マーベル映画シリーズの伝説の始まり『アイアンマン』を紐解く! >>

2011年式デミオ ATですが、新車時から、坂道に急加速などしたときに車内に焦げくさい匂いがする
(しばらく大人しく運転すると匂いがおさまる、外気は導入していない、ボンネット開けてエンジンのぞいてもにおわない)ため、Dらーに相談しましたが原因がわからずに、様子見することになりました。



現在、走行距離は約3万、匂いの頻度は新車時より少なくなった気がしますが、相変わらず焦げくさい匂いがたまにします。

あまり、いい気がしないので、なんとかならないのかと思います、
AT関連でないかと素人考えで推定しますが、ATFとか交換しても、原因は解決しないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ゴミ袋と輪ゴムを積んでおいて、においがしたときに周辺の空気を取り込んでおいて


ディーラーでかいでもらうのも一つの手かもしれませんね。
    • good
    • 5

異音がしたり何か異常がないのであれば、マフラーパイプそのものが焼ける臭いじゃないですか?車種に寄るとは思いますが、マフラー本体って新品の時、触るとベトベトするような油ではないだろうけど錆止めか何かを塗ってありますよ。

それが新車のうちマフラーがチンチンに熱くなるときに焼けるんだと思います。一通り焼けきると臭わなくなったような気がしますが。
    • good
    • 3

>ゴムが溶けた匂いですねえ



この補足から最初に疑うものは「ベルトの滑り」と皆さん思うでしょう。

新車時でも初期滑りをする場合は多々ありますし、高負荷状態のみ滑る場合もあります。温まるとベルトが適度に柔軟し、プーリーに密着して滑りの匂いが無くなる事もあります。
    • good
    • 2

高負荷のエンジンから出た排気ガスが室内に入って臭っているの


かもしれません。

普段、窓を閉めて走ってますか?
ハッチバック車は走行中にバックドア後方に負圧が発生するので
バックドア回りやボディーの隙間から外気が室内に吸い込まれる
事があります。
特に内気循環で窓全閉の車内は、気圧が低くなる場合があるので
顕著です。
車両によっては排気管から出た排ガスがこの負圧で室内に入る事
があります。

妻の軽ターボワゴン車では急坂をアクセル全開で登るとガソリン
(生ガス)の臭いが入って来ましたし、友人のRV車では硫黄臭
がしました。

焦げ臭くなる走行条件で外気導入(ブロア最強)で変化があるか
試してみて下さい。
それで臭わないなら間違いないと思います。

ただその場合、外気導入以外の対策は難しいかもしれません。
バックドアのシールが悪ければ修理で直りますが、それ以外から
の侵入の場合、構造的に塞ぐのが難しいからです。

この回答への補足

内気循環で窓は全締めです。。。
外気導入で試してみますね・・
排ガスの匂いっぽくはないのですが・・

補足日時:2011/10/02 22:49
    • good
    • 2

ディーラーさんが見てわからないというのもどうかとはおもいますけど・・・・・・・。



可能性はいくつかありありそうなのですが、エンジンを高回転させたときに起きているようだと、一時的に排気が高音になって、マフラー周りに付いている(ゴミ的なものも含めて)余計な油脂・樹脂類が、高熱で焼けることなどもあります。そういう場合、直後に車を降りてみると、エンジン周りより車体下や後部の方からにおいがするかなぁ、と思います。

CVT であれば(方式にもよりますが)過負荷になるとベルト類が滑って加熱してオイルが焦げる、というのもなきにしもあらず、だとはおもうのですが、AT とのことですしね・・・・・・。ATフルードが焼け焦げる事象ってどんなのがあるんだろ。

外気については密閉されたら酸欠になりますから、普段からある程度外気は入ってきても仕方ないです・・・・・・・。

この回答への補足

匂いが持続せず、匂いがした直後に車止めて、エンジンルームやマフラー付近を嗅いでみてのですが、臭いませんでした・・

補足日時:2011/10/02 22:47
    • good
    • 2

機械油が焼けてるような匂いですか?


マニュアル車で、クラッチが滑ってる車を無理繰り乗ってるときの匂いですかね?
実は私の買って1年のステップワゴン(CVT)も、室内の芳香剤を切らせておくとそんなコゲくさい匂いがしています。新車買ったの初めてなので、最初は新車の匂いだと思ってたのですが。
やはりディーラーでは何も異常ないと言われています。
ディーラーやメーカーは、排気の匂いには敏感でも、そのほかの部分の匂いにはあまりピンときてくれないようです。
慣らしがとっくに終わった今でも匂うので、燃費重視の近年のCVTに共通する症状かも知れません。
回答になってなくてスミマセン…

この回答への補足

CVTでないAT車です、ゴムの溶けたような匂いです
匂いは持続しないのです。
Dラーも走行してみてもらっても匂いがしないそうで・・
どんな匂いなのか近場で負荷をかけた運転で同乗してもらったのですが
その時に限って臭いませんでして・・

補足日時:2011/10/02 22:45
    • good
    • 2

焦げ臭い匂いにも種類があります。



オイルの臭い、ゴムの臭い、LLCの臭い。それぞれ焼けた時の焦げ臭い匂いがあります。

この回答への補足

ゴムが溶けた匂いですねえ

補足日時:2011/10/02 22:42
    • good
    • 6

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q走行後の車から異臭がする

先日、山を(舗装)20分程度登りましたところ、前輪なのか、ボンネットなのかゴムの焼けるような異臭がしました。
2週間程まえに、スタッドレスタイヤに交換したばかりなのですが、スタッドレスのせいなのか他に原因があるのか分かりません。
車は、カローラフィールダー1500Xで、走行56000kmです。エンジンオイルが空なのか?タイヤが原因なのかさっぱり分かりません。
教えてクダサイ。

Aベストアンサー

一般的にですが、新車でも高速走行や峠などエンジンに負担がかかる(高回転)運転をした場合、ゴム部品の過熱により焼けるような臭いがします。異常ではありません。
原因はタイヤなのかベルトなのか?調べて見ないとわかりません。
あと、山=空気の綺麗な場所、ゴムの臭いを強く感じたのではないでしょうか。
どうしても気になるのでしたら点検を受けて下さい。

Qゴムのこげるにおい

この前、3~4時間ぶっとおしに走って、駐車場に車をとめて車外に出たときに、車からゴムのこげるにおいがしました。タイヤなど見ましたが異常がなく、それ以上は点検しなかったのですが、どういう原因が考えられますか? その後は通常通り乗っているのですが。

Aベストアンサー

車のどの部分にゴムが使用されているか、考えてみましょう。
色々とありますが、その内、熱の影響を受ける部分、或いは発熱する部分は何処でしょう。

タイヤはブレーキの熱等の影響を受けますが、基本的には路面との摩擦を受けて発熱します。これが焦げる程の熱を持つとは通常走行では考えられません。

次に熱の影響を受ける部分として、エンジンルーム内に使用されているゴムパーツがあります。

代表的なパーツではラジエターホースと各種ベルトです。

ラジエターホースが焦げる事は通常考えられません。

ではベルトはどうでしょう。ベルトはプーリーとの摩擦で熱を持ちます。正常なら少々の温度上昇ですが、不具合があるとかなりの熱を持ちます。

一度エンジンルーム内のベルト類を確認してみてください。

Qオイルの焦げたような匂い

車から降りたらオイルの焦げたような匂いがしました。
ツーンと鼻につく匂いです。

先日、オイル&エレメントを1年ぶりに変えたのですが(^^;)、何か関係があるのでしょうか・・・
また、久しぶりにオイルを変えた車にやったほうがよいことなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

>先日、オイル&エレメントを1年ぶりに変えたのですが(^^;)、何か関係があるのでしょうか・・・

これが原因と思います。 
交換時にこぼれたオイルが焦げているのでは?
この場合、そのうち消えるでしょう。 (交換時にこぼしたオイルを放置しているのは問題だなぁ)

あるいは、フィルターがしっかり取り付けられてなくて、オイルがこぼれ続けているとか。 (プロの作業でもたまに有る話です)
この場合、そのうちエンジンが壊れるとか、オイルに引火して車が燃える等の可能性も有り、問題です。
何れも、エンジンが高負荷になる高速道路で発症する可能性が高く、ドライバーの命もかなり危ないですョ。

一度、オイルのこぼれは無いか?、漏れはないか? しっかりチェック&対処しましょう。(リフトアップして点検 & 清掃 または 修理)
自分なら、思いっきりクレームかな。 
 

>久しぶりにオイルを変えた車にやったほうがよいことなど
1年ですと、標準的か もしくは早めの交換サイクルでしょうから、久しぶりと言うことも無いでしょうが・・・ 何れにしても、オイルレベルの確認と、異臭が無いか気をつける程度かと。

オイルが焼けたような異臭があるのなら・・・ 即点検でしょう。 
乗り続けるのは怖い状況と思います。 

>先日、オイル&エレメントを1年ぶりに変えたのですが(^^;)、何か関係があるのでしょうか・・・

これが原因と思います。 
交換時にこぼれたオイルが焦げているのでは?
この場合、そのうち消えるでしょう。 (交換時にこぼしたオイルを放置しているのは問題だなぁ)

あるいは、フィルターがしっかり取り付けられてなくて、オイルがこぼれ続けているとか。 (プロの作業でもたまに有る話です)
この場合、そのうちエンジンが壊れるとか、オイルに引火して車が燃える等の可能性も有り、問題です。
何...続きを読む

Q高速走行時の臭いについて・・・

 高速走行をすると(大体80km/hを超えるとです。 高速ってほどでもないですかね; エンジン回転数は恐縮ですが覚えてません;)何か焦げたような臭いが車内に漂ってきます。普段の街乗り程度ではこのようなことは無いのですが、この間、見通しの良い道でターボのききってどのようなものかとフル加速して走らせて見た結果、煙は確認できませんでしたが臭いがたちこめてきました。その後の街乗りでは普段と変わらない調子で走ります。
 車はH10年式のMOVE SRで、形式はE-L600S、エンジンはEF-RLです。走行距離は7万8千キロ、改造という改造はされておらず、メーカーは分かりませんがスポーツマフラーに換えられている程度です。
 この症状は故障、もしくは故障の予兆のサインなのでしょうか?家族の中で初めて車を所有した初心者なので、提示できる情報が少ないと思いますが自動車に詳しい方、コメントをお願いします。

Aベストアンサー

恐らく、エンジンルームの匂いが、室内に入ってきているのだと思います。フル加速ということは、かなりエンジンの回転数も上がるでしょうし、速度が高ければ、走行風も強くなりますので、微妙に室内に入り込んでいるのではないかと思います。
水温計が以上に上がったりしなければ問題ないでしょうし、それなりの走行をした後に、ボンネットを開けて、似たような匂いがしていれば、問題は無いと思います。
心配であれば、ダイハツディーラーで聞いてみれば、安心できると思いますし、何かあれば、対策も施して貰えると思います。

Q突然、車の振動が大きくなり、焦げ臭い

今日、車の査定のため、買い取り業者に行きました。購入して6年ほどで7000キロしか乗っていない車です。いつも通り調子よく走っていたのですが、査定が終わっての帰り道、走り出してしばらくすると車の振動がこれまでにないようなブルンブンという振るえがありました。すごく振動するのです。まったくはじめての出来事です。15分程度はしって家について、車を降りたところ、焦げ臭いのです。車が焦げ臭いなんてとこわくなり、一応車のまわりを確認したのですが、外見からはわかりません。エンジンは前についています、、、後部のほうから焦げ臭いような臭いがします。それは気のせいで全体が焦げ臭いのかもしれません。これは何らかの故障でしょうか?車のことに詳しくないので、この様子からどんな状態が考えられるか教えて下さい。アドバイスどうぞよろしくお願いします。今後の対処の仕方はどのようにすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 サイドブレーキを引いたまま走ったんじゃないですか。であれば修理に出してブレーキシューの交換です。

Qオートマチック車で急な坂道をセカンドで登り続けた。異常な臭気がしたが・・・。

みなさん、いつもご丁寧な回答をありがとうございます。

 先日、オートマチック車(TOYOTA CAMI)にて、山の延々と続く坂道を、セカンド(2)ギアで登りました。(力の強いギアの方が良いと考えたからです)

 すると、途中で異常な臭気がただよってきましたので、路肩に車を停めてエンジンを切り、しばらく様子を見ました。15分ほどで臭いは消え、その後はこれ以上登坂せずに下りました。

 この現象はどうして起きたのでしょうか。また、車を整備に出した方が良いのでしょうか。現在、問題なく運転できています。

ご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私が、「シリンダヘッドカバー」と「シリンダヘッド」のゴムパッキンからオイルがにじみ漏れている時も、低速ギヤで速度を出して使っていたら、そのような臭いがしてきました。

ですので、どこからか、エンジンオイルが漏れている可能性があります。ですので、エンジンオイル量とエンジンの繋ぎ目のパッキン、シール類からオイルが漏れていないか確認した方が良いと思います。

まあ、オイルがにじみ漏れて乗っている人もいますが、オイル切れとオイルが発火する可能性もある訳で良い状態とは言い切れません。


乗用車というか、精密な水温計をつけないと、水温の状態を把握することはできません。

乗用車の水温は、
冷間時から温まるまでと
猛烈に熱く、ヤバイ時しか針は動きません。

暖かい~かなり熱いという時は、水温計の針は大抵真ん中をさしていると思います。

エンジン回転数が高くして回るということは、時間当たりの燃料噴射量(燃料使用量)が多い訳で当然発熱も大きくなります。

あまり熱く成り過ぎているようなら、それは、あまり車に良い状態ではありません。車にもよりますが、2速なら、30km~40km/hが良いところでは?

エンジンを熱くして乗ると、エンジンオイルが加熱します。エンジンオイルが熱くなると劣化がかなり早くなります。粘性を失いやすくなります。
ですので、シール類からオイル漏れが起こしやすくなります。
どんな風に使ったか詳細が解らないですが、そういった使い方を頻繁にすると3000kmぐらいでエンジンオイルを交換した方が良いかもしれません。

次に、エンジンを高回転で使用し続けるとオイルポンプがそれだけ回ります。正常な車なら、リリーフバルブというものが作動し、ある一定以上のオイル圧になれば、オイルをオイル通路からオイルパンへリリース(解放)して、ある一定以上高くならないようにはしてありますが、それでも、普通に使う時に比べて、相当オイル圧は高くなっています。ですので、これもオイル漏れがしやすくなる原因です。

まあ、それを理解した上で使うならそれも問題ないですけど。

世の中は、クラッチディスクは交換品と割り切って頻繁に交換する人もいるようですからね。

私が、「シリンダヘッドカバー」と「シリンダヘッド」のゴムパッキンからオイルがにじみ漏れている時も、低速ギヤで速度を出して使っていたら、そのような臭いがしてきました。

ですので、どこからか、エンジンオイルが漏れている可能性があります。ですので、エンジンオイル量とエンジンの繋ぎ目のパッキン、シール類からオイルが漏れていないか確認した方が良いと思います。

まあ、オイルがにじみ漏れて乗っている人もいますが、オイル切れとオイルが発火する可能性もある訳で良い状態とは言い切れません...続きを読む

Q車の故障?(焦げ臭いにおいが)

こんにちわ。

当方H7年式のインプレッサWRX(AT)に乗っております。
何やら挙動がおかしいので質問させていただきます。

従来ですとクリープ時は5~6km/h程度の速度だったのですが
先日動かしたところ、1~2km/h程度しか進まないのです。
出先の駐車場に止め、車を降りると何やらボンネットあたりから焦げ臭いにおいがしていました。。。

自宅からさほど離れていなかったので、速度を出さず自分の駐車場まで戻ったのですが、
その時はすでに臭いはしなくなっていました。

以下確認したことです。
・エンジンオイル・ラジエータ液は適量。
 (オイルは半年ほど取り替えていません)
・ブレーキを踏み込んだ際に振動を感る。
 (今までに感じたことの無い大きめな振動です)
・普段車を動かすのは週1回程度。
 (この時は7日ぶりに動かしました)
・車検を通してから10ヶ月ほど。
・タイヤの空気圧は問題なし。
・多少いじってある中古車を購入した。
 (詳細は不明)
・購入3年目。

知識がなく大したことは確認していないのですが、どのような原因が考えられるのでしょうか?
確認したほうが良い箇所等何かアドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

こんにちわ。

当方H7年式のインプレッサWRX(AT)に乗っております。
何やら挙動がおかしいので質問させていただきます。

従来ですとクリープ時は5~6km/h程度の速度だったのですが
先日動かしたところ、1~2km/h程度しか進まないのです。
出先の駐車場に止め、車を降りると何やらボンネットあたりから焦げ臭いにおいがしていました。。。

自宅からさほど離れていなかったので、速度を出さず自分の駐車場まで戻ったのですが、
その時はすでに臭いはしなくなっていました。

以下...続きを読む

Aベストアンサー

状況はわかりませんが疑わしいのはトルコンか、フロントデフまたはセンターデフのどちらかですね。
ボンネットからの臭いだと違うかもしれませんが、症状からするとドライブシャフトのジョイントも疑わしそうです。
どちらにしてもエンジンよりは駆動系の方が疑わしいと思われます。
ATFはどの位の頻度で交換していますか?また、走行距離はどのくらいでしょうか?

Q排気ガスが硫黄のニオイがして臭くて困っています

排気ガスが、卵の腐ったいわゆる硫黄のニオイがして臭いのですが、
これは改善できるのでしょうか?

車はカローラランクスで、買って5年ほどたちます。
ニオイが気になり始めたのは3年くらいたってからです。

ちなみに、水抜き剤を3年ほど入れてないのですが、
これは関係あるのでしょうか・・・。

ひとまず、改善方法を教えていただければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

硫黄の臭いなら、水抜き剤は関係ないです

触媒の劣化・オイル上がりが考えられます

オイル上がりの症状は、硫黄の臭い・排気口から青みがかった
白煙を吐きます
※寒い日に始動した時に出る水蒸気とは違います

まずはエンジンオイル・フィルターを交換してみてください
症状が緩和されないなら、その後に触媒の交換

ちなみにオイル上がりなら、残念ながら
エンジンオーバーホールしか直りません
※添加剤いれても焼け石に水程度の効果しかでません

QATをドライブレンジに入れるとガクンとなる。

エンジンをかけ回転数が1000回転以上でATをDレンジにいれるとガクンとなり発信します。
エンジンが暖まり通常のアイドリング回転数ではガクンとした衝撃はありません。
又エンジンが暖まる前にガクンと成って発信しその後
シフトアップのときもガクンと衝撃があります。
これもエンジンが暖まり通常のアイドリック回転では
発生しません。
どなたか原因と対処方法の解る方教えて下さい。
車種はトヨタクラウンロイヤルサルーンG(MS137)
です。(平成4年式です。)
サスペンションはエアサスペンションです。

Aベストアンサー

こんばんは!
ATをDレンジに入れるとガクンとなるのが正常ですよ!何の心配も要りません。
でも、いつもと違った「ガクン」だと、ちょっと異常を疑った方が良いかも知れません。
PやNから、RやDに入れた場合、MT車で言う軽い半クラの状態になります。そのため、駆動輪(クラウン
の場合は後輪)に駆動力が伝達され、ガクンときます。
回転数が低いほど、このガクンは発生しにくいので、回転数が1000回転以上では発生して…と言うのが正常
ですよ!AT車では、少なからずどのクルマでも発生
するものです。クリープ現象の発生しないCVTでは発生しないはずです。

シフトアップの時のガクンと言う衝撃も、2→3速になると発生しないのではないでしょうか?
これは、1速と2速のギア比が、2速と3速に比べて、離れているためです。
特にニッサン車はこの衝撃が大きいです。
これは、エンジンが暖まると言うよりも、ATが暖まっていないためと考えて良いでしょう。エンジンは、
アイドリングして暖めることが出来ますが、ATはエンジンのようにアイドリング出来ないので、走り始め
てからしばらくは、あまり急加速をしない方が良いと言えます。
それ以外に「ガクン」が発生するのは、回転数の低いときの1→2速のシフトアップ時ですね。トルコンが
衝撃を吸収しきれずに、若干ですがガクンと発生しやすくなります。

また、エンジンが十分に暖まっていない状態では、エンジンを早く暖めるためにオーバードライブに入らな
いように制御されています。
従って、tikedaさんが問題視されているガクンは正常であり、ひどい衝撃がなければ問題ありません。

それから、PやNからDに入れたとき、エアサス車は普通のコイルバネ式サスよりもリアの車高が、下がり
やすいので、縁石や輪止めには注意して下さい。
たぶんクルマの取説書にも記載されているかと思います。自分が知ってるのはニッサンシーマだけですが。

ATでもそうですが、オイル管理をしっかりするだけでかなり違いが出てきます。
ATFやブレーキフルード、冷却水などは車検毎か2万キロ毎の交換がオススメです。
長い文章でしたが、少しでも参考になれば嬉しいです!では失礼します!

こんばんは!
ATをDレンジに入れるとガクンとなるのが正常ですよ!何の心配も要りません。
でも、いつもと違った「ガクン」だと、ちょっと異常を疑った方が良いかも知れません。
PやNから、RやDに入れた場合、MT車で言う軽い半クラの状態になります。そのため、駆動輪(クラウン
の場合は後輪)に駆動力が伝達され、ガクンときます。
回転数が低いほど、このガクンは発生しにくいので、回転数が1000回転以上では発生して…と言うのが正常
ですよ!AT車では、少なからずどのクルマでも発生
するもの...続きを読む

QVTECの欠点は?

 ホンダといえばVTEC、可変バルタイといえばVTEC、といわれるほど有名な技術のVTEC。Variable valve Timing & lift Electronic Control systemの略で、低中回転と高回転でバルブのリフト量およびタイミングを変化させ回転数全域で出力を発生するすばらしい技術です。
そんなVTECでも弱点はあるのでしょうか?どんな技術にも重かれ軽かれ多かれ少なかれデメリットがあるものですが、VTECに関しては耳にしたことがありません。
私が想像するのは(あくまで素人の想像ですが)、ロッカーアームが存在することで動弁系慣性重量が増加するのではないかというものです。いかがでしょうか?どなたかご存知の方いらっしゃいますか?VTECに弱点はない!というご意見でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
僕が知っている中のいくつか紹介しますね。(タイプR系、S2000などに搭載されているエンジンの場合)
まず、VTECが作動するときに、トルクが抜けてしまうことです。
パワーグラフを見ても、切り替わり始めたところからガクンと谷が出来てしまっています。
これをエキマニを交換したり、点火時期をずらしたりして解消させるチューニングをよくするそうです。
僕のクルマはトヨタ車で可変バルタイなんてカッコイイものはついてませんけど、
レッドゾーンが5500rpmからの実用エンジンで3000rpmから一気にパワーが出ますね。
なんちゃってVVT-iです(笑)

また、ただでさえフロントヘビーなFF車に、重心の高いVTECを積むことで、ハンドリングに
悪影響を与えると言う欠点もあります。
でも、さすがは世界のホンダです。シャープで警戒感のあるハンドリングに仕上げています。
オイル管理も非常にシビアですね。ターボ車と同じくらいシビアに行っても良いと思います。

ロッカーアームが…というのもありますが、それらは既に解決され、超高回転エンジンに仕上げられて
いますので、もう欠点とは言えないでしょう!
色々とシビアなVTECエンジンですが、それだけ精密に作られているということです。
シビアにメンテナンスができなければVTECエンジン搭載車に乗る資格なんてないと思います。
乗り手を選ぶマシンを作るのはホンダだけじゃないかと思います。           by.HONDA FAN

こんばんは。
僕が知っている中のいくつか紹介しますね。(タイプR系、S2000などに搭載されているエンジンの場合)
まず、VTECが作動するときに、トルクが抜けてしまうことです。
パワーグラフを見ても、切り替わり始めたところからガクンと谷が出来てしまっています。
これをエキマニを交換したり、点火時期をずらしたりして解消させるチューニングをよくするそうです。
僕のクルマはトヨタ車で可変バルタイなんてカッコイイものはついてませんけど、
レッドゾーンが5500rpmからの実用エンジンで3000rpm...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング