人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

第2次世界大戦時に旧日本軍に天皇陛下は関与していなかったと言われていますが、

その当時の内閣は統帥権をはく奪されており、
陸軍の参謀本部および海軍の軍司令部、
並びに戦時における大本営といった
軍令機関を指揮していたのは天皇陛下だったと思われます。

軍令事項においても参謀総長および
軍令部総長は天皇陛下に帷幄上奏する決まりでした。

旧日本軍はそれを無視したのでしょうか?

天皇陛下万歳と言いながら帷幄上奏を怠ったとは思えません。

日本人はナチス・ドイツのアドルフ・ヒトラーのような
大量殺戮犯の天皇陛下をなぜ今も崇拝しているのでしょうか?

天皇陛下は第1級のA級戦犯者だと思うのですが皆さんはどう思っているのでしょうか?

私は今の天皇陛下は好きですが、
第二次世界大戦時の天皇陛下は犯罪者だったと思っています。

これは日本では禁句で皆が思っていても言えないタブーなのでしょうか?

教科書も戦争時の天皇陛下を奉っています。
義務教育の教科書がこんな歴史を捏造してもいいのでしょうか?

今の日本は私にとっては嘘の上塗りで息苦しいです。

北海道の北方領土問題は日本に部があるように思いますが、
日中戦争の日本政府がいう従軍慰安婦がいなかったというのは無理があるように思えます。

当時の新聞で従軍慰安婦が募集していた証拠があるのになぜ今も日本政府は嘘を言うのでしょう?

あと韓国の竹島と独島問題は地図を見たら分かると思いますが韓国領です。

私はあんなに日本から遠い島を良く日本領と言えるのか不思議です。

よく歴史を持ち出す人がいますが、
歴史で見るなら日本は中国大陸に引っ付いていた時代もあるので、
日本は中国のものだと言われたら一環の終わりだと思うのですがどうでしょう?

まず天皇の歴史から嘘の上塗りをしているのでよく平気ですね。

知らないふりをして生きているんですか?

見て見ぬふりをして死ぬまでこのタブーには触れないつもりなのかご意見をお聞かせください。

よろしくお願いします。

「日本の歴史の嘘についてどう思っているのか」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

朝鮮王朝」に関するQ&A: 高校生です。学校で朝鮮王朝の歴史や文化を調べているとよく韓国人の反応というサイトがよくヒットします。

A 回答 (47件中31~40件)

 大前提として、戦中の記録は占領軍に焼かれてしまいました。

戦勝国に不利な証拠は裁判前に隠滅した、といことです。つまり戦後日本で語られてきた戦争は、連合軍の都合のいいように捏造されたものだとの認識が必要です。そして、歴史の書き換えは世界の常識で、勝った者が自己都合で歴史を作ってきたのです。侵略されて滅んだ側の歴史をお読みになったことがありますか。ないはずです。

 東京裁判が近代国家的な裁判とはかけ離れたものであるとの認識も必要です。事後立法で裁かれました。しかも、「人道に対する罪」で原爆は裁かれていません。不公平この上ない裁判です。トルーマンを絞首刑にすべきでした。しかし、日本は無条件降伏をしたので、このことを政治的・外交的にに持ち出すことはありません。まさに「耐え難きを耐え、忍び難きを忍び」の態度を貫きました。このことは、慰安婦に対するコリアの態度とは天地の差があります。

 昭和天皇は徹底して平和主義を貫いておられました。しかし、満州事変、支那事変、三国同盟などは陛下へは事後報告で、知らせがあった時点で反対意見を述べられました。柳条湖事件では、田中義一首相に怒りをあらわにされました。張鼓峰、ノモンハンの時も反対の意見を述べておられます。しかし、軍部は畏れ入る態度を示すだけで、聞かなかったとしても構わないという風潮がありました。東条英機は昭和天皇の信任が厚く、開戦論に反対し、外交交渉を模索しました。しかしハルノートをつきつけられるにいたって開戦のやむなしに至ったのが事実です。東条英機は敗戦の責任を一手に引き受け、天皇家にことが及ばないように判決を受け入れました。鬼畜米英は植民地の王家の男性を全員殺害し、女性を全員誘拐・強姦し殺害した歴史を持っています。戦後、東郷はそれをくい止めようとしたのです。
 ハルノートのくだりは四半世紀前の高校の教科書にも載っていました。天皇の責任論を唱える人は、忘れているのでしょう。

 公募されて慰安婦として「働いた」女性がいたのは、古い新聞に残っています。ここで、理論の矛盾に気が付かない人が多いようです。特に「左派」「革新」「リベラル」を自称する人に多いようですが、この理論にだまされてはいけません。新聞で公募したということは、強制ではなく、就職であったということです。当時の貧しさから、身を売る以外に生活の糧を得る手段がなかったのです。兵隊から受け取る金額も高額であったようです。と言うことは、慰安婦の賃金は公費ではなく、兵隊の給料から出ていたので、こうしないと軍事費が膨れ上がってしまうのだと分かります。コリアの慰安婦に賠償する責任は、サンフランシスコ講和会議の時点で消滅しています。

 領土は本土からの直線距離ではありません。氷河時代にまで遡って理論を立てたらだめですよ。あまりに荒唐無稽です。シナもコリアも歴史の上で何度も国が崩壊し、別の国に代わりました。その間、日本はずっと日本です。人間がサルだった時のことは知りませんが、国が代わって手放した領土はだれの物でもなく、早い者勝ちです。あなたはコリアの先祖のサルが竹島に住んでいたから、韓国の領土だといいたいのですか?それともサルが住んでいたと想像されるから、韓国の領土だと言いたいのですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

1.

日本の義務教育の歴史教科書に
「現在の歴史教育は連合軍の捏造の部分がある」とちゃんと書いてください。

日本は第二次世界大戦でアメリカの米国に敗戦して、
連合軍に都合が良いように歴史を湾曲しているので、
子供達はこの矛盾に苦しめられています。

中国人と韓国人から日本の歴史教科書は捏造されていると批判されて、
日本の歴史教科書は正当であるとなぜ嘘を付き続けるのでしょう。

私には理解に苦しみますし、
言い訳も反論も出来ない事実なので彼らの正当な主張に心を痛めます。

2.

竹島・独島問題は事が複雑です。

日本人は竹島で何ら商売もしてませんし有効活用をしてませんでした。

ただ韓国人が移住して永住し始めて事を騒ぎ始めたのです。

日本は韓国人が上陸するまで何らその島を活用してこなかったのです。

私はその島を必要としている人に譲るべきだと思います。

日本人は竹島に行くのに韓国に飛行機で行って韓国のフェリーに乗って上陸します。

それは本土から遠いのともう1つ使用してこなかったという歴史があるからです。

使いもしない島に先に見つけたから日本領だと言って、
日本に返却させて日本は竹島を何に使うのですか?

韓国人は韓国領にもの凄く近いので彼らは永住しようとしているのです。

彼らに譲ってあげましょうよ。

お礼日時:2011/09/23 13:08

#8です。



「私は天皇陛下が戦争に関与していなかったという日本の歴史に抗議しているのです。」
  ↑
これですが。

関与している、という説もあるし、していない、という説もあります。
どちらも、それなりの資料に基づいて検証
されたものです。

一概にどちらがウソとかねつ造とかの問題ではありません。
そういう説を採った、ということだけではないですか。

あの真珠湾攻撃についても、米国は知っていたという説と
知らなかった、という説が存在します。
カルホルニア州のある高校の教科書には、知っていたと
書かれています。
それは、別にウソを書いている訳ではありません。
そういう説を採用した、というだけです。

ベトナム戦争時におけるトンキン湾事件を御存知でしょうか。
1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の哨戒艇が
アメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射したとされる事件です。
これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入、
北爆を開始しました。

しかし、これは今では米国のやらせであったことが判明して
います。
過去の事実は検証が難しいのです。
天皇にしても、将来の学説がどうなるか判りません。
新たな証拠が出てくるかもしれません。

歴史とはこういうものではないですか。
韓国のねつ造とは違いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は天皇制を廃止しろとは言っていません。

今の天皇陛下は好きですし、
今から天皇制を辞めて議院内閣制から大統領制に持っていくのは無理だと思います。

私は義務教育の歴史教科書に戦争に天皇陛下が加担していた事実を書くべきだと主張しているのです。

このままだと日本の子供たちが、
中国人や韓国人から日本は戦争の歴史を湾曲して捏造していると指摘されたときに何と答えたらいいでしょうか?

私は捏造された教科書で学んだので彼らの主張に反撃できません。

いま反撃している日本人の歴史家たちが哀れでなりません。

日本の歴史研究家は事実がねじ伏せられているのを知りながら反論しているように見えます。

嘘を知りながら弁護している弁護士のようです。

私から見たら彼らはクズです。

50年も嘘を付き続けてきたのでもう後戻りは出来ないのでしょう。

歴史学者は「そういう説を採用した」と言い訳しているにすぎません。

歴史から逃げているのです。

お礼日時:2011/09/23 12:54

ご質問の核心部分には、私も共感を覚えます。



〉 まず天皇の歴史から嘘の上塗りをしているのでよく平気ですね。
知らないふりをして生きているんですか?
見て見ぬふりをして死ぬまでこのタブーには触れないつもりなのか

おっしゃる通り、陸海軍には帷幄上奏権があった。統帥事項(軍令事項)においては、首相さえ知らされてない情報を、天皇が関知していることがあった。
昭和天皇は紛れもなくA級戦犯である(平和に対する罪)。にもかかわらず、米国は裕仁を免責して円滑な占領統治のために利用した。その狡知には舌を巻くしかない。
裕仁を取り巻く日本の指導層もまた、狡猾だった。天皇はいけしゃあしゃあとイメチェン(死語)して巡幸した。この断絶を弥縫(びほう)し新憲法体制を擁護するため、東大法学部の教授は「八月革命説」を編み出した。

さて、上述の核心部分は鋭いけれども、その他のご質問文には勘違いもあるようです。

〉 軍令機関を指揮していたのは天皇陛下だったと思われます。

天皇は、関知はしていたものの指揮まではしていなかったらしい。

〉 日本政府がいう従軍慰安婦がいなかったというのは無理があるように思えます。

日本政府は河野談話で軍の関与を認め、お詫びした。右派の妨害を退けて、官民共同のアジア女性基金で幾許(いくばく)かの補償もおこなった。

〉 私はあんなに日本から遠い島を良く日本領と言えるのか不思議です。

この「不思議です」は感覚的には正しいと思う。しかし国際法的には、無主の土地の先占とか、領有の権原とか、複雑な議論がある。まあ現実の話、日本へ戻ってくるあてはないのだけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私と同じ心境の人がいることを知れて安心しました。

私だけ変人なのかと思っていました。

1.

NHKの放送で大本営の軍令部幹部が毎回天皇陛下に陳情に伺っていたと証言していました。

私は義務教育の歴史教科書があなたが言うように、
天皇陛下は関知はしていたものの指揮まではしていなかったというのが腑に落ちないんです。

陳情を聞くだけで指示しなかったとは思えないんですよね。

天皇陛下の肉声でラジオで玉音放送は何だったんでしょう・・・・

軍令部の奴隷になってたとでもいうのでしょうか?

2.

私は2011年9月25日号のしんぶん赤旗日曜版を見て驚きました。

P.7に”特集「満州事変」80年”という記事がありました。

”ある時の討伐では、逃げ遅れた部落民がいました。
 「その中の8人の婦人を兵舎に閉じ込め、『慰安婦』にした”

80歳の松本栄好さんは旧日本軍としてではなく、
個人的に慰安婦を作り出したというのでしょうか?

これはれっきとした従軍慰安婦ではないでしょうか?

3.

私も竹島を返せ!と最初は抗議していましたがGoogleマップを見て驚きました。

余りにも竹島が日本から離れていて完全に韓国領の物凄く近いところにある島と知りました。

よくあんな韓国に近い島を日本領だと言えるなあと日本人でありながら恐怖を覚えました。

お礼日時:2011/09/23 12:48

>地図を見たら分かると思いますが韓国領です。



比較的近いところは自国領だと仰るのですね。
怖い思想ですね。
他にも対馬は自国領だと仰る韓国の人が実在するようですが、その根拠がこれなのだなと納得いきました。
確かに対馬は韓国に近いです。
でもこの考え方は国際的にも、常識的に間違いです。
韓国では常識なのかもしれませんが。

これを理解してください。

でなければ世界から相手にはされなくなりますよ。
それとも
国際司法裁判所に出てこれを主張されますか?
日本政府はずっとそれを待っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

対馬は日本領です!

絶対に韓国には譲りません!

私が言いたいのは竹島と独島であって対馬は日本の領土であり、
もし仮に韓国が対馬を韓国領だと言って来たら私はブチ切れます。


対馬は昔から日本人が住んで商売もしています。

竹島独島問題は日本人が竹島で商売をしていないのが問題です。

暮らしという暮らしをしていないのに、
たまたま昔に日本人が先に見つけて日本領だと主張しているだけです。

有効活用出来ないんだったら韓国領からフェリーが出せる距離にあり、
しかもそこに永住しようとしている国民市民がいる限りは韓国に返還すべきだと思います。

日本人はわざわざ韓国に航空機を飛ばして、
韓国からフェリーに乗って竹島に行きます。

韓国から遠いことを意味します。

私が言っているのは竹島独島であり対馬ではありません。

お礼日時:2011/09/23 12:29

#6です。

私の「回答」に対する「お礼」で、質問者であるあなたが言われていることについて所見を述べます。
1 天皇と軍隊の指揮権について
  天皇機関説について勉強して下さいと申し上げましたが、それには一言も触れられてないので、ご存知ないままの「お礼」文と判断します。天皇は形式上にせよ、上奏を裁可される存在でしたから、責任を回避されようとしたことはありません。この「上奏」「裁可」も機関説と密接に絡むものなので勉強して下さいと「回答」したのですが、勉強されないのであれば、幾ら「回答」しても無駄でしたね。
2 慰安婦について
  言葉は大切です。「従軍慰安婦」との言葉は「強制連行」という「軍命令」にリンクしかねないので、言葉の解説から始めたのですが、これも理解できないようではいくら説明しても無駄ですね。
3 竹島問題について
  フォークランド紛争について勉強して下さいと「回答」しましたが、これも勉強しないまま「お礼」文を作文されましたね。勉強されれば本国との遠近の問題ではなく、国際的には「領土」の認定はどのようになされているかお分かりになると判断しましたが、勉強されないようでは何を、どのように「回答」しても無駄ですね。

 大東亜戦争⇒太平洋戦争の経緯についても、米国等による御都合と虚偽に満ちた極東軍事裁判史観や、左翼、日教組、更には中韓両国による易姓革命史観から抜け出せない現政権による御都合史観から抜け出しておられないようですが、例えば米国によるマハンの海洋戦略に基づく「オレンジ計画」の推進についても勉強の必要があります。
 まあ、何を「回答」しても、今迄の勉強の範囲内でしかもの申せないようでは、何を云っても無駄でしょうが、折角「質問」を投稿されるくらいの熱意が御有りなら、勉強をされたらと思ったまでです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

天皇機関説、フォークランド紛争、オレンジ計画

1.

天皇機関説とは

第二次世界大戦は1939年9月1日と言われているが日本が参戦したのは1941年です。

天皇機関説は1935年でこの学説を提唱した美濃部は貴族院議員を辞職している。

戦争をする前に軍令部が戦争の指揮権を掌握していたのは分かりました。

この件は納得しました。

3.

フォークランド紛争はイギリスの英国人がそこで商売をしていたから主張が出来るのであって、
竹島は日本人が住んでいない無人島ですよね?

そして竹島と独島は領土の位置的にも韓国に属しているのは明白です。

日本が先に見つけたが有効活用していなかった。

そして領土が近い韓国が有効活用の方法を見つけた。
使用したいので日本に領土を返還するように求めているだけですよね?

イギリスがアルゼンチン領であるフォークランドを乗っ取ったのが正当であると言いたいのでしょうか?

オレンジ計画は何がいいたいのかよくわかりませんでした。

アメリカの米国側が押し付けた中絶法によって日本の成長が止められ、
年間1億人の10代の新生児を殺害して日本は移民を受け入れざる負えなくなったと書かれていました。

確かに戦前のように10代で子供を産んでも良い風潮のままだったら、
もっと日本は発展していたことでしょう。

10代で子供を産んで育てれる社会にするべきだと思いましたが、
私の3つの質問とはあまり関係がなかったです。

何が言いたかったんでしょう。

お礼日時:2011/09/23 12:17

人種差別を受けた八つ当たりでしょーが、天皇陛下や歴史は無関係ですよ。

つ^_^)つ

見苦しい。       心の声(面白いぞ。)
本当に情けない。       (いいぞいいぞ。^^もっと興奮しろ。)
少し理性的になりましょうね。 (テメーの幼稚な精神もっとさらけ出せや!)

記載する前に良く考えましょう。○(^_^)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

幼稚な精神でしたね。

けどある程度納得出来て気持ちは少し晴れました。

お礼日時:2011/09/22 21:19

お礼率16%



まともに回答したくないお礼率ですが、まあ簡単に反論いたしますと

昭和天皇はマッカーサーと会ったときに、戦争の責任はすべて自分にある、私はどのような処罰も甘んじて受ける。とおっしゃっております。つまり、昭和天皇を戦犯にしなかったのは日本人ではなく連合国です。

慰安婦はいましたよ。いなかったなどとは誰も言ってません。

領土は距離の問題で決まるわけではありません。例えば南米のギアナはフランスからかなり遠いですがフランスの領土です。

日本は中国のものになっていたことはありません。ちなみに、過去に~のものだったという理論が通用するなら、ヨーロッパのほとんどはイタリアのものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

まともに回答しなくないお礼率とおっしゃっていますが、
私が再度質問ページを見たら11件も回答して頂いていたというありがたい状態になっていただけです。

1.

天皇陛下は戦争に関与していなかったという義務教育の歴史教科書の見解を、
連合国が許してくれたからという回答では納得できないです。

しかし他の回答から、
軍令部は天皇陛下、内閣から独立して軍令部の意思決定を止める機関がなかったことが開戦の原因と知り納得しました。

2.

慰安婦はいたけど従軍慰安婦はいなかったという見解なのを知りました。

この件は納得しました。

3.

竹島と独島問題は納得をいく回答を得られていません。

歴史から先に占有したので日本の領土だと本気で思っているのですか?

韓国領の近くにあるのだから韓国に返納しようという気持ちはないのでしょうか?

返納というか返却ですね。

イギリスの英国領であった中国香港のように日本は竹島を韓国に返却すべきだと思います。

もう一度何度も言いますが世界地図を開いて竹島の場所を確認してください。

韓国本土の真横にある島をあなたは日本領と言っているのですよ?

頭がおかしいと思いませんか?

お礼日時:2011/09/22 21:18

>第2次世界大戦時に旧日本軍に天皇陛下は関与していなかったと言われていますが、



それこそが嘘です。そもそも第二次世界大戦は1939年に独ソ不可侵条約を結んだドイツとソ連が東西からポーランドに侵攻し、ポーランドと相互援助条約を結んでいたイギリス、フランスがドイツに宣戦布告し、世界大戦に発展したものなのです。第二次世界大戦と大東亜戦争を混同するのは間違いです。また大日本帝国憲法に「第11条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」とある以上、「関与していなかった」といえるはずもないし、実際そうではありません。そもそも誰もそのようなことも主張していません。また関与していたからといって「軍令機関を指揮していたのは天皇陛下だったと思われます。」とか「天皇陛下万歳と言いながら帷幄上奏を怠ったとは思えません。」というのは論理の飛躍であり、そのような事実はありません。例えば大日本帝国憲法に「第5条 天皇ハ帝国議会ノ協賛ヲ以テ立法権ヲ行フ」とあります。では戦前の法律は全て天皇が法案を提出して帝国議会は賛成していただけなのか。全くそのような事実はありません。実際は法案は議会が審議・採決していたのです。事実上立法権を行使していたのは帝国議会だったのです。それが実態です。天皇が帝国議会を指揮していなかったのと同様に、天皇は軍令機関を指揮していなかったのです。「その当時の内閣は統帥権をはく奪されており、」という解釈も間違いです。そもそも内閣には統帥権はありません。そもそも大日本帝国憲法は内閣の行政権を規定していないのです。大日本帝国憲法が内閣について触れていると解釈できるのは「第55条 国務各大臣ハ天皇ヲ輔弼シ其ノ責ニ任ス」だけです。実際は内閣がこの条項を論拠にして事実上、行政権を行使していたのです。そこで問題になるのは統帥権と行政権の関係です。軍部が主張したのは統帥権は行政権に従属するものではなく、独立しているのだという理論なのです。要は軍部は内閣に手足を縛られないと訴えているわけです。どこにも天皇が軍を指揮するというニュアンスはないし、また実際に天皇は軍を指揮していませんでした。例えば226事件の青年将校の蜂起は帷幄上奏を経たものだったか。もちろん、そんな事実は無いのです。青年将校はいつものように事後承認してもらえると勝手に思いこんで暴挙に走ったのです。この一件だけでも「天皇陛下万歳と言いながら帷幄上奏を怠ったとは思えません。」という質問者さんの主張はあっけなく破綻しています。また「第56条 枢密顧問ハ枢密院官制ノ定ムル所ニ依リ天皇ノ諮詢ニ応ヘ重要ノ国務ヲ審議ス」の規定も見落としてはなりません。枢密院は重要案件の発議権も無かったが、それを審議し天皇に上奏する権利はありました。歴史的にいえば枢密院は軍部を牽制しようとせずに軍部に同調して内閣を牽制しようとする傾向が強かったのです。結論としては大日本帝国憲法は非常に問題が多かったということです。その反省に立って戦後、日本は日本国憲法に切り替えたのです。義務教育の教科書がそういう歴史を教えていないとすれば、それは義務教育の教科書の問題といえるのかも知れないけど、以上のような話に中学生の頭でどこまでついてこられるものかどうか。そもそも歴史の学習は義務教育では終わりません。それは生涯かけて学ぶべきものです。そう教育基本法でも謳っている。戦前の歴史は非常に複雑で分かりにくいものなのです。観念論で単純に割り切りたいと考える人もいるようですが、それは大きな間違いです。

私からはここまでです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

大日本帝国憲法は内閣の行政権を規定していないし、
天皇陛下も軍令機関を指揮していない状態で旧日本軍は独立していたことは知っています。

そう考えると確かに天皇陛下は関与していないですね。

質問1.天皇陛下問題と2.従軍慰安婦問題については納得しました。

ちょっと天皇陛下が好きになれました。

お礼日時:2011/09/22 21:08

<今の日本は私にとっては嘘の上塗りで息苦しいです。



 もっと歴史の経緯を自分で勉強しましょう。
 日本の歴史教育は、多少のぼかしはあるものの、概ね妥当で、息苦しい思いから解放されますよ。
 日本も、帝国主義列強の一角にあった以上、ネットで見られるような「日本は良いことしかしていない」というような、バラ色のものではありませんが、アヘン戦争ほどの、弁解の余地のない歴史的「恥」はありません。


A.天皇の戦争責任について
 昭和天皇自身が、旧大日本帝国憲法に定められた国家元首としての戦争責任を痛感しておられました。 現在の会社でも、内部で不祥事があった場合、社長に直接責任がなくとも、最高責任者として引責辞任するように、天皇の戦争責任をどのように取り扱うかで、連合国側も天皇制廃止や天皇退位も検討しました。

 その検討の結果、
1、開戦について、昭和天皇は「天皇機関説」に従って、内閣や大本営・陸海軍など、憲法で定められた国の統治諸機関の決定に従っただけであること。
2、戦争終結に対して、大きな力を発揮したこと。
(昭和天皇が、政治的決断を行ったのは、二・二六事件と終戦の決定の二つだけと言われています。)
3、現実問題として、天皇制廃止・天皇退位は、連合軍の占領統治実施に、大きなリスク要因となること
 この三点を勘案して、連合国側は、天皇の政治責任は問わないと決定しました。
 天皇個人としては、中国デの戦線拡大も含めて批判的でしたし、アメリカとの開戦は、当時の理性的日本人の例にもれず、勝てる可能性はほとんどなく、無謀と考えていました。


B.いわゆる“従軍慰安婦”について(旧日本軍においては、慰安婦はあっても従軍慰安婦という認識がないようなので)

 日本外務省のホームページに記載されているように、軍による慰安婦の管理を認めています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/taisen/index.html
 
 No.1の補足で質問者さんが記載されている募集広告は、末尾の連絡先を見ても分かるように民間のものです。
 慰安婦募集について、『軍』慰安婦募集とわざわざ鉤括弧でくくって、軍と慰安婦を離しています。

<参考>河野談話
 ネット内では、いわゆる従軍慰安婦問題では、日本政府が「従軍慰安婦を認めている」として、河野談話がやり玉に挙げられるので、記載します。
 尚、ネット内の否定派の人は、河野談話が「河野洋平」個人の見解であるかのように扱って、個人批判を行っていますが、河野談話は、当時の内閣官房長官(内閣のスポークスマン)の談話なので個人の見解ではなく、政府見解ですから、河野氏自身に対する非難は的外れです。

 
 河野談話の原文
http://ja.wikisource.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89 …

 ネットでよくみられる河野談話についての論争は

1、河野談話は「朝鮮からの公的機関の関与による強制連行を認めているという拡大解釈をする論
2、のちの国会で石原官房副長官が述べた「朝鮮からの公的機関が関与した強制連行があったというような、文書による証拠は存在していない」という答弁により、河野談話全部が虚偽とみなす論

 この二つの論が対立しています。 

 <実際の経緯を見ると>
 河野談話を読むと、日本の公的機関が強制連行したか否かいう点については明確でなく、いわゆる玉虫色の表現です。
 そこで1、の強制連行を認める解釈が登場しました。
 それに対して、本当に強制連行したという証拠があるのかという国会での質問に対して、石原官房副長官は、日本の公的機関による強制連行に関しては、証拠がないと答弁しました。

 つまり、慰安所の管理・運営については、日本の公的機関の関与があるというのが河野談話の趣旨であり1・2の論はどちらも河野談話の趣旨を曲げて議論していることになります。

 アメリカでは「慰安所の管理・運営に国家機関が関与したことが、人権問題である」という立場で、強制連行については言及していません。

≪当時の状況から見て≫
A. 軍・官による強制連行はない。証拠もないし事実もほとんどありえない。

 戦後の現在でも、官庁は民間に対して、行政指導などをする関係から、多くの場合優位に立っています。高度成長期には、公文書などなしに民間企業に対して、口頭の「行政指導」により色々な指示がなされていました。
 まして、戦前の「官」は今以上に権限が強く、「軍」はその官以上に強い組織でした。ですから、『慰安婦の募集』のために書類によって民間に対し明確に権限を振るう必要性は全くなく、またそのようなことは天皇陛下の皇軍の品位を傷つけることですから、ありえないことと思います。(「赤線」が法的に認められていたとはいっても、決して名誉あることとは思われていなかったですから。)
 軍として慰安婦を必要としていても、口頭で民間業者に希望を伝えるだけで、ほぼ目的は達成できたとはずです。

 当時、和歌山県で、軍による口頭の要望で、慰安婦募集を行った業者が、「軍の要望」を表に出して募集を行い、警察から「慰安婦募集に皇軍の名前を勝手に使うのは不敬である。」として逮捕され、軍からの連絡で釈放されたよ言う出来事も起こっています。

B.戦地での慰安婦の移動・慰安所の設置については軍の関与あり。
 実際問題、戦地で女性が移動する場合、軍のトラックか徒歩が唯一の交通手段。徒歩での移動は体力的に無理。

 証拠・談話の補足としては、
A.石原官房副長官のコメントや、その後の国会質疑
B.アジア歴史資料センター(日本政府のネット公文書館)
http://www.jacar.go.jp/
 多数の公文書が公開されています。

その他の資料
http://www.bun.kyoto-u.ac.jp/~knagai/2semi/nagai …
http://www.geocities.jp/yu77799/okamura.html

 尚、日本の一部であった韓国とは違い、戦場であったベトナム(フランス人)・インドネシア(オランダ人)・中国では一部の現地軍が小規模ながら独断で強制連行とされても仕方のないような手配を行ったこともあるようです。(その行為を理由に終戦で戦犯として処罰された例もあります。また、親が日本軍占領の混乱で行方不明となって生活できなくなったオランダ人少女を、軍政担当者が対処できなくなって、慰安所に連れて行ったという例もあるようです。)


C.竹島について
 日本領です。「領土」という概念がどういうものか、勉強しましょう。
 領土であることに、本土との距離は関係ありません。
 太平洋のど真ん中に、フランス領の島もあります。

 領土を基礎とするその周囲の領海から離れて存在する無人島で、誰も利用していない島は、どの国の領土でもありません。
 
 19世紀まで、竹島の存在は日本人にも朝鮮人にも知られていましたが、誰も使っていませんでした。
 19世紀末頃、島根県の漁民が日本海で漁を行うときに、本土まで戻らず、漁場に近い竹島で、魚の開きを干すのに利用し始めたのが始まりで、1905年に日本領土に編入されています。

D.
<歴史で見るなら日本は中国大陸に引っ付いていた時代もあるので、
日本は中国のものだと言われたら一環の終わりだと思うのですがどうでしょう?>

 現在の「国家主権」の勉強をしましょう。
 アフリカの国々などについて、最初に国が出来たエジプトのものだと言ったらどうでしょう。
 イギリスは、ローマの支配下にあったから、イタリアのもの?
 アメリカ合衆国は、イギリスのもの?

 「主権国家である」というのは、今現在どう言う状態にあるかが基本です。


<参考:質問を全体に見て>
 人が成長するには、 
 1、物事を自分で調べる。
 2、自分の意見をしっかり持つ。
 3、他人の考えをよく知る。
 4、1・2・3を踏まえて、自分の考えを成長させていく。
 というステップを踏みます。

 質問者さんは、基礎知識については、やや勉強不足ですが、自分の考えをしっかり持っていて、自分なりに調べて判断する姿勢は、十分にあると思います。このようなサイトも含めて、ほかの人の意見を聞いて、成長していくことを願っています。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

1.

あなたは義務教育の歴史教科書と同じことを言っています。

天皇陛下が内閣、大本営、陸海軍などの憲法で定められた国の統治諸機関の決定に従ったまでで、
天皇陛下には責任がないと本気で思っているようなので恐怖を感じました。

教科書の回答の丸写しに感じて洗脳という2文字が浮びました。

2.

日本外務省が慰安婦の存在を認めているということで安心しました。

私は日本政府が慰安婦すら存在していないと言っているのだと思っていました。

従軍慰安婦問題は納得しました。

第2次世界大戦時に国際法に則った人道支援もしているので旧日本軍による性奴隷の強制連行はないです。
日本は第1級国を目指していた時期でもありますし、
明治天皇は国際赤十字社に多額の寄付をしています。

ただ1.であるように天皇陛下が統治諸機関の意思決定に手出しが出来なかったという主張だとこれは覆されます。
旧日本軍は国際法を破って行動していたと1.の問題と相反してしまいます。

そこが私の悩みです。

回答者さんの回答資料からは従軍慰安婦はいなかったように錯覚させる力があることは確かです。

もう少し勉強します。

お礼日時:2011/09/22 21:02

A級戦犯なんてのは、戦争に勝った欧米列強が


勝手に造ったものです。

そもそも、侵略戦争を始めたのは欧米ですよ。
何故彼らは裁かれなかったのですか。

日本は負けたから悪者にされただけです。

あの戦争、もし日本が勝っていたら天皇は
歴史に残る大英雄になっていたでしょう。
つまり、責任が天皇にあるとすれば、負けた責任です。

負けるような戦争をした責任、そんな状況に追い込まれた
外交技術の責任でしょう。
従って、これは対国民、対日本国の責任です。
外国は関係ありません。

日本が決めればよいことです。
そして、今までの経過を見れば、日本人は責任を
問題にしない、と決めた、と理解してよいのでは
ないですか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

私は日本の義務教育の歴史教科書が天皇陛下は第二次世界大戦に関与していないと書かれていることに怒っているのです。

日本が勝利していれば日本の英雄でしょう。
戦争に負けたからA級戦犯者にされたと抗議するのも勝手にやってください。

私は天皇陛下が戦争に関与していなかったという日本の歴史に抗議しているのです。

お礼日時:2011/09/22 20:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報