人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

長文になります。お許しください。

昨年の夏に愛する夫を、今年の春に愛犬を、共に急な病で亡くしました。
夫に関しては、義両親、義姉との確執もあり、死の直後から悲しみよりもその人たちへの憎しみが増す問題が多々起きて、「こんな奴らに惑わされずに、娘と二人、頑張って生きてやる!」という負けん気(?)みたいなもので奮起し、毎日必死に生活してきました。(この頃は、過去の義家族からの様々な仕打ちさえ、逆に生きる糧となったように思え、有難いとさえ思えた)それでもさすがに、今年になり、少し私自身の心が落ち着いたと思われる頃に、はじめて本当の意味で悲しみに身を任せる時間が訪れました。俗にいう「うつ状態」のような毎日のはじまり。ただ、それは病気とはとらえず、最愛の人を亡くした人なら、誰もが通る過程だと割り切ることにしました。

ところがそれも束の間、3月の大震災。せっかく「悲しんでいいんだ。しばらく心赴くままに生活しよう」と思っていた矢先の災害。テレビや報道から知る被災地の方々の姿に「こんなに大勢の人が突然の悲劇に見舞われながらも前を向いている。私なんか落ち込んではいられない」という気持ちになり、また
無理やり立ち上がってガムシャラに生活を回しはじめた自分がいます。それからまもなくしての愛犬の死・・・(こちらでも以前相談させていただきましたが、皆さまの温かいコメントもあり、また前を向いて生活していました。)
ところが、夫の1周忌を迎えた今夏あたりから・・・また心がおかしいのです。
周囲は「おかしくて当たり前。まだ1年だもの」と言ってくれますが、私の場合、(無理やりだとしても)元気な期間も長いので、ふっと力が抜け「どうしようもなく悲しくなり、落ち込む」期間に入ることがとても怖くて辛い。今までの人生、自分の感情やライフスタイルを全て自分でコントロールしていた感が強い分、この「心が宙にさまよう」ような状態に、どう対処してよいのか・・・

ちなみに、夫の死後、儀家族側の墓と仏壇に夫が入ったため、自宅には夫の位牌もなく、法要にも呼んでもらっておらず、私と娘と私側の親族で私たちなりの法要を(この先も)行っています。正確にいえば、夫側は無宗教に近く、(法律等も考慮したのか、お骨はかろうじてどちらかのお寺に納骨したものの、法要等もやることなく、手作りのような仏壇に手を合わせるような感じらしいです)とても変わった家庭で、旧家出身の私には理解できないことばかりでしたので、彼らと縁が切れたことは喜ばしい半面、夫が何の供養もされていないことに、今も憤りも感じています。だから、位牌もお骨もない現在の我が家ですが、私たちなりに娘と購入した仏壇にお線香等をあげて、毎日手を合わせています。
心さえいつも寄り添っていれば、の気持ちで・・・

何か普段、押さえつけている感情などが一気に噴き出ると、それが止まらない。
今後も定期的に訪れるであろうこの深い暗闇期から、どうやって抜けだせばいいのか、わからない。最初は義家族への負けん気、次は震災に対する負けん気。私は、何かに対して「負けん気」を持たなければ奮起できないのだろうか・・・だったら次の奮起材料は何?

取り留めのない文章で申し訳ありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

こんばんは。




人間は生きていれば、元気なときもあれば悲しく落ち込むこともあります。

自然界は昼があるからこそ夜もあります。そして夜があるからこそ昼があるのです。

人は闇を恐れるあまり、必死になってその暗闇から逃れようと頑張っては見るのですが、夜の暗闇にはどうあっても巻き込まれてしまうものです。


愛した人との別離は悲しいものです。特にもう会うことが出来ない辛さは耐え難いものです。

がむしゃらに負けん気を出そうとしているその姿、実は貴女ご自身の不安を隠そうとしている姿に他ならないように思います。

たぶん常に何かをしていなければ落ち着かないという方ではないかと拝察いたします。


難しいことかも知れませんが、もっと長期に自分が無理なく出来ることを考えてみたほうがよろしいかと思います。短期的なものに負けん気を出していただけではダメなんです。それでは落ち着いてしまったら気が抜けてしまうのは、誰でもそうなります。

今はご自分がこれからどのように生きていくのかを、立ち止まって考えるときがやってきたものと思います。私がここでこのように書かなくても、たぶん貴女はご自分でわかっていらっしゃると思います。


供養のことですが、実家は実家の思うようにさせればよいことです。
その代わり貴女は貴女の思うようにご主人に心を向けてあげてほしいと思います。供養のやり方など人によって異なるものです。

貴女はご主人にとってこの世で一番愛された奥様です。その存在は揺らぐことはありませんし、これまで作ってきた家族関係を誇りに思うべきことです。当然ご主人もそう思われているでしょうし、だからこそ貴女とお子さんの思いが一番届くはずなんです。これまでどおりに供養を続け、縁を切った義実家のことはほうっておきましょう。もう悪く考えるのはやめましょう。何を言っても自分がつくった「家族」が一番になるものです。


三回忌が過ぎるとほとんどの人は自分の素直な気持ちがポツポツと現れてきます。

泣いてしまえば楽になることはわかってますけど、無理に泣けと言われていい大人がそう簡単には泣けません。

私は無理に泣けとはいいません。涙が出るときは自然に出てくるものです。そのときにそれを押さえつけなければいいだけのことです。

子供の前であってもいいではないですか。大好きな人がいなくなることの悲しさを伝えるのも親の役目だと思います。


長期計画で何かの目標を、漠然とでもいいですから考えてみてください。

そして1日1日を大切に生きて行ってください。

貴女様の心に本当の平安が訪れるようにお祈り申し上げます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
常に何かをしていないと落ち着かない・・・そのとおりです。
仕事以外にも、習い事をはじめたり、長く手をつけていなかった学業を再開したり、スケジュールを埋めることに一心になったこともありました。さすがに、身体が持ちませんでしたが(笑)。でも、どれも長期で携わりたいものなのか、と言えば一過性のマイブームに過ぎず、回答者様の言われてる「長期計画」は、とても心引かれるものがあります。

また、供養に関するアドバイスありがとうございました。
回答者様からいただいた言葉こそ、私が求めていた供養に関する見解でした。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 08:08

他の方も書かれていますが、父を亡くした娘の立場から書きます。


まずは、旦那様とワンワンの冥福を祈ります。

実家は商店で、父の死後、母はひたすら働きました。
父が欠けたので、1人残った母の仕事が増えるのは当然の事なのですが。
当時母は41歳ぐらい、私は13歳、ピアノを習いつつ家事をやっていました。

仕事中の父の写真がリビングにありました。ていうか、26年経った今もある。
この写真が好きだった。出っ歯な父だったが。私も前歯がデカいが。
父の死後5,6年経った頃、古いアルバムを見ていたら驚く程素敵な男性の写真があって
母に「これ誰?」と聞くと「おとうちゃんだよ」と。
「歯出てないじゃん」「結婚してから歯がせり出して来たんだよ」
ウソつけ! まあ、その写真では父は口を閉じていたんだけど…
で、次のページをめくると同じ写真がサイズ違いで貼ってあり。次も次のページも。
本人も良く撮れてると思ってたんだな。私の父はちょっと馬鹿かも知れん。

位牌より、写真の方が大事だよね。
自分のルーツをいつでも辿れる。
私は父に似て博打好きで、色白で(母は色黒)、身長は159cm
母の身長は142cm、父の身長は(母いわく)176cm、足して2で割ると159
自分に父の要素があるのが何だか嬉しかったりする。デカい前歯は正直いらないが。

あなたの娘さんはどんな女の子?旦那様に似てる部分はあるかな?
あるのなら、娘さんの中に旦那様がちゃんと生きているのでしょう。
さみしい事なんてない。娘さんもさみしくない。
二度と会えなくても、自分の中にちゃんと存在してるんだもの。

犬だって、あなた方と一緒に暮らしてて幸せだったんじゃないの?
ワンワンの心は、あなた方の中にちゃんと在るんじゃないの?
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
「娘さんもさみしくない」
という言葉、とても嬉しいです。励まされました。
娘は、パパと瓜二つです。どのパーツもパパです。
生前は「パパに似てる」と言われることが嫌だったみたいですが、今は
嬉しそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/28 22:35

私は最愛の妻を亡くして3年経過します。


そして、同じ境遇の方ともたくさんあってきました。

あなたのご質問を拝見し、とても真面目な方なんだなと思いました。

その真面目さが、あなたを逆に縛っているようにも思えます。
とても、歯をくいしばって、この1年生きてきたのでしょう。頭が下がります。
でも、それが、逆にあなたを追い込んでいる。

最愛の伴侶を亡くすこと、これは経験して初めて知る壮絶な痛みですよね。
その痛みに対して、あなたは怒りや負けん気で対処する時間が、この1年の大半ですね。
そうなると、傷の治療は、ほとんどなされていないと考えていてよいですよ。
体が重傷な時に運動しないのと同じく、心が重傷な時には絶対安静にもかかわらず、あなたは闘いすぎてしまいました。もちろん、状況がそうさせたので、あなたの責任ではありませんが。相手方の家族との確執が生じるのは、こういう不幸にあった人の大半が経験しています。私も相手の家族とは縁を切りました。生じた事態が大きすぎて、互いにエゴしか出てこないことが多いのですよね。だから、しょうがないと思って私は縁を切りました。

そして、前向きという実体のよくわからない言葉に縛られてもいますね。前向きというのは第三者が安心したいがために押し付けるような価値観くらいに思っていてください。震災でもニュース等では前向きの感動ストーリーがとりあげられていますが、まだ半年ですよ。どうして、夫、子供、家、仕事、これらを全部失ってしまったような人がいわゆる前向きになんて半年でなるほうが異常でしょう。実体は多くの人が闇に苦しんでいるのです。毎日泣いているのです。第三者が安心してテレビを見て泣いてすっきりするだけのことです。当事者はそんな涙とは無縁の厳しい涙を流しているでしょう。

今、あなたが、心を安静にして、寝て、食べて、泣いて、わめいて、自分を吐き出し、休むことが何より前向きな行動です。体が重傷な時に怪我の部位をトレーニングするのが前向きとはいえないのと同じです。

実際に、あなたが奮起をして、休む作業をやっていないために、うつ等の症状が出始めていますね。
哀しみを抑え込んだ人は、必ず体か心に支障をきたすといってもよいでしょう。死別後10年して発症する人も珍しくないですよ。

決して、前向きや奮起やポジティブ等では、この痛みには対処できません。今のままでは、あなたは逆に心の痛みから解放されず、複雑化してしまいます。

今は、休んで、1年だろうが、2年だろうが、ゆっくりと癒されたなと実感するまで、ゆっくりと休んで、あなたと娘さんが納得する供養の方法で供養をし、泣きたいときは泣くことです。
それが今のあなたに必要な真の前向きです。自分を甘やかしてください。
そうやっているうちにしか、変化が訪れません。

ネットや本等で、妻や夫や恋人を亡くした人達の話を調べてみてください。皆、苦しみ、前なんて向けないことがよくわかると思いますよ。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
同じ境遇の方からのメッセージ。心に響きます。
それこそ、ここまで私の今の状態を冷静に分析して下さる回答者様には頭が下がります。
前向きも奮起もポジティブも・・・それらでは、この痛みには対処できない。
頭の中では最初からわかっていたことかもしれない・・・、こうやって言われると改めてハッとします。回答を何度も何度も読み返しております。
とても考えさせられます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 23:14

おばさんです。

お礼をありがとうございました。


>私はまだまだ未熟で、あっけなく逝ってしまった夫に、怒りを感じることさえあります。

当たり前だと思います。  

思う存分、お仏壇の前で怒ってやりましょう!

男親の分まで頑張っているんだから!…と、怒ってやりましょう。

さみしいよ!どうにかしてくれ!!…と、怒ってやりましょう。

勝手に一人で逝ってしまって無責任だ!!…と、怒ってやりましょう。

愛しているんだから!!!!…と、真剣に怒ってやりましょう…。



>今は自分の感情のままに泣いたり叫んだりできる人がうらやましく、自分の弱さを痛感しています。

そうですね…うらやましいのなら、いつか…無理せずに泣き叫べたら良いですね…。

でも、それは貴女の心のタガが外れて、状況が許される時に初めて出来る事なのかもしれませんね…。

決して貴女が弱いという事ではありませんよ…。


>一方で何に対してもイマイチ楽しめない自分が嫌で、娘にも申し訳なく思います。

堅苦しく考えずに、楽しんでいる娘さんの笑顔を楽しみましょうよ。

たくさん笑っている娘さんの笑顔で貴女の心を温かくしてもらいましょう。


>ダメですね。書いていて、本当に情けない。早く本物の笑顔が作れますように!

そんなことないですよ。

貴女は貴女が出来る事以上に精一杯頑張り過ぎているんです。

無理な時には無理をしない。

娘さんに甘えたって良いじゃないですか、親子なんだから。

心に無理をしないで、娘さんの笑顔を見守ってあげてください。

娘さんの寝顔で癒されながら、疲れをとっていかれてくださいね。


娘さんと一緒に良い夢が見れますように…。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

再び回答ありがとうございます。

無理な時には無理をしない。
そうですね。寝る前でさえ身体の力が抜けていない自分に気づきました。
そりゃ、良い夢も見れていないはず・・・
もう少し、肩の力を抜いて生きていきたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/27 08:13

 こんにちは。


ご主人と、愛犬のご冥福をお祈りいたします。
 とても辛い時間をお過ごしだと思いますがお身体は大丈夫でしょうか。私の母は30代前半で未亡人になり、それから私と妹を育ててくれました。母は父ととても仲良しで愛し合っていたとか、馴れ初め話を何度も聞き、今では笑っています。母は父の事を悲しく思わないようになるには10年かかったと言っていました。辛い時には無理に気持ちを明るくしようと思わなくて良いのではないでしょうか。気が済むまで、落ち込んで見てはどうですか?辛いです。とても苦しいですが、あるときふっと、気持ちが前の方向を向いてあるいて行けるようになったそうです。気持ちが亡くなった時のまま、時間が止まってしまっているのだと思います。娘さんの成長する姿を見て、あれから何年経ったのだなーと思うことがこれから何度かあると思いますが、あの世からきっと見守っていてくれているんだねって思うと思います。ちょっと早く天国に行ってしまっただけ。姿形は見えなくてもいつでも心にいますし、見守っていてくれていますよ。なので安心してください。

 ちなみに私は今まで父の夢を2度見た事があります。1度は小5の時、2度目は浪人して、合格発表を待っているとき。小5の時は父親を娘の愛の漫画を読んだ時泣いてしまったのです。その父娘愛に。したら夢で初登場。2度目は「なんだ、大学行ってないのか」「うん今合格発表待ってて落ちたらどうしよー」「いやいや大丈夫」→合格してました
 起きた後も夢か現実か区別がつかないような夢でした。どうも毎日は見ていないようで時々様子を見守っているようです(笑)
 なので安心してください。今は辛いですが、心の中で生き続けていますよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
素敵なお母様ですね。馴れ初め話や仲睦ましい思い出を娘たちに笑顔で話せるなんて、うらやましい・・・私は、まだまだうわべだけの笑顔で、せがまれた時だけ、手短に語るくらいです。娘自身もまだパパの話をするのはどこか辛いということもあるようで。
馴れ初めかぁ~なんか、涙が出てきました。
まだ主人の部屋もそのままの私。今夜は、あの部屋でワインでも飲みながらお話しようかな、と思いました。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/26 20:36

30代既婚者男です。



まずは、ご主人と愛犬のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
愛するものを失う悲しみというのは、第三者には分からない
ものだとは思いますが、あなたが一日も早く今を生きられれば
と思い、お話しさせていただきますね。

あなたの今の悲しみ、苦しみ、虚無感というのは、これまで
ちゃんとご主人や愛犬との別れから卒業していないことが原因
だと思います。

震災で不幸にあわれた方達を思って、私の苦しみなんて小さい
ものだから頑張らなくてはというのは、少し違います。
自分より不幸だと思える人を見つけて、今を乗り越えようと
することは、ごく自然な行動ではありますが、
それでは、本当の意味で乗り越えることはできません。

ご主人を亡くした事を、とことん悲しんでその感情と向き合う
必要があるのです。
落ちる事を恐れないことです。誰だって最愛の人やペットを
失えば、悲しいし、絶望感が襲います。
それでいいのです。何日かかろうとも、毎日悲しみと共に
いればいいのです。

中途半端に悲しみを乗り越えるから、また後で苦しむのです
から。
悲しみに大きいとか小さいとか、なんてありません。
その人にとって大きな悲しみであるならば、他と比べる
必要はないんです。
あの人は、私なんかよりも悲しみや苦しみが大きいのだから、
私なんかが、いつまでも悲しんでいる場合では無いと思い
たいかもしれませんが、そうやってごまかさないで、とことん
味わうのです。

泣いて、泣いて、わめいて、叫んで、感情を全て爆発させる
事が大切なのです。
あなたの中にまだ癒されずに残ったままの悲しみを、あなた自身
で癒してあげるのです。
あなたの今の心の傷を癒せる方法は、外にはありません。
あなた自身の中にあるのです。

ごまかさないで、あなたの苦しみを見るのです。
どこかで乗り越えなくては、今回のようなことを何度も繰り返す
だけになってしまいます。
辛いでしょうけど、勇気を出して、向き合ってみてください。

あなたらしい、あなたの人生を生きてください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「悲しみに大きいも小さいもない」というのは、本当におっしゃるとおりです。
そして何より「とことん悲しみ、落ちることを恐れている」というのも、その
とおりです。
自分を持ち崩すのが怖い。本当に憶病者だと思います。
自分に正直になる、というのは本当に勇気がいりますね。
このまま、だましだましでも、どうにか人生を終えれるのならそうしたいと思ってしまう・・・いいえ、私らしい人生も取り戻さなくては!ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/26 20:30

こんにちは。



ずいぶんとお辛い目に合われましたね。

力いっぱい引いた弓で射た矢は力いっぱい飛ぶのと同じ様に、今まで本当にがむしゃらに来られた様ですので、その反動もかなり強くなってしまうのでしょう。

少しずつ力を抜いていかれる様になさった方がいいのでは、と思います。

今までが、本当にがむしゃらだった様ですので、すぐに変える事は難しいでしょうから、本当にすこしずつでいいと思います。
悲しい時は、声を上げて泣いたっていいんです。
お嬢様がいらっしゃるんですよね?
たまには女2人でぱぁっといくのもいいでしょう。

沢山泣いて、沢山笑って、数十年経った時に「あの時、お母さんはねぇ・・・」と思い出話が出来る様にされてみてはいかがですか?
人は人、自分は自分です。
世の中全員が前向きに生きられる訳ではないのです。
自分の頑張れるペースを探し出し、ぼちぼちいきましょう。

偉そうな事を書き散らしてしまい、申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
9歳になる娘が、父親を亡くしたにもかかわらず明るくいてくれているのが救いです。休日などは二人で終日パアっと遊び回っています。
表向きはアクティブな親子だと思います。
悲しい時には思いっき泣くというのは、私のもっとも苦手とするところです。
恥ずかしながら、若い父母の長女に生まれ「私がしっかりしなくては」という性格でここまで来てしまった気がします。
「自分の頑張れるペースを探す」
そうですね。ポジティブでいなくてはいけないということにこだわり過ぎているのかもしれません。自分の器に合わせなくては・・・
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/26 12:32

おばさんです。




しっかりされた貴女の文章に今までの歯をくいしばって耐えてこられた苦しさ、悲しさが滲んで、胸を打たれます。

同じ立場にいないため、私が貴女にかける言葉が軽いものになってしまうかもしれません。

それを承知で、書き込みを失礼いたします。


私の父が無くなってからの母の話です。

母にとって父は恋愛結婚でもなく、<子供が宝>の母にとってはいつも後回しでしたが、父が亡くなった時には私たち姉弟は悲しみにくれるよりも、母が後追いをするのではないかとその落胆ぶりに心を痛め、見守り続けたものでした。

無宗教な母ですが、般若心経を唱える事で心が休まったのでしょう…朝晩の日課とし、迷い事、腹が立つ事、悲しい事、嬉しい事を毎日お仏壇の父と話し、月命日には必ずお墓参りをするという、今までとは考えられない位、父べったりの日々を送っていました。

もう35年間続けています…。

母にとっては父はもうすでに自分の心と一つなんだと思います。

最近は足が悪くなってきたため、お墓参りだけは足が遠のきましたが、夫婦として、夫婦をしてきた期間だけ思い出の積み重ねがあるように、亡くなられたからといって、自分の心に<無理>をして乗り越えていかなきゃならないとは思いません。

自分の心に<無理>をしないで、娘さんの成長をお仏壇を通してご主人に報告をされたり、愚痴を聞いてもらったり、悲しさをぶつけたり…貴女の心を開放していかれたらどうでしょうか…。

母も初めのうちは良くお仏壇の前で泣いていました。

私達はそんな母を見守りながらも、存分に泣かせてあげる時間を持てた事で、私達も母も、父が亡くなった事を受け入れられていったのではないかと思っています。


辛い時にはガムシャラに踏ん張るのではなく、仏壇の前で思いっきり泣かれてください!

悲しさや辛さは吐き出してしまいましょう!!

落ち込んではいられない!と、奮起する事も大事ですが、それは存分に落ち込んでから…か…と…。

悲しみ、苦しみから抜け出すのではなく、受け入れて、そこに新しい喜びとか、嬉しさとか、温かさとかを重ねていかれれば良いんだと…思えませんか?

もちろん、娘さんを立派に育てていかれるには弱音を吐いてもいられない!…のも解ります。

でも、人の心ってゴムみたいにピーンと張ってばかりいては伸び切ってしまいませんか?

弱さを認め、悲しさを認め、その上で、娘さんとの<幸せな日々>を積み重ねていきましょうよ。

又可愛いペットを迎えてはいかがでしょう?

何も考えず、可愛さに笑顔が引き出される…日常が又変わりますよ。

私は愛猫が獣にやられた時に半日声をあげて泣き続けお別れをし、今また愛情を注げるペットの命を守りながら、心を癒されています。

お忙しいと思いますが、貴女自身の息抜きのために趣味の時間を設けられてはいかがでしょう?

図書館で絵本を読む事は?

娘さんとゆっくりとした時間を味わえますよ。

肩の力を抜いて、ぼ~~っとした時間のゆとりも必要かと思います。

親子二人のカラオケタイムは…?

腹から大声を出すのは心にも良いんです。

頑張っている自分へのご褒美にプチリッチなケーキの甘さも、お腹だけでなく、気持ちを満たしてくれます。


少しずつ、焦らず、貴女の笑顔が毎日一つづつでも増えていかれますように…!

心に無理をしてまで頑張ろうとされませんように…祈ります!

その上で、頑張ってくださいね!応援しています!!!
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も41歳のおばさんです。でも未亡人になるには若すぎました。

回答者様のお母様、ご立派ですね。
亡くなったお父様の存在を、心のよりどころとされたのですね。
私はまだまだ未熟で、あっけなく逝ってしまった夫に、怒りを感じる
ことさえあります。
私は、これまで人前で泣かない。自分のような人間が強いと思っていましたが、今は自分の感情のままに泣いたり叫んだりできる人がうらやましく、自分の弱さを痛感しています。
小学生の娘とは、1人親の寂しさを味わわせたくないという気持ちもあり、休日には二人でお出掛けしまくっており、表向きは能天気親子です!
それだけに、一方で何に対してもイマイチ楽しめない自分が嫌で、娘にも申し訳なく思います。
ダメですね。書いていて、本当に情けない。早く本物の笑顔が作れますように!温かいメッセージありがとうございました。

お礼日時:2011/09/26 12:21

ずっと義実家との関係で気を張っておられたのでしょう。


状況が少し落ち着くところへ落ちついた。と云う事で緊張が解けたのだと思います。
いま悲しみに浸る時があってもそれがすぎればご主人さまとの良い思い出がよみがえって
生きる支えになるのではないでしょうか。私は昨年末の弟を亡くしました。大好きだった祖母
よくしてくれた義父母、若くしていった母、93まで看取った父、
沢山の亡き人に見守られている様な気がします。
愛は生きているものと逝ったものを繋ぐ橋と言う言葉があります。
自然に気持ちがおさまるのを待てばよいだけだと思います。
だれでもあることです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「愛は、生きているものと逝ったものをつなぐ橋」という言葉
胸に響きます。
主人との楽しい思い出さえも、思い出すことが苦しくて封印
しているところがあったりします。
まだまだ人間が出来ていないな、と痛感します。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/09/26 12:11

素人考えですが、軽い鬱が周期的に


来ているような気がします。
1度心療内科受診されてはどうでしょう。

とにかく心に余裕をつくり
“日にち薬”を信じませう。

奮起する必要はひとつもないと思いますよ

負けん気でまともに顔面受けするよりもむしろ
サラリと体をかわして受け流す大人の
テクが必要な気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々の回答ありがとうございました。
「日にち薬」・・・信じたいです!

お礼日時:2011/09/26 12:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q三年前に夫と死別して以来無気力になった

 現代五十五歳の未亡人です。
三年前に夫を癌で亡くして、三十才の娘と二十五才になる息子と一緒に暮しております。
 子供たちはそれぞれ少ない給料ですが就職して少しばかりですが生活も安定しておりますが、夫をなくして私も更年期障害に悩まされたりもしたのですけれど、最近は若いときに比べて何をやってもあまり楽しくなくて、こんなのでよいのだろうかと思ってしまいます。
 私も勤続三十年で仕事を持っておりますが、若いときは仕事が休みのとき趣味を楽しんでましたが、最近は休みになると家事をこなすのが精一杯で、寝てテレビばかり見ております。
 私の周りのバツ一の女性や未亡人の女性たちは活き活きと、シニアサイトなどで活躍している人が多いのですけれど、今の自分は何をやっても「こんなのやっても何の得にもならない。」と言う気持ちが先にたって結局家でひきこもってしまってます。
 この先私は死ぬまで何の楽しみも見出せずに、年老いてしまうのかと思うととても不安です。
 同じような経験をした方の意見をお待ちしております。

Aベストアンサー

更年期障害との事でしたが、最近はどうですか?ちゃんと通院されていますか?果てしなく落ち込んでしまう状態が続いているならしっかり相談してそれなりのお薬があるので処方して貰って下さい。
きっと傍目には最近元気がない、位にしか映っていないのかもしれませんが心の風邪は長引く前に手をつけましょう…。お願いします。
それと…、もしも目標なんか無くたって、夢なんか無くたってとにかく生きる事を選択して下さい。生きて生きて、生き抜いて下さい。 今がどんなにツラくても生きてさえいれば必ず光は差して来ます。そういうものです。応援していますからね。

Q伴侶の死後、前向きになれる人となれない人の違いは?

妻の死後、悲しみを癒すため色々やって来ました。不幸な人のために尽くせば、それが喜びになり癒しになると言う人が多くて、視覚障害者のため音訳ボランティアをやって来ました。少数民族を救うための活動もやって来ました。しかし、自分の悲しみを軽減する力にはならないと感じました。

最近同じ苦しみを抱えた方、数人とメールを交換するようになりました。彼女たちは海外のメル友を訪ねたり、あるいはジムに通ったり、わざと自分を忙しくしていると言っております。夫の分まで、前向きに生きて行きたいと言います。時々は夫を思い出して悲しくなり、思いっ切り泣くとも言います。

共通しているのは、前向きな姿勢です。翻って自分なんですが、基本的な気持ちは「何もやりたくない」のです。で、無理にやっている音訳ボランティアその他の活動も重荷に感じます。
彼女たちは一人閉じこもらず、外に出て人と接することで、悲しみを忘れているようですが、私の場合は外に出て人に接しようという気が土台起こらない。ムリにやると非常な負担になる。

で、家に一人居て、音訳録音の準備作業とか、やることは一杯あります。しかし、妻のことを時々思い出すというよりも、頭にこびり付いていて24時間悲しい重苦しい気分に支配されているという状態です。

メル友からのメールを読んでいる時と、返信を書いている時だけは、明るい気分になり妻のことはほとんど忘れていますが、送信完了した途端、更に以前にも増して悲しみが襲って来ます。そしてそれがいつまでも続きます。
妻の分まで生きたいとは思えず、出来るだけ早く妻の元は行きたいという思いしか持てません。

前向きに活動できる彼女たちと、私との違いは何でしょうか?
私は男性ですが、男と女の違いでしょうか?
妻を亡くしてまだ1年を過ぎたばかりですから、もっともっと年数が必要ということでしょうか?
個人差があって、自分の場合は一生前向きになれないということでしょうか?

経験された方、あるいは何かヒントになるものがあれば、教えていただきたいと思います。
宜しくお願いします。

妻の死後、悲しみを癒すため色々やって来ました。不幸な人のために尽くせば、それが喜びになり癒しになると言う人が多くて、視覚障害者のため音訳ボランティアをやって来ました。少数民族を救うための活動もやって来ました。しかし、自分の悲しみを軽減する力にはならないと感じました。

最近同じ苦しみを抱えた方、数人とメールを交換するようになりました。彼女たちは海外のメル友を訪ねたり、あるいはジムに通ったり、わざと自分を忙しくしていると言っております。夫の分まで、前向きに生きて行きたいと言い...続きを読む

Aベストアンサー

>>生きててもたいして意味ないとは思いますが
>そうですね。妻がいた時は意味を感じてやっていたことが、妻が死んだ途端、何の意味も感じなくなっ
>てしまいました。
この件で思うのは、ボランティア趣味もいいのかもしれませんが、それより、少しでも働かれることを
お勧めしたいですね。
働くというのは、いい加減な仕事はできませんから、働くことで、物事への集中力がでますし、
なにがしかの小遣いを得ることは、少しの喜びにもなると思うのです。
昔の人も同じように伴侶と死に別れてるのですが、みんな働かないと生きていけない時代ですから、
働くことで生きていけ、また元気になっていったのではないかと思います。
たとえば農家からなにがしか仕入れて行商人みたいに売ってまわり、薄利でしょうけど、そこになにか
生き甲斐も出てくると思うのです。僕は働くことは祈りのようなものと信じています。
働くことで悲しみを忘れている時間の出来るし、体も元気になり、後追い誘惑もなくなると思います。
僕は幸い自営業ですので、いつも働いていないとダメです。そのことが、同じ死別者仲間より早く立ち直れた気がします。


>>帰りの電車の中で涙がボロボロで、家に帰ってずっと嗚咽
>これ凄く興味がありますね。何故悲しくなるのでしょうね。

この答えはまだ出せないでいます。
妻に対する悪い気持ちが起きたか、目の前の女性が妻だったらいいのにと思ったか、
目の前の女性へ愛情を感じたことで、忘れていた妻への愛情を思い出したか・・・。
私達の心は暗闇で解明されてない部分すこぶる多いと言われています。
多分、何故悲しくなるかはわからないような気がします。

この件があって、今お付き合いの方と、いつか愛し合うことになると思うのですが、その最中に嗚咽するのではないかと思ったりします。これ引かれてしまいますよね。君の美しさに感動したんだと言ってごまかしましょうか(笑)。

>>死別者が嫌われるとこなんだなと
>死別者が敬遠されているとは知りませんでした。それで貴殿は離別だと嘘を付いたんですね。その後そ
>の問題は解決出来ましたか?
誤って別れました。酷すぎるとかなりのお叱りを受けました。

.

>>生きててもたいして意味ないとは思いますが
>そうですね。妻がいた時は意味を感じてやっていたことが、妻が死んだ途端、何の意味も感じなくなっ
>てしまいました。
この件で思うのは、ボランティア趣味もいいのかもしれませんが、それより、少しでも働かれることを
お勧めしたいですね。
働くというのは、いい加減な仕事はできませんから、働くことで、物事への集中力がでますし、
なにがしかの小遣いを得ることは、少しの喜びにもなると思うのです。
昔の人も同じように伴侶と死に別れてるのですが、みんな働か...続きを読む

Q突然逝った主人に会いたいです

主人を亡くして何ヶ月にもなりますが、会いたい気持ちが日に日に強くなるばかりです。
かといって、自死すれば主人に会えないと、こちらでも言って頂いたので、そんなつもりはないのですが、ただただ会いたくて会いたくて仕方がありません。

一人息子もうすぐ自立、これから二人の人生を歩いて行くつもりだったのに‥‥。

突然いなくなりました。
病気が彼を連れて行ってしまいました。
大好きでした、笑顔も仕種も、なにもかも。

部屋の蛍光灯もかえたことがない、門限は夜9時、飲み会は送り迎え、大事にしてもらった二十年余り、私なりに主人に尽くしました。主人の口癖は「幸せだね」。でも私の方が幸せでした。

「ただいま」の声に「おかえりなさい」と、毎日玄関に迎えに出られる、そんな普通の事が掛け替えのない幸せだったんだと、毎日思っては泣くばかりです。

愚痴ばかりでごめんなさい。

お時間を頂いて申し訳ありませんが、こんな私に明日からまた、仕事に行く力の出るお言葉をかけていただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

会いたいですね。

主人が突然亡くなった時に、「パパはママの幸せを願ってるよ」と息子に言われました。
あれから5年。
一人息子は進学を機に一人暮らしを始め、私も一人に。
辛い時は思い切り泣けばいいと思います。
時間が少しづつ心を楽にしていってくれると思います。
息子と話すと「こんな時パパならこう言うよね~」と今でも普通に主人が出てきます。
忘れる必要も、頑張る必要も無いです。
思い出しながら、浸りながら、少しづつ受け入れていけばいいと思います。
力の出る言葉でなくてごめんなさい。
でも、笑顔が毎日1秒づつでも増えていけばいいですね!

Q大切な人の死はどれくらいで乗り越えられるのでしょうか

大切な人の死はどれくらいで乗り越えられるのでしょうか

Aベストアンサー

1年もすれば
元の生活に戻っています。

Q夫に先立たれました

ひと月前に夫に先立たれた 56歳女性です。寂しくて毎日泣いています。同じような経験をなさった方どのように乗り切れば良いかアドバイス下さい。異性との出会いは今は望んでいません。

Aベストアンサー

お辛いですね。
ひと月、気が張って雑事を終え・・・ぽっかりと穴が開いたような喪失感。

私の友達は雨の日に部屋中に写真を置き
写真に話しかけながら、ひとりで子供のようにワァーワァー何時間も大声で泣いたそうです。

何かが変わるわけではないのですが、そうすることで少し受け止めることが出来た。
と言ってました。

参考まで・・・

Q夫の死

夫がくも膜下出血のため他界しました。月命日がすんだあたりから、自分を責める気持ちが抑えられず何もやる気になれません。休日に買い物中に夫から頭が痛いから病院へ行きたい。帰ってきてくれ。と携帯にTELがあり、動けないほど痛いならすぐ救急車を呼んだほうがいいと言ったのですが、吐き気も麻痺・痺れもないし、救急車呼んでもお前がいないと・・恥ずかしいし・・などと話していたので、じゃあ待っててね。と、急いで精算して帰宅したのですが、その時には意識はあり、会話はできるものの目がどこを見ているのかわからないような状態でした。救急車を呼んで救急隊員の方とも会話をし、担架に乗せようとした途端痙攣をおこし、口から泡のようなものも吹き出しました。病院について医師に説明を聞いたところ、くも膜下出血の最重症型で、肺水腫という合併症もおこしている瀕死の状態です。すぐ家族を呼んでください。と言われました。もし私が携帯に連絡が来た時点で救急車を呼んでいたら助かったのではないか。30~40分くらい違うと思います。3ヶ月前にのどが痛くて何も食べれないと言ってたこととか、前日に肩が痛いと言っていたことも、何かの兆候だったのではないか。私がもっと、夫の健康管理に気を遣っていれば、死なずにすんだのではないか。と毎日思い浮かんできてしまい
ます。子供のためにも自分がしっかりしなければと思うのですが、気力がわいてきません。同じような経験をされた方、こうして乗り越えたというものがありましたら、教えてください。

夫がくも膜下出血のため他界しました。月命日がすんだあたりから、自分を責める気持ちが抑えられず何もやる気になれません。休日に買い物中に夫から頭が痛いから病院へ行きたい。帰ってきてくれ。と携帯にTELがあり、動けないほど痛いならすぐ救急車を呼んだほうがいいと言ったのですが、吐き気も麻痺・痺れもないし、救急車呼んでもお前がいないと・・恥ずかしいし・・などと話していたので、じゃあ待っててね。と、急いで精算して帰宅したのですが、その時には意識はあり、会話はできるものの目がどこを見て...続きを読む

Aベストアンサー

NO3です。

お礼をありがとうございました。
IDの件、ご事情わかりました。
トラブルでなくて何よりです。
(今後はお母様と娘さんとで異なるIDをご使用の上
このサイトへのご参加をおすすめいたします)



ご質問の件ですが
私の肉親は、余命数ヶ月と先刻を受けた末に他界しました。
他界した本人も余命を承知しており、そばにいる者として
何もできない無力感に襲われ続け苦しい日々を送りました。
質問者さんとは状況が異なるので
お気持ちがわかります、などと軽率には言えませんが
その肉親が亡くなった後、
「ああすれば良かった」
「あんなことは言うべきじゃなかったかもしれない」
「どうしてもっと違う対応をしてあげなかったのだろうか」
「私の言葉が気持ちを傷つけたのではないだろうか」
……など、苦しい葛藤が浮かんでは消え、浮かんでは消え、
その悲しみ、自分に対する怒り、無力感に
押しつぶされそうな数年間を経験しました。

そんなある日「グリーフケア」という考え方があることを知り
苦しいのは自分だけではなく、大切な人を亡くした人は
少なからず、私と同様の苦しさ、葛藤、無力感などを
持ち続けるものなのだと知り、
それを知ったことだけで随分心が救われた経験があります。

もしご興味がございましたら↓のサイトを閲覧してみてください。
しかしながら、少し読んでみられて
辛いお気持ちが沸いてこられるようでしたら
くれぐれも無理をなさらず、読むことをすぐにおやめください。
あくまで、ひとつのご参考サイトとしてURLを貼っておきますので。

1日も早く、心身共に健やかに過ごされる日が
質問者さんに訪れますようお祈り申し上げます。

最後になり恐縮ですが
ご主人様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

http://www.hospice.jp/related_group/griefcare.html

参考URL:http://www.mainichi-msn.co.jp/yougo/archive/news/2006/06/20060610ddm013100082000c.html

NO3です。

お礼をありがとうございました。
IDの件、ご事情わかりました。
トラブルでなくて何よりです。
(今後はお母様と娘さんとで異なるIDをご使用の上
このサイトへのご参加をおすすめいたします)



ご質問の件ですが
私の肉親は、余命数ヶ月と先刻を受けた末に他界しました。
他界した本人も余命を承知しており、そばにいる者として
何もできない無力感に襲われ続け苦しい日々を送りました。
質問者さんとは状況が異なるので
お気持ちがわかります、などと軽率には言えませんが
その肉親...続きを読む

Q一人ぼっちです

昨年の10月に主人を亡くしました。ここになって酷い孤独感を感じてます。子供も兄弟もいません。死ぬまで一人ぼっちです。先日夜中に愛犬が食べたものを吐いたりして慌てましたが、そんなときタイムリーに相談出来る友達もいません。犬と年老いた猫と三人で主人が命と引き換えに残してくれたマンションで、しがないパートと遺族年金で暮らしてます。初老です。これから先、何を生きがいに、何を支えに生きていけばいいか分かりません。闘病の末、亡くなった主人がかわいそうで、去年の今頃はまだ生きていたのにと思い毎日泣いてます。

Aベストアンサー

いずれは、質問者さんと同じに境遇にになる者です。
子どもがいず、兄弟姉妹がいないので姪甥もいません。
アレルギーがあるので、ペットもいません。
ランチする程度の友だちはいますが、人生相談はできません。

子どもさんやお孫さんがいる人には理解のできない苦しみ
(孤独感や喪失感)に陥っていることが想像できます。
私は、いつも老い先のことを心配していますが、
質問者さんの文章を読んだら、益々不安になりました。
有料老人ホームに行くだけの財産はないし、
お月謝の高い習いごとをする余裕もありません。
確かに一人ぼっちになったら、どうしたらよいのでしょうね。

自分が質問者さんの立場になって考えれば、
どんなことばをおかけしても、励ましにならないことがよく分かります。
「時が解決してくれます」「趣味をつくりましよう」、
「積極的に地域に出ましょう」などと申しても無駄だと思います。

でも、知人の例でいきますと、さんざん目を腫らして泣きましたが、
三回忌頃になると現実を受け入れられるようになるようですよ。
今は、思いっきり泣いたり力一杯わめいたりして、
在りし日の旦那さまを思い出すのが、一番の薬だと思います。
どこのどなたか分かれば、お近くでお慰めもできるのですが・・・。

そして、3年たったら、新しい生き甲斐をみつけられたらどうでしょうか。
私は、地方自治体でやっているカルチャーに行き始めました。
新たな人間関係ができつつあり、1回でもお休みすれば、
「何かあったの?みんなで心配したわ。」と言われます。
名前しか知らないような人ですが、ちょっと嬉しいことばです。
これからは、高齢者対象のボランティアもしてみようかと思っています。

質問者さんのお陰で、自分の将来を見つめるよい機会になりました。

質問者さんは、一番辛いこの時期を無事に乗り越えられますように。
そして、乗り越えたら新たな生き甲斐をみつけられますように。

いずれは、質問者さんと同じに境遇にになる者です。
子どもがいず、兄弟姉妹がいないので姪甥もいません。
アレルギーがあるので、ペットもいません。
ランチする程度の友だちはいますが、人生相談はできません。

子どもさんやお孫さんがいる人には理解のできない苦しみ
(孤独感や喪失感)に陥っていることが想像できます。
私は、いつも老い先のことを心配していますが、
質問者さんの文章を読んだら、益々不安になりました。
有料老人ホームに行くだけの財産はないし、
お月謝の高い習いごとをする余裕もあり...続きを読む

Q死別の辛さはいつまで

今日で妻が旅立って2ヶ月です。
まだ40歳。育児・趣味・楽しみ・苦しみ・老後などやり残したことだらけのはずです。
私自身、妻に対してやり残したことだらけです。
なかには、いつまでも考えていると、奥さんが成仏しないなど言われますが、果たしてそうなのでしょうか。私は2ヶ月経つ今も、愛しくて仕方ありません。
毎日、涙が出ます。
これって、そのいつまでもに相当するのでしょうか。
私は職場の1年先輩である妻に交際を申し出、何度もフラれました。でも諦めることが出来ず、何度もアタックした結果結ばれました。もう、追いかけれないのが現実です。
私と結婚しなければ、妻はもっと長生きできたのか。
振り返っても妻は帰ってこないのは分かっていますが、いつ・どこの・どの場面でボタンを掛け間違ったのかを考えてしまいます。
生前は、「出ていけ。」や「お前、何様だ。」など暴言も多々ありました。
でも妻に喜ばれたい、褒められたいと思い、家事を手伝ったり、妻の趣味に付き合ったり、仕事帰りに妻の好物を買って帰ったりしていました。
1歳年上の妻は夫婦でありながら、私にとっては姉のような感じもあり、たまに甘えてくるところがすごく可愛かった。
家族で買い物に行っても、たまに手を繋いできたり、腕を組んできたりしました。私から手を繋ぎに行くと、「キモイ」など言われたりもありましたが、数分後に妻が自然に手を握ってくれたりもありました。
最近、妻の友人から聞いた話ですが、妻は再婚を考えている友人に対し、「次に一緒になる人はうちの旦那みたいな人を探したらいい。」と私には言ったことの無いような、うれしい言葉を聞きました。
娘達と前を向いて進んでいるのは確かです。
娘達の前でも泣くことはあります。泣くことに対して、私は娘達にこれだけ一人の人を愛することがどれだけ大事なことか悟ってくれたらと思います。
いつまでもしがみついているウジウジした男に聞こえるかも知れませんが、間違っていますか。
人それぞれとは思いますが、この辛い現実はいつまでも一緒に進んで行くのでしょか。

今日で妻が旅立って2ヶ月です。
まだ40歳。育児・趣味・楽しみ・苦しみ・老後などやり残したことだらけのはずです。
私自身、妻に対してやり残したことだらけです。
なかには、いつまでも考えていると、奥さんが成仏しないなど言われますが、果たしてそうなのでしょうか。私は2ヶ月経つ今も、愛しくて仕方ありません。
毎日、涙が出ます。
これって、そのいつまでもに相当するのでしょうか。
私は職場の1年先輩である妻に交際を申し出、何度もフラれました。でも諦めることが出来ず、何度もアタックした結果...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして

涙が枯れるまで泣いてください。思い出して泣いてください。命ある者は必ず死が訪れます。

あなたと奥様は奥様の死によって別れるのでは有りません、あなたの心の中から奥様の面影が消えたときに別れが来るのです。

自分を急に変えようと思っても、なかなか人間は変わりません、泣き虫でもいいじゃないですか、はっきりした理由が、子供たちが理解してくれるのならば、これ以上強い味方は無いと思います。

あなたが泣いているのを子供たちが、その内に理解してくれれば良いと思います。

Q夫が事故死したのに悲しくない私は鬼ですか?

私は40代後半・夫は五歳年上です。夫の両親と同居、義父は最近ボケて来て介護が必要です。成人した子供が二人います。夫は母親から甘やかされて育ち、人の話に耳を傾けることをしない人間でした。なので私と喧嘩しても「ふふん」とせせら笑うだけ。従って冷戦となり、長い間ほとんど口もきかずに過ごすことが、結婚後30年近く定期的に繰り返されて来ました。
数年前、リストラに遭って早期退職した夫を花束で出迎えた私。彼も感激したのか、いつになく長いハグをしました。それ以来二年間は実に仲の良い夫婦だったのですが、三年前のある日にまた偉そうな言葉を吐いた夫が私を激怒させ、何度目かの冷戦状態になりました。
そんな先月半ば、夫は勤務先で頭と背中に落下物を受けてほぼ即死。私はその時ある手術で入院中、携帯の電源を切っていたので事故のことは翌朝知りました。夫はどこの病院で手術するのかと聞きもしなかったので、家族が連絡を取ろうにも取れなかったのです。既に息を引き取った夫の元に行きましたが、私は全然泣けませんでした。かといって冷静でいたわけでもなく、(なんなの?どういうことになってるの?)と心の中でつぶやき続けていたような…。
お通夜・告別式にも私は全然泣くことなく、ただ呆然としていたように思います。ただ、夜寝ながら泣いていたのを子供も義母も知っています。でもそれは夫と死別したことが悲しいのではなく、夫と分かり合えなかった悔しさ・義父を介護する私にただの一度も労いの言葉を掛けてくれなかった悔しさなどからです。
でも私が最も夫を許せなかったのは、三人目の妊娠が判明した時、「堕ろせ」とは言わなかったけど「責任が増えて小遣いが減るのは嫌だ」と言ったことです。最後には「お前の好きなようにしろ」と言われましたが、夫がどうして欲しいのかは明白。私も正直言って産みたくなかったので、このことはなかったことにしようと、翌日中絶して来ました。そうと知った夫は「なんで…」と言ったきり、このことには二度と触れませんでした。
私は物凄く後悔し、やはりもう一度子供が欲しいと拝み倒して数ヵ月後に妊娠。でも夫は大きくなる私のおなかに無関心、私もこの子を愛せるのかと自信を失いました。そんな両親の冷たい心を知ったからなのか、七ヶ月で早産した子供は数時間後に息を引き取りました。毎日毎日泣いてばかりいる私に、夫は「過ぎたことでいつまでもめそめそするな」と一言。ただ黙ってそっと抱きしめて欲しかった…。
夫の嫌いなところはいくつもあったけれど、突き詰めてみるといつもこの二点に至るのです。恨んでいるのかもしれません。だから、突然死んでしまった夫なのに悲しくないのでしょうか。あれから一ヶ月近く経ちますが、いまだに夫を亡くして悲しいという心境になりません。こんな私は鬼なんでしょうか? どう心の整理をしたらいいのでしょうか? 喧嘩している最中に伴侶を亡くされた方、やはり私と同様でしたか? それとも、喧嘩中とはいえ亡くなったら悲しかったですか?

私は40代後半・夫は五歳年上です。夫の両親と同居、義父は最近ボケて来て介護が必要です。成人した子供が二人います。夫は母親から甘やかされて育ち、人の話に耳を傾けることをしない人間でした。なので私と喧嘩しても「ふふん」とせせら笑うだけ。従って冷戦となり、長い間ほとんど口もきかずに過ごすことが、結婚後30年近く定期的に繰り返されて来ました。
数年前、リストラに遭って早期退職した夫を花束で出迎えた私。彼も感激したのか、いつになく長いハグをしました。それ以来二年間は実に仲の良い夫婦だっ...続きを読む

Aベストアンサー

 今の主人が、ある日突然事故であの世に逝ってしまったら・・・。私は質問者様と一緒です。葬儀の最中にも涙は1滴も出ないでしょう。お気持ちは、痛いほどよくわかります。
 ココまで、同じような旦那様がいらっしゃったなんて・・・。不思議です。私の手術、もちろん入院も含めて、Tel1本よこさなかったし、どこの病院かも聞きもしなかったですよ。入院の準備も手伝わないし、もちろん送っていってもくれなければ、退院の日、迎えにも来なかった。迎えに来なかったのには看護士の方のほうがびっくりしてましたねぇ。
 赤ちゃんのことも同じく!妊娠6ヶ月で死産だったのですが。未だに主人は、その子が男の子だったのか女の子だったのか知りません。男の子でした。火葬の書面にサインしたのも私ひとり。この時も入院中Tel1本無かったですよ。全然考えてないんだな~と、主人のことですがぞっとしたのを覚えています。
 
 ただただ抱きしめて欲しい!抱きしめて欲しかった!!
そうなんです。それが出来ないのか、判らないのか?虚しいですよね。

 だから、私も質問者と同じ気持ちになると思います。悲しいとかそんな感情じゃないんですよ。多分、普通のご夫婦やご家族にはわからないんだと思います。私は、主人に対してぞっとする瞬間がありましたから。

 今の主人が、ある日突然事故であの世に逝ってしまったら・・・。私は質問者様と一緒です。葬儀の最中にも涙は1滴も出ないでしょう。お気持ちは、痛いほどよくわかります。
 ココまで、同じような旦那様がいらっしゃったなんて・・・。不思議です。私の手術、もちろん入院も含めて、Tel1本よこさなかったし、どこの病院かも聞きもしなかったですよ。入院の準備も手伝わないし、もちろん送っていってもくれなければ、退院の日、迎えにも来なかった。迎えに来なかったのには看護士の方のほうがびっくりしてました...続きを読む

Q配偶者に死なれて

配偶者が4月8日に亡くなりました。肉腫の再発でした。初発は11年前でした。配偶者は67歳でした。いまだに喪失感が強く、立ち直れていません。また翻訳をしているのですが、ショックで能力、スピードもおちました。もうひとつ何をやる気にもなれません。早く立ち直りたいですが、どのようにすればいいでしょうか
やはり依存度が強かっただけに、これからのことを考えても不安になります。もし似たような経験をなさったかたがいらしゃいましたら、そういうこともぜひおきかせ願いたいです。

Aベストアンサー

私は4年前に妻を胃がんでなくしました。
配偶者は亡くした経験があるものしかわからない、どくどくの感情ですね。

生前、決して中がよかったわけでもないごく普通の夫婦でしたけど、葬儀が済んだ直後から喪失感
が襲ってきますね。昨日まで部屋にいた人が永遠に帰ってこなくなった現実はたまったもんでない
ですね。

私は夕立のようにおとずれる激しい哀しみにまるで赤子のように泣きじゃくりました。
私は自営ですが、お客様と会っているときは、相手との話に集中しますので、普通ですが、一人になると
また赤子のように号泣しました。
半年くらいは毎日号泣しない日は一日たりとてありません。

質問者様泣いてください。悲しいんですもの泣くしかないです。
あとこれ信じていいです。「時間がクスリ」です。どんな哀しみも時間の経過で癒されるように
なっているようです。

もう少し積極的になれるなら、西原理恵子さんが言う「働くことは祈り」という言葉がありますが、
ふらふら、やる気のない気持ちは、悲嘆感情からくる当然の気分です。

これは気分ですから病気ではありません。このやる気のない気分のまま、いやいやながら、一行でもいいので翻訳の仕事にまず手を出してみてください。突然夕立のように悲しみが襲ってきますが、誰もいなければ手を休め思い切り号泣してください。

そうすれば悲しみは夕立のように去っていきますから「働くことは祈り」で、また少し翻訳に手を出してみてください。

昔の人はどんなに悲しくても農作業を休まず家事もしていたようです。働くことで悲しみを乗り越えていけるると思います。

私も日曜以外は休まず働き続け子は中3でしたからなれない家事もしました。

100日くらいたつとかなり楽になり、一周忌くらいで時々号泣くらいまで立直り、三回忌くらいで悲しみは癒えたような気がします。

参考になれば幸いです

私は4年前に妻を胃がんでなくしました。
配偶者は亡くした経験があるものしかわからない、どくどくの感情ですね。

生前、決して中がよかったわけでもないごく普通の夫婦でしたけど、葬儀が済んだ直後から喪失感
が襲ってきますね。昨日まで部屋にいた人が永遠に帰ってこなくなった現実はたまったもんでない
ですね。

私は夕立のようにおとずれる激しい哀しみにまるで赤子のように泣きじゃくりました。
私は自営ですが、お客様と会っているときは、相手との話に集中しますので、普通ですが、一人になると
また赤...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング