お酒好きのおしりトラブル対策とは

中和熱のグラフ問題について

1.0mol/Lの塩酸と水酸化ナトリウム水溶液を50mLずつ混ぜてかくはんした。
混合直後からの時間tに対する温度変化を測定した。グラフは下の画像のようになった

ここで質問なのですがもし
外界への放熱を排除して考えると図(画像じゃないほう)は下のようになっていたということですか?

31.5℃ . ____
............./
......../
../
24.8℃

「このグラフについて教えてください」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

> 外界への放熱を排除して考えると図(画像じゃないほう)は下のようになっていたということですか?



はい。高校化学の範囲内では、そう考えていいです。

細かいことをいえば「外界への放熱を排除して考えると」は、「外界への放熱が無視できるほど小さいと」か、「外界への放熱がもしなかったら」と書いたほうがいいですけど、考え方はあっています。

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7002471.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2011/10/03 02:48

1) No.1 の回答者です。

外界ヘの放熱を排除して考える24.8C から 31.5C まで上昇してその温度状態
を保持しているでしょうが、あなたの図 のように、デモこれは不可能です
2) 学生実験では、外気温を20C とか 31.5Cとか 40C などとすると中和反応熱、はじめの温度上昇後の水溶液の温度変化が温度低下、温度安定、温度上昇などが観察されるなど考えられます。
3) 熱量の動きは精密、正確な程難しく、温度計にもエネルギーが必要だし、容器も、蒸発にも、ですから
0秒にextrapolation (ガイソウ) されるのが実験方法です。 将来もっと科学(化学)を学べばソノ難しさ
がわかります。
    • good
    • 0

1) 順序よく考えると理解できます。


2) 酸、塩基の中和反応はナノ秒でおこっていて、酸と塩基をまぜた時に発熱反応がおこっています、
3) 酸と塩基をまぜてからは反応熱が熱伝導で、水溶液がじょじょに温度上昇しますが、
4) 酸と塩基をまぜた時から水溶液が容器や、蒸気として熱を失っているのです。
5) 図からみると、攪拌前の液温は多分24.8C で、攪拌後の中和反応(一秒以下)から発熱が伝導して
じょじょに温度上昇(この時でも、水溶液は容器や、蒸気として熱を失っています)。 31.3C から後は
容器や、蒸気として熱の失いが100%です、( 言わば1.0モルの100ml NaCl 溶液が容器に、蒸気として
熱を失って温度低下しているのです)
6) この1.0 モル の100ml NaCl 溶液状態を0秒状態にもっていった31.5C が中和熱量に換算されているわけです、水溶液が周囲へ熱を失わない前の状態が中和熱量になるわけです。
7) 周囲ヘ熱をうしなわ無ければ、温度上昇は少しはやくなりますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
では画像より最高点まで達する時間が短くなり、画像と違い最高点に達した後は一定の温度のグラフになると考えてよろしいですか?下の図のように



31.5℃ . ____
................/
............../
............/
24.8℃

お礼日時:2011/09/30 23:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q中和熱の求め方

私は高校生で塩酸と水酸化ナトリウム水溶液の中和の実験をしました。それで分からない問題があるんです(;_;)
(1)中和されたHclの物質量は何molか?
 1.00(mol/l)の塩酸を10.0ml用いりました。
(2)塩酸1molが水酸化ナトリウムと中和反応したときの中和熱は??

最高温度に達したときの塩酸+水酸化ナトリウム水溶液の質量は20.0グラム、水酸化ナトリウム水溶液を加える前と最高温度に達したときの温度差は6.1℃、この中和実験で発生した発熱量は509.96Jとなりました。
ここからどうやって上記の二つを求めればよいのでしょうか??

Aベストアンサー

> (1)中和されたHclの物質量は何molか?

 「mol/L」の意味はお分かりですか?

 「1リットル中に入っている mol 数」を示しています。今使った塩酸は 1.00 (mol/L) ですから,1L中に 1.00 mol 入っています。

 では,用いた塩酸 10.0 ml 中には何 mol?

> (2)塩酸1molが水酸化ナトリウムと中和反応したときの中和熱は??

 (1) で求めた mol 数の塩酸が中和されて,お書きの「509.6 J」の発熱になったわけです。

 では,塩酸 1 mol なら何 J?

Qベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!

ベンズアルデヒドの酸化の反応機構を教えてください!!
ベンズアルデヒドを酸素で酸化して、安息香酸ができる反応の反応機構を教えてください。または、反応機構が載っているサイトを教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

#1です。体力を取り戻したので、(笑) 少し詳しく書きます
酸素による「自動酸化」は連鎖反応で、最初に開始剤(不特定のラジカル、もしくはラジカル発生試剤)を要します。
「自動酸化」
Ph-CHO + R・ → Ph-C(=O)・ + RH
Ph-C(=O)・ + O2 → Ph-C(=O)-O-O・
Ph-C(=O)-O-O・ + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-H +Ph-C(=O)・
過安息香酸ができるとともにベンズアルデヒドラジカルができ、二番目と三番目の反応が交互に起きて過安息香酸がたまります。
過安息香酸ができてしまうのでは困るので、(笑)ベンズアルデヒドと過安息香酸が反応し付加物ができた後これが二分子の安息香酸に分かれます。この転位反応が結構遅いのでメンドイです。
Ph-CO-O-O-H + Ph-CHO → Ph-CO-O-O-CH(OH)-Ph →転位→ 2Ph-CO-O-H
になります。
触媒など色々必要なのですが、混乱するだけなので省きます。

Q反応熱測定における補間について

以下のグラフのような温度変化があった場合、
高校化学では反応熱による最高到達温度は30℃と教えています。
その理由は最高到達温度29℃から右のグラフは熱が逃げることに
よって温度が下がっているからであり、それを補間すれば
理論的な最高到達温度は30℃と推定できるというものです。

しかし熱が逃げるためには温度差が必要です。
最高到達点以後は約9℃の温度差が生じるから熱が逃げたのであって、
最高到達点までは溶液はその温度に達していません。
逃げる熱量は温度の積分値に比例すると考えられますので、逃げる熱量は
約半分で、理論的な最高到達温度は29.5℃になるのではないでしょうか?

Aベストアンサー

> 理論的な最高到達温度は29.5℃になるのではないでしょうか?

はい。室温が20.0℃で一定であれば、そうなります。

http://www.chem.t.u-tokyo.ac.jp/experiment/bukka/chap2/chap2_04.htm
の図3にあるように、大学の学生実験ではそのように指導されていることが多いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報