『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

日本語の「絶縁」という意味に対応する英語の用語として、insulate/insulationというグループと、isolate/isolationというグループがあります。
これらの2つのグループの意味の相違と使い分け(使い方)を、お教えください。
Webで調べると、どちらも絶縁/断熱/分離/隔離などの意味に使われているようで、混乱しています。
語源を調べればわかるのかもしれませんが、どう調べればよいのかわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

アメリカに35年ちょっと住んでいる者です。



私なりに書かせてくださいね。

この両方の単語は日本語に直すと、特に辞書的に意味を見ると、同じようにかかれていますね.

しかし英語の単語としてみると、非常に似た意味あいを持ちますが、元になる意味が違うんですね.

isolate/isolationと言う事は、あるもの・状況から「隔離」することなんですね.

それに較べ、insulate/insulationは、隔離する事ですが、隔離している原因を作る事なんですね.

つまり、その原因と言う物が、絶縁体などを施す、ということが隔離されていると言う状況を作っているわけです.

電線などが混線しないようにするために、電気をとおさないビニールを巻く事によって(隔離している原因を作る)混線を防いでいるわけですね. これがinsulateなんですね.

これを英語に直すと、

A wire is isolated from another by an insulation material such as vinyl.

と言う事で、絶縁する事によって、結果論として、隔離する、と言う事になるわけですね.

よって、~で隔離する、と言う言い方をして、~を使って隔離すると言う意味で、insulate with~と言う言い方をするわけです.

isolate/isolationの場合は、単に、何かから離して隔離する、事なんですね.つまり、間に何かをおく・入れると言うinsulate/insulationとは違うわけですね.

isolate A from Bと言う言い方をして、AをBから隔離する.という使い方をします.

insulate A against Bと言う言い方をして、AをBから守る.と言う使い方をします.

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

事細かに具体例を挙げていただきありがとうございます。ご回答の内容から次のようなイメージを浮かべています。
insulate/insulation:
 保護(protection)するという意味が強い場合
isolate/isolation:
 分離(separation)するという意味が強い場合

このようなイメージでよいのでしょうか。

お礼日時:2003/11/14 13:02

Gです。



>電気の絶縁材料として、とっても有効なものに、空間があります。この場合、空間でisolateすることで、insulateされているということになるのでしょうね。

空間が一種のinsulationとなって、電線が、insulateされているわけです. 一本の電線が、他の電線からisolateされていると考えられます.と言うような文章が出来上がるわけです.
    • good
    • 0

Gです。



insulate/insulation:
 保護(protection)するという意味が強い場合
isolate/isolation:
 分離(separation)するという意味が強い場合

そうですね。 いいと思いますが、isolate(分離・隔離)することによって、from bad thingsから守る、と言うフィーリングもありますので、気をつけてくださいね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘、ありがとうございます。

注意して、使い分けていきたいと思います。

それから、これは蛇足ですが、電気の絶縁材料として、とっても有効なものに、空間があります。この場合、空間でisolateすることで、insulateされているということになるのでしょうね。

お礼日時:2003/11/14 14:59

#2です。

ちょっと補足です。

>insulateは技術的なケース、isolateは人間的感情を込めて使うケースということでしょうか。

そのようなケースが多い、という解釈が良いかと思います。

>Photo Isolatorという電気部品もあるので、この辺りが割り切れなさそうな気がしますが。

その電気部品がどのようなものかわかりませんが、この点については、#4の方の回答の、下から4行目、5行目が答えになるかと思います。
技術的観点から尚割り切れない、となる場合は、それが和製英語的につけられた名称である可能性が考えられるかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信、ありがとうございます。

#4の方の回答は、まさにそのとおりではないかと思います。Photo Isolatorは電気信号に含まれるノイズをカットして、後段の電気回路に信号を伝えるためのもので、電気回路に良く使われます。

Webに提示されている情報には、insulate/isolateの使い方を良く吟味しないで使われているページが、結構あるような気がします。特に翻訳を業としていない日本人が英訳するような場合です(日本人の英訳すべてというわけではありません)。こういった情報が多くなり、それが普通になってしまうのはとても怖いことです。

お礼日時:2003/11/14 14:49

私は電気関係のものです。


あくまで,電気関連の用語としてご説明いたします。
とは言っても厳密な定義ではなく、私の感じるフィーリングです。
------
 ・電気の来ている金属に触ると感電します。
 危ないので絶縁しなければなりません。
 insulation が必要です。
 金属と私の間に、何かを insulate しなきゃ。
  と云うわけで、電線は合成ゴムのようなものでinsulate されています。
-------
  信号にノイズが乗って困ってます。
 絶縁アンプで isolation したら良いかも。
 isolation すればコモンが繋がらなくなるから、ノイズが減るかもよ。アイソレアンプ高価です。(これ、日本語です。インシュレアンプというのは聞いたことがない。)

-------
 よくあるトランスは一次側と二次側が isolation されています。しかし高温になると insulation が破れて危険です。どの温度まで許されるかで、B種とかH種とか分類されてます。(今は変わったらしい、、) 
-----------------------------------------------
と云うわけで、insulation は物質的に隔離することみたいです。insulater(or?)といえば、絶縁のため挿入する物質を指し、isolator といえば、信号などのコモンを分離するための装置を指します。

 あくまで、電気業界でのお話です。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

電気業界でのお話、ありがとうございます。
具体例で示していただき、応用できそうです。

お礼日時:2003/11/14 11:45

●insulate/insulation



技術的なケースで使われる事が多いです。
絶縁体=an insulator
電気を遮断する、といった場合です。

人間関係における絶縁についてこちらの単語を使う場合は、技術用語を比喩的に用いているという事になります。センスと語彙力(国語力)によっては使う人がいます。

●isolate/isolation

精神的及び物理的距離感を出す時に適しています。
「社会から孤立する」と言う場合はこちらを使います。
人間的感情を込める場合により適しているようです。

又一方で、病院の隔離病棟もこちらです。
物理的に”離す””囲う””分類する”時に使われます。日常の仕事で、「この書類は、よけといてね」と言う時なんかにも使えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
意味合いとして、insulateは技術的なケース、isolateは人間的感情を込めて使うケースということでしょうか。
Photo Isolatorという電気部品もあるので、この辺りが割り切れなさそうな気がしますが。
でも、意識として、そういう考え方をしながら使うということですね。

お礼日時:2003/11/14 11:19

insulate=モノにくっつけて使う場合が多く、電気の絶縁、熱伝導を防ぐ断熱、振動を防ぐ防音を目的とする場合にinsulationと言います。



isolate=他のものから独立させることによって、外部からの影響を遮断する状態です。人間などが孤立する状態も指します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
なんとなくわかるのですが...。

お礼日時:2003/11/14 11:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q[seem]と[seem like]の使い分け?

NHK英会話講座より
C:--------------
It seems so pointless. あまりに無意味よね。
-------------
And I started reading some books about caring for pets. It seems like a lot of work.
それでペットに関する本を何冊か読み始めたら。
すごく手間がかかるみたいで。

(質問)上記には[seem]と[seem like]が使い分けられています。[seem]も[like]も「~のような」の意味だと思いますが、重複しているのでは?
[look like],[sound like]なら理解できますが。私の考え違いと、使い方についてご指導をお願いいたします。参考例もよろしく。  以上

Aベストアンサー

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」という意味になります。そして,be の代わりに look, seem, sound を用いることもできます。like は前置詞と考えると後に名詞がきます。すなわち,a lot of work という名詞を seem の後に続けようと思うと,like が必要になってくるのです。
 like を形容詞と考えれば,seem like で seem +形容詞で統一することも可能です。
 ただし,特にイギリスでは,look, seem, sound の後に like なしで,名詞を置くことも多いようです。また,その際は,look to be 名詞,seem to be 名詞のように to be をはさむことも多いと思います。

 seem, sound, look はいずれも動詞で,SVC の形で用いられます。
 補語Cは,be や become のように名詞・形容詞いずれも用いられる動詞もありますが,かなりの動詞では形容詞のみです。
 seem, sound, look も基本的には形容詞が補語となります。
 like は動詞ではありません。(「好む」は別ですよ)もともとは「~に似た」という意味で目的語をとる形容詞でしたが,今では前置詞と見なされることが多いと思います。like で,文を作ろうと思えば,be like ~のように be 動詞を用いて「~のようだ」とい...続きを読む

Qassureとensureとinsureの違い、語源をみるとほぼ一緒のようですが

どれも保証するという意味になります。語源的にみても
ほぼ同じようです。
( a+sure en+sure in+sure )

どのように使い分けているのでしょうか?

保険に~という意味はinsureだけが出すのでしょうか?

これらの単語を整理したいと思っています。
いろいろとご教授ください

Aベストアンサー

こんにちは。

ensure とは、enable、enrich などと同様、形容詞に接頭辞 en- がくっついて動詞になったもので:
・The alarm systems ensure your safety against burglars.
、、、「ロスを補償する保険ではないが、それに匹敵するような大きなプロテクションを付与する」という意味ですね。

assure とは「確かであると誰かを安心させてやる」というイメージですね:
・You can rest assured. (大舟に乗った気持ちでいてくれ)

一方で、辞書によっては assure = ensure という用例も出ているようです:
・I can assure/ensure you that he would pass the exam without any difficulty.

米国語では「掛け金を払って保険を掛ける ⇒ insure、保険 ⇒ insurance」としか言わないと思いますが、英国語では assure (保険を掛ける)、assurance(保険)という意味があるようです:
・It is highly advisable to insure your luggages when going abroad.

一つ特筆すべきは、insurance (保険)、assurance (確証)という名詞形がありますが、ensurance という単語が存在しないことでしょうか。

以上、なるべく違う意味となるように例を挙げてみましたが、ご指摘の通り、語源を分かつだけに似ていますよね。特に ensure と assure の使われ方が似ていて、insure はちょっと違うという感じでしょうか。また、英米で明らかに違う使い方がされている場面もあり、聞く人、或いは辞書によっても違う解釈がなされていても不思議ではない単語ですが、いろいろな用例を研究するしかないのでしょう。


ご参考までに。

こんにちは。

ensure とは、enable、enrich などと同様、形容詞に接頭辞 en- がくっついて動詞になったもので:
・The alarm systems ensure your safety against burglars.
、、、「ロスを補償する保険ではないが、それに匹敵するような大きなプロテクションを付与する」という意味ですね。

assure とは「確かであると誰かを安心させてやる」というイメージですね:
・You can rest assured. (大舟に乗った気持ちでいてくれ)

一方で、辞書によっては assure = ensure という用例も出ているようです...続きを読む

Qisolate と separate の違い

ペーパークロマトグラフィーの実験をしました。 英語で、「色の分離」と書きたいのですが、isolate と separate では、どちらを使ったらよいでしょうか??
例えば、黒は分離した。 青は分離しなかった。 と英語で書くには、どう書いたら良いでしょうか??

Aベストアンサー

1。  黒は分離した。 青は分離しなかった

    こういう時は、isolate だと思います。

2。 このほかカラーで印刷する際には、 color separation と separate の方を使います。

   沢山あるうちから一つだけを分離する時は isolate
   沢山あるのを複数にバラバラにする時は  separate

 のような気がします。