こんにちは
たんぽぽについてです。

在来種のたんぽぽを育ててみたいのですがどうすればいいでしょう。

具体的には

#1。野原に白花たんぽぽや関西たんぽぽ(?)を見つけたので、
    鉢に植え替えるにはどの様な点に注意が必要か。

#2。管理はどの様にするのか?
    (日当たり、水あげなど)

#3。種から育てるには?!
    (色々な情報では在来たんぽぽの発芽には時間がかかるが、
      短期に発芽させることが出来るか、どの様にやるのかなど)

以上です。

詳しく知っている方いましたら、お教えください。

A 回答 (2件)

 タンポポは、あまり気を使わなくても発芽しますし、育っていきます。

庭先にまいても大丈夫でした。(綿毛から、息で吹いて散らした)
 それぐらいで発芽しなければ、野生で生きていけないでしょう。

 在来種のタンポポは、アルカリ土壌を嫌うそうですが、普通の花壇の土で、乾燥しなければOKでしょう。(セイヨウタンポポはアルカリ性土壌が好きだとか)

 発芽が見たければ、濡らした脱脂綿にタネをおいてもいいのでは?

 株を掘るには、普通の根掘りで掘れば十分。けっこう長いねですが、途中で切れても再生してきました。

 ただし、セイヨウタンポポのように自家受粉しませんので、何株か植えていないと、新しいタネが出来てきません。

この回答への補足

お返事有り難うございました。

家には庭がないのでプランターでと思っています。

情報では発芽まで数ヶ月かかるとのことですが、どうでしたか?
(在来種の場合)

株を掘ってこようと思いますが、主根は10センチ位で切っても大丈夫でしょうか?
在来種のエゾタンポポなので枯らしたくはないので。

知っていましたら宜しくお願いいたします。

補足日時:2001/05/03 08:35
    • good
    • 0

私は全然詳しくないのですが、多少は参考になるかと思われるサイトをご紹介します。


既にご存知でしたら、お役に立てず申し訳ありません。

参考URL:http://www.hanaippai.com/hanaippai/sodate/tannpo …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事有り難うございました。

まだ見ていないHPでした。

参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/03 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qケヤキの大量発芽

 学校の芝生にケヤキの芽が異常に多く発芽しています。去年は、見あたらなかったのに。他の場所でも、同様のことが起こっています。
 私の住んでいる場所は愛媛県ですが、他ではどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

私にはさっぱりなので、他の回答者を待って下さい。

ケヤキの異常?
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/2372/kaiho/gnn12.html

温度かな?
http://www.ryukyushimpo.co.jp/hae/kaze08/h990924.html

その「桜を切るばか、梅切らぬばか」って?
てんぐ巣病?
http://www.takeda-engei.co.jp/navi/byoki15.html

・・・すいません、よくわかりませんでした。

その他の参考になりそうなページは・・・

参考URL:http://www.eee.co.jp/midori/page2.htm

Q国家II種 林学

環境省の自然保護官を目指したく、公務員試験の林学のい受験を考えています。ですが自分は経営学部に在学していて、林学の知識はゼロです。予備校でも林学の勉強をカバーしてくれる所は無いので、独学という形になります。
無謀なのはわかっていますが目標の為にチャレンジしたいと思っています。
そこで皆さんにお聞きしたいんですが、
お薦めの参考書や勉強方などありますか??

Aベストアンサー

一応、予備校で林学を教えているところもあります。LECの林学講座です。授業のDVDを郵送してくれたりするので、LECの校舎に通うことができなくても大丈夫です。

LECの林学講座に言及するHPhttp://universalcentury.jp/kasumi/jukenbbs/cbbs/cbbs.cgi?mode=res&namber=2999&page=&no=5
(注)林学の講座だけなら、上記の文章に書かれている値段より安いです。

LEC技術職・資料請求
https://personal.lec-jp.com/request/index.php?pcode=K2800

ただし、講師が林学の専門家ではないので、説明が非常に分かりにくいうえ、時々まちがったことも言います。授業を聞いて正しく理解できる説明が60%、意味不明な説明が35%、間違っている説明が5%くらいです。公務員対策の講座としては最低レベルですが、それでも唯一の林学を教える予備校です。頻出事項を押さえることはできますし、意味不明な部分も自分で文献を調べれば理解できます。

もし独学でやるとすると、全てを文献から自分で調べることになるので、間違いなくラクにはなります。


また、とりあえず、過去問を手に入れてください。
人事院に情報公開請求すると、5年分の過去問が手に入ります。

人事院情報公開
https://ssl.jinji.go.jp/kaijiseikyu/kaiji_index.html

詳しい手続きは、人事院に聞いてください。「国家公務員試験2種・林学の過去問が欲しい」と言えば、多分わかります。
メールで申し込むと、一ヶ月後くらいに過去問が郵送されてきます。
但し、お金がかかります。一万円程度だと思いますが、多くても2万円はかかりません。。

その過去問では、選択問題の正解も付いてきますので、その選択肢が何故正しくて、何故他の選択肢が間違っているのか、正しい知識を調べます。その上で、その知識を覚えるのです。知識を暗記するだけで、ほとんどの問題は解けます。
初めから出題範囲の正しい知識が並んでいる参考書を覚えれば良いと思うでしょうが、林学受験者は限られているので、林学の出題範囲に特化した参考書が存在しないのです。林学専攻なら大学の授業で習ったことを覚えれば済むんですけどね。

このように過去問を5年分見れば、ひと通りの出題内容は網羅できます。

正解の理由を考える際の参考書としては、まずは「ニュー・フォレスターズ・ガイド」をひと通り読みましょう。入門編としては適しています。ただし、林学の試験範囲と重ならない章がいくつもあるので、過去問と照らし合わせて、どの章が必要なのか判断してください。もしくはLECの講座を受けていれば、頻出事項が理解できるので、その章を読んでください。

ニュー・フォレスターズ・ガイド
http://ringyo.tempo.ne.jp/e_shoppy/www/list.cgi?id=G000100006S00

その次には、「森林林業白書」と「林業実務必携」です。
森林林業白書はひと通り読むことと、白書から出題される問題が毎年、何問もありますので、その問題を回答する際に読み直してください。
林業実務必携は全部読む必要は全く無いので、問題を回答する際に辞書のように使用してください。

林業実務必携
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4254470150/nanpadecom-22/ref=nosim

そのほかにも、大学で林学の学科があれば、図書館に林学の本も置いてありますし、林学科の先生に勉強方法を聞くことが出来れば最高です。
もし大学に林学関連の学科がなければ、既出の勉強法だけでも結構戦えます。この文献だけでは理解できない問題もありますが、諦めましょう。その問題を理解するためには膨大な専門書から情報を見つけ出す必要があるので、とても時間がかかります。
林学を独学するひとは、たくさん居るので、質問者がそんなに不利というわけでもありません。

また、環境省の説明会に参加すると、周りの学生も林学を勉強していますし、レンジャーは林学受験を突破した人たちです。
仲良くなれば、良い参考書など、いろいろ情報を入手することができます。
ただし、説明会はしばらく開催されないようです。夏~秋くらいになれば、また開催されます。

それでは頑張ってくださいね。応援しています。

一応、予備校で林学を教えているところもあります。LECの林学講座です。授業のDVDを郵送してくれたりするので、LECの校舎に通うことができなくても大丈夫です。

LECの林学講座に言及するHPhttp://universalcentury.jp/kasumi/jukenbbs/cbbs/cbbs.cgi?mode=res&namber=2999&page=&no=5
(注)林学の講座だけなら、上記の文章に書かれている値段より安いです。

LEC技術職・資料請求
https://personal.lec-jp.com/request/index.php?pcode=K2800

ただし、講師が林学の専門家ではないので...続きを読む

Qこけの育て方

こんにちは
我が家には和室前に半坪ほどの和風の石で囲った横長の部分があるのですが、ここをもうちょっと趣が有るようにしようと思っております。現在はまだ1m50cmほどの杉が1本と高さ数十センチの小さな石灯籠が置いてあるだけですが、ここにこけを敷き詰めてみようと思っております。そこでどなたか教えていただきたいのですが、こけを育てるのは難しいのでしょうか?またどこで手に入れられますか?
ちなみにその場所の日照時間は2,3時間ですがじめじめとはしてません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

苔は日本の風土にあった昔から大事に育てられた植物です。 派手やかさはありませんが、坪庭に最適です。
 個人的にはふわふわしたスギ苔が好きですけれど、ビロード苔も捨てがたいです。 そういえば我が家の庭に植え付けしたビロードはスギ苔に攻められて日陰へ移動してしまった。 やはり日照時間が多いからかなあ。
 失敗でした。 綺麗な苔庭になることを願っています。
  通販もしている下記URLへどうぞ。

参考URL:http://mossplan.co.jp/

Q針の様な雪の結晶

はじめまして

先日とても変わった形の雪の結晶が降りました。
形は肉眼で「縦長(5ミリ程度)両端が針の様に尖った棒状の結晶」です。樹状結晶はよく見ますが、もしや結晶の基本構造の六角柱のまま降ってきたのだろうかと考えたのですが、今までの人生で初めての形です。

是非、「天からの手紙」の内容を知りたいです。上空の状態はどんなのだったのでしょう?今日は天気の状態は?

ご存知の方はよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

変な言い方ですが、出来損なった雪または雪になりたかった雪もどきの結晶と思われます。
本来はふわふわと地上に舞い降りたかったのでしょうが諸般の事情で許されなかったので本来の六角形の結晶になれなかった雪のようです。

冬本番の前後でまだ寒さが本番でないとき(-5度程度の環境で)で水分が多い条件で出来るようです。
YAHOOで「雪 結晶 針状」で検索してはいかが。いろんな情報がてんこもりです。

参考URL:http://www.thr.mlit.go.jp/aomori/mitimiti/mitimiti3/3-5.html

Q活性汚泥の種菌について

活性汚泥法である毒性のある廃液を処理しようと実験をしようとしています。
知り合いから、活性汚泥の種菌を揃えていて、販売してくれる業者さんが有ると聞きました。
ただ、その知り合いもうろ覚えで詳しいことが判らず、困っています。
もし、そのような業者さんをご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

始めまして。
補足より、処理目的物質はヒドラジン類と思われます。
活性汚泥法は好気性処理ですが、還元性物質が多く含有している場合は、DOが低下して嫌気状態となります。よって、好気性処理が出来る状態に前処理を行なわなければなりません。もし、低濃度のヒドラジン類であれば、微生物を投入する前に曝気のみでアンモニア性窒素にまで一次分解を行ないます。この状態であれば土壌菌レベルでも硝化が行なえます。(接触曝気法など)
高濃度の時は、苛性ソーダ等のアルカリ剤でpH11以上でも分解します。この場合はアンモニアストリッピング法でアンモニア性窒素を分離した後、通常の活性汚泥法で処理を行なえると思います。但し、銅やニッケル等の金属イオンが含有していると、先に分離処理が必要です。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報