人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

4tトラックのドライバーをしてる、45歳、男です。
在籍4年、給与は、手取り21万。ボーナス無し。

まず、2週間前までの私のやっていたコース(仕事)の1日の
パターンです。
PM2:00に出勤し、隣県の貨物ターミナルに4tトラックで、
一般道にて、向かいます。距離は、約120km。
実質の積載重量は、箱車なので、3.3t。

PM6:30頃に到着。ターミナル内の2ヶ所で、貨物を満載に
積み込みます。現場作業は、夏は、暑く、冬は、寒く、
そして、かなりの重量物を扱う重労働です。
PM11:00頃、積み込み、完了。積載重量は、大体、5t~6t
多い時は、7tをオーバーする事も、しばし。

高速道路にて、会社に戻ります。AM1:00頃に到着。
貨物を下ろし、AM2:00頃に業務終了。この時点で
拘束時間は、12時間。休憩は、実質、30分位ですね。
繁忙期ともなれば、帰社は、AM3:00を回ることも
良くあり業務終了がAM4:00を回ります。この業務が
月~土曜日まで。週休1日です。

しかし、3週間前から、会社の方針が変わり、高速道路の使用は、
原則禁止。売り上げ低下が理由。その為、帰社がAM2:30。
業務終了がAM3:30。拘束時間は、13時間30分ですね。
同僚の中には、14時間拘束~16時間拘束させられてる者も
10数人。彼らも、睡眠不足で、ヘトヘトです。
私の場合、通勤時間が片道、1時間掛かるので、睡眠時間も
良くて3~4時間。非常に過酷です。

会社の言い分

・労働基準法では、13時間拘束は、法律違反では無い。
(日報上では、現場での、積み込み作業時、を休憩とされ、
適当に調整されてます。売り上げ低下なので、残業代も
期待出来ません)

・過積載での一般道は、信号、歩行者等、非常に危険だと
指摘すると、事故を起こさない様、帰ってきて下さい。

・捕まったらどうするんですか? 捕まらない様、帰って
来てください。

・お前より、もっと大変で、がんばってる、仲間が居るんだぞ。

・嫌なら、辞めればいいじゃないか。

こんな感じです。

これは、社内での噂なのですが、私の会社から、労働基準局に
何らかの働き掛けが有って、訴えても、揉み消されてしまう。
と言う噂もあります。

私が、一番知りたい事なのですが、

・本当に労働基準法で、我が社の労働形態は、認められてる
のでしょうか?

・もし、私が過積載により、捕まったり、物損、人身事故等
起したらどうなるのでしょうか?
(物損事故と貨物の破損は、すべて、ドライバー負担です。)

・もし、労働基準局に訴えても駄目なら、どこに、誰に
訴えればいいのでしょうか?

労働基準法、運行管理に詳しい方、助言お願いします。
読みづらい長文で失礼しました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

〉が、お盆休みと、正月休み、の前日、賞与として2万円支給されます。

が、この2万円は、次の給料から、差し引かれます。同僚は、『強制前借り』等と笑ってますがこんな、会社です。変な会社ですよね。

変ですねー こんな子供騙しみたいなことして。ここの社長“叩き上げ”じゃないですか?自分の叩き上げの頃のことが“トラウマ”で残っているのでしょうか?(時代錯誤?)現代的な労使関係を理解させるのは難しい感じです。労働基準監督署に具体的な行政指導をされて少しずつ理解して行くタイプじゃないでしょうか?

いきなり申告で感情を爆発させるより、先ずは、情報提供して一般的な監督という形で労働基準監督署に指導してもらうのが良いように思います。
    • good
    • 8
この回答へのお礼

有難う御座います。私は、つい感情的になってしまうので
hisa34の助言は、助かります。

「ここの社長“叩き上げ”じゃないですか?」
その通りでして一代で築いた様です。今は、息子も
幹部で居ますが。

お礼日時:2011/09/25 04:44

今就職活動をしています。

運送業界はかなり時間の拘束がありますね

働く前に労働時間について労働基準監督署に確認をしました。


【トラック運転手の労働時間等の改善基準のポイント】に詳しく記載されています。
 拘束時間は・・・・1日13時間
          1週間に2回まで16時間
          1ヶ月293時間までです。

 拘束時間13時間ー休憩時間2時間ー労働時間8時間=残業時間3時間になります。
 この3時間については1.25倍の給料を支払わなければなりません。 
 また、都道府県が指定する最低賃金の額を下回る事はできません。埼玉県1時間759円

例えば
 総所得金額25万÷293時間=854円です。(上記759円で比較した場合最低賃金は守られて
います)

 総所得金額(基本給+その他手当て)=25万の場合
 残業代単価(1801円)=25万÷173.5時間(1ヶ月法定労働時間)×1.25倍(割増賃金)
 1ヶ月93時間の残業代=93時間×1801円=16万7493円になります。
 
 会社は拘束時間中の休憩時間 『待ち時間の仮眠時間も含む』 でも賃金は支払う義務があります。
 但し会社によっては無事故手当て・運行手当て・車両整備手当てが残業代 『ドライバーに告知
する必要有り』 であると言う会社があります。残業代がそれに見合わない場合は請求できます。
告知が無い場合は上記のその他の手当てに含める。

上記内容は電話で確認をした物でありもう一度ご自身で労働基準監督署に確認をして下さい。
労働基準監督署や役所等に説明をする場合はある程度勉強しないと相手にされません。まず 『【トラック運転手の労働時間等の改善基準のポイント】を読んで分からない事を監督署に聞く事から初めて見てはどうですか。その上で労働基準法に違反していると判断できる書類等を収集してから労働監督署に相談に行ってみたら良いと思います。

上記は法律上の話であり会社がこの基準を守った場合倒産してしまう時代なのでしょうね。だから、
ほとんどの会社は労働基準法に抵触しない様に工夫をしているのでしょうね。社長も会社を倒産させない為に必死なのだと思います。自分たちの会社や家族を守る為にも相談できる社長であれば、多少大変な事でも社員は工夫しがんばるのにね! 社長もプライドがあり社員にそんな相談したくないのでしょうね!
 

 
 運送業界のドライバーはもっと自分たちの立場を守る為にも物を運ぶだけではなく、会社全体の
売上・原価・利益・営業・法律を勉強するべきであると思います。そして業界全体の地位を向上
できれば良いですね!業界で働いていないので偉そうな事を言って申し訳ありませんでした。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

細かな助言、有難う御座います。
この、業界は、仕事は、大変だけど
給料がいい。と言うのは、昔の事の様です。
tolpeswx3さんの、就職活動を応援します。

お礼日時:2011/10/07 12:30

下記のURLは、厚生労働省が作成した「トラック運転者の労働時間等の改善基準のポイント」です(全体版PDFをクリックしてください)。


http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyo …

次のURLは、労働安全情報センターが作成した「自動車運転者の労働時間管理」で、一表にまとめてあります。
http://labor.tank.jp/jikan/kaizen_kijyun.html

面倒ですがご覧になったことありますか(私はいつ見てもピンと来ません)。参考になれば幸いです。

〉会社の言い分
労働基準法では、13時間拘束は、法律違反では無い。
(日報上では、現場での、積み込み作業時、を休憩とされ、適当に調整されてます。売り上げ低下なので、残業代も期待出来ません)

こうした残業代不払を“摘発”しなければなりません。“摘発”(労働基準法では「申告」がこれに当たります)せずとも、所轄の労働基準監督署に相談してみてください。匿名の“情報提供”も可能です。

過積載も参考URLです。(各地方運輸局及び各運輸支局)に相談してみたら如何でしょう。
http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03punishment …

(物損事故と貨物の破損は、すべて、ドライバー負担です。)

これは、絶対全額負担してはいけません。裁判をやられても負けません。これは、URL無しで自信を持って回答できます。

この回答への補足

給与、賞与の、話になりますが、
私は、入社4年、45歳。手取り21万円。賞与なしです。

が、お盆休みと、正月休み、の前日、賞与として2万円
支給されます。

が、この2万円は、次の給料から、差し引かれます。
同僚は、『強制前借り』等と笑ってますが
こんな、会社です。変な会社ですよね。
hisa34は、どう思いますか?

補足日時:2011/09/24 12:03
    • good
    • 4
この回答へのお礼

色々、詳しく書いて頂いて
有難う御座います。
時間が取れず、お礼、遅れました。
すいませんです。

お礼日時:2011/09/24 11:58

運送会社所長ら4人逮捕=名神6人死傷、過労運転命じた疑い―大阪府警(時事通信)


運転手に過労運転命じた容疑 名神高速6人死傷事故、運送会社所長ら逮捕(産経)
700キロ運転を週6日…過酷な乗務を指示(読売)

こんどはあんたらの番やで、と言っておいてください。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

助言、有難う御座います。

本当に大きな事故になったら
どうするつもりなんでしょうかね。
実際、何度も、「ドキッ、止まらない~」
なんて、しょっちゅうです。

お礼日時:2011/09/24 11:56

実際の所、労働基準局は、大事故等の事が起きないと、腰が重たく、簡単に動いてはくれません。


どうしたら動くかと言うと、会社の運行管理や役員等が過積載等をさせる言葉等を録音したりする。
日報やタコグラフ等のコピーを毎日取っておくこと。
重量計が付いてて、重量がわかるならそれも記録。
荷主等にも、重量がオーバーする事を相談をして、そのやり取りを録音。
それ以外でも、気がついたら記録と録音をする。
これらの証拠を集めて、弁護士さんに相談をしてみる。

ただ過積載の証拠を取るのが難しく、荷主と会社から発言でも取れればまだ救われますが・・・
警察に密告をして、カンカンやって貰うと、自分達の被害は甚大になります。
白を切れば、割りと逃げられるものです・・・
積み荷の写真を撮り、量りで量った所、数字が写るようにすれば良いかもしれません。
積んだ人の責任もあるので、追求されるでしょうが・・・

どちらにしても、やめる覚悟で、お金を惜しまなければ、何とでもなります。
労力とお金の事を考えたら、他に転職した方がいいかもしれません。

この回答への補足

funky-dさん。
実は、今日、ある幹部に「日報のコピーの社外への
持出しは、辞めて欲しい」と行って来ました。
どんな、考えで言ってきたのでしょうか?
まあ、私は、「わかりました」それだけしか
言いませんでしたが。

また、助言、お願いします。お手数お掛けします。

補足日時:2011/09/25 04:50
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有難う御座います。証拠ですね。
日報のコピーを取り始めました。
私の行動を幹部がチェックし始めた
様です。

お礼日時:2011/09/24 11:49

車は会社持ちですよね。

ガソリンも自動車保険も!

それでも、積載オーバーは会社側が知っていてやらせてるわけですから、ここから叩いて改善策を見出すしかありませんね。

積載オーバーの取り締まりは警察ですよね。警察に相談してはいかかですか?

あなたも、火の子を被ると思いますが・・・・

会社の経営者や役員は贅沢してませんか?していなければ早めに転職をおススメします。
どこも、経営が苦しいようです。正しくする事はいいことですが、会社が倒産してしまえば意味がありませんよね。

都内のタクシー運転手は、22~24時間拘束です、勿論、勤務は12回/一ヶ月だけですけど。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q運送会社の、通報は何処にしたら良いのでしょうか? 1 トラックの、持ち帰りを、会社が黙認している 2

運送会社の、通報は何処にしたら良いのでしょうか?

1 トラックの、持ち帰りを、会社が黙認している

2 夜間点呼管理者が事務所出なく休憩室で飲酒している。

社員が、会社に、対して抗議しても全く直らない。
事務所の人達は社長が、全くやる気が無いとかで半ば諦めて
いる感じですが、働いてる側からすると、正直ふざけるなって感情が、生まれます。

今年の春先に、酒飲身で、事故を、起こした人が居て
監査が、入り営業停止が、来るかと思うのですが
そんな、事が、有りながらも改善する気が、ないようで
呆れてしまいます、

何処に通報すると良いのでしょうか

運輸支局で良いのでしょうか?
通報した際に、こちらの身元が会社側にバレたりしないかが
不安です

詳しい方よろしくお願いします

Aベストアンサー

内部通報してもいいけど、会社が潰れる可能性もありますよ?
「すぐ仕事が見つかれば・・・」と言ってますが本末転倒な行動ですよ(;^_^A
逆に通報することで自身の首を絞めかねない事態になり得ることを想定して
そういう事に臨んでください。

Q運行管理者の違反?

私の会社では点呼などの運行管理者本人がしなければいけない仕事をドライバーが各自でやってます。
明らかに積載オーバーなトラックにドライバーを平気で乗せます。
こんな勝手な運行管理者をギャフンと言わせたいのですが、どこか密告するようなところがあるのでしょうか?
このままではドライバーの私たちが積載オーバーで捕まったり過労で倒れそうです。

Aベストアンサー

とても危ない状況です。
至急、国土交通省に内部告発されることが一番です。
下記にある地元管轄の運輸局に通報してください。
立ち入り検査が行われます。

http://dir.yahoo.co.jp/Government/Agencies/Executive_Branch/Ministry_of_Land/Regional_Transport_Bureau/?frc=wsrp

Q会社をつぶす方法

私は今の社長の口車に乗せられ入社しました、
毎月300時間の重労働にも関わらず
会社の経営状態の低迷を理由に給料の査定も2回見送られ、もういい加減に堪忍袋の尾が切れそうです。
社長は新車購入、高給住宅地住み、ゴルフ等と全て
社員の売上を自分のポケットマネーにしています。
私は毎月65万の利益を出し、給料総支給額26万頂いております。とてもではないですが、残業手当も休日手当ても無く来月自己退職するに至りました。
しかし社長に対する嫌悪感が増し、なんとか痛い目に合わしてやりたいです。
労働基準監督所に訴えるのは最終手段と考えています。

Aベストアンサー

そういう会社とはさっさと縁を切るのが一番だと思うのですが。
私の夫もあなたと同じようなこと、いろいろやられました。それでも耐えていたら、社長から「退職勧奨」というかたちでいきなりやめさせられました。
労政事務所はアドバイスするだけ、労働基準監督署は、労働基準法と就業規則を照らし合わせて結局、会社が有利なようになっていただけ。何もしてもらえませんでした。弁護士も同様。
うちは結局何もできませんでした。

同じ社員でちょっと先に社長とけんかして「懲戒解雇」になった人がいます。
その人は復讐に燃えていましたね。
同業他社に入社して、けんかしてやめた会社の売上を全部自分のものにひっくり返すと言っていました。実際、その人のせいでもなかったですが、売上は下がっていました。

そういう社長の会社ってどうせ将来性はないので、
少しでも早くおさらばできるように、転職活動を始めるのが一番だと思いますよ。

Q名義貸しになりますでしょうか?

「A運輸」において2tトラック(緑ナンバー)に配送の仕事をしているB氏の話です。

・トラックの所有者はオートリースの会社で、借主はA運輸。

・当該車両に乗務して配送業務をしているドライバーはB氏。

・B氏はA運輸の社員ではなく、A運輸から専属で仕事を請けて、
 完全歩合で働いている。

・当該車両のリース代はB氏がA運輸からの報酬から天引きされて支払っている。
 その他、燃料代や高速道路代なども天引き。 

・B氏がやっている仕事はA運輸の正社員と同じ。

これは貨物自動車運送事業法第27条に抵触していませんか?

Aベストアンサー

他の回答と異なりますが、実態としては、Bさんの持ち込みと同じ行為です。
Bさん個人の名で緑ナンバーが取れず、A運輸の許認可での仕事ができないため、A運輸の名義を借りての車両持込みでしょう。

Bさんがドライバーというだけであれば、雇用関係でなくとも構わないかもしれませんが、リース料や諸経費負担をしている実態としては、運輸関係の許認可のない下請けにやらせている行為をごまかしているだけでしょう。

私の知っている運送会社においても、持ち込みの下請けさんがいました。しかし、緑ナンバーの問題が出て、質問のA運輸のような名義貸し行為の形でごまかしましたが、それも陸運局より問題視されてしまったことがありました。

結果、持ち込みや下請けドライバーを辞めざる負えない状態となり、条件が変わることにより喜んだり妥協するドライバーは残り、嫌がるドライバーは他社へ移りましたね。

この問題は警察よりも陸運局からの指導に注意が必要だと思います。
また、事故などが生じた場合、雇用関係なのか下請なのかわかりにくい状況となり、労災や損害賠償で大変なことになるでしょう。

仕事内容が社員と同じかどうかよりも、契約形態と実体の状況が重要なのです。本来は形式の問題ではないのです。陸運局へ密告などをすれば、A運輸は事業の仕組みを大きく見直す必要が生じますし、下請けに頼った事業であれば、最悪会社が傾く可能性があることでしょうね。

他の回答と異なりますが、実態としては、Bさんの持ち込みと同じ行為です。
Bさん個人の名で緑ナンバーが取れず、A運輸の許認可での仕事ができないため、A運輸の名義を借りての車両持込みでしょう。

Bさんがドライバーというだけであれば、雇用関係でなくとも構わないかもしれませんが、リース料や諸経費負担をしている実態としては、運輸関係の許認可のない下請けにやらせている行為をごまかしているだけでしょう。

私の知っている運送会社においても、持ち込みの下請けさんがいました。しかし、緑ナンバー...続きを読む

Q会社のトラックを事故で壊してしまいました。

会社のトラックを事故で壊してしまいました。

知人から相談されたんですが、分からないのでどなたか宜しくお願いします。

県内では割と大きい運送会社に入社して4日目に大型トラックを運転中に高さ制限のある線路下のコンクリート部分に箱(荷台)が接触。

箱が大きく歪んでしまい、中に入っていた荷物もいくつか破損したそうです。

エンジンやその他は問題ないが、箱部分だけを取り替えるのが可能かどうかは分かりません。

修理費や弁償等について上司に聞いたら「そういうのはいいから稼いで返してくれ」と言われたそうで、おそらく給料から毎月少しずつ天引きやボーナスのカットになるようです。

でも知人は会社を辞めたいそうです。

そうなるとやはり支払ってくれと言われますよね、多分…。

知人は大型車の運転経験が少なく、未経験者でもOKということで応募・採用になり3日間は二人一組で練習し、4日目の初めて一人での運転で事故ということみたいです。

保険はというとトラックを多数所有している会社は毎月の保険費用だけでかなりの額になる為、修理費用を会社で負担したほうが安く済むという理由で加入していない場合が多いらしいです。(その会社は分かりませんが…)

もし大型トラック1台全損と商品の弁償となると何百万にもなってしまうんじゃないかと泣きながら相談を受けたんですが、もしそうなったらやはり辞めないほうが良いとは思うんですが…。

会社との就業契約次第だと思うんですが、全額弁償になりそうでしょうか??

詳しい方、あくまで意見として宜しくお願いします。

会社のトラックを事故で壊してしまいました。

知人から相談されたんですが、分からないのでどなたか宜しくお願いします。

県内では割と大きい運送会社に入社して4日目に大型トラックを運転中に高さ制限のある線路下のコンクリート部分に箱(荷台)が接触。

箱が大きく歪んでしまい、中に入っていた荷物もいくつか破損したそうです。

エンジンやその他は問題ないが、箱部分だけを取り替えるのが可能かどうかは分かりません。

修理費や弁償等について上司に聞いたら「そういうのはいいから稼いで返し...続きを読む

Aベストアンサー

まず全額はないでしょう。古いものを新しくすると言うのは出来ないと思うし
まだ未経験に近いのものをいきなり一人で運転させる。
運転経験はあるのかな、土地勘はあるのかな、やはり道路をきちんと指定して
事故がおきないようにするのも会社側の義務があると思う
今まで使ってきて償却というのがあるので全額というのは通常おかしい話ですね。

後は金額次第かな。

確定じゃないけど
トラック運送業界として、環境問題への対応のほか、輸送量が徐々に回復傾向にあることも踏まえ、低公害車・最新規制適合車への買い換え ... 1.運行管理の徹底. 事前に運行経路の道路情報、道路規制情報、気象情報を確実に収集すること。 ...

多分その義務があり話し合う事をしていない・・・

後は拘束時間が正しいのか色んな要素が絡んできますので
一概にあなたの責任だとは言えないような感じですね
指示事項 運行経路/運行時間/運行上の注意/運行経路の道路状況及び気象状況
ってなんでしょうかね
https://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/03safety/personnelmanagement.html

国土交通省からのものがあったのでリンクさせて起きます
たぶん企業側の違反になるかも どこまで義務があるのかわかりませんが・・
弁護士に確認してもいいかも・・・専門的なものですから誰でもというわけに行きません

ここの回答者も自信を持って回答されているようでいろんなことがぬけているでしょう
弁護士も専門分野があり回答を信じてはいけないよ。もう少し開けておきましょうか

実運送事業者は、安全運行が確保できる運行経路の検討を行い、適正な運行計画が確保できない場合には、発荷主に対して出発予定時間、その遅延理由等を報告すること。

というHPもあるし
http://www.mlit.go.jp/pubcom/07/pubcomt59/01.pdf#search='標準運行経路 トラック'

そもそも積載量が正しいのか、そのあたりも考えていかないといけない
積みすぎならあなたの責任じゃなく荷主の責任もあるかも

未熟練者の的確性を吟味することなく納車担当業務につけた会社にも責任があるから、右ミスによる過失割合は4割とするのが相当である。
と言う判例もあるね
http://www.geocities.jp/endofujio/kasitusousaitogyouka.htm

だから全額と言うのは無理なようなきがするが弁護士 司法書士会の相談に行きましょう。

まず全額はないでしょう。古いものを新しくすると言うのは出来ないと思うし
まだ未経験に近いのものをいきなり一人で運転させる。
運転経験はあるのかな、土地勘はあるのかな、やはり道路をきちんと指定して
事故がおきないようにするのも会社側の義務があると思う
今まで使ってきて償却というのがあるので全額というのは通常おかしい話ですね。

後は金額次第かな。

確定じゃないけど
トラック運送業界として、環境問題への対応のほか、輸送量が徐々に回復傾向にあることも踏まえ、低公害車・最新規制適合車への...続きを読む

Q運送会社にて物損事故の弁償金について

運送会社に就職しました。4tトラックを運転中に建物と擦ってしまい、建物と車の修理代金を弁償せよと会社に言われました。(¥399000)
これは支払わなければならないのでしょうか?故意にやったわけではありません。
始末書と事故報告を書きました。

また自分は今試用期間で日給¥6000-です。
つまりバイトに運転させて車が壊れたわけです。

就業時間も13:00から3;00までが当たり前で酷い時は19時間も働かさます。
残業も着きません。

酷い会社に入ってしまいました。
トラックの弁償はしなくてはいけないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的に、会社が負担、会社がかけている保険で購うべきものです。

民法
| (使用者等の責任)
| 第715条
|  ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

労働者への損害賠償請求が認められるためには、上の条文でいうところの相当の注意が必要です。
例えば、そういうミスをしないために、
・過労運転なんかにならないよう、十分な休憩、休養時間を与え、勤務ローテーションを汲んでいる。
・そういうミスが起きないように定期的に教育や訓練を実施する。
・ミスが起こりそうな状況、インシデントなどに対し、口頭注意、書面注意、始末書提出など、段階的な処分を実施した実績がある。
など。


差し当たり出来る事として、トラブルの経緯の内容、日時、場所、担当者の部署、役職、氏名など、ガッツリ記録しておくのが良いです。
ペン書き、ページの入れ替えの出来ない布綴じのノート、当日のニュースや天気、業務内容を併記すると、信憑性が上がります。
必要ならば、ICレコーダーなども使用してください。
そういう物をポケットに入れておくだけでも、精神的に余裕を持てるような効果もあります。

通常であれば、そういう状況での相談先としては、まずは職場の労働組合へ。
組合が無い、機能していない状況でしたら、社外の労働者支援団体へ相談する事をお勧めします。

Yahoo!トップ>ビジネスと経済>労働>労働組合
http://dir.yahoo.co.jp/Business_and_Economy/Employment_and_Work/Labor/Unions/

の、
全国労働組合総連合(全労連)
全国労働組合連絡協議会(全労協)
など。

基本的に、会社が負担、会社がかけている保険で購うべきものです。

民法
| (使用者等の責任)
| 第715条
|  ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。

労働者への損害賠償請求が認められるためには、上の条文でいうところの相当の注意が必要です。
例えば、そういうミスをしないため...続きを読む

Q会社が原因でうつ症状に。損害賠償等の補償は請求できますか?

現在、抑うつ症状
(具体的には適応障害・パニック障害・睡眠障害 等)
を発症している者です。

会社での業務・一部人間関係等が原因であることは明白なのですが、
会社的には私傷病扱いと言うことで現在、会社を休職しております。

短期で治癒するなら特に気にしてなかったのですが、
4ヶ月経過しているのですが、目に見えて回復してくる様子もなく、
万が一今の会社を辞めざるを得ない事になった場合、
社会復帰&転職できるかも不安になり、悔しさが増してきました。

そのため一連の事は、労災ではないかと会社に問い合わせたのですが、
業務との因果関係が立証しにくい事、
途中で労災に切り替えた場合、傷病手当金を返還しないと行けない事。
などから、今のまま傷病手当金を貰っていた方が良いと言われました。

しかし、会社は待っても休職期間は3月末までと言われています。


友人・知人にも話したのですが、
労災として認められる事はもちろん、
法的に損害賠償等が請求できるケースもあると聞き
会社の言いなりになってると泣き寝入りになってしまうよ。などの
話もあって、お伺いしようと決心しました。

実際、私のような場合では法的な請求をして
要求が通る確率はどうなのでしょうか?
また、他に良い方法があればアドバイスいただければと思います。

まだ、弁護士さん等には相談してませんが、
その予習に有識者の皆様のお知恵を拝借したいと思い
投稿させていただきました。

現在、抑うつ症状
(具体的には適応障害・パニック障害・睡眠障害 等)
を発症している者です。

会社での業務・一部人間関係等が原因であることは明白なのですが、
会社的には私傷病扱いと言うことで現在、会社を休職しております。

短期で治癒するなら特に気にしてなかったのですが、
4ヶ月経過しているのですが、目に見えて回復してくる様子もなく、
万が一今の会社を辞めざるを得ない事になった場合、
社会復帰&転職できるかも不安になり、悔しさが増してきました。

そのため一連の事は、労災...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

私も、仕事が原因でメンタル的にトラブルを抱えています。
一時は、パニック障害を発症して仕事にならなかったこともありますし、そんな状態が続いてうつ症状も発症しました。
今は投薬治療のおかげで症状がだいぶ治まっています。
そのときに、色々と調べてみましたので、それを参考にアドバイスします。


>業務との因果関係が立証しにくい
会社がよけいな面倒を抱えたくないために、質問者さんを牽制(けんせい)している様に思えます。。
ですが、法的に争うためには「因果関係」を実証しなければなりません。

>月平均80~90時間の残業が続きました。
>ちなみに残業代の全額は支払われておりません。
タイムカードの写しを取ることを会社に請求してみてください。もし、断られたら今からでも遅くないので、勤務時間を毎日、勤務時間ノートにを記録してください。

>途中で体調がすぐれないとも訴えましたが
何らかの文章で提出していればそれも証拠になります。口頭でも、朝礼などでいったなら同僚が承認になってくれることもあります。

>同プロジェクトに入っていたもう一人の先輩も体調を崩し、退職してしまいました。
いざというときには彼の証言も役に立ちます。

>一部パワーハラスメント的な事
録音があれば一番ですが、無ければ、今からでも構いません。いつ、どのようなパワハラを受けたかノートに記録してください。

その他、メンタル的な面でお医者さんにかかっていればそのカルテも証拠になります。

いきなり法的に争うよりも、まずは証拠になりそうなものをかき集めて、労働基準監督署に相談してみてください。


泣き寝入りすることはないと思います。
私のアドバイスだけでは十分でないと思います。
インターネット上には相当な情報がありますので、まずそれらを集めて、「戦闘態勢」を整えてください。

私の考えとしては今の職場にとどまることはあまりお勧めできませんので、できるだけ有利な条件を引き出して退職し、新たな職場で心機一転、頑張る方が良いと思います。…私もそう考えている一人です。

はじめまして

私も、仕事が原因でメンタル的にトラブルを抱えています。
一時は、パニック障害を発症して仕事にならなかったこともありますし、そんな状態が続いてうつ症状も発症しました。
今は投薬治療のおかげで症状がだいぶ治まっています。
そのときに、色々と調べてみましたので、それを参考にアドバイスします。


>業務との因果関係が立証しにくい
会社がよけいな面倒を抱えたくないために、質問者さんを牽制(けんせい)している様に思えます。。
ですが、法的に争うためには「因果関係」を実...続きを読む

Qすでに退職した会社から、在職時に起こした事故のお金を請求されました

旦那の話なのですが、7月の頭に、1年ほど勤めていた会社を辞めました。
その会社に在職していた際、勤務中に旦那が事故を起こしてしまい、相手の会社の方にケガを負わせてしまいました。
勤務中ということで、会社の方でいろいろ処理されたようです。
その方は2ヶ月ほどの療養で復帰しました。
それから3ヶ月ほどたって、退職したい旨を会社に伝えたところ、
「まだその事故の処理が終わってないから」と拒否されたようで、
こちらとしても負い目があったので、それからまた半年ほど勤めておりました。
給与明細を見ても、特に何も引かれてはいませんでした。
半年ほどたって、ようやく退職届けを受理され、先月の頭に退職する運びとなりました。
辞める際も、事故のことを聞いたのですが、「会社で処理したから大丈夫」というような内容の話をされ、
ほぼ円満退社ということでした。
しかし昨日になって突然会社から、
「事故の件でお金が発生したので、そちらに請求する。書類を送る」という連絡がきました。
まだ書類は受け取ってませんので、詳しい内容は現時点ではわかりません。
こういう場合は、やはり支払わなければならないのでしょうか?
法律にうといもので、とても気になります。

因みに、7月の頭に退職して、8月の1日から新しい所へ就職したのですが、
未だに離職票が出されておらず、今の会社の方も当方も、保険関係などで手続きできず困っています。
何度か前会社へ催促をしてるのですが、「7月の給料(占めまで一週間ほど働いた分があります)の決済(?)がおりるまでうんぬんかんぬん」と誤魔化され続けているようです。
旦那も私も素人なもので、これが普通なのか、私達の行動や考えが行き過ぎているのか、見当もつかず、とても不安です。

どなたかお知恵を貸していただける方がいらっしゃいましたら、
どうぞよろしくお願いします。

旦那の話なのですが、7月の頭に、1年ほど勤めていた会社を辞めました。
その会社に在職していた際、勤務中に旦那が事故を起こしてしまい、相手の会社の方にケガを負わせてしまいました。
勤務中ということで、会社の方でいろいろ処理されたようです。
その方は2ヶ月ほどの療養で復帰しました。
それから3ヶ月ほどたって、退職したい旨を会社に伝えたところ、
「まだその事故の処理が終わってないから」と拒否されたようで、
こちらとしても負い目があったので、それからまた半年ほど勤めておりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

 会社からの損害賠償請求についてアドバイス(参考URLのご紹介)したことがあります。
 事例として少し違うので、参考になるかどうかわかりませんが、URLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3958736.html(類似質問)

 質問者さんのご主人が仕事中に起こしてしまった事故で第三者(相手の会社の方)に損害を与えてしまい、使用者(会社)が負担した費用を労働者(質問者さんのご主人)に求償(請求)できるか、というご質問ですが、その事故について、質問者さんのご主人の過失がどの程度かによるのではないかと思います。
 重過失があれば、一定の負担(故意に事故を起こしたのでなければ全額ということはないと思います。)は避けられないと思いますが、軽過失にとどまるのであれば、損害賠償義務は負わないということになるのではないかと思います。
 法的な考え方では上記のようになっても、会社と話し合って負担割合を決めることが現実的な場合もあると思います。
 まずは会社からの請求内容(項目・算定根拠等)を確認し、請求金額が多額な場合や納得できない内容の場合は、すぐに回答しないで、労働局等に相談し個別労働紛争あっせん制度の利用することや労働審判制度の利用も場合によっては考えられると思います。
 当事者間での話し合いで埒があかない場合に利用される「個別労働紛争あっせん制度」は、簡単に言うと、弁護士や大学教授といった第三者に話し合いを取り持ってもらうもので、「無料・原則1回・半日程度」で実施されています。
 ただし、あっせんの申請をしても、会社が話し合いのテーブルに着かない(拒否)場合や、あっせん案を受け入れない場合は打ち切られます。(裁判のように、出て行かなければ訴えた側の主張が100%認められるというものではありません。)
 話し合いですので、一方の主張のみを100%認めるようなあっせん案(損害賠償0円or全額)ということはないと思います。
 「労働審判制度」は比較的新しい制度で、労働者自身でも手続は可能ですが、3回の審判で結論を出すため、事実関係・主張等の論点整理を適切に行うため弁護士を付けることを裁判所から強く勧められるようです。
 また、法律相談としては自治体の無料法律相談や、自治体の労働相談の1つの形態として無料の弁護士が法律相談に応じているところもあるようです。(特別 労働相談 県・市等で検索できると思います。)
 このほかには、弁護士会の法律相談(30分 5,000円程度)などの利用も考えられると思います。
(労働局や法律相談では、限られた時間の中での相談となると思いますので、「事実関係や会社の説明や対応等を時系列的にまとめたメモ」、「どのような解決を望むか」、「訴訟・労働審判・個別労働紛争あっせん・調停等のメリットとデメリット、時間と費用、手続き、過去の類似事例の解決方法、等の聞きたいこと」を事前にまとめておく等準備しておかれることをお勧めします。)

http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/rosei/soudan/netosoudan/jirei-m/m-16.html(参考:類似質問)
http://www.pref.yamagata.jp/sr/rodoyama/back/consu/consu_0611/consu0611.html(参考:類似質問)
http://www.soumunomori.com/forum/thread/trd-46522/?xeq=%E6%90%8D%E5%AE%B3%E8%B3%A0%E5%84%9F(参考:類似質問)
http://www.e-somu.com/business/qa/backno/2004/06/28(参考:類似質問)
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/chihou/kaiketu/soudan.html(労働局総合労働相談コーナー)
http://www.pref.shizuoka.jp/sangyou/sa-210/roudousoudan/jirei/jirei29.html(個別労働紛争)
http://www.jil.go.jp/kikaku-qa/funsou/index.htm(個別労働紛争)
http://www.roudoukyoku.go.jp/roudou-soudan/about.html(個別労働紛争)
http://www.gifu-roudoukyoku.go.jp/soumu/kikaku/kobetufunnsou.htm(個別労働紛争)
http://www.kagoshima.plb.go.jp/mondai/qa/qa12.html(個別労働紛争)
http://www.aiben.jp/page/frombars/topics2/194roudou.html(労働審判制度)
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/sihou/hourei/roudousinpan_s.html(労働審判制度)
http://www.yonekawa-lo.com/legal/backnumber1/rodo1.htm(労働審判制度)
http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/kijunkyoku/jouken/980804.htm(労働条件相談センター)
http://www.zenkiren.com/center/top.html(労働条件相談センター)
http://www.pref.chiba.jp/syozoku/f_rousei/smng/rsmg/byrs.html(弁護士による特別労働相談)
http://www.pref.saitama.lg.jp/A02/BK08/gyoumu/tokubetu.html(弁護士による特別労働相談)
http://www.pref.kyoto.jp/rosei/14600009.html(弁護士による特別労働相談)
http://homepage1.nifty.com/rouben/soudan1.htm(日本労働弁護団(http://homepage1.nifty.com/rouben/))
http://www.nichibenren.or.jp/ja/attorneys_fee/(弁護士費用)
http://www.bengo4.com/estimate2.html(弁護士費用)
http://www.naben.or.jp/bengosisetumei.htm(弁護士費用等)
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/index.html(弁護士費用等)
http://homepage3.nifty.com/miebar/Hiyou/housyuu.htm(弁護士費用等)
http://www.nichibenren.or.jp/ja/link/bar_association.html(弁護士会)

 なお、「『7月の給料(占めまで一週間ほど働いた分があります)の決済(?)がおりるまでうんぬんかんぬん』と誤魔化され続けているようです。」とのことですが、法的には退職した労働者が未払いの賃金を会社に請求すれば、会社は給料日前であっても、7日以内に支払いをしなければならないことになっています。(労働基準法第23条第1項)
http://www.shizuokarodokyoku.go.jp/qa/jirei13.html(Q1:退職後の賃金)
http://www.work2.pref.hiroshima.jp/docs/1411/C1411.html(退職後の賃金)
http://www.pref.fukushima.jp/roui/roushitoraburuqa/kobetu/200508.html(退職後の賃金)
http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%98%4a%93%ad%8a%ee%8f%80%96%40&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=S22HO049&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1(労働基準法)
労働基準法第23条第1項(金品の返還)
 使用者は、労働者の死亡又は『退職』の場合において、『権利者の請求があつた場合』においては、7『日以内に賃金を支払い』、積立金、保証金、貯蓄金その他名称の如何を問わず、労働者の権利に属する金品を返還しなければならない。
 離職票もハローワークへの提出期限もあります。
 質問者さんのご主人に求償(請求)を承諾させようと、1つのカードとして、手続きを保留しているようにも思えます。(会社側の不適切な対応(一種のいやがらせ?)として、損害賠償の話し合い等の時に逆に材料(税務署やハローワーク、労働基準監督署に連絡・相談)として使えるかもしれませんが・・・。)
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2539283.html(離職票・源泉徴収票の不交付)
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/23100017.htm(源泉徴収票不交付の届出手続)

参考URL:http://www.pref.saitama.lg.jp/A07/BL00/so-dan/jireishu10-2.html

 会社からの損害賠償請求についてアドバイス(参考URLのご紹介)したことがあります。
 事例として少し違うので、参考になるかどうかわかりませんが、URLをお知らせします。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3958736.html(類似質問)

 質問者さんのご主人が仕事中に起こしてしまった事故で第三者(相手の会社の方)に損害を与えてしまい、使用者(会社)が負担した費用を労働者(質問者さんのご主人)に求償(請求)できるか、というご質問ですが、その事故について、質問者さんのご主人の過失がどの...続きを読む

Q労働基準法(労働時間・労働賃金・罰金)についての質問です。

労働基準法(労働時間・労働賃金・罰金)についての質問です。

私は運送業で運転手として働いています。
仕事時間は深夜2時から夕方の3時頃までの13時間程度で月の労働日数は23日程です。
一日の動きとしては、深夜に会社で商品を積み込み配送先に商品を降ろしてから会社に戻り、もう一度会社で商品を積み込み配送先に納品して帰ってくるという感じです。
休憩時間は会社に戻ってから次の便までの40分程です。

労働時間として長すぎるのではないかと思うのですが、会社の先輩に「運転手には労働時間の規則はないし通常の労働者と同じに考えてはいけない」というような事を言われました。
先輩の言うように運転手という職業には通常の労働者のような休憩時間や労働時間は適応されないのでしょうか?

また給与が「基本給120.000円」「運行手当50.000円」「無事故手当30.000円」「皆勤手当10.000円」「安全作業手当10.000円」「特別手当20.000円」となっているのですが基本給以外の項目も最低賃金の対象になるのでしょうか?

さらに先々月に商品を破損してしまいました。(通常に十分考えられるリスクの範囲内での破損)
商品の破損金額は10.300円だったのですがその月の給与の安全作業手当10.000円が貰えず、次の月も今月も同様に安全作業手当が貰えない状態です。

会社にとりあってみたのですが「給与の受領書に(給与は手渡しです)商品の破損や誤配、クレームがあった場合は最大1年間安全作業手当の支給がありません。」って書いてあるよね。サインしてるよね。」と取り合っても貰えない状況です。

サインをしてしまっている以上涙を呑むしかないのでしょうか?
これは賠償予定の禁止に該当しないのでしょうか?
そして実際の破損金額以上の給与を貰えていない状況なのですがこれも労働基準法に抵触しないのでしょうか?

非常に悔しいです。。。どなたかアドバイスをお願い致します。

労働基準法(労働時間・労働賃金・罰金)についての質問です。

私は運送業で運転手として働いています。
仕事時間は深夜2時から夕方の3時頃までの13時間程度で月の労働日数は23日程です。
一日の動きとしては、深夜に会社で商品を積み込み配送先に商品を降ろしてから会社に戻り、もう一度会社で商品を積み込み配送先に納品して帰ってくるという感じです。
休憩時間は会社に戻ってから次の便までの40分程です。

労働時間として長すぎるのではないかと思うのですが、会社の先輩に「運転手には労働時間の規則はない...続きを読む

Aベストアンサー

 運送業は、法定労働時間と拘束時間の2つの視点から、労働時間等が厳しく定められています。特に、拘束時間は、国土交通省の地方運輸局の監査において、車両停止等の処分の対象にもなります。従って、
 「運転手には労働時間の規則はないし通常の労働者と同じに考えてはいけない」
は、全くの誤りです。

 労働基準法第32条で、労働時間は、1週40時間、1日8時間となっています。なので、1日13時間では、毎日、5時間の残業となります。残業するためには、あらかじめ「時間外労働に関する協定届」を労働基準監督署に提出しなければなりません。また、その内容について、使用者は、労働者に周知する必要があります。

 休憩時間は、1日8時間以上労働しているので、最低でも60分は必要です。

 拘束時間(労働時間(運転時間+荷卸時間+手待ち時間)+休憩時間)は、1か月293時間以内となっています。単純に計算しても、13時間×23日=299時間であり、休憩時間を除いても、オーバーしています。(車両停止の処分の可能性あり)

 次に、給与ですが、基本部分(残業と深夜割増除く)は、12万円/(8時間×23日)=652円となるので、最低賃金が、その金額より高い地域なら、最低賃金法違反となります。しかし、8×23=184となることから、これだけでも法定労働時間を上回っているので、正しくは、最低でも、40時間×52週/12か月=173.3で除することになり、この場合は、時間あたり692円となります。

 最低賃金の対象になるのは、支給条件が減額の対象があるものは外されます。従って、無事故手当、皆勤手当、安全作業手当が該当しそうです。運行手当と特別手当は、賃金規定を確認しないと判りません。特に、特別手当は、その条件が曖昧になっていることもあります。

 賃金規定(給与の受領ではなく)に、安全作業手当の支払条件が、「商品の破損や誤配、クレームがあった場合は最大1年間安全作業手当の支給がありません。」とするのは可能です。賠償予定の禁止に該当しません。サインの有無は関係ありません。会社の賃金規定に有れば、可能です。ただし、規定になければ、問題ですが。

 そして、最大の問題点は、時間外労働割増賃金(残業代)と深夜労働割増賃金の支払がないことです。運送業においては、それを「運行手当」に含むという抗弁が多くあります。しかし、運行手当のうち、どの部分が割増賃金なのか明示されていない限り、何ら通る話ではありません。しかも、記載されている全ての手当が割増賃金の単価の基礎に算入されます。

 それぞれの割増対象の時間数を大まかに計算すると、時間外は299-173=126時間、深夜は、1回3時間×23日=69時間となります。
 よって、割増賃金を、計算すると(これも大まかです)、時間外は、(120.000+50.000+30.000+10.000+10.000(除外しないで計算)+20.000)/173×1.25×126=200289。深夜は、(計算式略)20028。

 大まかな計算により、時間外労働割増賃金(残業代)が約20万円、深夜労働割増賃金が約2万円、合計約22万円が毎月不払になっています。概算で毎月22万円、年間264万円が不払になっているということです。仮に、運行手当5万円が割増賃金だと社長が抗弁しても、金額的には、はるかに届きません。

 社長等に言っても解決しないなら、労働基準監督署、地方運輸局、裁判所(不払の請求)が、その対応先になります。

 運送業は、法定労働時間と拘束時間の2つの視点から、労働時間等が厳しく定められています。特に、拘束時間は、国土交通省の地方運輸局の監査において、車両停止等の処分の対象にもなります。従って、
 「運転手には労働時間の規則はないし通常の労働者と同じに考えてはいけない」
は、全くの誤りです。

 労働基準法第32条で、労働時間は、1週40時間、1日8時間となっています。なので、1日13時間では、毎日、5時間の残業となります。残業するためには、あらかじめ「時間外労働に関する協定届」を...続きを読む

Qタコグラフ(運行記録計)で何がわかりますか?

うろおぼえなのですが、
昔ミステリードラマで、
容疑者の車のタコメーターかタコグラフを調べて、
ある時間にある場所に行ったことが証明されたことがありました。
あるいは逆に現場に行ってなかったのが証明されたのかもしれませんが。

タコグラフというのは、進行方向などもわかるのでしょうか?
そうでないとどこへ行ったかがわかりません。
また容疑者はタクシーの運転手でしたが、
現在一般車でもタコグラフが搭載されていますか?
今はデジタル化されているはずなので、もっと詳しいことが
わかると思うのですが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タクシーの場合、現在でもタコグラフは積んでいます。
それと、GPSで現在地がわかるようになっていて、本社ではデータを取っています。
詳しいどころか、何時何分にどこにいてどっちに向かって走っていて、その時にお客さんが載っていたかどうかさえわかります。

タコグラフでは、乗務員がちゃんと休憩しているかどうかの確認ができます。
(停車しているのも確認できる)
方向などはわかりませんが、高速道路などを走ったのは判断できます。
また、目的地が分かっていれば、ほぼ同じ時間帯を想定コースで走行すれば類似したタコグラフの記録になりますから、確実ではないにしても、信ぴょう性がかなり高くなっていると判断されてしかるべきだと思います。

一般車でも、装着はできるとおもいます…が、標準もしくはディーラーのオプションではあり得ないでしょうから、特注になると思います。


人気Q&Aランキング