吸収させて球根を太らせているところですが、
この後、チューリップのように寒さに当てるため、せめて厳冬期に入るまでだけでも屋外に出した方が良いのでしょうか?
経験豊富な方よろしくお願いします。
他にもラナンキュラスわ育てる上で、注意事項等ありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

札幌在住です。

この時期ですともう霜が下りますので終日屋外に出すと球根は霜で壊死してしまいます。
花を咲かせるためには10度前後での管理が適温とされていますから、日の出ている日中は鉢を日光に当たるところに置きたい所ですが、既に日中の最高気温が5度前後まで下がってきていますから屋外は避けるべきでしょう。
家の中で10度前後の定温を保っている場所を見つけてそこで管理するしかなさそうです。

拙宅は全室暖房のため玄関も含め20℃以上の部屋しかなく、ラナンキュラスは育てた経験はありません。

ちなみに、例え芽が出る前の土中の球根であろうとも日光は必要ですので、窓の無い物置や室の中では育ちませんのでご注意ください。


人気Q&Aランキング