旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

 よく「本邦企業の9月中間決算に向けた円買い」との記事がありますが
それは海外企業にとっても同じ事ではないのでしょうか?
 記事の通りならば円高方面に一方的に振れるはずですが
そうならないのは(介入警戒もあるのでしょうが)
お互い邦貨・外貨を入手したくて「もみ合い」となるだけでは
ないのでしょうか?
(むしろ海外企業の方が9月決算が重要だと思うのですが‥)

傾向と対策を教えて頂ければ幸いです。

(あと、9月末日ギリギリまでこの傾向は続くのか?
 あるいは25日あたりのゴトー日あたりまでの傾向なのか?も
 教えて頂ければ幸いです)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

先日のフィスコニュースの市況では、



>本邦勢は9月中間期末決算に向けたリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)絡みの円買いを持ち込み、海外勢は4半期末のリパトリ(円建て資産売却・外貨買い)絡みの円売りを持ち込んでいるため、76円台での膠着した相場展開となっている。

でしたよ。質問者様の仰るとおり、もみ合いにもなります。

今年の国内はこんな情勢で、どこも自粛自粛でしたから、それほど大きくは動きませんでしたね。

9月の円買いは、9月お盆休み前の日本人の決済も含まれます。毎年の盆前の円高の傾向や、株式の下落(手放しの為の決済と、9月決算前の売り抜き)傾向は、過去分のチャートを参照されればわかると思います。

例年の傾向、「本邦企業のレパトリ円買い」は、確かに質問者様の質問通りですが、値が揉みあう時は、日本企業のレパトリ分+円買い注文と、海外でのレパトリ分+円売り注文が、少なくともイコールでなければなりません。

貿易額と海外への投資額を考慮しますと、日本>米国なので、それに加え円買い注文も乗り、円買いになりやすい傾向にあります。

2004年、2005年、2006年頃だったかな、当時、「ドルの9月分は25日~30日が最安値」とよく言われていました。
その前の数年間も、2003か2002のどちらか一方が10日5日だか8日だかがドル安値で、←どちらかの一方が9月25日だかその前後くらいだった記憶があります。
その後は、私は売買ソフトに切り替えトレードスタイルが変わったのであまり気にしていませんが、チャートか時系列で確認していただければと思います。

あくまで「傾向」ですが、されど「傾向」くらいに覚えておくと時々使えます。
どの程度セオリーどおりに変動するかのポイントは、半期前の国内の大手輸出企業の決算などが参考になります。

個人的には、レパトリでの変動が面白いのは年末年始で、欧企業の長期休暇、米国企業のクリスマス休暇と正月休みなし、日本企業の年末年始休みと、休みに従い大変わかりやすい大きな変動があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ございませんでした。
大変な御経験者様と存じます。
いろんな休暇前にいろんな傾向があるんですね。
うまくその「傾向」に「対策」をたてれれば良いのですが…
それにしても最近は、そう言った傾向よりも
ちょっとした発言や指標に乱高下しすぎでちょっと疲れますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/11/06 22:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング