柔軟に働き方を選ぶ時代に必要なこと >>

また為替介入やるみたいですが介入するたびに日本は大損してる気がしますがそこのところはどうなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どうせおそらく含み損~または確定で米国安定のために金をドブにぶちゃって捨てるようなばかげた、市場の流れに反する行為で、すでにその含み損は40兆円とか言われています。


100兆円が60兆円に減ったというような感じです。
民主党の目玉政策は子供に格好つけて高給取りの公務員に選挙の票を打算して考えての金もないのに狂った考えです。
当初は約5兆円ものカネを再分配という手間も経費もかかるやり方で、さもあげるよみたいに恰好つけようとしました。
これのほかにも年末調整のようなシステムで税金を減免すれば余計な経費もうくのにもかかわらずにです。
これも何かどこかの利益を考えての選挙の票みたいなものをえようとするために・・・だと思います。

為替で含み損を加えようとするようなことならば、その数千億円・数兆円を直接国内に輸出企業の弱いところに集中的に
ばら撒けばいいだけですよ。わざわざ米国債になるのに金を撒き散らすだけです。
    • good
    • 0

為替介入というのは、そもそも国が損を引き受けてでも通貨を操作しようとすることです。


儲けを目論む投資家とわざわざ逆の行動をするということですので、損をして当然で、そこを責めても仕方がありません。

ただ、今回の為替介入はひどい判断ですね。
円売り介入とは要するに、円で借金→ドルに両替、ということです。
同じ借金をするのなら、その金をドルに換えるのではなく、直接復興に回すべきだと思います。
    • good
    • 0

これまでの為替介入によって40兆円ほどの含み損が出ています。


おまけにその為替介入に投じられた資金で米国債が買われており、米国債ですから当然米国民のために使用されています。
    • good
    • 0

良くて数日、悪い場合は、数時間の効果しかない。


理由は簡単で、ドルに対して、為替を円安の方向に誘導したいなら
金融緩和が効く事が分かっているからです。

金融緩和策で効果が上がりそうなものは、2年債より長期の自国国債を日本銀行が買い入れることです。
日銀は、6ヶ月以内の短期国債しか買い入れようとしないので、投機屋からすれば、
政府が円売りして、円安方向に短期的にぶれてきたら、投機資金を一気に導入して、円買いすればよい。
日本の投資家も、それだけでぼろ儲けしている。

バカな連中は、民主党の財務大臣だけという状況です。
    • good
    • 0

円高で、この2週間(~9月30日)だけで、日本の製造業


は、23社(推定雇用人数:2万~2.5万人。下請けも入れて)
が海外進出しました。

この放置で、国内産業の空洞化がますます酷くなります。

前回、4.5兆円の介入は、日本単独、金額が小さいの2点で、
効果が長続きしませんでした。

効果のある介入を、前回の反省から望みます。
    • good
    • 0

介入だから当たり前。


儲かるんだったら個人投資家がドルを買ってくれる。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング