最近思うのですが、基本的に学校とは何をする所、何を学ぶ所なんでしょうか?
それぞれ基本的な考え方があるので、教えていただきと思います。また現実とのギャップは何処にあるのか、それを知ってらっる方、よろしくお願いします。

(1)小学校
(2)中学校
(3)高校
(4)大学、大学院

このQ&Aに関連する最新のQ&A

学校とは」に関するQ&A: 宗教系学校とは?

A 回答 (3件)

こんにちわ。


近年、多くの人が投げかける質問ですよね。
私も、大学に進むときに、「なぜ、大学?」と悩んだものです。回答というより、私の価値観でお話させてください。

(1)小学校
(2)中学校
以上の2つは、義務教育であることからもわかるように、勉強の基礎だけでなく「社会」というものを知るところだと思います。人間関係、先輩、後輩。楽しいこと、悲しいこと、うれしいこと、辛いこと、怒りを覚えること等を、他の人と共有すること。「人として生きていくうえで必要なこと」を学ぶのだと思います。
勉強のことで言えば、リテラシー、つまり、昔で言えば、「読み書きそろばん」といったところでしょうか。

(3)高校
こちらからは、高等教育となるので、「勉強をしたい」という意欲のある人が行けば良いと思います。といっても、世の中、多くの人が高校へ進学しますね。ここでも、「人間的社会」を学ぶこととなりますが、小学中学ほど、重点を置いていません。
高校では、「手に職をつける」「高校以上の教育を志願するものへの教育」でしょう。高校を出て、就職する方も、多いですしね。

(4)大学、大学院
こちらはもう、「研究」といってもいいのではないでしょうか?実際、私は、大学まで進みましたが、「勉強」というより「研究」でした。1つの分野に深く興味を持ち、その知識を深めていく。これはもう勉強の範囲以上だと思います。世の中、遊んでいる大学生はたくさんいますが、私は、それなら大学にいく必要はないと思っています。大学は、研究(勉強)するところです。やる気がないのならば、行く事はないでしょう。
さて、大学院ですが、こちらはもう、マスターですから、スペシャリストへの第一歩でしょう。私も大学院を志望しましたが、経済的理由から、現在は、職に就いておりますが、お金がたまったら、院へ行くつもりです。やはり、自分の興味を持った部門を深く極めたい方が行くところでしょう。ここではもう、「人間としての社会勉強」的要素は、少ないです。というか、ここで出来上がってないのは問題ですよね。


といったところで、私の意見ですが、反論もあるかと思いますが、一応「教職免許」と取った身としての考えです。なにか、お役に立つ一言が、このアドバイスの中に入っていればと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

なるほど、基本的には、小・中学校では社会性を学ぶことに重きが置かれているのですね。それで今の教育現場では混乱が生じているだといえますね。ご回答、ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/12 17:45

基礎的な勉強を学ぶところです。

社会は、応用的な実践ですので、沢山の道の基本的な一部分だけを学ぶ場所が学校です。
(一生勉強ですので、学校を卒業しても勉強が必要です)。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。基礎的な勉強を学ぶところですが、最近の親御さんは、何か違う物も求めているようです。ご意見ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/12 20:34

 私も#1さんに同感です。

ただ現在の教育内容には大いに疑問がありますね。そこがsimpliytanukiのおっしゃるギャップにあたるのでしょうか。
 性、税、サバイバルなど義務化すべきものは沢山あり、逆に不必要なものや多すぎる応用科目などもあります。
 ただ、私のある恩師が「不必要だとわかった上で勉学に励んだ者こそ、企業はその努力と性質を欲しがる」と言ったのを覚えています。
 しかし、学生にとっての学校はやはり集団で時間を共有する事の意義を得る場だと思います。自宅学習や家庭教師には教えてもらえない部分はそこだと思います。
 「社会性」に尽きるのではないでしょうか、結局。
 無人島ではおきるはずのないこと、自分以外の人間がいることによって起きること、感情、そこで得るべき知識、理性、倫理などで持っているのが「社会」だと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

社会性が大きなウエートを占めるようですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/12 17:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q小・中学校時代に学ぶべき、最も重要な事は何だと思いますか?

小・中学校時代に学ぶべき、最も重要な事は何だと思いますか?
理由など教えていただくと参考になります。

ちなみに、私は、↓だと思います。
・やれば出切る!(努力すれば自分の力で解決できる!)
・国語

子供ができた時に、参考にしたいと思います。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 学ぶべき物は沢山あります。

 やれば出来るも大切ですし、失敗を恐れるなも加えたいです。失敗も大切な経験です。失敗から学び取る力も大切です。

 人間関係も大切です。遊びも大切です。

学業に関してはすべてと思って居ます。多くを知ることは大人になってから抜け落ちても残る分が多いですから。
 以外と科目って連動しているんですよね。

 それと夢を持って下さい。現実に出来ない事でも良いのです。夢が人生の原動力になるからです。

Q学校教育法に詳しい方!学校の定義ってなんですか?

http://www.houko.com/00/01/S22/026.HTM

学校という言葉は、ある意味すごく広くて、カルチャースクール的なものを指す場合もありますよね?
たとえば、ある会社が「学校」を名乗り、英語の授業を行って、留学斡旋を行うスクールをしているとします。その”業者”は、「学校」を名乗っても法律には触れないですか?また、無許可・・・というか、学校法人でもなく、文部省ないし都の認可も受けておらず、そういった業者が自ら「国際学校」と名乗ることになんの問題もありませんか?都や消費者センターでは指導権がないようではありますが、そうなると一体どこが取り締まれるのでしょうか。
(実際になんらかのトラブルが起きた場合)
学校教育法はあまり知られていないようですが、もしお分かりの方がいらっしゃったら、教えてください。

Aベストアンサー

>「高校」という名前は許可なしに名乗れませんか。
高等学校はもちろん違法ですが、その短縮形である「高校」が違法になるかどうかというご質問ですよね?
国語の話しになりますが、「高校」とは「高等学校」の略であると定義されていますので(国語辞典をご確認下さい)、短縮形の高校も違法になると判断されるでしょう。

Q学校の必要性

27歳の男です。
最近、疑問に思ったんですけど
学校ってあっても意味なくないですか??
勉強なんて通信教育、塾、家庭での勉強。
これだけで十分だと思います。
小学生や中学生が学校に通ってるのに
塾まで行ってるなんて
金の無駄だし、行かせてる親もバカだと思います。
勉強だけならともかく
体育祭とか音楽会あんなのは
かなり時間の無駄です。
入学式は微妙ですが
卒業式なんて卒業証書を自宅に郵送すれば
いいだけなのになんで学校は無駄なことばかりするんでしょうか?
教育委員会や教員はよっぽど暇なんだなと思いました。
学生当時は楽しいと感じましたが
今、思えばどうでもいいし
本当に無駄な時間を過ごしました。
今ではもう元担任や同級生が死のうが
どうでもいいですね。
この考えは普通ですよね??

Aベストアンサー

普通ではないでしょう。

学校と同程度の教育を子供にさせようと思ったら、通信教育など質問にあるようなものをものすごい数こなす必要があることでしょう。費用も莫大です。
さらに、子供の教育に高額な費用負担ができない親を持つ子は、社会的弱者にもなりかねませんよ。

さらに、学校での授業等で直接社会で役立つことは少ないことでしょう。しかし、社会に出ていくための基礎力や応用力を学んだり、得意分野を伸ばし、苦手分野を減らしたり、自分の進むべき分野などを自ら考える子供中心の社会なのです。

一般的な塾などでは、体育や芸術科目(音楽・美術など)を行っていませんよね。音楽の中でもピアノなどの特定したものだけですよね。親などの方針などもあるかもしれませんが、授業などで興味をもった分野を塾などで伸ばすという意味があるのですよ。

卒業式なども、一緒に学んだ仲間やライバル、恩師などの世話になった人とのイベントです。
ただの資格検定などの合格賞の授与とはわけが違うのですよ。

私は、元担任と20年近く付き合い続けました。尊敬できる恩師であり、教え子といえども社会人となれば対等であるというのを行動で示してくれるありがたい先生でしたからね。
社会に出てからであっても、その恩師との大人の付き合いの中で教わる部分も多かったです。私の恩師が亡くなった際には、私が中心となり同級生などに連絡を取り、葬儀の際には担任としての教え子のほか、教科担任としての教え子などが100人単位で集まりましたね。

学校社会での人間会計により、社会に出ても仕事仲間・取引相手などとして同級生と付き合うことはありますし、社内や身近な学校外の友人に相談できないようなことも、気心知れた同級生である友人に相談でき、解決するようなこともありますね。

私は、人脈の量や深さなどでも、社会の信頼できる人物だと考えます。友人関係が少ない・尊敬できる人が少ないなどともなれば、一般社会に出てからの人脈でも評価されにくい人物となることでしょう。

日本での教育制度のすべてに共感できなくとも、必要性を感じることは出来ませんかね。
それができなくて反対をするのであれば、日本の政治を変える活動をされるか、日本から出て行った方が良いのかもしれませんよ。

私は会社経営者として、従業員を束ねる立場にあります。
あなたの様な見識の方であれば、採用をする気にもなりませんし、ビジネス相手としても考えることは出来ません。
私自身が常識人とは言いませんが、私からすればあなたは非常識に移りますね。

普通ではないでしょう。

学校と同程度の教育を子供にさせようと思ったら、通信教育など質問にあるようなものをものすごい数こなす必要があることでしょう。費用も莫大です。
さらに、子供の教育に高額な費用負担ができない親を持つ子は、社会的弱者にもなりかねませんよ。

さらに、学校での授業等で直接社会で役立つことは少ないことでしょう。しかし、社会に出ていくための基礎力や応用力を学んだり、得意分野を伸ばし、苦手分野を減らしたり、自分の進むべき分野などを自ら考える子供中心の社会なのです。

一...続きを読む

Q今の日本の教育の問題点・課題?

  
 現在、教育について調べています。
 ズバリ、今の日本の教育で 問題にされていることは何でしょうか?
 
 大きな質問を、このようにどっかり投げかけてしまうのも、微妙な質問の仕方かもしれませんが、調べるとっかかりとして、ここに載せさせていただきました。
 
 ○ゆとり教育の是非
 ○奉仕活動 よしあし?
 ○学力をどう取り戻すか
 ○あれた学校が多いなど・・

 そういったところでしょうか・・・。

 ご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

政策者側の問題

責任の所在がはっきりしていません。だれが、どこが、責任を取るのか明確ではありません。たとえば、現在、新学習指導要領が一部先取りされ、今回大幅に後退した「ゆとり」教育ですが、昔、旗を振った人は誰なのかはっきりしません。旧文部大臣でしょうか。
「ゆとり」が後退したのは、それが間違っていたということでしょう。「ゆとり時間」を削減し、教科学習の時間を増やしたことは新指導要領ではっきりしています。
つまり責任を取る必要がないので、ころころと変わります。

現場の問題

これは学校の先生が中心となります。学習指導要領で縛りをかけられていて、そのなかでの行動となります。逆に言えば、多くの先生は指導要領から逸脱しないようにしています。一部の先生は、世間を騒がし、このサイトで保護者の方々から疑問を投げかけられて、普通の「おじさん」「おばさん」たちであることに、改めて気づかされます。

もう一つは、競争原理が全くといってよいほどはたらかない世界です。つまり、大半を占める公教育において、優秀な先生をトレードできない仕組みになっています。トレードやフリーエージェント制を導入したら、先生方も張り切るのかも知れません。予算の関係もありますが。いわゆる「ダメ教員」は退場していただく仕組みがありません。一部の先生に対して、国民の税金が無駄遣いされているのが問題でしょう。

保護者側の問題

現代では、多くの保護者は学校の先生を「尊敬」する対象とはしていないでしょう。先生も保護者も大卒など同じレベルになり、当たり前の世の中となりましたから。「聖職」「全人教育」は死語の世界となりました。
受験の相談も、学校よりは塾(予備校)を信頼する保護者や生徒がほとんどでしょう。
それなので、保護者の方々に言葉で「学校の先生を信頼して」と言っても無理でしょう。

政策者側の問題

責任の所在がはっきりしていません。だれが、どこが、責任を取るのか明確ではありません。たとえば、現在、新学習指導要領が一部先取りされ、今回大幅に後退した「ゆとり」教育ですが、昔、旗を振った人は誰なのかはっきりしません。旧文部大臣でしょうか。
「ゆとり」が後退したのは、それが間違っていたということでしょう。「ゆとり時間」を削減し、教科学習の時間を増やしたことは新指導要領ではっきりしています。
つまり責任を取る必要がないので、ころころと変わります。

現場の問...続きを読む

Q「幕府」と「朝廷」の違いを教えて

中学校1年生の子供からの質問なのですが、

・「幕府」と「朝廷」の違いが分からない。
・そもそも「幕府」って何?「朝廷」って何?

と言われました。
お恥ずかしながら的確に説明できません。
教科書には説明が載ってないし、「先生に聞いてみたら?」と言うと
「先生は授業が終わるとすぐに職員室に戻ってしまうし、あまり質問しやすい先生じゃないもん!o(;△;)o 」
とのこと・・・(´_`;)

どなたか教えていただけますか?
私も勉強したいです。よろしくお願いします。<(_ _;)>

Aベストアンサー

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるということはほとんどなく、武士に言われるがままに任命していたわけですから、実権は武士の側にあったということになります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%81%E5%A4%B7%E5%A4%A7%E5%B0%86%E8%BB%8D
これを端的にお子さんに説明するのは難しいかもしれません。
ただ、今の天皇陛下も政治的な実権はまったくなくて象徴として存在しているわけなので、それとちょっと似ているというような説明は、できるかもしれませんね。(今でも首相を任命するのは天皇と決まっています。ただし天皇が首相を選ぶことはできず、国会が選んだ人を形式的に任命するだけです)

朝廷というのは天皇を頂点とした政府のことですが、ここが日本全国を完全に支配していたのはせいぜい平安時代までで、その後紆余曲折はありますが、鎌倉時代、室町時代、戦国時代(この時代は全国を支配した政権はありません)、安土桃山時代から江戸時代まで、ほとんどは武士が支配することになります。
ただ、ややこしいのは武士が支配していた時代でも一貫して朝廷は存在していたことです。幕府の長は征夷大将軍ですが、これは形式的には天皇の部下なんですね。ただ、現実には天皇が将軍を自由に選べるという...続きを読む

Qきっかけの言葉(不登校からの復学)

不登校状態の子供には、学校へは行かなくても良いという寛容な態度がむしろ子供のためと聞きます。一方、少しづつではありますが、元気を取り戻して、学校以外の会話を親とはできるようになってくると、背中を押してあげる言葉をかけてあげたいのですが、それが見つかりません。本当は学校に戻って欲しいくせに、我慢している自分を見透かされそうで怖いというのも正直な感想です。不登校からの脱出で、どんな言葉をかけたけたらNGで、どんな言葉が良かったかをご教唆いただける経験者の方はいらっしゃらないでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、不登校経験者の高1の若造(?ですが、
お力になれたらと書き込みます。

昔のことなのであんまり記憶がないのですが私が母に言われて嫌だった言葉は

1、最初は「がんばって行こうね」と言ってるがだんだんと説教くさくなっていくこと。
(私以外の人では感じることは違うと思いますが綺麗事ばかり言われて
ると今の自分と見比べてしまって落ちこんだり、むかついてきてしまいます><)
2、同じ事(学校がうんたらかんたら..など)を何度も言われること。
(あんまりしつこいと怒っちゃってましたね...あの時の自分)

それでは逆にうれしかったこと
1、一回学校に行っただけでもたくさん褒めてくれたこと。
(あんまり学校に行ってないとなると一回行っただけでものすごく体面や精神面に疲れが出てきちゃいます。
こんな時によくがんばったね、やご褒美に○○買って来たよ!と言ってくれると自分はがんばろう!という気持ちになります。
あと、学校に行ったからもう平気だろうと学校行け行けコールされると逆に自分は疲れちゃいます。)

と、嬉しいことが1つだけで悪いのですが自分の場合のことを書いてみました。
(あくまでも参考に!)


あと、関係ないようですが家族でアウトドアなど自然に触れ合うのもいいかもしれません。
行く時は行くのは嫌!なムードなのですが行けば案外楽しかったりして
家の外にも出ない不登校の私には新鮮でしたね。
それから、もし何処かへキャンプするとなれば
人がかなりいなく、人の話し声が聞こえないようなところがいいと思いますよ。
不登校の時だと「人」というのに本当に敏感になってしまって
外で何人もの人に会うといやになっちゃいますのでそこんところお願いします!

こんばんは、不登校経験者の高1の若造(?ですが、
お力になれたらと書き込みます。

昔のことなのであんまり記憶がないのですが私が母に言われて嫌だった言葉は

1、最初は「がんばって行こうね」と言ってるがだんだんと説教くさくなっていくこと。
(私以外の人では感じることは違うと思いますが綺麗事ばかり言われて
ると今の自分と見比べてしまって落ちこんだり、むかついてきてしまいます><)
2、同じ事(学校がうんたらかんたら..など)を何度も言われること。
(あんまりしつこいと怒っちゃ...続きを読む

Qクラス分けの際、担任が生徒を選んでいる?

「公立の小学校や中学校でのクラス分けで、教師がどの生徒を自分のクラスに入れるかを、担任の主観で決めることがある」と人から聞き、びっくりしています。
もちろん極端に騒ぐ友達同士などを別のクラスにしたり、双子の兄弟を分けたり、その他さまざまな教育的配慮から分けるのは理解できますが、気になるのは、例えば「教師がひいきの子を自分のクラスにいれる」ようなこと。これは、実際に行われているんでしょうか?

教師から「一方的にひいきされている子」でも、その教師を極端に嫌がっていた場合もあります。こんなときは悲惨です。また、そうした場合にあらかじめ親が学校に申し出て回避できたこともあるとか。

クラスの生徒って、現実にどのように振り分けるんでしょうか? 
上のようなことが事実なら、なんだか腑に落ちないんですが。
この辺の事情に詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当に膨大な時間を要します。

最終的には校長の判断ということで、4月の始めに正式決定します。そのとき同時に、学年の先生が決定します。このときの初めての担任顔合わせで、どの先生がどの学級を受け持つことになるのかが決定します。

その際、前年度にその学年を受け持っていた教師がたいてい1人は学校に残っているので、参考となる意見を聞くことがあります。(この子にはこんな配慮が必要、など)

…とまあ、ごく大雑把ではありますが、これが学級決めの概要です。ご家庭のほうから、「ぜひ来年度は、この子とは離して」とか、「ぜひ、女の先生に」とか、いろんな要望を受けることもあります。
 教師としては、その要望に正当性、緊急性があるかどうかを判断し、学級決めの際に進言することもあります。しかし、教師自身さえ、(少なくともヒラは)4月になってみないと何年生を受け持つのかがわからない世界。希望が通るとは限らない。ましてや子どもたちにおいては、です。

私は教師になって数年間は、「どんな取り合わせになっても、どんな仲間と一緒になってもうまくやっていく力をつけることこそ、学級社会の意味である。」と考えていて、学級決めについて、それほど重要には思っていませんでした。しかしやはり現実には、難しい面もいっぱいあるので、現在は配慮しているつもりです。

でも、今でも私の考えの根底には、「どういうめぐり合わせになっても、お互いの人間関係をよいものにしていく、それが学級。」というものがあります。

何度もクラス分けに立ち会ったものとして回答いたします。

ほとんど、No.2のahtanさんのおっしゃるとおりです。
学校や、その時の状況などによって、多少違いはありますが、その年度の終わりごろに、学年の先生が集まって相談をします。配慮の必要な子を始め、様々な条件を付き合わせ、もちろん偶然のめぐり合わせを中心として、いろんな意味で平等になるように学級のメンバー表の候補を作ります。

その子たちを、誰が担任することになるかわかりません。可能な限り平等になるよう、その学級編成には本当...続きを読む

Q新しい学校を作るには?

今は大学2年生です。
将来は先生と考えてるんですが、普通の学校とかじゃなくて、自分で学校を作りたいと思っています。

新しく学校を作ろうと思ったら何からしないといけないんでしょうか?
何も法律とかのことを知らない素人でもできるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

学校教育法でいう「学校」と,世間でいう 学校(のようなもの)とで違います。塾とかカルチャースクールとか道場といったものならすぐ出来るかもしれません。
学校教育法に基づいた学校だと,法律上いろいろと決まりがあります。個人では設立できず,学校法人をまず作る必要があるなど,資金面でも,個人では簡単にはできないとおもいます。
最初にこのあたりの法律を調べてみることをお勧めします。gooでも「学校教育法」で探索すればたくさんヒットします。
たとえば,
http://www.houko.com/00/01/S22/026.HTM

Q教師・教員・教諭の違い

教師・教員・教諭という言葉は、意味が違うのでしょうか? ニュアンスが違うのでしょうか?
それとも意味はまったく同じだけれど、現場によって使い分けされていたりする、というものなのでしょうか?
たとえば小学校の先生は教員で中学校は教諭、など。これはまったく見当外れのたとえかもしれませんが(^^;
また、先生が先生のことを表現する場合は、どれを使うことが一番多いですか?
先生や実習生の方からお答えいただければありがたいですm(_ _)m

Aベストアンサー

教諭は、「教育職員免許法による普通免許状を有する、小・中・高等学校、幼稚園、養護・聾(ろう)・盲学校の正教員」をいいます。

教員は、「学校で児童・生徒・学生を教育する職務についている人」を指します。こちらには、非常勤講師や実習助手など教諭とは言わない人々も含まれます。

教師は、「1)学校などで、学業・技芸を教える人。2)宗教上の教化を行う人。」とあり、学校の内外を問わず、教え導く人を指しています。だから、家庭教師とは言っても家庭教員とか家庭教諭とは使いません。

 先生が同僚のことを呼ぶときには「○○先生」と普通に使われています。でも、ベテランが新米教師にも「先生」なんて敬称を使うのはおかしいですよね。逆に、「先生」呼ぶにふさわしい人も1割いるかいないかという惨状ですが・・・。

Q目を押すと、ぎゅっぎゅっと音が鳴る仕組み

目の内側のくぼみを指で強く押すと、ぎゅっぎゅっと音が鳴ります。
みんながそうだと思っていたら、どうやら、そうではないと最近知りました。
親も鳴ります。遺伝でしょうか。

さて、この現象、なぜ起こるのか知りたくなりました。雰囲気としては、空気が入っていて、それを押し出しているような感じです。

どなたかメカニズムを知りませんか?

Aベストアンサー

眼科医ですが、このことが載っている医学書は見たことがありません。

私も鳴るのですが、鳴るときと鳴らないときがあります。医師仲間で話題になったときは、結膜嚢(まぶたの結膜と眼球の結膜は奥の方で袋状につながっている)に空気が入って、それが鳴るのだろうということになりました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報