彫金でシルバーアクセを作っているものです。
以下の用途で硝酸、硫酸を購入しようと思っています。
・硫酸(希硫酸)・・・ロウ付け時の銅酸化物の除去
・硝酸(希硝酸)・・・銀の腐食を利用したエッチング

質問:使用後硫酸、硝酸の中和方法を教えてください。
   過去の質問で硫酸の中和は重曹で可能とありました
   が、(1)どれくらいの量が必要でしょうか?
   また、(2)中和後の液体は下水へ流してもよいので
   しょうか?
   (3)保存に際して注意する点などありましたら教えて
   ください。
   
   

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

再々登場の rei00 です。



補足を読み直してみて,少し気になる点がありましたので追加アドバイスです。

「薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものがあるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・」という事ですが,これらは濃硫酸と濃硝酸です。

お書きの使用濃度「硫酸1:水10,硝酸7:水3の割合」で使用されるとすると,「硝酸」は購入したそのままで,「硫酸」は10倍希釈で使用する事になります。

で,おそらく薬局で手に入るのは 500 ml ビンだと思いますので,希釈液 250 cc 位使用であれば,かなりの量を使い残す事になると思います。

また,参考 URL にあげた住友化学のペ-ジの「硫酸」,「硝酸」,「混酸」の記載を御覧になればお分かりになると思いますが,これらはいづれも「毒劇物取締法」の「劇物」に指定されている危険な薬品です。

当然,その取り扱いにも化学的知識を持っている事が必要になります。例えば,硫酸の希釈一つとっても単純に濃硫酸に水を加えると大けがする事になります。

失礼ですが,takanorik さんのご質問やお礼の内容を拝見しますと,これら薬品を取り扱われる事に関して,必要な知識をお持ちかどうか心配になります。どなたか経験者の方と一緒に行われた方がよいように思います。

参考URL:http://www.sumitomo-chem.co.jp/kiso/koyaku.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。
購入前に危険物資格などの勉強をしてから
にしてみたいとおもいます。

お礼日時:2001/05/02 21:54

おまけ。



重曹で中和すると、激しく発泡し、発熱します。氷水で容器を冷却するとかして、少量ずつ入れてください。
容器も大きめのガラス容器がよいです。
    • good
    • 1

補足させていただきます。



>>フェノールフタレインのエタノール溶液
>っていうのは簡単に入手できるのでしょうか?
>中和も重曹より効率的なのでしょうか?

中和するのは重曹です。フェノールフタレインは、酸の方にたらしといて、
色を見ながら中和できたかどうか確認するのです。重曹を入れてはリトマス紙
をいちいち浸してみると言う手間が省けて確実(フェノールフタレインはPH8で
色が変わる)と言うだけです。

重曹を入れながらかき混ぜて、ピンクか赤色が消えなければ中和完了です。

フェノールフタレイン溶液は大きな薬局か、学校とかに教材を納入している業者
(タウンページなどで理化学機械器具の項)で手に入ります。どうしても粉末
しか手に入らないようでしたら、1gにつき100mlのエタノールで溶かします。
(もったいないと言うだけで、これ以上濃くても構わない)
    • good
    • 1

rei00 です。



今,他の方々の回答を拝見していて気付いた点を追加で回答しておきます。

ご質問の中和したい硫酸と硝酸というのは,「ロウ付け時に銅酸化物の除去に使用した硫酸」と 「銀の腐食を利用したエッチングを行なった硝酸」であって,使用後ビンに残っている「希硫酸」や「希硝酸」ではないですよね。

そうでしたら,この溶液には銅イオンや銀イオンが含まれているはずです。そのため,処理は中和だけではダメですので,そのまま保存しておいて専門の業者なりに任せる必要があります。

硫酸と硝酸は混ぜないで下さい。希硫酸と希硝酸ですので,大丈夫だとは思いますが,有毒な NOx ガスが生じる可能性があります。別々に保存して下さい。


専門の業者,あるいはその溶液の処理方法は,役所の方へ問合わせるか,彫金の材料を買われた所でご相談になれば教えていただけるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
銅、銀イオンが含まれたものはやはり専門の処理を
たのむべきなのですね。
一度業者に相談してみます。

お礼日時:2001/05/01 22:08

硫酸・硝酸は酸の中でもかなり強い部類に入るので、重曹くらいのアルカリでは大量にいれる必要がありますが、中和できないことはありません。

中和しかのかを確認する方法は、前の方が書いたとおり試験紙を使うか指示薬を使う方法となります。
下水への放流はお勧めできません。間違って中和していないものを流してしまった場合、金属パイプなどが溶けてしまう可能性があるからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
リトマス試験紙はありますので、チェックしようと思います。

お礼日時:2001/05/01 22:10

1.は、使用量にもよりますのですが、要は中和されていればいいので、


重曹を少しずつ入れてながら、
赤のリトマス試験紙を用意して青くなるまででいいと思います。
また、少し高いですがフェノールフタレインのエタノール溶液を(酸の方に)
たらしといて、ピンク色になるまで重曹を入れます。
2.自治体によって違いますので地元の保健所で訊いてください。
個人で彫金される程度なら多分問題ないとは思いますが、言い切れませんので(汗)。
3.子供が手にしたり出来ないように鍵をかけられるところ(高いところはダメです)
で、地震等で倒れてこぼれたり漏れたりしない冷暗所に、
「飲食物の容器でない」容器に入れて保存します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>フェノールフタレインのエタノール溶液
っていうのは簡単に入手できるのでしょうか?
中和も重曹より効率的なのでしょうか?
簡単なら効率的な方がいので・・・

お礼日時:2001/05/01 22:12

確かに希硫酸,希硝酸の中和は重曹で可能です。



「どれくらいの量が必要か」は使用する希硫酸や希硝酸の濃度と量によります。補足下さい。

「中和後の液体は下水へ流してもよいか」はどの程度の規模かによると思います。極く少量なら問題ないと思いますが,念のために水洗トイレに流された方がよいと思います。

「保存に際して注意する点」としては,どちらも冷暗所に保存された方が良いでしょう。お子様などの手に触れない所である事は言うまでもないでしょう。

この回答への補足

硫酸1:水10
硝酸7:水3 の割合と本には書いてありました。
薬局できいたところ硫酸98%、硝酸67%のものが
あるということなのでそれらを購入しようとおもうのですが・・・・

使用量はせいぜい指輪やバングルの大きさのもが処理
できればいいのでワンカップのグラス程度(250cc)
くらいの量を使うんじゃないかと思います。

補足日時:2001/05/01 22:13
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q希塩酸や希硝酸や希硫酸は強酸??

少し混乱しているので質問させてください。
塩酸や硝酸や硫酸は強酸だとわかるのですが、希塩酸や希硝酸や希硫酸も強酸と判断していいのでしょうか??「希塩酸は電離しない」と聞いたのですが、弱酸になったわけではないですよね?

Aベストアンサー

何と比較するかによりますが、常識的な判断としては強酸です。
ただし、強酸かどうかの判断は濃度には無関係です。
濃硫酸だろうが希硫酸だろうが、酸の強弱の基準はH2SO4です。それは学術用語としての酸の強弱の定義と関係します。
ご質問の内容であるならば、『酸の強弱』というよりも、『酸性の強弱』というべき事項です。

>「希塩酸は電離しない」と聞いたのですが、・・・
それは間違いです。
同様に、濃硫酸が弱酸であるということをまことしやかにいう人もありますが、それも間違いです。水に溶かして強酸性を示すものを弱酸とはいいません。

Q【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか? 皮膚に硫酸が付くと

【化学】「硫酸」と「希硫酸」って同じものですか?全く違う性質を持つ別物質ですか?


皮膚に硫酸が付くと皮膚が溶けるんでしたっけ?火傷するんでしたっけ?

硫酸って飲んだら死にますよね?

硫酸って普段は何に利用しているんですか?

硫酸を使うメリットを教えてください。

Aベストアンサー

初めまして

硫酸には濃硫酸と希硫酸の二種類がありどちらも化学式はH2SO4です

何が違うかと言いますと文字についてる通り「濃さ」が違うんですよね
濃硫酸は濃度90%以上の硫酸水溶液
それ以下が希硫酸です

皮膚が溶けるか火傷だけで済むかは濃度によりますね、実験した事がないので詳しい濃度はわからないですけど濃度低めな希硫酸ですら一部の金属を溶かしていくのに手なんてまぁお察しですよね…飲んだら…()

濃硫酸は吸湿性があるので乾燥剤等に使われてます
工業用としては広く使われていて洗剤や石油の精製等にも使われているので身の回りの物の元を辿っていけば沢山使われていますよ。

希硫酸は自動車のバッテリーやコンピュータ設備のバックアップ電源の鉛蓄電池という電池に使われてます!

硫酸は同じような性質を持ってる薬品の中で一番安価で比較的入手しやすいからそこがメリットだと思います!

Q硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキンは何か。

硫酸、硝酸、塩酸、発煙硝酸の瓶のパッキン(蓋の裏についる白くて丸い板みたいの)はなんですか?
シリコン? ポリエチレン?ポリスチレン?ポリプロピレン?テフロン?
それと、硝酸をエタノールが入ってた褐色のよく洗った瓶に保存しても大丈夫ですか?
希硝酸を作ったはいいものの、希硝酸入れようと思っていた、空の硝酸の瓶を割ってしまい、たまたまエタノールが入ってた褐色の瓶を見つけたのでそれに入れることにしました。硝酸の瓶じゃないからといって光で分解されたりしませんよね・・・(ーー;)

                              長々と申し訳ありませんm(_ _)m

Aベストアンサー

多分、低密度ポリエチレンだと思います。
簡単に言うと、タッパウェアのフタの部分と同一素材です。

容器自体はポリプロピレンや高密度ポリエチレンなどの比較的固い素材が使われます。
しかし、すべてがこの素材だけではフタと本体の接触面積が少なくて、液漏れします。
そこで、柔軟性のある低密度ポリエチレンを使うことで、容器とフタの接触面積を
増やしています。
一部のペットボトルのフタにもこのようなパッキンが使われています。

瓶は、褐色であればたいていはOKです。
ただ、ワインの瓶などには「褐色もどきビン」があり、これでは意味が無いです。
薬品の入っていたビンならば、酸化鉄などによる発色で本当の褐色ビンでしょう。
要は紫外線を防げると、光による分解反応が抑えられる訳です。

希硝酸程度でしたら、光のあたらない場所であって長期間の保存で無いのならば、
透明なビンでも使えます。
今は、透明ビンと褐色ビンの製造コストが大差ないので、全ての薬品に
褐色ビンを使う傾向があります。

Q塩酸、硝酸、希硫酸

また質問して悪いんですけど、アルミニウムイオン、銀イオンを得るためにそれぞれアルミニウム、銀に酸の水溶液を加えて温める。それからマンガンイオンを得るために炭酸マンガンに酸の水溶液を加えて温める。この3つの反応を行うのに好ましくない酸はそれぞれどれかっていう問題なんですけど。理由付きでどうか教えて下さい!

Aベストアンサー

何回でも『レポート』じゃない限りいいんじゃない?

硝酸がすべて溶解する。だから塩酸と希硫酸が好ましくない酸となる。
理由
Alは不導体を形成しない。(Al2O3が形成する・しかも濃硝酸と濃硫酸のとき)
そのためすべての酸に溶ける

Agイオン化傾向の表を見ながら回答すると
塩酸× 希硫酸×(濃硫酸○熱濃硫酸になるためだが答えが出せなくなる) 希・濃硝酸○


とここまでで答えが出る。答えがなしと選択肢があればそれは高校レベルを超えてるようなきがする。あれば理由追加しなければだめですね・・・

炭酸塩は弱酸だから強酸との反応によりCO2発生よりすべて○と推測できる

と高校レベルの回答にしましたがよろしいですか?後期試験ですか?がんばってください。

Qエッチングの腐食液、塩化第二鉄の性質について

エッチング、銅版画制作(腐食)に腐食液として、塩化第二鉄を使います。 冬、腐食液の温度が低いと腐食しづらいので、暖め、そして銅板をその中に浸けます。 今までそのようにして、だいたい塩化第二鉄液体の温度25℃、30分ほどで約0.2mmから0.3mmのきれいな線が腐食できました。それが、今日突然腐食のスピードが遅くなり、今まで30分ほどで出来ていたものが、1時間近くかかりました。化学のことはわかりません。塩化第二鉄を暖めて使い続けると、そのようになるものなのでしょうか?化学にお強い方、どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

エッチング液にも当然のことながら寿命があります.銅が溶けるにつれて,銅を溶かす能力は落ちます.
加えて,塩化鉄(III)水溶液は,何もせずにおいておくだけでも使えなくなってきます.これは鉄イオンが水と反応して不溶性の沈殿になってしまい,その結果,濃度が下がってしまうからです.そして,この水との反応も温度が高いほど速く進みます.
低温では肝心のエッチング時の溶解速度が落ちてしまうので,ある程度暖めるのはよいのですが,それは液の寿命も縮めるのと引き替えと理解してください.
効きの悪くなってきたエッチング液は諦めて廃棄した方がいいでしょう.処理剤も売っています.
個人で出す程度の量であれば,重曹やフレークソーダで処理してもいいでしょう.これらを加えると沈殿が生じます.重曹の場合,泡が出なくなるまで,フレークソーダなら上澄みが無色になるくらいまで加え,その後,コーヒーのフィルターペーパーでも使って濾過し,濾液は大量の水で薄めながら下水に流し,沈殿は燃えないゴミとして廃棄,あたりでしょう.エッチング液をそのまま水道に流すのはだめです.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報