出産前後の痔にはご注意!

衛生管理者の試験問題によくありがちなのですが。
常時500人以上を超える労働者を使用する事業場で、
有害な業務に常時30人以上の労働者を従事させる事業場は
衛生管理者のうち1人を、衛生工学衛生管理者を選任するわけ
ですが、
有害な業務(6業務)で、仮に30人以上のすべての人が試験にかかわる
業務に従事ている場合も、衛生工学衛生管理者を選任しなければ
いけないのでしょうか?

作業主任者などは、たしか(おぼろげな記憶)試験業務だと
選任しなくてもいいとか、例外があったような気がしまして
それと混同しております。

わかる方がおりましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

労働衛生法規の改正で


試験や実験にも労働安全衛生法が適用されるように
なりました。

>作業主任者などは、たしか(おぼろげな記憶)試験業務だと
選任しなくてもいいとか、例外があったような気がしまして
それと混同しております。

私は、衛生工学衛生管理者免許と作業主任者を
両方持っていますが、衛生工学、第1,2種衛生管理者免許は
免許証、X線、γ線以外の作業主任者は技能講習修了証です。

受講資格があるなら
お金はかかりますが
最初から衛生工学衛生管理者を
取ったほうが楽です。

>有害な業務(6業務)で、仮に30人以上のすべての人が試験にかかわる
業務に従事ている場合も、衛生工学衛生管理者を選任しなければ
いけないのでしょうか

この場合、有害業務に従事している人を
衛生工学衛生管理者に併任するしかないと思います。
(もしかしたら、併任は違法かも知れませんが)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「試験や実験にも労働安全衛生法が適用される」
びっくりです。

ということは、衛生工学衛生管理者を選任しないと
ということでしょうか。

あっ。あと有害な業務は6ではなく10業務でした。

お礼日時:2011/10/01 21:24

>「試験や実験にも労働安全衛生法が適用される」



衛生工学衛生管理者の講習で聞きましたが
有害業務を行うのであれば
大学の実験室、研究室どころか
障害者の授産施設にも適用されるそうです。

衛生管理者の試験は、社会保険労務士の試験では
ないので、そこまで細かいことは出ないかもしれませんが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング