中小企業の働き方改革をサポート>>

原発事故を受けて、電気を使っていた東電管轄の住人も賠償すべきという人がいます。
首都圏が電気を使えるのは福島のおかげ、感謝しろともいう人がいます。
「放射性廃棄物処理場は県内ではなく電気を使っていた東京のお台場につくれ」と言った人がいました。

福島の人たちがどうしてこういう思想になるのか不思議です。

福島県や立地自治体が自ら誘致した原発で、巨額の補助金で潤ってきました。
電気の契約先は選べないし、原発を推進したのは遥か昔の世代です。

めちゃくちゃ言うのはなぜですか?
女川原発で事故が起きたら福島県民が賠償金を負担するのですか?
東電と東北電力が電力融通しているのを知らないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

>原発事故を受けて、電気を使っていた東電管轄の住人も賠償すべきという人がいます。



関東の住人です。
しますよ!

補償はだれがしますか? 東電と機構ですよね。
でもそこから出てくるお金はどこから来るのでしょうか?
金の成る木を東電が持っているわけではないですよね。

結局は、東電と機構の収入源でまかないます。
 東電と各電力会社の電気代(主には東電)

それしか出どこはありません。(多少の東電資産を売却金もありますが、これも元は電気代です)

東電や機構は結局は一時立替払いをしている、ということです。
払うのは(主に)管轄内の電気使用者になります。(一部は機構なので全国の原発の電気使用者)

あなたは電気使用者1人1人が福島に送金するのが「賠償」のイメージ(直接)かもしれませんが、社会の構造はいくつもの間接的構造になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

言葉が足りなかったかも知れませんが、賠償金を電力料金として負担するスキームは報道の通りですよね。
まるで福島はなんの責任もない被害者で首都圏、特に東京が悪だという発想は、ヒガミ以外にどう説明できるのでしょうか。

お礼日時:2011/09/18 12:01

東京電力福島第一原子力発電所の事故の賠償責任を住人が負うというのはおかしいです。



賠償責任を負うのは一義的には東京電力であって、国がその遂行を保証するということになっています。住民が直接賠償責任を負う理由がないし、変な言い方ですが負いたくても負うことができません。

それに、そんな主張をしている意見を一度も見聞きしたことはありません。
あなたの勘違いではないでしょうか?
たぶん、なんとなくの雰囲気だけで質問されているか、または、原子力損害賠償支援機構法案が成立する前に言われていたことなのではありませんか?

なお、賠償総額が東電保有資産をはるかに上回ると予想されるため、東京電力が賠償責任を負うということは、間接的に東京電力管轄のエリアに住む住人が電気料金という形で負担するのは必然です。あなたがそういう意味での負担がおかしいという意味で質問したのであれば、その疑問自体が理解不能です。

もちろん、原子力損害賠償支援機構は東電以外の電力会社からの出資を受けるのみならず、国の税金も投入されるわけですから、東電の賠償能力をうわまわる額については、東電管轄のエリアだけでなく、間接的に日本中の国民が負担することになります。

負担という言葉の範囲が電気料金は税金を含めるのであれば、その意味で東電エリアの住民が負担をしないことは論理的にありえません。負担すべき/すべきでないというレベルのことではありません。

この回答への補足

ANo.7 回答者handk0728さん
http://okwave.jp/qa/q7010079.html
評価している人が1名
新聞やニュースを見ていればたまにこういった主張はありますよ。

補足日時:2011/09/18 12:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたの書かれていることは全て報道済みなので知っています。
現に賠償金を誰が払うのかは決まったことで今更興味ありません。「福島のおかげで首都圏は電気を使える」という考えは誤りがあるのではと聞いているのです。
私の書いたことは報道された事実です。

お礼日時:2011/09/18 11:58

貴方の仰ることには一理あると思いますが、物事で非常に大事なのはある仮定のケースに基づく論理ではなく、現実に起きてしまったことへの対策です。


福島の原発事故は実際に起きてしまって多くの福島県民が非常に困っておられます。だから貴方の仰る理論は霞んでしまうんですよ。
日本は今なんとか福島の原発事故をいい方向へ導き、被災者の苦しみを少なくするための努力をするときです。貴方の仰ることには一理あると思いますが、そのような意見は胸にしまっておくほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。被災者がかわいそうだから無茶な言いがかりも我慢しろというのですね。わかりました。

お礼日時:2011/09/18 11:53

たぶん、福島の住民たちは原発に反対していたと思います。



それを「安全だ」「対策はしている」と言いくるめ、政府と東電が強引に進めたのではないでしょうか。

どこの原発もそうだと思いますよ。当時の政府、東電、県知事が無理やりに推し進めたところが大半だと思います。

そして、その恩恵をダイレクトに住民に還元できていたのかもはっきりしません。

今回の事故で、政府と東電の適当なやり方の原発推進が明らかにされました。

福島の方たちの怒りは政府と東電に向けられて、当然です。しかも、その電力は自分たちにほとんど使われていなかったと分かれば、首都圏に住む人たちに怒りが向いてしまうのもいたしかたありません。

震災と津波で、家族を奪われ、家を壊され、さらに原発事故で故郷まで奪われたら、誰かを恨まないとやっていけないでしょう。

生きなくてはならないなら、そのエネルギーを怒りや恨みで補充するほかないのではないでしょうか。



逆に質問します。

政府が「きちんを利益にする」といって質問者様の納めた税金を、自分たちの娯楽に使われ、逆に負債と知ったら、どう思いますか?

極論ですし、税金と原発では比べようもないですが、こういうことだと思います。

この回答への補足

たぶん福島は反対したとかかれてますが、推進、誘致したのが事実です。
首都圏の支払う電気代や税金が福島の財政を潤してきた経緯も知っておくべきです。
県知事なんか手のひら返して東電批判してますが、もともと原発容認派です。選んだのは福島県民です。

補足日時:2011/09/18 12:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

逆質問の意味がわかりません。
誰かをうらまないとやってられないから東京がとばっちりを受けるべきという「ことですね。わかりました。

お礼日時:2011/09/18 11:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング