浅田次郎さんの「椿山課長の7日間」や森絵都さんの「カラフル」のような一度死んでしまった人間が条件付きで再びこの世に戻ってくるようなストーリーの小説を探しています
同じストーリーの小説は他にないでしょうか

高野和明さんの「幽霊人命救助隊」も好きです

※他のサイトに同様の質問をしています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

A 回答 (3件)

梶尾真治 「黄泉がえり」 泣けます。



大石圭「呪怨 」

篠田節子 「妖櫻忌」

市川拓也 「いま会いにゆきます」

加納朋子 「ささらさや」

新津きよみ 「彼女の命日」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました
...

お礼日時:2011/09/21 19:09

梶尾真治「黄泉がえり」


http://www.yomigaeri.jp/
筧昌也/小林雄次「ロス:タイム:ライフ」
http://wwwz.fujitv.co.jp/losstime/index.html

ライトノベルですが
篠原千絵「還ってきた娘」
http://gagaga-lululu.jp/lululu/sinkan/sinkan0803 …

映画でもいいなら
「天国から来たチャンピオン」
「ボルベール<帰郷>」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2011/09/21 19:08

少し違うかもですがドラマにもなった


「神はサイコロを振らない」大石英司
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました

お礼日時:2011/09/21 19:09

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q梶尾真治さんのこの胸いっぱいの愛を・・・

この映画を見に行くつもりなんですけど、梶尾さんの作品が好きなので原作も読みたいなって思っているんですけど映画と原作って話は同じなんですかね?読んだ方がいたら教えてください!

Aベストアンサー

 かなり違っているようです。ソース不明(最近読んだ新聞だったと思うが・・・)ですが、9割は作りかえたと監督か誰かが述べていました。
 原作の「クロノス・ジョウンターの伝説」ではタイムマシンが開発されていますが、映画のページにはその様な機械のことは書かれていません。
 また原作は連作短篇です。

 因みに映画を本人がノベライズするという企画本も発売されているようです。

Q私に合う本を教えてください。

こんにちは。最近、読書をするようになりました。あまり本を知らない私に、私に合う感動の本を教えていただけないでしょうか。宜しくお願いします。
良かったなぁーと思うものを書いておきます。

●辻仁成『白仏』
●梶尾真治『黄泉がえり』
●浅田次郎『鉄道員』『椿姫』
●『死刑執行人の苦悩』ノンフィクション

Aベストアンサー

こんにちは。

絶対オススメなのが東野圭吾さんの「秘密」です。
映画化もされましたが、本で読んだ方が感情移入できるしいろいろ考えさせられます。

あまり本を読まない友人も、「これは良かった!!」と言ってくれました。

私は涙なしで読めませんでしたし、せつなくていろいろ考えてしまいました。

是非一度読んでみてくださいね。

参考URL:http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=30447935

Q「黄泉がえり」、物語終盤で「?」 (完全ネタバレ)

梶尾 真治(著)「黄泉がえり」で、黄泉がえった人々は、最後(3月25日)に消えてしまいますよね?
でも、相楽周平だけこの世に残ってしまったのは何故ですか?
終盤で周平が「切れた感じがした。」というような事を言っていますが、
一体どういう意味、また原因は何なのでしょうか?

Aベストアンサー

よみがえらせたモノが妻や子供のことを考えて、
(生まれてくる子供のこともあるし)
彼だけを切り離して、置いて行くことにしたのではないでしょうか。
かなり前に読んだので記憶が曖昧ですが。
(映画では、そうはならなかったような気が・・・)

Q黄泉がえり

現在、映画『黄泉がえり』が公開されてますよね。クサナギさんの写真集か何かが角川文庫がら出てるんですが、『黄泉がえり』の原作も角川文庫なのでしょうか?買いたいんですけど、もしよろしかったら作者名を教えてください。

Aベストアンサー

 映画は見ていないのですが、映画に登場する人物のほとんどは原作には登場しないか、登場しても役割がまるで違います。
 なのでできるならば書店で内容を確認してから買うことをお勧めします。
 私はとてもおもしろかったので3時間くらいで一気に読んでしまいました。

Q死んだ人間が現世に戻ってくる小説

浅田次郎さんの「椿山課長の7日間」や森絵都さんの「カラフル」のような一度死んでしまった人間が条件付きで再びこの世に戻ってくるようなストーリーの小説を探しています
同じストーリーの小説は他にないでしょうか

高野和明さんの「幽霊人命救助隊」も好きです

※他のサイトに同様の質問をしています

Aベストアンサー

梶尾真治 「黄泉がえり」 泣けます。

大石圭「呪怨 」

篠田節子 「妖櫻忌」

市川拓也 「いま会いにゆきます」

加納朋子 「ささらさや」

新津きよみ 「彼女の命日」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報