中小企業の働き方改革をサポート>>

(例として挙げた意見は、特定個人の意見ではありません。)

社会のこれからを考える時、
ある人は
「個々人の成熟が何よりも求められますが」
と言い、
ある人は
「個々人が完全な自覚を持ち、自律的に社会行動をとれれば」
と言い、
「目覚めが必要だ」という人もいます。

さてしかし、
人類には過去から現在まで、なんらかの成熟や進歩の歩みがあったのでしょうか?そしてこれから、成熟や進歩の歩みがあるのでしょうか?
「人類」ではなく特定集団、例えば「日本人」ならどうなのでしょう?

皆さんのお考えを様々お聞かせいただければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (16件中11~16件)

#4 です。



”歴史(過去)を根拠にした推測は、論理的には正しくないですね(無限後退)”
  ↑
可能性には、理念的な可能性と、現実の可能性があると思います。
そして、現実の可能性として歴史を根拠に持ってくる
のはそれほど的はずれではないと思いますが。
 そんで、歴史を見ますと、人間が発達進歩しているのは
自然科学だけ、て感じがするのですが、どうでしょう。


”全然関係ないのですが、新井白石のキリスト教批判は、
論理的に難があるような気がしてならないのです。
例えば、人間が自ずと生じたものであるならば、
時計も自ずと生じたものである、とは言えないですよね”
  ↑
そうすると、神が創った、と。
すると神は誰が創ったのか。
超神が創った、その超神は超超神が・・・。

時計は人間が創ったことは簡単に立証できますが、
山川草木天地人は誰が創った、神だ、ということは
証明できるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>そして、現実の可能性として歴史を根拠に持ってくる
のはそれほど的はずれではないと思いますが。

まったく的外れではありません。科学は帰納的・確率的推論によってなりたっています。
しかし、そしてその根元が、脳に埋め込まれた「昨日のように今日があり、今日のように明日がある」という思い込み(超合理の信念)であることは、ヒュームによって明らかにされています。
その、私たちの脳はそう考える他ないようにできているんだなぁ、という感慨をお伝えしたかったのです。
それと、そうした推論には、演繹的ではないがゆえに必ず隙間が存在し、「隙間の神」の存在をゆるしてしまうのかなぁと、反対の立場の方の立脚点をぼんやり考えたりしたのでした。
可能性はあるかもしれないけど、現実には無理
というのは、まったくその通りだと私も思ってます。

そして
すみません。わがままで筋違いな質問に答えていただいて。
↓↓
>そうすると、神が創った、と。
すると神は誰が創ったのか。
超神が創った、その超神は超超神が・・・。

いいえ。結論「山川草木は自ずと生ず」にはまったく異論ないのですが、論理が引っかかっているんです。
超超神が…てのは明らかに無限後退の誤謬です。

>時計は人間が創ったことは簡単に立証できますが、
山川草木天地人は誰が創った、神だ、ということは
証明できるのでしょうか?

時計が人間の手によるものであることは、既知の人工物と似ていることによって証明するのだと思いますが、石器時代の人間にそれが可能かどうかは、ちょっと解りません。
それで、ダーウィン以前、自然界の精妙さへの驚異の念を以て、ウィリアム・ペイリーは時計の喩えで創造主の存在証明を試みました。
結局はダーウィンが設計者に頼らない自然淘汰の原理を見いだすことによって、今日の私たちは山川草木が自ずと生じたことを納得できているわけです。

つまり
神が自ずと生ずるものならば山川草木も自ずと生ずるものである、
という新井白石の論理は、山川草木がなぜこのような精妙な形で生じたのかを証明しておらず、
時計を人間が作った、いうのと同じように、
山川草木を神が造った、ということを証明しようという動機を断ち切ることができていないように思うのです。

お礼日時:2011/10/05 16:59

人類は成熟しえますか?日本人は成熟しえますか?



○日本人には成熟のチャンスがあります。そのチャンスを活かして日本人が成就すれば、それを手本に世界も人類も成熟のチャンスがあるでしょう。成熟とは一人一人が神や仏のような心を持ち、その総体としての国家が、神や仏の国のごとくになるということなのです。
例えば、あの3月の大震災での日本人の行動を見て世界は驚嘆したのです。どの国の人も災害後の日本人のような行動はしないのです。外国人から見れば日本人の行動は神仏の行動なのですよ。
自分が生き残るために盗み、暴力、殺人が肯定されるのが世界なんですね。そうではない世界が日本に実際に存在するそれが手本になるのですね。日本人は古来より神仏を敬い、神仏のようになろうと努力して来ましたが、戦後の教育でそれが排除されているとはいえ、身に付いた習慣はあるのですね。間違いはただし良き習慣は伸ばす、それが本当の日本人の姿であり、それが世界の手本になるのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

心情的には大いに共感します。

ただ、私たちの神は、葉の一枚虫の一匹にも宿る神々は、いずれこの国から居なくなってしまうのではないかと、とても心配です。

お礼日時:2011/10/04 13:24

政治的な意味での成熟だと考えます。


そして、個々の人間ではなく、一般庶民が、
と考えます。

可能性はあるかもしれませんが、歴史を見ると現実には
無理だと思っています。

民主制ですが、近代的民主制はイギリスが発祥の地で
既に800年の歴史があります。
それでイギリス人は、成熟しているでしょうか。

イギリス人が歴史上最も尊敬している人物に
ついて調べた結果があります。それによると。

第一位・・チャーチル。つまり戦争に勝利した、ということ。
・・・
第三位・・ダイアナ妃
第四位・・ニュートン

この程度です。
僅か半世紀前のイギリスは、アジアアフリカに何を
して来たでしょうか。
米国原住民にどんな仕打ちをしたでしょうか。

後千年経っても、成熟は無理でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

全くの同感です。

ただ、お礼を考えていてふと思ったのですが、
確かに、歴史(過去)を根拠にした推測は、論理的には正しくないですね(無限後退)。
三番さんが逆の立場から「あなたに可能なら他の誰にも可能」と立論していましたが、「個々の選手が強いから、チームも強い」と同じ誤謬かと思います。

あ、まとまらない。

全然関係ないのですが、新井白石のキリスト教批判は、
論理的に難があるような気がしてならないのです。
例えば、人間が自ずと生じたものであるならば、時計も自ずと生じたものである、とは言えないですよね…。うーん。

お礼日時:2011/10/04 13:20

「人類は成熟しえますか?」と問うていますが、あなたは


人類ではないのですか?
あなたができるなら、誰もが「し得る」でしょう。
もちろん、あなたが世界の誰よりも優秀で、あなたには
できても、他の人にはできないとか、社会的に「認識を
深めてはいけない」とういうルールがあり、革命しないと
「し得ない」というのなら別だが。

要するに、あなたを含む多くの人の生きる目的は、物質的
繁栄や本能の衝動的充足であり、社会的行動は「そのため
に仕方なく」やるものになっているのだ。
つまり生きる意味において、目に見えない精神状態の如何
などというのはあまり関係なく、目に見える物質的指標(及び
それに付随した二次的価値であるお金や権力)が重要だと
いう考えで。

進化において人類は、かつて細胞が集合>分業化し個体を
形成したように、また個体の相互作用を同機能の対立から、
分業化による補完>組織化に移行した。
その場合の個人の行動の社会性は、自己の社会生命性の
自覚化による、生命の根源的志向である“生きる意志”の
延長(=精神的充足)=自律的社会行動として以外に、
お金や出世といった“馬車馬の目の前のニンジン”によって
操ったり、法規やモラルによって縛る方法もある。

それらは、どちらが優れているという訳でもなく、生物進化でも、
遺伝的に社会性を組み込まれ、形態や本能から予め多様化
=分業化している、アリやハチといった社会的生物もあれば、
人類のように生後の刺激の中で脳内に環境を再構成し、
そこでの予測として道具を作ったりや社会行動をとるものも
いる(前者をアリ型進化と呼べば、後者はヒト型進化)。

自然において、そのどちらも成立している以上、「放っておけば
人類の認識は深まっていく」というような、経済原理における
ような“見えざる手”は、今回は期待できない。
そして、「ヒト型進化」のフラッグキャリアであった人類も、
工業化における急激な分業化の進展と市場の拡大において、
その巨大な社会全体を自覚化する認識力を怠り、お金や出世
といった二次的価値(虚構)で操り、あるいは法規やモラルと
いった自己の外なる価値による自己の衝動の抑圧という、
「アメとムチ」によって他律的に社会行動を強制する=アリ型
進化へと進路を切り換えたのである。

「真の生きる目的が精神的充足量の最大化である」という前提
において、「自己の生きる必然の意志=自律的社会行動=
最大認識における生きること自体による充足」が目指すべき
目標である、という表現はするが、「自律的社会行動をとらねば
ならない」とは言えない(それはアリやハチを侮辱する事になる)。
人は根源的に自由であり、「死にたい」といって即自殺するのを
(その原因が外部要因でない限りにおいて)止める事は不可能だ。
しかし、それが「その『死にたい』という意志の充足をしたい、という
意味である事において、その“精神的充足志向”において、命を
絶つのは最低の選択である」と言え、その延長に「社会生命として
の自覚化=愛による助け合いとしての社会=自律的社会行動」は、
意識生命としての最善の選択となる。
ただし、既に「馬車馬の目の前のニンジン」に操られている歯車
人間にとっては、余計な遊びであったり、自己顕示のための道具
に過ぎなく感じられるので、強制するつもりはない(アリ型進化の
邪魔)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私は人類において、まぁひとまずは平凡であると予測します(コペルニクスの原理)。
私は、個人的な実感として若い頃の私よりは「成熟」していると思います。もう少し生きれば、もう少し成熟できるかもしれません(相対的な成熟)。
しかし人類は、年齢構成に限っても多様です。仮に私と同じ成熟可能性を有する人間でも、私が若く未成熟だった頃に成熟期を向かえていた世代は、すでに老境でしょう。そして、私が年齢を重ね成熟期を向かえる頃には、若く未成熟の世代が生まれてきているでしょう。
つまり、私と同等の成熟可能性を有したグループの成熟度(成熟個体数)の上昇は、私が成熟することをして導くことはできなそうです。

お礼日時:2011/10/02 16:26

成熟とは自分は馬鹿だと理解して程々にしてやり過ぎないことだと考えます。


ただ、日本は地域共同体にその成熟が蓄積されると考えると、現状では世代間で継承は難しいでしょう。
まあネットがあるから少し希望がもてるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

たしかに、実践的な感覚はそもそも伝達しえたか不明ですね(ゾンビ問題?)。故に継承とはそもそも奇跡みたいなものかもしれません。
しかしだとすると、ネットの発達も無力そうです。

お礼日時:2011/10/02 16:59

成熟はありえませんな。

成熟しているのは、科学技術の進歩。その進歩した環境に影響されて、人類が進歩したように見えるだけでしょう。基本的な欲求は変わらないし、喜怒哀楽も変わらない。現代で生まれた赤ん坊でも、狼に育てさせれば、狼にでもなります。

ただ、これも技術の進歩による所が大きいのですが、昔ながらの人間による統治ではなく、大勢の人間の意志による統治(つまりは、国民投票などの直接民主制)が実現すれば、世の中、良くなるような気がします。これって、ものすごい革命だと思います。難千年もの間、人間は、独裁であろうが、共和制であろうが、民主主義であろうが共産主義であろうが、個人の権力者を擁立することで、世を治めてきました。それが、個人の意志に左右されず、直接、大勢の意志によって決められるとすれば、天地を揺るがす、人類の大きな一つの進歩になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

なるほど、直接民主主義ですか。
いろいろ検討してみると面白そうですね。

ふと頭に浮かんだのは、人間の脳が適応しているといわれている百数十人規模の集団、かつての農村などでは直接民主主義的な運営がなされていたのではなかろうかと思いました。
それと
近代国家の必要は安全保障だと思いますが、
どのへんがどうなるか…考えることは沢山ありそうです。

お礼日時:2011/10/02 17:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す


人気Q&Aランキング