gooID利用規約 改定のお知らせ

物理学会で大騒動になっている、ニュートリノの速度についてですが、
私は物理や科学に詳しいわけではありませんが、やはり、光より速いニュートリノが存在するというのは、実験ミスとしか思えません。

私は学校の勉強はできないほうで、大学へも行ってないほどの学力ですが、アインシュタインの相対性理論やローレンツ収縮などを知ったときは衝撃を受けました。

アインシュタイン至上論者ではありませんが、アインシュタインがいうように、光より速い物質はこの宇宙にには存在しないという理論を覆すようなことは信じられません。

いろんな研究機関がこの件の検証をするでしょうが、結局「実験ミスだった」というオチになると思うのですが、どうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

今回の超光速ニュートリノ問題は,数千人の陣容をもち,世界最高の頭脳の集団であるCERN(セルン)(欧州合同原子核研究所)が出した結果ですから,安易なものではありません.



CERNも実は困っているのです.それで世界に向けて発表し,検証を呼びかけています.

私が思うに,光速は不変ですが,今まで信じられていた光速の値が間違っていたのかも知れません.したがって,これまでに観測されていた光速の値が修正される可能性のほうが大きいと私は考えています.

しかし,アインシュタインの相対論(特殊相対性理論,一般相対性理論)は揺らぐものではありません.

心配いりません.

一度,CERNのサイトを訪れてみて下さい.

http://public.web.cern.ch/Public/Welcome.html  CERN(スイス)

参考URL:http://public.web.cern.ch/Public/Welcome.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>アインシュタインの相対論(特殊相対性理論,一般相対性理論)は揺らぐものではありません

私もそう思います。将来的には多少修正されることはあるでしょうが、理論そのものは正しいことが確認されていますよね。
たしかに、セルンが実験するミスをするなんていうのも考えにくいです。
でも光より速い物質が存在するのも信じられない。
ああ、このジレンマ的な感覚がたまらないw。

お礼日時:2011/09/24 20:24

>光より速い物質はこの宇宙には存在しないという理論を覆すようなことは信じられません。



「存在しない」というのは、言い換えれば、「発見することができなかった」ということです。
アインシュタインが生きていた頃にも、既にニュートリノは存在していた。
しかし、当時は科学技術が未発達で、存在を『発見できなかった』のではないでしょうか?

今まで、火星には水は存在しないと言われてきました。しかし実際に調べてみたら──ありました。
太陽が地球の周りを回っているという天動説が昔の定説でした。
それは逆だと言った学者は、皆笑われました。しかし、調べてみたら地球が太陽の周りを回っていました。
当時は、地球が太陽の周りを回っていることを『発見(証明)できなかった』のです。

科学というものは、不変なものでは無いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

世の中「絶対」なんてありませんから、それを考えれば・・・ということですかね。
光より速い物質、ホントにあったら大変なことですが・・・。

お礼日時:2011/09/24 20:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング