人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私は現在25歳の女です 高校生の頃心の病を発症し、今はアスペルガー症候群と診断されています自分のことだけではありません 父と母は不仲になり、ほとんど会話もしません 母は父が仕事から帰ってくるのを待たずに20時30分ころにはもう寝ます それから母と祖母(父の母親)もけんかをすると一週間は話しません 実は現在進行形で家庭内はめちゃくちゃです 私はいらいらすると物に当たり壊したり投げたり大声を張り上げます なので母達に一番責任があるとは言えません 私はこんな家庭が大嫌いです 母は自殺したかったらしなさい、と言います もう私の日々の行動にあきれているのでしょう 祖母も昼まで寝ている馬鹿どこにいる?!と言います 私は朝が苦手で目覚まし時計をいくら用意しても起きれません 私はもうどうしたらいいか分かりません ですがちゃんと夢はあるんです ライブハウスや喫茶店でピアノ弾き語りのお仕事ができたらいいなと考えています それと、これからホームヘルパーの資格を取って働こう!そして上京資金貯めよう!と考えています なんだか少し今「生きてみるか!」って思えてます 辛いこと苦しいこと、たくさんありますが人生は短いんだ、生きようと思います これを読んでくださっている人で病を抱えている人いますか?苦しみをどう乗り越えていますか?アドバイスください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

淋しいでしょう 辛いでしょう


しかし辛棒してください
もう少しです

明けぬ闇はなく
尽きぬ冬はありません

歯を食いしばってでも
土にかじりついてでも
どうなりこうなりこの峠を越えてください

”ああだめだ”などとはけっして言わぬことです

東でゆきづまったら西へまわりなさい
南がふさがったら北へお逃げなさい
東西南北みなだめでしたら
しばらくそこで臥(ね)ていてください

天地は毎日かわる
晴れくもり寒くあたたかく
日が出たり月が出たり
闇になったり朝がきたり

ゆきづまったままの状態が
永久につづくかのように思いなさるな

淋しいときは祈りなさい
辛いときはお願いなさい
神よりほかに真の杖も柱もありません
あなたもお祈りなさい
私も祈ります



人生とは
どんなにつらい環境にあっても、これを切り抜けようと努力を続けるところに人生はある。
いたずらに他をうらみ、世を呪ってはならない。
何かに向かって働くのが人生だ。
貧乏になってみて、はじめて貧乏のどれほど辛いものであるかがわかる。
病気になってみてはじめて、病気の人の気持ちが了解できる。死んでみて、はじめて、死というものが理解できる。
宇宙は大学であり、真理はどぶの中にもころがっている。
たえず何かを求めて、あがき苦しみ、もがき苦しみ、もがき呻いて、
そして、ついに何かを悟ることができたら、人生は成功だ。
悟っただけの世界へ、死後は、はこばれるのだ。
ある与えられた道筋より外へは出られないのである。
しかし、その道筋というのは、けっして、最初から一定不変の絶対的なものではなく、その方向は絶対的であっても、
その長短や道幅は、人間の努力一つでどんなにでもなるものである。
どうしても、情を主とし、親しみを先にしてからでなくては、しっくりとゆくものではない。頭の生活はゆきずまる。腹の生活でなくてはならない。

素晴らしい言葉を紹介します。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/san1985ni1984/MYBLOG/yb …
http://blogs.yahoo.co.jp/is6789543/MYBLOG/yblog. …

それでも乗り越えられないときは祈ってください。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/potyosenbatu3234/887650 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当にありがとうございました 素晴らしい言葉、涙を流しながら見させていただきました 実は昨日歌のライブがあり自分の満足するような歌い方ができませんでした もう私には音楽という道はないんだと諦めました 帰る途中、左手がしびれて大変な目にあいました ですが今、回答者様が紹介してくれた素晴らしい言葉の動画を見て、また頑張ろう!って思えたんです 成功した偉人達も、大変な苦労をされたんですね 私も下手くそでもいい 辛かったら一休みしてまた頑張ります 本当にありがとうございました

お礼日時:2011/10/02 16:05

50代になったばかりの者です。



家庭の崩壊、仕事の行き詰まり・その他・・・・・・・。

結局いつも自分は、こんなんだ-とこの年齢になっても、毎日思って、過ごしています。
特に家庭の崩壊は、子供2人には、大変悪いことをしたと涙した日も何日あるか
そんな念に押しつぶされ、今は手の振るえる病気まで患って、
そんな中高年でも生きています。

貴方も大変で辛い日々を過ごされたことと受け止めます、年代は違えども、辛さは理解できます。
貴方のご家族も貴方の病気のことをもっと理解すべきなのですが、焦りが苛立ちに変わってきている様子と伺えます。
内の子供も引きこもりです、だから、今は妻と別居中ですが、面接交渉権を調停で成立させ、定期的に合えるだけでも救いかと、寂しい気持ちを和らげています、子供2人には、夫婦の問題の犠牲になった為、できる限りの愛情をかけてやろうと精一杯です、子供達が経済的に苦労しないよう、お金もきちんと入れていますが、次に押し寄せてきたのが、会社での肩叩き、中高年は淘汰するといった若い世間知らずリーダーの出現で嫌がらせの毎日、それでも踏ん張ってきましたが、限界も近いかなぁと、そこで、決意したのが、「このままの状態から絶対抜け出してやる!」という、この歳になってですよ、このご時勢でも転職を決意して少しずつ行動に出ています。
貴方は若い、そして、ピアノの弾き語りやホームヘルパー資格への挑戦と、ご自身に明確な目標があることが、すばらしい!もちろん両者とも人に元気や勇気、癒しを与えることがあり、ヘルパーは、体の不自由な人やご老人の為に、つまり人に対して何かを与えたり、助けたりということをやりたいという前向きな志しを大切にして頂きたいものです。
自分のやりたい道を歩みなさい、途中で辛くとも、決して貴方の考え方に曇りも間違いも無い!
自分が「こうだ!」と決めた道は自分に取って、正しく、強いものなのですよ、私もこのまま沈むだけでなく、中高年の最期の底力を出してやろうと思っています。

苦しみをどう乗り越えるか-これは、過去の清算です。捨てたい過去は捨てるべき、全てをとは言いません、だったら過去のどの部分を残すのかというと過去の経験を反省して、学べることを整理するのです。
人生、今と将来しかないのです。
又、一度きりの人生、やりたいこと、前へ進むこと、前へ進むには、思考を少しずつ変えて行くこと、注意するところは焦らずですよ、そして少しの勇気です。

日々、少しずつでも変化しているのですよ、転機は絶対ある!転機は掴むものかも知れませんが、掴むと云うより、転機の時期を自分で確認できるように、感性を養うこと。
出会いを敏感に捉え、自己の直感に委ねることもあれば、経験値から感じ取れるものもあります。
経験を積んでいきましょう、良いも悪いもです、いずれ、これが活かされたり、貴方の為になるはずです。
人生なるようにしかならない、しかし、その反面、なるようになるものなのですよ!
    • good
    • 0

よく辛いことや苦しいことに出会うと「なんでこんな思いをしながら生きなきゃならないの!!」と頭を抱えてしまうと思います。



私もよく苦しみました。自分の生きている存在価値がわからず、毎日泣いていたときもありました。


そんななか、出合った本があります。

ジョセフ=マーフィーの本です。本によっては難しいことが書いてありますが、これで本当に救われました。

また、仏教のお釈迦様のお教えも役に立ちます。

「乗り越えられる試練だからこそ、与えられる」とお釈迦様は言っています。

質問者様は実際は強い人なのだと思います。でなければ、このような辛い現実にぶつかっていてなお、夢を持つことなどできません。


ご両親やおばあさんのことは、ひとまずそっとしておきましょう。

病をもつ質問者様をかかえて、気が滅入っているのだと思います。どうしていいか分からなくなっているのだと思います。

もしかしたら、質問者様が病とうまく付き合いながら元気に生きていれば、落ち着いてくるかもしれません。


何はともあれ、いつか夢がかなうよう、応援しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 今涙を流しながら読ませていただいています 病と上手く付き合っていけるよう生きていきます 回答者様のお言葉を読んで少しゆっくりしました 本当にありがとうございます 実は明日ライブがあるんです 出るのを今年は辞めようと思っていましたが頑張ってステージに立って歌おうと思えました
回答者様にも幸せがありますように 祈っています

お礼日時:2011/09/30 22:28

私はバセドー病という病気持ちです


薬を飲んでいればいずれ落ち着く病気ですが、副作用でダルい、頭が痛い等の症状が出ます
私は小一から発症して、今まで副作用で具合が悪くなることが多々ありました。
はじめは両親も心配してくれていましたが、今では「あぁ、また?」という感じです
7年以上この病気と付き合っているので、確かにそのような反応になっても仕方ないとは思います
ですが近頃は「いいから学校行きなよ」「そんなに辛くないでしょう?」等と言われてしまいます
確かに中三のこの時期は学校に行くべきだと思います
ですが休みたい時は本当に具合が悪い時なんです
正直、本当にしんどい時は心身共に辛いです

ですが、気にしても仕方ない、と思うことにしました
本当に具合が悪い時しか休んでない、ずる休みなんてしたことないんだから、堂々としてればいいと思うことにしました

病気と上手く付き合って、人からの言葉は有り難いものだけ受け取ることにする
それでいいと思います

ただ、話せばわかってくれる人も必ずいます
両親、友達、恋人…
誰か一人でもいいから支えてくれる人を見つけたらすごく楽になります

私も、こんな私だけど頼ってください
生きてれば良いことあるに決まってるんです
大丈夫です、絶対に
一人で抱え込まないでくださいね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます 回答者様の辛さ苦しみ伝わってきました 明日のライブで回答者様にも届くように精一杯の私の声で歌ってこようと思います
本当にありがとうございました ご病気、いつか治って恋をしたり夢を追い求めたり・・・きっと素敵なことはたくさんあります 回答者様の幸せを祈っています

お礼日時:2011/09/30 22:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング