ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

バイクのサーキット場で鎖骨骨折しますた・・・。
初めての骨折で、医師から「骨折・手術」と聞いた瞬間血の気が失せて、
吐き気が襲い、まぶたが重たくなり意識が飛びそうになりました。

23歳で仕事もあるのに、超テンションダウン。
週明けの火曜日に再度、自然治癒で行くか手術するか病院で検討してきます。
そのあと会社へ行って社長と上司に怒られてくる予定。。。

不安、痛い、気力湧かない、骨折ってこんなモノなのでしょうか?
骨折から立ち直った方や、実際に鎖骨骨折してしまった方の完治までの道のり、
仕事への影響(経験談?)などありましたら教えてください。

質問番号:7021533

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

鎖骨骨折経験者です。


手術しました。
ボッキリ折れていたので、チタンプレート入れて、半年後に取り除きました。

鎖骨の骨折でなんでここまで不安になっているのかを考えてみました。

貴方が不安心配性なタイプ。
サーキットでの事故なので、社長と上司に叱られること。
始めの骨折という不安。

この3つですが、社会・職場 というカテゴリーをみるとバイクでの骨折が社会人としてあるまじき失態だと思っているからでしょう。
じつは、私もバイクでの転倒。

ものすごい怒られました。
社会人としての自覚ありますか?
健康管理は出来て当然ですよね!?と

ほんと、おっしゃる通りなんで黙ってましたよ。
でも、しょうがないですよ。
折れてしまったものはどうしようもない。
あとは治すだけのことです。

私はプレートを入れてから肩があがらず、満員電車で咄嗟的に取りかわに手を伸ばすことが怖かったですよ。
でも、すぐ治りました。
プレート取り除くよりももっと前に治ってましたから。
たぶん折って2ヶ月でほぼ完治してました。
生活に困ることはないと思いますよ。

会社ではご迷惑をおかけしますと低身でいれば大丈夫。
仕事もすぐ戻れますから。
ただ周囲に迷惑をかけたり心配をかけるのは事実。
折り菓子でももって復帰してください。
心配を大きくしないことも、社会人として大事ですよ。
お大事に。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鎖骨骨折の治療法

僕は21歳の者ですが、お尋ねします。3日前スノーボードで転倒し左鎖骨の真ん中辺を折ってしまいました。後日地元の市立病院で診てもらい手術、入院の手続きをしました。そのとき納得はしましたが、帰って整形外科のホームページなどを見ていたら、「手術するケースは稀。」とか「手術してもしなくても骨がつく確立は一緒。」とか「保存治療が原則、偽間接ができる場合もあるが半年~1年経てば運動にも支障をきたさない。」などの内容が多く、手術しない方が主流なのかなと思い、市立病院は担当の医師でないとわからないという事なので、地元近辺の整形外科20軒ぐらいに問い合わせたのですが、当然「診てみないとなんともいえない。」が多く、中には「インターネットには有ること無いこと書いてあるんだよ!」と説明する態度すらみせない医師もいて、どうしたらいいか分かりません。
僕の骨折部は15mm~20mmほど離れてましたが、内出血もなく腕や手にもシビレはありません。レントゲンを見て先生も、きれいに折れてると言っていました。起き上がったり、力を入れたりは痛いですが、入院が必要な程ではありません。 
どうでしょう?できるならば手術は避けたいのですが、保存治療でも大丈夫だという確証はどうしたらもてるでしょう?逆に100%手術が必要という事はあるのでしょうか?
ご回答待ってます。。

僕は21歳の者ですが、お尋ねします。3日前スノーボードで転倒し左鎖骨の真ん中辺を折ってしまいました。後日地元の市立病院で診てもらい手術、入院の手続きをしました。そのとき納得はしましたが、帰って整形外科のホームページなどを見ていたら、「手術するケースは稀。」とか「手術してもしなくても骨がつく確立は一緒。」とか「保存治療が原則、偽間接ができる場合もあるが半年~1年経てば運動にも支障をきたさない。」などの内容が多く、手術しない方が主流なのかなと思い、市立病院は担当の医師でないと...続きを読む

Aベストアンサー

 大変でしたね。鎖骨骨折の場合、整形外科がまだ現在ほど発展していなかった時代、所謂、ほねつぎと呼ばれる術者がいました。その頃は当然、医師ではないので手術は出来ません。ですから保存的治療が主流でした。もちろん完全に骨癒合するものから偽関節になるものまでありました。
 整形外科の進歩と治療終了後の問題、保存的治療の限界から現在はプレートによる固定を行い骨癒合が確実に行われるようにする事が主となっております。ですから入院→手術なのだと思いますよ。
 8字帯固定や三角巾での固定ですとどうしても腕が動いてしまい患部に刺激が入る為、骨癒合が円滑に進みませんしもしずれた時に再度合わせないといけない2度手間が掛かります。
 プラモデルを作った経験がある方なら分かると思いますが接着剤でつけた部品は乾ききらない内に取れるとまた繋げるのに手間ですよね。それと似たようなことが起こるのでずれないように、骨癒合が円滑に行われるようにプレートを入れる事が多いですね。
 どちらを選択するかは本人次第ですが私個人としては入院→手術をお勧めします。


人気Q&Aランキング