旅行好きのおしりトラブル対策グッズ3選

水道などの設備工事業に在籍するものです。
先日(23年9月)、小便器の排水トラブルでお客様のところへ伺い、1度排水が流れるように補修したのですが、1か月後に再び同じ現象が起こり、再度訪問して状態を調べたところ、
「本来取り付けてはいけない小便器具が設置されていて、これが原因で続けて排水づまりが起きている」とのこと。
さらに、その小便器を取り付けたのは、当社だったようです。(新築に伴う内装設備工事を担当したとのこと)

以上までであれば、当社の施工ミスであり、便器等の交換工事は当社負担で行うべきかと思うのですが、どうしても気になる点があります。
それは、施工したのが現在から30年近く前で、それから今回の件までに排水づまりのトラブルは発生してなかったようです。
当時施工した職人は、現在当社に在籍しておらず、工事に当たっての(設備に関する)契約書も残っていませんが、当社が施工しているのは事実のようです。ただ、施工ミスとはいえ結果的に継続使用できていた場合、当社の過失の歩合はどの程度見ておけばいいものでしょうか。

まずい対応をして、当社の評判を落としたくないということもありますし、なによりもお客様にもある程度納得していただける対応はしたいと考えていますが、その点ハッキリさせておきたいと思い質問させていただきました。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

法律上は瑕疵担保責任が10年で時効、民法の過失責任も20年で時効ですから、30年も経ってしまえば法律的には何ら責任はないです。



http://www.biwa.ne.jp/~tnakayan/d0_04.htm

後は道義的な責任をどうするかで、私ならまず施工ミスをしたことを深くお詫びた上で、すでに時効が成立したことをさらりと告げ、どこかで妥協点を探るしかないでしょう。
うちの場合ですと、屋根の施工に問題があり(屋根職人が踏み抜いて防水が悪くなった)、時効は成立していたので、工務店の利益がゼロ、つまり仕入れの材料費と実際の職人の日当だけとか、そのあたりで妥協しました。

今回は補修費用がいくらかかるか分かりませんが、実費を計算してみて話し合うしかないのでは無いかと思います。
職人が給与所得ならただ働きもやむ得ないし、材料も仕入れ価格、外部の職人なら紹介料を引いたくらい。

私自身は業界の人間ではなく、たまたま自分の家が施工ミスだっただけなので、どれくらいなら我慢できるかという回答です、30年前なら責任追及は出来ないという前提で、規定料金なら腹が立つし、割引は当然と思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/18 10:17

生活に支障がないとありますが


もしかしたら排水の流れが悪かったかもしれません。
その為に臭いが残ったり
本人にもわからない支障があったかもしれません。

例えば車でエンジンの部品が作った時から不良でかかりが悪かったとして
1.それほど不満にも思わず使っていて10年後ついに壊れた場合と
2.とても不満で何度も文句をメーカーに言って10年後壊れて原因が分かった場合と
1は有償で2は無償でしょうか。

企業の信頼はまず正当性であると思います。
30年前のことで時効でしょう。
法律上は何も問題がなくとも
当時の工事としても不良であるならば
現状で直せるならば無償で直すのが製品に責任を持つ正しい在り方かと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/18 10:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q建築トラブルの時効は、どんなものがそれぞれ何年?

共同住宅を平成16年に建てました。新米の現場監督で建築中も定期的な打ち合わせを要望しましたが、乗ってくれませんでした。入居者の入居が迫っていたので、鍵を渡してくれるようにお願いして妻に取りに行かせると鍵の引渡しと建物の引渡しと同時だということでした。後日共用部分のみを点検すると不備がかなりありましたが、なかなか手直ししてくれませんでした。居住者部分は確認できないままになっていましたが、居住者部分の不具合の発見も建築後、5年ですか?また、設計図と異なる部分については、時効は10年との記載も見つけましたが、事実でしょうか? 例えば、各戸の下足箱が作りつけの大工仕事になっているのに、開いたスペースに一回り小さな既製品下駄箱を置いただけあったり、1階の駐車場の階高が20以上低い、1階に各戸の集中水道検針板がせっちされていないなど。
また、設計変更により増減額するとの覚書を取り交わしまし、外壁タイル部分を削りましたが、他に費用がかかったとのことで具体的な明細は表示せず、口頭で減額できないとのことでした。
また、完成後手直し部分を指摘して役員とも約束しましたが、そのままになっており、最近指摘するともう辞めたので詳細はわからないとのことであった。
重要構造部分の瑕疵は10年ですが、ベランダ等の排水溝間がくぼんでいて水溜りができるなどの時効は何年ですか?また建築後すぐに入居者が入ったので、詳細な確認ができないままになっていました。退去時に不具合が発見された場合はその時点が時効の基点になるのでしょうか?
このような建築問題を取り扱う調停機関、ADRなどありますか?

共同住宅を平成16年に建てました。新米の現場監督で建築中も定期的な打ち合わせを要望しましたが、乗ってくれませんでした。入居者の入居が迫っていたので、鍵を渡してくれるようにお願いして妻に取りに行かせると鍵の引渡しと建物の引渡しと同時だということでした。後日共用部分のみを点検すると不備がかなりありましたが、なかなか手直ししてくれませんでした。居住者部分は確認できないままになっていましたが、居住者部分の不具合の発見も建築後、5年ですか?また、設計図と異なる部分については、時効は1...続きを読む

Aベストアンサー

ちょっときつい言葉で書きます。

>居住者部分は確認できないままになっていましたが、居住者部分の不具合の発見も建築後、5年ですか?

違います。通常は隠れた構造的な不具合や雨漏れに対して10年で、それ以外の不具合は2年までです。表面的な傷等は引き渡し時です。

施主の都合で確認が遅れても関係ないです。

>設計図と異なる部分については、時効は10年との記載も見つけましたが、事実でしょうか? 

事実ではありません。そういう取り決めはありませんので、個別協議でしょう。施工の段階で設計図を変更することはよくあることなので、一概には言えません。

>重要構造部分の瑕疵は10年ですが、ベランダ等の排水溝間がくぼんでいて水溜りができるなどの時効は何年ですか?

2年です。

>退去時に不具合が発見された場合はその時点が時効の基点になるのでしょうか?

なりません。施主都合で発見が遅れたので施工者は関係ありません。


施工者もいい加減な業者なようですが、施主も対応がいい加減すぎましたね。通常は、手直しが終わってから引き渡しを受けるものです。一番大事なところをあせってしまったため、一番施主が意見を言える「引き渡し拒否」「残金支払拒否」が出来ません。

いまさらいっても、まさしく「後の祭り」です。どうしようもありません。裁判に持ち込んで、がんばって勝利を勝ち取ってください。

ちょっときつい言葉で書きます。

>居住者部分は確認できないままになっていましたが、居住者部分の不具合の発見も建築後、5年ですか?

違います。通常は隠れた構造的な不具合や雨漏れに対して10年で、それ以外の不具合は2年までです。表面的な傷等は引き渡し時です。

施主の都合で確認が遅れても関係ないです。

>設計図と異なる部分については、時効は10年との記載も見つけましたが、事実でしょうか? 

事実ではありません。そういう取り決めはありませんので、個別協議でしょう。施工の段階で設計図を...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報