中小企業の働き方改革をサポート>>

初めて質問します。

進路相談・人生相談みたいになってしまうんですが、良かったら聞いてください。

人生についてです。

私は現在19歳、大学受験に失敗し、浪人生となり予備校に通っています。

高校時代は一貫して暗く、学業成績は不振、志望校はおろか、近畿県内でもいける大学を探すのがやっとです。

部活の硬式野球もピッチャーとは花形のものの、球は遅く、コントロールは悪く、とても試合で使えるものではありません。3年生では私だけ背番号はもらえませんでした。

学校も行ったり休んだりを繰り返し、不登校でした。

彼女もいませんでした。

文武両道クスんだ奴で、そのうえ姿、形と冴えない青春時代を送りました。



現在も予備校にも行ったり休んだりを繰り返し、休んだ日はずっとベッドの上で一日中を過ごしています。

自分自身、何のために勉強するのかわからず、がんばろうという意欲も起こりません。

前途は蒙昧として定まらず、「何のために自分は生きているのか」「自分が成すべきことはなんなのか」「自分は神様と何を約束して生まれてきたのか」 そういうことをずっと考えてます。

何もかも嫌で、毎日絶望・失望と戦い、やるせない気持ちそのものの毎日を送っています。

友達も無く、彼女もなく、夢もなく、何のために生きているのか分からなくなってしまいました。


誰も僕のことを分かってくれず、努力をしても認められず、もう生きていくのが嫌になってしまいました。



僕はこの先どうなってしまうのか。

僕はどうしてこんなにダメな奴なんだろう。

もう何をやっても無駄だ。


負の気持ちが僕の中を埋め尽くして、「青春」とは程遠い毎日を送っています。




この先、いったいどうなってしまうのか。

もう嫌なんです。 親にも「もう嫌なんや」と何度言ったか分かりません。


こんな日々を変えたくて、いろんな本を読んだり、いろんな音楽を聞いたり、いろんな人と話をしたり、遠くへ一人旅をしたりと、行動してきましたが、特に変化はありません。

たまに親に泣きながら、「自分はどうすれば変われるのか」と訴え、自分の気持ちを叫びますが、その後はむなしい気持ちが残るだけで、何も残りません。


僕はいったいどうすれば変われるんでしょう。


僕がもし変わることができるなら「青春」したいです。恋がしたいです。そして将来は結婚して子供も産んで、たまに家族と旅行したりと、ありきたりでも幸せな日々を送りたいです。

そして「生まれてきて良かった」と思いたいです。

今は「野比のび太」「尾崎豊」の生き方に共感しています


僕が変わるためにどうすればいいのか意見を下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

あれもこれも、と思うと焦るだけでうまく行きません。


ひとまず勉強しましょう。
何のために、とか考えずとにかく勉強しましょう。
大学にも行かずこのままニートになってしまったら、青春はやってきません。
やらなくて人生無駄にするより、無駄だと思ってもやってみればいいと思います。

のび太だってドラえもんが帰ってしまうと聞いたら、ドラえもんがいなくても大丈夫だと証明するためにジャイアンに向かって行ったじゃないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

正直、「何のために勉強するか分からない」 その理由に逃げて、勉強をしていませんでした。

でも考えてるだけじゃ何も進まない。

そう気付かせれました。   

今やっていることが将来何につながっているのか、そんなことを考える前に「今していることには必ず意味があるんだ」 そう思いながら勉強に打ち込みたいと思います。

「あの時勉強しておけばよかった」 そのような後悔だけはしないように努力していきます。


私も、ドラえもんに安心されるように勉強していきたいと思います。

お礼日時:2011/09/21 19:08

とにかく何かを「やり通す」ことだと思います。



人間はラクな方に流れがちなので、
知らず知らず自分を甘やかしているんだと思います。
予備校を休みがちなのがその証拠では?

そして「努力が認められない」これは間違いです。
人に認められない努力を、努力とは呼びません。
自分の枠の中である程度頑張ったところで
それを努力とは言わないのです。

もし大学進学に意味を見出せないのでしたら
あなたのような若い方にこそ震災ボランティアに来ていただきたい。
被災地で、歯を食いしばって生きている人々をみれば
自分がいかに甘かったかを思い知ると思います。

あなたを変えるのはあなたです。
親を責め、逃げ、ラクする生き方は今日で最後にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

回答者さんの言う通り、私は自分を甘えさせていました。私は甘ったれでした。私はそのことに気付いていながら楽なほうに楽なほうに自分を運んでいました。

本当は私自身気付いていました。甘えていたことに。

でも、そんな弱い自分を認めたくなくて、知らないうちに自分から逃げていました。

家族には毎日自分の不満で当たってばかりで、迷惑ばかりかけて申し訳ない気持ちでいっぱいです。

それでもこんな僕を毎日支えてくれています。

私自身、ちゃんと自立していつか親孝行したいと思います。


ボランティアは私自身やろうと思っていました。何もしないのら、この有り余った力を人の助けに役立てたい。そう思い、震災の復興のためボランティアに行きたいと先ほど母親に伝えたら、OKしてもらえました。

私の住んでいるところから、宮城県に直通でバスが出ているみたいなので、今度そのバスに乗って行ってこようと思います。



私自身、少しでも前に進めるように努めていきたいと思います。


本当に回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/21 19:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング