初めての店舗開業を成功させよう>>

偽関節という言葉を耳にしました。

骨がちゃんとくっつかない為に出来るのは理解しましたが
具体的にどのようになるのか教えてください。

・動くのか?(本人の動かす意思は問わず?)
・動かすと痛みはあるのか?
・軟骨なども作られるのか?
・治療法は?
・その他何かありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

> 動くのか?(本人の動かす意思は問わず?)


 動きます、というか曲がります。
 例えば腕
 ここには骨が入っているため通常では曲がりませんが
 もし骨の途中がない場合、そこが折れ曲がれます。
 骨折をするとぷらぷら折れ曲がるのとおなじだと思ってください。

> 動かすと痛みはあるのか?
 必ずしも痛くありませんが、多くの弊害を生じることがあります。
 本来曲がるところではないため、曲がることによって筋肉や神経、血管などを圧迫し
 偽関節より先、例えば腕の場合、手首や指にしびれや麻痺を生じることがあります。

> 軟骨なども作られるのか?
 可能性は0ではないでしょうが、
 偽関節はあくまで偽であって、
 本物の関節のようには使えません。

> 治療法は?
 手術や超音波療法・赤外線療法などがあります。
 症状によって、できるだけ患者さんの負担のかからない方法を選択したいものです。

> その他何かありましたら教えてください。
 折れた骨をくっつけるには
 とにかく固定するのが得策です。
 しかし、それまで患者さんはじっとするわけにも行かず
 どうしても患部がずれてしまうことが。
 こういったものは偽関節を生む原因の1つになるのです。
 偽関節は、別の見方をすると骨が失われている状態です。
 そのためその治療は骨を補う・骨を再生させるといったことになります。
 日頃から骨に優しくない生活をしている方は骨折しやすく偽関節も生みやすいってことになりますね。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

非常にわかりやすく、具体的な回答ありがとうございます。
医療に従事されている方かと思われますが、
ここで言うのもなんですが、頑張ってください!

お礼日時:2011/09/20 12:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偽関節と診断された場合、手術は必要ですか?

右手舟状骨骨折と診断され5週間ギブスで固定してました。
2週おきに通院し診察をうけていたのですが、先日偽関節化している可能性があるといわれました。
そして手術を勧められたのですが、手術をうけるべきでしょうか?
日常生活では支障をきたしてはいないのですが、重いものを持つなど負荷をかけると痛みがあります。関節が固くなっていることも原因ではあると思うのですがやはり痛いです。
同じような経験のある方、ご回答よろしくお願いします。
できれば手術の際の入院期間、費用などに関しても教えてください。

Aベストアンサー

偽関節した場合、一番困るのは後遺症として手に力が入りづらくなる事ですね。例えば鍵を回す事が出来なくなる可能性があります。
右手舟状骨では、特に右利きの方にはこの後遺症は将来不自由な生活を送るようになる恐れがあります。

そういう後遺症を残さないために手術が必要なら従うべきですね。主治医とよく相談されてください。

Qシーネとギプスの違い

シーネ固定と、ギプス固定の違いを教えてください。よく、看護婦さんがシーネ巻き変え、とか言ってますけど、どういうことなのかなぁと思いまして。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

医用画像解析の研究者です。
以前病院に勤務しておりました。

シーネは、骨折の際、患部の固定を行うための添え木のことをさします。
医療では副子と呼びます。
ボール紙・木・竹・金属板・針金・ギプスなどが材料に用いられます。
一般的には、ハシゴ状の針金に包帯を巻いたラダーシーネ、アルミ板にウレタンを貼り付けたアルミシーネを多く使用しています。

ギプス(Gips)はドイツ語の「石膏」から来た言葉で、患部全体を覆います。
最近は、石膏ではなくプラスチック製を多く使用しています。
軽く、X線写真診断にも影響が少ないすぐれものです。
半分に切って蓋のようにしたギプスシャーレなんて言うのもあります。

一般に、シーネ固定は単純な骨折や捻挫、手先、足先、首、鼻など、比較的短期間の固定に用いられます。
ギプス固定は、2関節以上にまたがる固定、複雑骨折や重篤な捻挫、靭帯損傷など、長期にわたっての固定に多く用います。

Q骨折には全治何週間くらいかかるのでしょうか?

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
でも、この木曜に病院に行った時医師から注意されてしまいました。
その時、動いて腱がズレて手術になることもあると言われ、ションボリ。
仕事は事務職とはいえ、仕事に支障もあるし、何よりこの窮屈なギブスにウンザリ(笑)
気になるのが、その手術というのは、手術室で行うようなものでしょうか。
また、ギブスを外した後、リハビリとかあるのでしょうか。
すぐ歩けるようになるのでしょうか。
早く治す方法ってあるのでしょうか。
質問攻めで申し訳ありませんが、骨折のご経験のある方、なくても知識のある方、ご意見をお聞かせ下さい。

骨折してから、ちょうど1週間になります。
骨折箇所は足の甲の小指側です。足の外側にポコッと骨が出てるところがありますよね、その横らへん?らしいです。(うまく説明できなくてすみません。)
医師により全治までの期間がまちまちで、どんなものかと思っています。
全治2~3週間という医師や4週間という医師まで。
また指は動かしてもよいとか絶対に骨折した方の足には体重をかけないようにとか。
・・・といっても実は、骨折して3日後くらいから痛みもないので、勝手に家で歩いたりしてたんです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。完全にズレてしまえば主治医の先生の仰るように手術しなければ「偽関節」という状態になります。手術は通常腰椎麻酔(下半身麻酔)で行います。方法は長さ2cm程度のスクリュー(ねじ釘のようなもの)で固定するか、1~2mm程度のワイヤーを2本平行に刺し、更に細いワイヤーで8の字に縛る方法があります。この手術をすればギプスをする必要はありませんが、2~3週間は体重をかけることは出来ません。次にリハビリに関してですが、現在の固定が足先からすねの中央まで固定されていれば、当然足首の動きも制限されているわけなので、ギプス除去後の「足関節・可動域訓練」というリハビリをする必要があります。ただし、除去後すぐに可動域が良好である場合はその必要はありません。
 最後に骨折全般に言えることですが、ほとんどの場合、一度骨折した骨は元の硬さに戻るには約2~3ヶ月かかると言われています。ですが、機能的な問題がなくなるのには約1~2ヶ月程度と言われています。早く骨癒合させるには、骨折部を出来るだけ動かさない(骨折部をグラつかせない)ことが原則になります。「もう少しの辛抱」と思って頑張って下さい。

 お話から察すると、この骨折は「第5中足骨基部骨折」だと思います。この「第5中足骨基部」には「短腓骨筋腱」という腱が付着しており、足を内へ強く捻ってしまったりすると、この腱に引っ張られて骨ごと剥離してしまうことがあります。これがこの骨折のメカニズムです。今回ギプス固定をされているということから、恐らく骨折部の転位は少なかったのだと判断しますが、先ほどの話しにもあるように、常にこの部分は腱に引っ張られているので骨折後は十分な固定をしておかないと更にズレていくことがあります。...続きを読む

Q足の小指(指骨)を骨折し、1ヶ月がすぎようとしています。

足の小指(指骨)を骨折し、1ヶ月がすぎようとしています。
かかっていた整形外科で、偽関節ができて骨がひっつかないので手術を勧められました。
他の整形外科にかかりましたが偽関節ができて骨がひっつかなくても問題ないとテーピングでした。
初めての骨折で不安です。
経験のある方、知識のある方教えてください。

Aベストアンサー

偽関節になるとくっつ可能性はほとんど無いですね。しかし超音波治療なら偽関節でもつく場合があるそうです。私もまだ実際には確認したことはないですが、そういう報告は聞いております。骨折の超音波治療を行っている医療機関を受診されてみてはいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報