中学生の時に背骨が曲がる病気「側わん症」と診断されましたが、高校生の時には
もう治らないと医者に言われました。
それから十数年、何事もなく暮らしてきました。
しかし最近、突然左側の腰がズキっと痛くなり、動けなくなる時があります。
たまたまマッサージをしてもらったら、左右の筋肉のバランスが悪く、
体の左側が右側の筋肉にひっぱられ、常に張っている状態にあると言われました。
今後もっと悪くなっていくのではないかと心配です。
左側に筋肉を付ければ良くなるものなのでしょうか?
良い対策があったら教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 私は、8年間、恵まれて解剖学教室の研究生として人体に触れることができましたが、体重の1/15を占めるコラーゲンを主とする筋膜などの《膜》構造がテーマになりました。

《膜》構造は線維芽細胞から分泌された細胞間物質が主体で、神経終末が密に分布し、系統・器官を包んで支持し、維持しています。そして、iPS細胞とともに、再生医療に関わる細胞間物質を研究する細胞外マトリックスの研究とも関連しますが、従来は医学、医療の診療の対象にはなく、体の“無番地”状態になっています。《膜》構造は線維成分が疎な脈管通液路となる疎性結合組織を伴って、運動器系や内臓系、脈管系、神経系、感覚系を包んでいますが、その筋膜などの多能な“Fascia”が全身的に一連のネットワークを形成するので、私は“もう一つの系統”として、『支持身体感覚系』と名づけてしまいました。この“Fascia”はオステオパシー流で、米国では補完、代替医療の施療対象の主流になってきています。
 “骨組み”は可動性とともに、筋膜などの《膜》構造が骨間隙の可動域を制限しますが、《膜》構造は作用する力がなくなると基に戻る“弾性”と、作用する時間が長いと基に戻らない“可塑性”の性質があります。ストレッチングは筋を伸ばすのではなく、《膜》構造を伸ばすことで筋の活動が容易になるのです。私は他動的なストレッチングの『ずり圧』に行き着きましたが、“体のゆがみ”を完全治癒するには、塑性の変形脱出の元手としてストレッチングや『ずり圧』などを行い、患者が本来の伸びやかな「立ち方」「歩き方」を実現したときに、清々しい本来の体に変身するのです。脊柱側弯症は「肩の左右非対称」に由来し、日常的に肩を楽にし、体の力を抜いていて、体が縮み曲ってねじれたのです。基本的には、「肩を後に退く」「お腹をへこめる」ことです。私は、ご本人の努力で完全治癒を何度も見ることができました。
 脊柱側弯症の大半の“体のゆがみ”は、トラックを左回り、自転車は左からの乗り降りなどをする普遍的な“体のゆがみ”と共通で、“右前肩”で逆S字状の『脊柱』と左が高い骨盤の体幹は、右が膨らんで長く、左は尖がって縮んでいますが、四肢は左より右が縮んで曲っています。
 施療は、安全に、四肢から、筋膜などの《膜》構造に『ずり圧』を密着して伸展し、動かして、伸ばします。足の裏、手のひらは、縮みがちなので、伸展し、柔軟にします。膝や肘が伸びて、踵や手首が突き出せるようになると、骨盤や肩の様子が変わってきます。頻繁に、ドガのバレリーナのように、後に手を伸ばしきって、手の甲を重ねるポーズをして、背中、お尻を小さくし、その感覚を覚えて、その感覚を楽しむことです。『脊柱』や骨盤を真っ直ぐにするには、肩、上肢、下肢を整えることが重要だったのです。私は、「人体は立つために現れた」と思いました。両肩を後に退いてお腹をへこめ、腰を伸ばして骨盤を直立させて、四肢を伸ばしきったとき、全身が一体感のある温く気持ちの良い身体感覚に包まれます。生涯、丁寧に四肢を伸ばしきる「立ち方」「歩き方」ができると、感覚が豊かで、体が自在に動き、呆けることがなく、善い睡眠をいただくことができます。
 “生”を受けたのなら、自力では大変なので、施術者と協力し合って、施療を元手にして、自身本来の姿を表現し、自在に生きることも方法です。しかし、施療やストレッチング、・・・だけでは、「治す」ことができません。たまたま、その人自身の努力で治癒した人があったとき、「・・・で治った」「私が治した」という表現になるのです。
 脊柱側弯症は、「治したい」という気持ちと、“重力の場”に適合した「立ち方」「歩き方」を実現する実行力があれば、別人のように清々しく雅やかに完全治癒が実現します。それを私は知って、感動しました。それは、健康!美容!アンチエイジング!を手に入れることになります。

参考URL:http://www.alta-sokuwan.com/
    • good
    • 0

手術はしないのですか?

    • good
    • 0

>もう治らないと医者に言われました。


医者は、「『私では』治せない」というべきです。
あきらめないでください。とりあえず側彎症専門の
大塚整体治療院をご覧になってみては?
     ↓

参考URL:http://www.sokuwan.com/
    • good
    • 1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「脊柱側彎症」
このページで特に「原因と危険因子」「治療」「予後と転帰」と関連リンク先を参考にして下さい。

「治療」の項によると「背骨の彎曲」が30度以内であれば「筋肉強化」も意味があるようです。

と参考まで。

お大事に。

参考URL:http://leo.city.naze.kagoshima.jp/housecall/cgi- …
    • good
    • 1

 ご質問の内容から30歳前後の方と判断しますが、以前病院で「もう治らない」と言われたそうですが、確かに側彎自体は20歳を過ぎれば治りません。

しかし、それによる症状(ほとんどが腰痛)が出るかどうかが今後の課題になります。何事もなく生活を続けるには、仰られるように腰周囲の筋力(体幹筋力)をつける必要があります。
 体は、いわば「テント」のようなもので、真中の支柱が「せぼね(脊椎といいます)」で、周りにはったロープが「腹筋背筋」になります。このロープが緩んでいると支柱は傾いてしまいます。この状態が「側彎症」です。
 子供の場合は、「コルセット」や「側彎体操」などで保存的にみていきますが、それでも側彎の角度が基準(ほっとけばどんどん側彎が進んでいく角度)を超えている場合は手術を考慮します。この手術は大人でも実施しますが、大人の場合もその時の側彎の角度や症状を診て、必要ならば手術を考慮します。
 一度大学病院などの大きな病院の整形外科を受診し、脊椎の専門外来でご相談されてはいかがでしょうか。日常生活の指導や定期的な診察もしてくれると思いますよ。
    • good
    • 0

脊柱側わん症は、出現・進行する発育期には本人も気がつかないほど症状もなく、痛みも少ないものです。

でも、たとえ軽度であっても、成人期以降になると、腰や背中の痛みが起こる頻度が高くなります。人が一生のうちに腰痛を経験する率は8割と言われ、脊柱が正常な人でも大部分が腰痛を経験するものです。腰痛は特に下部腰椎で起こりますが、その場所に側わんがあれば、そこにかかるストレスもかなり大きくなり、生活上も大きな障害になりかねません。また、手術によって脊椎の一部を固定すると、その上下の部分にどうしてもストレスがかかります。手術などの治療によって側わん症の進行は抑えられても、その後、腰痛や背部痛に悩む人は少なくありません。
(http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb20_spn.htmより抜粋)

参考URLに「脊柱側わん症患者交流の広場」というページがあります。専門の医療機関も紹介されています。
参考にしてください。

他には、下記のページも参考にしてください。

脊柱側わん症-現状と治療、検診の成果
http://www.yobouigaku-tokyo.or.jp/lb20_spn.htm
 
側わん症
http://www.sap.hokkyodai.ac.jp/~sasakit/page/yog …

お大事に。

参考URL:http://www2.justnet.ne.jp/~yamagishi/Welcome.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q縦隔腫瘍と複視及び片側眼瞼下垂

49歳男性です。
縦隔腫瘍と複視及び片側眼瞼下垂(この2つは出る日もあれば、出ない日もあり、出るのは夕方です)、ここ4~5年、良く食べ物が喉に詰まります。
血液検査で抗アセチルコリン受容体の結果待ちです。

・抗アセチルコリン受容体
・筋電図
・テンシロンテスト

上記項目が全て陰性だった場合、重症筋無力症は否定されますか?
その場合、胸骨正中切開による拡大胸腺摘出術はしなくて良いでしょうか?

PET-CTでは、胸腺に高濃度の集積がありました。

現在、全て陰性だったとしても縦隔腫瘍がある以上、重症筋無力症は否定できない、縦隔腫瘍と重症筋無力症となれば、縦隔腫瘍は胸腺腫が濃厚なので全摘出が望ましいと言われてます。

Aベストアンサー

理学所見として眼瞼下垂以外に何があるのか不明ですが、もう一つ以上あるとして、抗アセチルコリン受容体、・筋電図、テンシロンテストがすべて陰性なら疑い例という事になります。

PET-CTで高濃度集積があるのなら、"縦隔腫瘍は胸腺腫が濃厚なので全摘出が望ましい"というのは妥当な考えです。なぜなら、重症筋無力症が悪化した場合に、そういう判断をしたと言っていないと訴えられてしまいます。

Q筋肉が無くなっていく病気の病名や、詳しく教えて下さい。

知人で、筋肉が無くなっていく病気にかかっているのですが本人詳しく教えてくれなくて一人でその病気をかかえ苦しんでいます。現在の症状は、たまに心臓が急に苦しくなり息がしにくくなったり、吐血をしたり、全身に疲労感があるみたいです。昔大学病院にいったらとても珍しい病気なので医学生に検査の様子等を彼の了解も得ず、見せ、彼は大変傷ついたみたいです。実際その病気が促進していったら体が動けなくなり、脳も働かず、目も見れなくなってしい数年しか生きれないみたいです。どうかこの内容に近い病気御存知でしたら教えて下さい。

Aベストアンサー

パーキンソン病という病気がありますよ。

なんのコメントもできませんが・・・

参考URL:http://www.iijnet.or.jp/SYPIS/Parkinson.html

Q縦隔リンパ節腫大について

縦隔リンパ節腫大について

先日のCTで【多発性縦隔リンパ節腫大】と結果があり、
PET検査をすることになりました。

先生は、そんなに心配することではないと思う」との事。
4年前に[皮膚腫瘍]が見つかり、摘出した経緯が有るため、
考え込んでしまいます・・・

詳しくは、検査をしなく分からないとの事ですが、
どのような症状や考えられる病名について、
教えていただくようにお願いします。

Aベストアンサー

診断をしてはいけませんから、あくまでも一般的な話。

通常CTで「多発性縦隔リンパ節腫大」を見たら、悪性腫瘍を考えます。
縦隔腫瘍、肺癌、悪性リンパ腫、ホジキン病、どこかの癌の転移など。
他には、リンパ節結核。
なにかしらの感染症。
サルコイドーシス。

こんなところを思い浮かべます。
そしてMRIやPET、血液検査などをして、病気の特定をしていきます。
ただ、病気の特定をしてみないとなんともいえず、今の段階で大きな心配をしてもどうだろう・・・と思います。

Q「背骨の病気」について

自分は「側弯症(そくわんしょう)」という病気にかかっています。猫背などとは違って、左右にまるでS字のように背骨が曲がってしまう病気です。
体の中心である背骨が激しく曲がると、神経や臓器にも悪影響があるものであると確信しています。というのも、発症の時期に重なるようにして、異常なまでのニキビが顔から首にかけてできていて、色々な努力を数年にわたって続けてきましたが一向に改善へ向かいません。
ここまでやって治らないのはやはり背骨が原因しているものと思い、少しでもこの病気が改善する方法はないものかと、今回質問することにしました。
病気が病気なので、99%有り得ない望みだと思っております。
何でもご投稿下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.3です。再度のお節介ですが、お許しください。

側彎は成長期を過ぎると原則的には急激な進行はしないのですが、40度を超えていると、年間約1度進行すると言われています。
また、側彎症は若年時には腰痛などの原因にはならないと言われています。側彎のある人と側彎のない人とでは腰痛や背部痛の罹患率は同程度とされています。

側彎症の進行によって特に問題となるのは胸郭や腹腔体積の減少による呼吸・消化器機能低下であり、これが年齢とともに手術しても矯正できなくなってくることです。

出来るだけ、脊椎の専門医と治療方針を相談してください。

Q縦隔腫瘍について

縦隔腫瘍について教えてください。参考になるサイトなどありましたらご紹介ください。

Aベストアンサー

以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#2で紹介したサイトも参考にしてください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=467637

Q背骨の変形

どうぞよろしくお願いいたします。

数週間前から、歩行時にいつも背骨がゴリゴリというこすり合わせるような音や、ゴッゴッ!といった骨同士が鈍くぶつかるような音がしていました。
それに合わせて腎臓結石(?)のような痛みがわき腹から背中にかけて走るようになりました。

整形外科を受診してレントゲンとCTを撮っていただいたら、背骨の骨(下から4番目)が三角形のように変形していました。(素人の目で見ても変形しているのがわかりました)
軟骨もヘルニアのようにつぶれてしまっている状態だそうです。
そのせいで、結石のような痛みを出したり歩行時に音が出るのだろうという診断でした。

そのことにショックをうけたことと、医師の方からも「○○病(症)です」といった病名を伝えられなかったので、そのまま診療を終えて帰ってきてしまいまいた。

ネットで検索してみましたが、私のような症状について載せているサイトが見当たりません。
病名が知りたいのですが、これは何か病名がつくような病気なのでしょうか?
一般的なヘルニアの一種なのでしょうか?

どうかご回答をよろしくお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

数週間前から、歩行時にいつも背骨がゴリゴリというこすり合わせるような音や、ゴッゴッ!といった骨同士が鈍くぶつかるような音がしていました。
それに合わせて腎臓結石(?)のような痛みがわき腹から背中にかけて走るようになりました。

整形外科を受診してレントゲンとCTを撮っていただいたら、背骨の骨(下から4番目)が三角形のように変形していました。(素人の目で見ても変形しているのがわかりました)
軟骨もヘルニアのようにつぶれてしまっている状態だそうです。...続きを読む

Aベストアンサー

>病名が知りたいのですが、これは何か病名がつくような病気なのでしょうか?

病名はつくと思いますが、直接診た医師でなければ分かりません。ご質問のような状態であれば一般的に、転んだなど何かきっかけがあるものは腰椎圧迫骨折、きっかけが何もなければ、変形性腰椎症、腰椎椎間板症などだと思います。


>一般的なヘルニアの一種なのでしょうか?

お尻や脚に痛みや痺れがなど症状が無ければ、病名としての腰椎椎間板ヘルニアではありません。脊柱管狭窄症も然りです。


とどのつまりは診察した医師に確認するしかないかと思います。

Q(小児)縦隔リンパ腫大での生検

子供(7歳)が4年ほど前から舌に炎症ができやすく、1年半ほど前に頚部のリンパ節が腫れ痛いといい数ヶ月おきにこの症状を繰り返していて、今年5月から大学病院に通院中です。
このリンパ節は腫れたり小さくなったりします。

採血を定期的にやっていたのですが異常がなく(腫瘍マーカー、白血球、赤血球、腎機能、肝機能、EBウイルス、ウイルス関係細胞関係など・・)悪性ではないとの判断が一度でたのですが、今月咳とともに発熱しなかなか熱が下がらず入院して検査をすることになりました。

造影剤を使用したCT検査で頚部のリンパ節が多数みつかり、縦隔にリンパ節の腫大がみつかりそれが気管支を圧迫していて太くなっていました。この結果、悪性リンパ腫を疑うことになりPET検査をしました。
今日PET検査の結果がでたのですがCTと同じ場所に腫瘍と思われるのがうつっていました。

頚部と縦隔にリンパ節の腫れがあるのですが、縦隔のリンパ節のほうが大きく悪性っぽいからそこを生検したいといっていたのですが、胸を切開したら傷が大きいし合併症が心配といってました。この場合の合併症ってなんでしょうか?

外科医と相談してファイバースコープのようなもので縦隔のリンパ節がとれないかな?とも言ってました。

まだ7歳でリスクの少ない方法でリンパ節を取り出せたらと思うのですが、小児の場合どういう方法があるでしょうか?

今一時退院で自宅にいますが、不安です。

よろしくお願いします。」

子供(7歳)が4年ほど前から舌に炎症ができやすく、1年半ほど前に頚部のリンパ節が腫れ痛いといい数ヶ月おきにこの症状を繰り返していて、今年5月から大学病院に通院中です。
このリンパ節は腫れたり小さくなったりします。

採血を定期的にやっていたのですが異常がなく(腫瘍マーカー、白血球、赤血球、腎機能、肝機能、EBウイルス、ウイルス関係細胞関係など・・)悪性ではないとの判断が一度でたのですが、今月咳とともに発熱しなかなか熱が下がらず入院して検査をすることになりました。

造影剤を使用...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
そういう場合、その病院なり医師なりの一番自信ある方法でやってもらうのが一番安全になります。

先日も内視鏡(ファイバースコープの事)下手術での事故の裁判のニュースが流れてましたが、内視鏡下での処置は、大変難しく、熟練の医師でないと危険が大きくなります。

そういう場合、傷口の大きさや合併症などの心配があっても開胸手術の方が安全である場合が多いです。

ですので、内視鏡だからリスクが低いというわけではありませんので、医師とじっくり相談してください。

Q背骨、首、頭の痛み

誰か教えて下さい!
去年の春頃から不整脈などの胸の苦しさや背中の痛みがあり、内科へ行って心電図や胃カメラなどの検査をしましたが異常なしと言われたものの一向に治らず、知り合いの治療院へ行くと体の筋がずれて症状が出ていると言われ、通院した所改善が見られたのですが、年明け早々に腰に激痛が走り内科へ行くと椎間板ヘルニアと言われました(16番あたり)。一週間程度で痛みはほぼ無くなったのですが、しばらくすると頭が割れるかと思う様な激痛が走り再度内科へ行ったものの、半年前に頭のMRIを撮っているから大きい病気はない、緊張性頭痛だろうと言われました。今は激痛まではないですが、頭に電流が走るような痛み、後頭部の違和感、日によっては立てない程のめまい、背骨の痛み(肩甲骨の間部分の重たい痛みと腰あたりのチクっとする痛み)、お風呂上りの背中のしびれ(右半分)、足の付け根(筋かリンパ腺)の張るような感じ、動悸などがあります。何か思い当たる病気があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

女性ですか?年齢は?

更年期障害の中に似たような症状がいくつかありますが・・・

でも、病気は一概に言えないので・・・

もし女性で更年期近いなら、婦人科に行ってみてはどうでしょうか?

頭痛、首のこり、背筋の痛み、手の痺れがあり整形外科を受診しましたが、「画像診断上問題なし。」で片付けられました。今思えば、更年期障害かな?

Q胸水と縦隔腫瘍について。。

今日、心臓のエコーの検査に行ったところ、心臓のあたりに少し水が溜まってると言われました。先月のレントゲンでは異常なかったのに、そう言われてかなり動揺しています。小さな子がいるので検査入院するわけにもいかないので、別の病院で改めてCTを撮ることになりました。
その紹介状には『胸水があり、mass様のものもある。縦隔腫瘍の疑い』とあり、ものすごく落ち込んでいます。
ガンとは違うのでしょうか?また、もしCTで確定したならやはり手術になるのでしょうか?
かなり悩んでます。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご心中お察しします。

以下の参考URLは関連回答がありますが参考になりますでしょうか?
この中で#2で紹介したサイトも参考にしてください。

◎http://www4.ocn.ne.jp/~ochrs/juukaku.htm
(縦隔腫瘍)
◎http://www.akiba.gr.jp/tcp/koge-byoki.htm#4.縦隔(じゅうかく)の病気について
(縦隔(じゅうかく)の病気について)
◎http://homepage1.nifty.com/kfu/sub7.htm
(縦隔腫瘍に対する手術療法)

紹介先病院で納得がいかなければさらに別の病院でセカンド(?)オピニオンを求めてはいかがでしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=467637

Q背骨が曲がっている…直す体操を教えてください

別にはっきりとした診断を受けたわけではありませんが、友達から「背骨が曲がっている」と言われたことがあります。しかし、先ほど親に見てもらうと「そうでもない」とのこと。。。

いずれにしても、17歳のぼくは家でよく「おやじのテレビスタイル」をします。つまり、体を横に向けて頭を手で支えながらテレビを見るのです。それを数年続けたみたいで、最近背骨が曲がっているような違和感があります。前述のように、背骨が曲がっていると言われたりもしましたし。。。

早いうちに、見るからにひどくなるまでに、なおしたいです。
何かいい体操、いいアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

以前テレビでやっておりましたのは、家の真っ直ぐな「壁」に背を伸ばして立つ。それだけで背骨が真っ直ぐになるのだそうです。
5分から10分立つだけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報