興味があって、都内麻布のフリーメーソンの施設を訪問しました。

「互助会」的親睦団体だそうですが、
ほんとかな

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確かに、もともとは会員同士の相互扶助が主な目的だったようです。


現在では、ロッジによっても多少は活動内容が異なるでしょうが、主に医療援助や教育援助などのボランティア活動などを行っています。
基本的には、ロータリークラブと同じようなものと考えて良いでしょう。

別に、存在そのものは秘密でもなんでもありません。
公式なパンフレットもありますし・・・。
ただし、すでに回答されているように「入社儀式に関しては秘密」という点が特徴です。

訪問されたならご存知だと思いますが、若い人は少なく、在日外国人が非常に多いようです。とあるメーソンリーは「老人会のノリに近い。老人会が世界征服などできるか!」といっておりました。

表のメーソンの他に裏のメーソンがあって、そっちが世界征服をたくらんでいる・・・と主張する(もちろん根拠なし)人もいますが、それはもうUFOと同じオカルトの世界です。

ちなみにメーソン成立に関しては諸説あり、メーソン自体もよく分かっていないというのが実態のようです。ダビデの神殿を建築した石工ギルド・・・なんてのが本当だとカッコいいですけどね。
    • good
    • 0

イギリスに発祥の由来を持つ石工職人のギルド(職人さんの業界団体)です。


ヨーロッパの優秀な職人にはユダヤ人が多かったことからメンバーにユダヤ人も多く、かのユダヤ系の大富豪ロスチャイルド氏も入っていることから、「ユダヤによる世界征服のための秘密結社」という噂がついて回ってきました。

「世界征服をたくらむ悪の秘密結社」とか、「秘密を守るために何人も死んだ」とか言う割に、「フリーメーソンキーホルダー」や「フリーメーソンマグカップ」等のキャラクターグッズを大量生産して土産物屋で売って重要な資金源としているあたり、「秘密」結社と言うにはちょっと・・・
案外高橋留美子先生の漫画「ダストスパート!」に出てきた「JCIA」(直営の牛丼屋を主な資金源としていた)みたいな「秘密結社」だったりして・・(^_^)
    • good
    • 0

元は石工(といっても城郭なんかを設計する人たち)の組合で、入社の儀式を秘密としているため秘密結社と思われているみたいです。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング