webで展開できるアイデアを持っています。でも、最初は無償にしたいと思っています。いずれビジネスにも発展させたいとも思っているので、アイデアは真似されたくありません。こういう時にもビジネスモデル特許は取得しておいた方がいいのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

そのアイデアで何処までやるか、覚悟によって違うのでは。


どうしても他の人に真似されないことを願うのであれば、特許によって保護してもらうか、真似できないようなプロテクトをかけることです。
ビジネスモデルなどのようにやり方だけであれば、すぐに真似できるのでプロテクトは難しいでしょう。
(技術的に難しければ別)
まず特許でも取得していないと真似されることを阻止することは出来ないと思います。

とりあえず出願と言うことであれば21000円で出来ます。
きちんと権利関係を記述していないと、特許として弱い特許になってしまいます。
BM特許に得意の弁理士に頼むと良い特許になりますが、お金が桁違いに必要になります。
ただ、3年以内に審査請求をして、認められないと権利行使は出来ません。
出願だけでもして、様子を見ては(出願せずにWebなどで公開すると、特許にはなりませんので気を付けてください。)
そこには結構な費用がかかります。
特許庁のHPなどを参考にされては。

日本では、コンピューターなどのソフトウェアとしてのビジネスモデル特許として認められます。
アメリカのように、純粋な取り決めだけでは特許にならないので気を付けてください。
このあたりは詳しい弁理士に頼めばいいのですが、これは結構な費用がかかります。
お近くの発明協会などにご相談されては。

あとは誰かが真似された時にきちんとクレームを付けて最悪裁判を戦わなければなりません。
でも出願していなければ何の話にもならないので、とりあえず出願しておくことをおすすめします。
    • good
    • 0

 特許に関していうと、日本では出願前に公になってしまうと特許の権利は取得できませんよ。

公知の事実っていうやつになるからです。
 ただし、実際に出願して権利を維持するには相当のお金がかかるため、個人で出願するのは結構大変ですよ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか? 同じ形式のお店を出せないようにビ

【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか?

同じ形式のお店を出せないようにビジネスモデル特許って取れるのか教えてください。

Aベストアンサー

ビジネスモデルの特許はあります。

文章を読む限り、この場合は 「同じ形式」がミソですね。
販売する商品は商品の特許ですが、この、「形式」がユニークで有れば、可能ではないでしょうか?

Qメールマガジンのシステムの特許やビジネスモデル特許について

メールマガジンを自前で発行するシステムを作って売りたいのですが(C言語やPerlやPHP)、このメールマガジンのシステム自体は特許やビジネスモデル特許があるのでしょうか?それとも自前で(コードを独自に書いて)作成し売る分には問題ないのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ご説明の範囲・内容では,開発言語によらず,新規性も進歩性もなさそうですから,これだけではビジネスモデル特許(ビジネス方法の特許)にするのは困難でしょう.何らかの独自の工夫が加わればわかりませんが.
逆に言うと,メールマガジンをコンピュータを使って発行するのは言わば人為的な取り決めのたぐいですから,侵害にはならないでしょう.売れるかどうかは別ですが.

>自前で(コードを独自に書いて)作成し...
ここがポイントです.なにか独自の技術がありますか? もしあれば,それは絶対にこのような場所で公表しないようにしましょう.

Qビジネスモデル特許は、アイデアの着想者も共同発明者にできますか?

ビジネスモデル特許についてですが、
会社で、あるビジネスモデルのアイデアを着想した人(例えば営業マン)と、そのアイデアを実現するための技術手段(ハードウェア構成やデータベース構造、データ処理など)を着想者と別の人が考えた場合の話です。

発明は技術に対して付与されるものなので、おそらく、
このようなケースの場合、技術手段を考えた人が発明者となりますが、ビジネスモデル自体のアイデア(ビジネスモデルのスキームなど)を着想した人は共同発明者にできますでしょうか?

例えば、マピオンの特許だと、インターネット上で地図をクリックすると、その店や建物の情報が表示されるアイデアを着想し、別の人がその技術的な実現手段(サーバーの処理など)を考えるというパターンもあるかと思います。
その場合、ものもとのビジネスモデルのアイデアの着想者が発明者にできないとすると、何かかわいそうな感じがします。

Aベストアンサー

「アイデアの着想」にも、単なる「思いつき」レベルのものと、その「ビジネスシステムの概略(根幹)の構想」まで幅があると思います。

要は、特許申請に足る「構想固め」をした人(正確に言えば申請した人)が発明者として認定される訳ですから、誰が「申請者」となって申請書類を作成するかで、発明者が決まることになるのだと思います。

その際に、「申請者」を単独とするのか、共同とするのか選択の場面が出てくるのではないでしょうか。

Q私のアイデアのCDをビジネス特許に

そのCDは今までにない要素を含んでおり、
世界でも類を見ないCDであります。

問題点はコピーされてしまう欠点が残っておりますが、
(しかし、そこがメリットに変更出来る要素も含んでおります。(笑))
このCDが完成した時にはコンビニ等で爆発的に売れると確信しております。

こういった類(CD著作権だけでなく)をビジネススタイルとして、
特許を獲得できる可能性はあるのでしょうか?

また、ネーミングで(商標のみ登録)どの程度類似した商品を
差し止めなどが可能でありましょうか?

もし、宜しければ、御教授下さいませ。

Aベストアンサー

メーカーの特許部員です。

>こういった類(CD著作権だけでなく)をビジネススタイルとして、
>特許を獲得できる可能性はあるのでしょうか?

誤解があるようですが
ビジネススタイルそのものは特許になりません。

CDそのものでしたら物の発明になりますが、ビジネススタイルそのものは、「自然法則を利用した技術的思想の創作」の要件を欠き、発明ではなく基本的には特許になりません。
(popesyuさんがおっしゃるようにコンピュータ等を使えば自然法則の利用となり可能性はあります)

・特許法第二条 この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。

次にネーミングでの差し止め
(商標権に基づく差し止め)
についてですが、
まず、商標権が確立していることが大前提です。
(つまり商標を出願し審査の後登録査定され登録料を納めて登録され、
その後取り消されたり無効にされたりしていないこと)
その他の条件としては「商標が類似していること。」と「使用している商品が類似していること。」です。

類似しているとは
一般に誤認混同が生じるおそれがある状態と考えられています。

需要者が誤って買うおそれがあるか否かが判断の基準になるとおもってよいでしょう。

メーカーの特許部員です。

>こういった類(CD著作権だけでなく)をビジネススタイルとして、
>特許を獲得できる可能性はあるのでしょうか?

誤解があるようですが
ビジネススタイルそのものは特許になりません。

CDそのものでしたら物の発明になりますが、ビジネススタイルそのものは、「自然法則を利用した技術的思想の創作」の要件を欠き、発明ではなく基本的には特許になりません。
(popesyuさんがおっしゃるようにコンピュータ等を使えば自然法則の利用となり可能性はあります)

・特許...続きを読む

Q【商標権のトロールビジネスにおいて大半が取得料未納ってどういうことですか?】 特許だと特許出願料が認

【商標権のトロールビジネスにおいて大半が取得料未納ってどういうことですか?】

特許だと特許出願料が認可、拒否であろうと掛かるのに商標権取得は無料で申請が出せるってことですか?

で、認められて商標権の権利者リストに載っても代金未納で乗り続けるってこと?

Aベストアンサー

商標権登録申請では、申請時には費用は必要ではありません。
しかし、審査後には最低13000円の費用が必要となります。
未納の場合は、商標登録ができません。
今朝のTVでは、「PPAP」の事をしていましたが、要は審査が認められるまでに使用等の許諾契約や譲渡の話し合いをして金にしようとする意地汚い商売です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報