『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

私は小学校のときバイエルを途中でやめた程度の、音楽の素人です。

私などからすると、世界レベルのピアニストはみな一様に上手いな~と思うから、誰が上手いとか下手とかは区別がつきません。


本職の音楽家どうしなら、どのピアニストのレベルが上とか下とかいう評価は一致するものなのででしょうか?

それとも、評価する人の好み次第とかになったりするのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

私は趣味で,新人のデビュー物を買い集めています.


巨匠とか重鎮といった一定の評価の定まった演奏家のCDは殆ど買いません.
このような見地から,「プロは一様に上手いか」という点についてコメントさせて下さい.

世界レベルという基準をどう解釈するかですが,
可愛い女の子を担ぎ出した「売らんかな」のプロデュース物は除外して,
日本でもCDが入手できるクラスの演奏家としましょう.

ただ,今は無名の新人でもCDが出せる時代です.
まず,CD-Babyに売りに出る物,
ここには,大いに「トンデモ盤」があります.(すごい掘り出し物もあります!)

それから,ロシアの盤,これは特権階級にワイロを贈ればなんとかなるのでしょう.
時々トンデモ盤に出くわします.

日本にもあります.どこそこの音大の教授が出したCDでひどいものがありました.
ガンガン叩けばいいってもんじゃないよ,と言いたくなるくらいヒドイです.
一応,中堅のレーベルから出ています.

つまり,やっぱりプロ(演奏家として売り出している人たち)の中にも優劣はあります.
私のような者にも違いは分かります.

良い方は,もっとはっきり分かります.
アリス紗良オットさんのリストのカンパネラはすごいと思っていたら,
すぐメジャーになりました.

仙台国際に年齢を偽って出たかもしれないユジャ・ワンさんもすごいです.

この人たちには,好みとかとかではなく「ワオ!」と感じさせる何かがあると思います.
    • good
    • 0

世界レベルのピアニストでも得意不得意はあります。


ショパンが好きで研究しながら突き詰めている人もいますし、嫌いな人もいます。
聞き手でも好き嫌いはありますし ベートーベンが好きな人もいるでしょう。
比較的有名な1曲を決めて、図書館でもいってでも聞き比べたらどうでしょうか?
私はブーニンのショパンで衝撃をうけて私でも演奏の違いがわかると思い感動しました。
そこでクラッシックファンに復活しました。

コンテストでも音楽家の採決できますます。
音楽性とか、表現力とかいろいろ項目があって点数をいれて、集計します。
音楽家でも好みはあります。
    • good
    • 0

ある程度の技術などを世界レベルのピアニストはみなもっています。


それが土台にある上で、自分の音楽、個性を出しているのだと思います。

音楽なんてそもそも、自分が好きか嫌いかでいいと思います!
すごい個人的な意見ですが…
演奏する側も1人、2人と自分の演奏を好きだといってくれる人が増えることが
幸せなんじゃないかなーと思ったりします。
    • good
    • 0

世界的なピアニストの中で比べてみても、技術的な面から見ると「上手い・下手」の区別はつきます。



あとは、そのピアニストの表現や解釈の違いですね。

また、ピアニストそれぞれ得意不得意があります。

クラシックピアノでいえば、
モーツァルトは内田光子
ショパンはアシュケナージ
ベートーベンはアルフレート・ブレンデル
・・・など。
    • good
    • 1

芸術に一等賞はないんですよ。


上に行くほど、正確な再現から、表現力の個性になっていきますので、
うまいかどうかは、曲と演奏者のマッチングになっていきます。

ドラスティックな抑揚が得意なピアニストが、静謐な曲調で高い評価をされることは少ないです。
どっちも評価が高いなら、マルチな演者って評価ですから。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q辻井伸行のリアルな実力はどんなもんでしょうか?

昨日奥さんと辻井伸行のコンサートに行ってきました。

奥さんは非常に感激しておりました。

私は、ジャズのピアノならある程度、好き嫌いとかわかるのですが、クラシックはさっぱりです。
もちろんコンサート自体は楽しいものでしたが。

ウチの奥さんは辻井氏のハンディキャップに萌えているだけなのでしょうか?
それとも、辻井氏はピアニストとして相当なレベルの人なのでしょうか?

クラシックに詳しいか、ピアノに詳しい方のご意見を宜しくお願いいたします。

ちなみに、チケットの料金はステージのすぐ横の2階席で一人13000円でした。
一階は10000円以下だったそうです。

昨今、音楽以外の物語を音楽家に求める人や関係者が多い気がして、質問した次第です。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなんかで芸術の評価が左右されるべきではない、と主に考えるのです。勿論「理想的には」の話ですが。)


辻井伸行の演奏を初めて観たのは自分が好きなラヴェルの曲か何かだったと思います。非常にマニュアル通りな演奏というか、アカデミックというか、世界的プロピアニストの演奏とはかなり傾向が違う・・・そういう印象が強かったです。

ヨーロッパの多くのピアノコンクールというのは、独自性のある演奏が重んじられるそうです。大家のクラシック曲を普通にうまく演奏するだけの演奏なんて過去にやり尽くされていますし、今となってはそんな演奏をするのは「プロ」もっと言うなら「アーティスト」にあらず、と判断される訳です。
(ただアメリカのコンクールではそうでもなく、今でも昔ながらの演奏スタイルが好まれる傾向にあるようです。ヨーロッパとアメリカの芸術に対する姿勢の違いかもしれません。)
こういう点からも、前の方の話に出ているように「クライバーンだから入賞できた」けど「ヨーロッパのコンクールでは入賞できないと言われている」のだとしたら、まぁその通りなのでしょう。

彼の即興を聴いた限りだと・・・ジャズも本場を目指すならかなり、いえ相当に、厳しいかな。そんな感じでした。


大きなお金やメディアを動かせるということと、「一アーティスト」「一クリエイター」として成功するいうことは、全く別次元という現実をよく示してくれていると思います。まぁこれは今の時代に限ったことではないと思いますけどね。

障害云々で芸術やクリエイティビティを語りたくないので、率直に言います。

一演奏者としては、(問題が明るみになる前の)佐村河内さんと同じ印象・・・ごめんなさい。辻井伸行は前者と違って実際に演奏しているのは確かですから、「世間的評価」の点でです。「障害者のプロピアニスト」という設定で素人の気を引く以上の価値は感じられません。彼の作曲なんてもっと酷いものです。
(言葉は厳しいとお思いかもしれませんが、ヨーロッパでの芸術家・音楽家に対する批評なんてものはこんなものです。ハンディなん...続きを読む

Qフジコヘミングさんのピアノのテクニックの凄さについ

こんにちは。
ピアノをされていらっしゃる方にお聞きしたいと思っております。
私の大好きなフジコヘミングさんですが、ご年齢にかかわらず、ラ・カンパネラやアレグレット(ベートーベン)など、とても難解な曲を弾きこなしておられます。

私がお聞きしたいのは、、人間は年齢を重ねることによって、体全体が衰えて行くのだと思っていました。
ですが、フジコさんの指の動きはとても速く正確で、素人の私には信じることができません。これは、毎日の鍛錬なのでしょうか?

私は30代ですが、20代の時と、体の細やかなバネや反射など、少し衰えてきてるのかな?と思えることもあります。走っても中学生に負けてしまいます。今でも毎日走ってはおりますが、、、。

人間、大好きで朝から晩まで弾いていたら、このように弾けるものなのでしょうか?それともフジコさんの希な才能なのでしょうか?
このような方はたくさんいらっしゃるのでしょうか?


ピアノの素人です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ピアニストにとって、年齢的なものからくる技巧の衰えは大変重要な問題で、
歳をとってくるとレパートリーや演奏スタイルを変えたり、
ピアニストから引退してしまう人もいます。

若いころ卓越した技巧で世界的に有名だった高齢のピアニストというと、
現代ではポリーニやアシュケナージ、フジコと同じ女流ではアルゲリッチなどがいますが、
みな若いころと比べると技術的な衰えが来ています。
このような第一線で活躍していたピアニスト達は才能も有り、
毎日たくさん練習をしているはずですが、
それでもやっぱり年齢による衰えからは逃れられないのだと思います。

わたしは、以前フジコ・ヘミングのすこし昔の演奏を聴いたことがあって、
今の演奏と比べると、やっぱり昔の方がキレがあるなという印象を持ちました。
やはり、彼女も技術的には衰えが見られます。
ただし、あまりファンの方にこういうことを言うのは気がひけますが、
もともとフジコは技術的にはあまり上手ではなく、
どちらかというと個性的な解釈で勝負するタイプです。
ですから、彼女の場合は、演奏上、技術的な衰えはあまり関係がなく、
昔とほぼ変わらない演奏ができるピアニストだと言えると思います。

ピアニストにとって、年齢的なものからくる技巧の衰えは大変重要な問題で、
歳をとってくるとレパートリーや演奏スタイルを変えたり、
ピアニストから引退してしまう人もいます。

若いころ卓越した技巧で世界的に有名だった高齢のピアニストというと、
現代ではポリーニやアシュケナージ、フジコと同じ女流ではアルゲリッチなどがいますが、
みな若いころと比べると技術的な衰えが来ています。
このような第一線で活躍していたピアニスト達は才能も有り、
毎日たくさん練習をしているはずですが、
それでもやっぱ...続きを読む


人気Q&Aランキング