初めての店舗開業を成功させよう>>

巨人は他所からエースや4番を引き抜いて戦っていますね? 今はだいぶ坂本だったり、松本だったり生え抜きがでてきつつあります。それでも若手を育てきれません。それは育だてようとはしたくないからです。ふつうのチームは若手を育てようとしますよね? しかし巨人の場合選手を育てようとするとなぜか軋轢が生じるのです。そのせいで昔、一度原監督が辞めさせられたとも言われています。
親会社である読売新聞も親が働いているのですが、育てようとして読売とうまくいかなかったと言っていました
どうやら育てようとする人を嫌う傾向にあるようです。 これでは巨人の場合ドラフトの意味がないと思います。皆さんはどう思います?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (14件中11~14件)

たしか2006年だったか、清武代表は


「これからは補強だけではなく、育成の巨人と言われたい」
と発言しました。
もう5年も前の事ですね。
質問者さんの「育てる人を嫌う傾向がある」というのは
いつ頃の話しでしょう?
この発言後はどうでしょう?

坂本、山口は説明するまでもなく

今年の巨人は
高卒4年目ドラフト1位藤村、打率は低いが現在盗塁王独走中。
前半は田中大二郎の贔屓ともとれそうな抜擢、55大田の初ヒット、
1年目小山の先発抜擢。
最近は一時ローテの小野、ラミレスはずしてまで先発させた橋本。
確かにまだまだ育ちきってはいませんが、
育てようとしている選手達ですね。

ただ、巨人は毎年本気で優勝を狙っている球団なので
勝利優先傾向があるのは事実。
育成しながら勝つのは難しいというのは
昔から言われていること。
近年、これを実現できているのは日ハムくらいでしょう。
(くじ運もあるけどね)

ドラフトの意味があるかについては
社会人即戦力を取るという戦略もありますし、
そういう意味も含めると、十分意味はありますね。

同じような批判対象になりそうな他球団については
あえて触れないでおきましょう。
    • good
    • 0

少なくともここ数年は育てようとしていると思います。



昨年も、人的保証によって有望な若手選手の流出を避けるため、
FAによる補強をしませんでした。
また、今シーズン中トレードで入団した高橋信二は金銭で、
大村三郎は星孝則とのトレード(3球団経由)で入団しました。

こういった補強の方針も、育てる意図のある若手は保全してきちんと育てよう
という方針の現われだと思います。

また、今年から、二塁手の藤村と外野手の橋本が一軍で活躍しています。
あと、今年、育成選手から山本、福本の2選手が支配下登録されました。
こういったことも若手育成の方針の現われです。

更に、9月30日の対広島戦のスターティングメンバー9人中
のうち7人が生え抜きの選手です。

これらを見ると、少なくともここ数年は若手を育てようという意思は感じられます。

私は今年のオフどうなるかが試金石だと思っています。
小笠原、ラミレス、谷の衰えによって、補強の可能性が高いため、
どういった補強をするのか、若手の芽を摘むような補強をすれば
また逆戻りという可能性もあります。
    • good
    • 0

確かに巨人軍やタイガースは強奪のイメージが拭えませんが、最近は緩和しつつあるのではないでしょうか。


坂本に続いて藤村や寺内や橋本、投手では澤村はもちろん小野だって頭角を現してきています。
それに2009年頃からは「育成の巨人」と言われるほどに「育成枠出身」の選手たちの活躍が光りました。
山口を筆頭に松本、ロメロも2ケタセーブを挙げています。
今や絶対に欠かせない守護神の久保だって我慢して我慢してやっと原監督の期待に応えてくれました。

そもそもフューチャーズの作成など、育成に力を注いだのは巨人軍の清武代表です。
もちろん育成枠を活用し多くの選手を育成枠で取得できるのも金持ち球団だからですが、過去にドキュメンタリーなど拝見したときに「育成」にこだわる清武代表を見たので、決して読売新聞が育成に反対のわけではないと思います。

ラミレスや小笠原など、FAで取得した選手たちの活躍は素晴らしいものがありますが、しかし生え抜きである高橋由伸や阿部、亀井、内海、越智山口、坂本、久保らだって充分誇れる活躍をしています。

未だに2軍でくすぶって背番号に押しつぶされそうになっている大砲候補にも、原監督をはじめその他コーチ陣は手厚い指導をして育てようと必死です。

チームにとってプラスになると思ってドラフト指名をするのです。
「どうせ育たないけどな」と思って指名する球団などありません。
チームが強くなれば親会社にも絶対メリットがあるわけですし。
    • good
    • 1

ジャイアンツは球界の盟主である。


かつてのベルディもそうでしたが、読売グループは王者になりたがる。
優勝を目指すのはどこのチームも同じなのですが、ジャイアンツには「ねばならぬ」意識が強いみたいですね。

そもそもプロスポーツ選手なんてのは好きなスポーツをしていればひと財産築けるわけです。

中には「天才」もいるわけで、軽々と常人の心技体を越えていくわけですが、それこそ球史に残る一握り。
普通は無理して寿命を縮めたい人はいないはずですから、二十歳過ぎて命を削るような特訓なんてしないでしょ。
一番出なければいけない・・・なんてどっかの美人大臣みたいなことは大人なんだから思いませんよ。

とはいえジャイアンツは常に盟主たれという誰かの思い込みの為に
若手を育てるよりも即戦力をヘッドハンティングするというオールスター球団になってしまいましたね。

盟主(横綱)を中心にまとまっているというのを是とする体質が日本にあった為ではないでしょうかね。
日本が潜在的に棄てきれない理想的封建主義の現われなのではないかなと思います。

巨人ほどドラフトが嫌いな球団はありませんよ。
金で解決するならいくらでも積みますよというのが体質だったはずです。
というか、どんな野球少年でもジャイアンツに入りたいんだろうと思っていたのが巨人のはずです。

育てる余裕を現場に与えないというのが昔の巨人の宿命だったみたいですがね。
今はどうなんでしょう?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qナベツネはどうして嫌われているの?

ナベツネこと渡辺恒雄氏はどうして嫌われているのでしょうか
ニュースでよく取り上げられていたときには注意して見ていなかったのですが急に気になってしまいました。
検索してみるとナベツネの存在は害悪だ!という内容のページはたくさんでてくるのですが具体的にどんなことをしてここまで悪口をいわれているのかもう少し細かく知りたいと思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

ドラフトの逆指名、FA制度の導入などは良くも悪くもナベツネがオーナー連中をまとめた結果だといえるでしょう。ただ、現行のドラフト逆指名やFA制度にはなはだ問題があるのはご承知の通りかと思います。なぜこんな制度が導入されたのかというと、一言でいえば「巨人を優勝させるため」です。現行FA制度の実態は「いい選手を、金のあるチームが買いあさることができる」です。これで一番有利なのが一番金を持っている巨人です。ナベツネの読みでは、実力のある他チームの選手を巨人が買い占めればV10だろうがV11だろうが楽勝、のはずでした。ところがこれはFAを使って選手がメジャーを目指すという全く想定外の方向に進んで目論みは途中から外れました。巨人が全てだと信じていたナベツネにとって巨人の看板選手である松井秀樹がメジャーに行きたがるなんて全く持って想定外だったのでしょう。
逆指名も、第二の江川事件を起こさずに欲しい選手を集めるための手段でした。しかしこれも巨人が予想以上に人気が凋落し、なにより「巨人に入団すると伸びない」というレッテルが貼られてしまったのでこれも予想外の苦戦でした。しかも優秀な選手に限って「いずれはメジャーに・・・」と言い出すのです。「将来メジャー行きを認めるという文言があるなら逆指名します」ではチームとしては困りますよね。

また、ヴェルディの人気があったJリーグブームのときはヴェルディオーナーとして選手に身分不相応な高額の年棒を与えてバブルを作り結果的に他チームの選手の年棒も経営に不釣合いなほど上がりブームが去った後はいくつかのチームを破綻に追い込みました。
Jリーグを「地域密着」とする川淵チェアマン(当時)とはしばしば対立し、「チームには企業名を入れること」「地域密着なんてことはしないこと」を迫り、川淵氏が断るとヴェルディを引き連れて新リーグ発足を画策しました。結局のところ賛同するチームが少なく新リーグ構想は頓挫、Jリーグブームの終焉と共にナベツネがヴェルディへの興味を失くすとチームはあちらこちらに移転を繰り返してしかもナベツネの方針で地域密着なんかをしなかったため観客動員数も成績も低迷、かつての名門がいまやJ2落ちという体たらくとなりました。

なお、「たかが選手」発言ですが、スト騒動のときに古田選手会長(当時)がスト回避の話し合いのためナベツネへの直談判をマスコミに語ったところ、それを番記者から聞いたナベツネが「たかが選手の分際で(俺に会おうだなんておこがましい)」とはき捨てたのです。これで世論はスト支持にまわりました。
ついでにいえば、そのときナベツネはもう1チームを整理して「10チーム1リーグ構想」を画策していました。ナベツネのいただけないところは、FAにしても逆指名にしても1リーグにしても球界の大物はもちろんファンの声も全く聞かずに独善的に決めるところです。彼にとっては巨人の選手も監督も読売新聞の社員と同じにしか見ていないのです。

ドラフトの逆指名、FA制度の導入などは良くも悪くもナベツネがオーナー連中をまとめた結果だといえるでしょう。ただ、現行のドラフト逆指名やFA制度にはなはだ問題があるのはご承知の通りかと思います。なぜこんな制度が導入されたのかというと、一言でいえば「巨人を優勝させるため」です。現行FA制度の実態は「いい選手を、金のあるチームが買いあさることができる」です。これで一番有利なのが一番金を持っている巨人です。ナベツネの読みでは、実力のある他チームの選手を巨人が買い占めればV10だろう...続きを読む

Qなぜ他球団のファンは巨人が嫌い?

私は巨人ファンです。
なぜかというと好きな選手が多いからです。それ以外の好きな要素はユニフォームの色合いが好きだからとかジャビットが可愛いとかそんなんなんですけど。ファンっていっていいのかどうか・・・。

ずっと思っていたのですが、なぜ他球団のファンの方は巨人をあんなにも嫌うんですか??うちの父(阪神ファン)も毛嫌いしてるし、TVとかでも「ドラゴンズの最大の敵、巨人を・・・」とかいってますし。

まぁ実際自分は野球をやった事が無いので詳しいことはさっぱりわからないのですが、ちょっと気になったので質問してみました。

Aベストアンサー

だって、カネにモノを言わせて優秀な選手ばっかり集めてんねやもん。アレやったらワシが監督したかて勝てるがな。


とお父様も思っているハズ。

Q阪神が巨人よりも嫌いになってしまいました

広島出身のカープファンです。
最近はFAで出て行く選手ばかりでため息の出る毎日です。
4番である金本選手も新井選手も阪神に取られました。
特に新井は打てない時期が長く、それでも我慢して我慢して起用し続けようやく芽の出て来たところで移籍です。
ただFAは選手の権利ですし同じ働くのなら注目も浴びて給料が高いところがいいという選手の気持ちはよく分かります。

阪神は数年前まではカープに次いで好きな球団でした。
当時の阪神ファンも「巨人はFAで選手集めて悪いことしとる」と批判していて私も共感していました。
ところが最近阪神ファンの意見を聞くと「FAという権利を利用して何が悪い?」という考えにすっかり変わってしまったらしく、そのくせ「自分たちは巨人とは違う。巨人は悪い。」という主張をしている人もいるようです。
正直自分たちのことは棚に上げて何言ってんの?と思います。やってることは巨人と同じなんだからすんなり認めれば?と思います。
以上の経緯で今では阪神は巨人以上に嫌いな球団になりました。

以上が私の率直な気持ちですが、カープファン、阪神ファンの皆さんのご意見を伺いたいです。

広島出身のカープファンです。
最近はFAで出て行く選手ばかりでため息の出る毎日です。
4番である金本選手も新井選手も阪神に取られました。
特に新井は打てない時期が長く、それでも我慢して我慢して起用し続けようやく芽の出て来たところで移籍です。
ただFAは選手の権利ですし同じ働くのなら注目も浴びて給料が高いところがいいという選手の気持ちはよく分かります。

阪神は数年前まではカープに次いで好きな球団でした。
当時の阪神ファンも「巨人はFAで選手集めて悪いことしとる」と批判していて私...続きを読む

Aベストアンサー

かなり以前からの阪神ファンです。私は最近の阪神にはチームとしての魅力を感じていません。

まず、私はFA制度には基本的に反対です。FA制度は日本のプロ野球にはそぐわない制度であるし、この制度によっていわゆる生え抜きで育ったそのチームの顔とも言える選手がいなくなってしまうと感じます。アメリカではスポーツをビジネスととらえていますし、ある球団に固定して在籍する選手、すなわち生え抜きがほとんどいない現状もあり、色々と選手が動くのも自然な流れと言えます。しかしながらそれに対して日本の野球ではよくも悪くも生え抜きの選手がいるのが昔からの流れであり、日本野球の特徴だったわけです。それがFA制度によって根本から揺らいでしましました。

個人的に言わせてもらうと、阪神にほかのあらゆる球団のスター選手が集まってきて異常に強くなっても面白くありません。生え抜きの選手、子飼いの選手だからこそ本当のファンは愛着がもてるのではないでしょうか。もちろん、他球団との単純なトレード、戦力外選手を拾うと言った補強はどんどんやるべきだと思いますが、FAでは人的補償とかあるものの、他球団の戦力をほぼ一方的に奪うという点が他の補強とまったく異なっており納得がいきません。

まあ、FAは選手の権利としてもはや認めざるを得ない流れになっていますから、FAを存続させる前提で話をするならば、やたらにFAで選手を買い漁れないようにFAでの人的補償におけるプロテクト枠を廃止することが必要だと思います。これならば選手を獲られた側の球団が年俸を払える選手ならば誰でも奪い返せることになり、むやみやたらなFA補強はなくなります。ついでに言うとドラフトも大学社会人、高校生問わずに完全ウェーバー制で前年度の下位球団から指名していく方式でいいと思います。

ただ、他の回答者の方がおっしゃっているように当然ながらカープ(というよりフロント)の体質にも問題があるとは思います。去るものは追わずという姿勢が強すぎますし、活躍した選手、自分たちで育てたいい選手を簡単に放出してしまいすぎます。これは最近のヤクルトにも同じことが言えますが、勝つために最善の手段を親会社がとっていないということですし、現場の選手たち、ファンからしたらたまったものではないと思います。昔(野村や星野を監督に招聘する以前)は阪神のフロントもそうでしたからその辺はよくわかりますし、当事者でない私ですら見ていて腹立たしいです。

とにかく戦力が均衡しないとプロ野球が面白くないですから、戦力を平等に割り振ることについて再考すべき時期に来ていると思います。

かなり以前からの阪神ファンです。私は最近の阪神にはチームとしての魅力を感じていません。

まず、私はFA制度には基本的に反対です。FA制度は日本のプロ野球にはそぐわない制度であるし、この制度によっていわゆる生え抜きで育ったそのチームの顔とも言える選手がいなくなってしまうと感じます。アメリカではスポーツをビジネスととらえていますし、ある球団に固定して在籍する選手、すなわち生え抜きがほとんどいない現状もあり、色々と選手が動くのも自然な流れと言えます。しかしながらそれに対して日本の...続きを読む

Q巨人の選手はなぜ育たないのでしょう?

巨人のってピッチャーもバッターも、なかなか選手が育ってこないと思うんですが、なぜでしょうね?
でも珍しく今年は坂本君が良さそうですね。
バッターで一軍の選手を脅かす存在を期待するのは難しいと思いますが、ピッチャーなんかは他の球団と比べても大したことないし、でてきても良さそうなんですが・・・・
私が思うに巨人の新人は「巨人ブランド」を手に入れたことに満足してしまい、他の球団の選手に比べて努力が足りないからだと・・・二軍の環境だって他に比べて良いはずですしね。
みなさんはどう思われますか?

Aベストアンサー

やはり皆さん表面上(マスコミに踊らされた情報)のデータしかお持ちにない様で。
まず、質問者様の「育ってこない」というのをどう捉えればいいのか分かりませんが
『一軍で活躍=育つ』ということでよろしいのでしょうか。まあこれを聞いたところでどうこうなる話ではありませんが。

前置きはこのあたりにして、本題に入ります。
補強のし方が問題云々言う人がいますがそれ以前に大きな問題があります。自分との戦いをしてる選手が多すぎるんです。怪我で二軍の試合すらまともに出れない、出場しても弱点を克服できず成績が悪い。こんな選手がゴロゴロいました。極端な例ですがヤクルト・青木選手や阪神・狩野捕手のように二軍で凄い成績を残す選手もいません。速球派で何年も期待された酒井元投手や鴨志田投手(現オリックス)は幾度のチャンスをもらいながら制球難で一軍では全く通用せずとうとう昨シーズンにチームを去りました。現在ブレイクしかけてる亀井選手なんかは昨年まで一軍で代打出場した際、見逃し三振するというのがよく見かけられてました。バットを1回も振らない時もしょっちゅうでした。それが今の彼は別人のようですよね。優勝に貢献した野間口投手でさえ昨季の前半は怪我で出遅れ二軍でも四球から崩れるような投手でした。昨年代打の切り札として活躍した矢野選手に至っては疲労骨折で全治2ヶ月という診断がつい数日前出たばかりです。

今のレギュラーの大半もオフ、春季キャンプを怪我や手術のリハビリに費やしています。開幕から打線が機能しないのもその影響があります。
体質的に強い選手が数えるほどしかいない。飼い殺しなんて言葉も耳にしますが上記を踏まえてもそうでしょうか。
まあ、今年のオープン戦がすべてを物語ってる訳ですけど。
ちなみにNo.5さんのお礼に書かれてる林投手は手術明けでリハビリ中です。そろそろ復帰するのではと思われます。二軍の現状もお伝えしますと昨季から方針転換をして若手主体のスタメンになりました。新人だった円谷、寺内、田中、坂本は常時先発起用されていました。その結果が現在の坂本くんの飛躍に繋がっています。今年も既に新人の中井、加治前がレギュラーで出場しています。ベテランの出場機会が激減するほどのこだわりようです。他チームに移籍した斉藤、小関らが戦力外になったのもそれが原因です。
拙い文章で長々とすみません。

やはり皆さん表面上(マスコミに踊らされた情報)のデータしかお持ちにない様で。
まず、質問者様の「育ってこない」というのをどう捉えればいいのか分かりませんが
『一軍で活躍=育つ』ということでよろしいのでしょうか。まあこれを聞いたところでどうこうなる話ではありませんが。

前置きはこのあたりにして、本題に入ります。
補強のし方が問題云々言う人がいますがそれ以前に大きな問題があります。自分との戦いをしてる選手が多すぎるんです。怪我で二軍の試合すらまともに出れない、出場しても弱点を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報