中小企業の働き方改革をサポート>>

登録して、間もないのですが、正確なところを教えてください。

経理を担当していますが、請求書は、請求日とかかずに発行日だけで有効でしょうか。

金額や支払期限、支払遅延した場合の対処などは、従来書いています。

教えてください。

法的根拠を添えていただくことを希望します。

よろしくお願いいたします。

A 回答 (2件)

下請け代金支払遅延防止法のことでご心配ならば、請求の日のことはあまり問題にする必要はありません。


請求書に記載された日には関係なく、支払日は実際の取り引きの日から60日以内です。

「下請代金の支払期日を給付の受領後60日以内に定めること。」

殆どの会社は月一回の締切日をきめて、その前1月間の請求をまとめてするという方法ですね。
下請け業者にはこの締切日と支払日を取り引きに際して提示をしておけば、請求書の日によってそれが左右されることはありません。

また上記の60日以内も12月や7月では最大62日後になることがありますが、これは暦日で考えて差し支えありません。

あくまで問題とされるのは取り引きの日から何日以内かであって、請求の日ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
助かりました。

お礼日時:2011/10/03 21:55

これは法的根拠というよりは商習慣です。


法的には取り日のあった日が時効の開始日でしょうから、請求の日というよりは納品の日でしょう。

請求書の日は、それを要求する会社によっては厳密に指定がある場合もあります。たとえば当月末日でないとだめなどです。

そのような指定がない場合は、これはある程度自由です。締め日を書いても発行の日を書いてもかまいません。
ただしどちらにしてもその請求書には
「99年99月99日より 99年99月99日 間での取引分の請求」
という意味の言葉を入れます。

これさえ明示しておけば、発行日を書くのか締め美を書くのかは問題にはなりません。

念のため得意先の担当者に確認をしておいたほうが良いとは思いますが。

私は数千社に請求書を送る部門で働いていたことがありますが、この書き方で入金が遅れたということはあまり記憶にないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考になりました。
ありがとうございました。
私は、主に支払を担当しており、請求書が様々な様式で届き、支払遅延防止法によると、請求日から30日以内となっていることに対して、請求日として、明確に書かれていない請求書に戸惑いがありました。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/10/03 13:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q請求締日とは…。

たびたび質問させていただいてます。
経理初心者で、今 頭がこんがらがっちゃってます。

新しい職場に入ったばかりなのですが、
『請求締日』の 意味がわからなくなっちゃいました。
(今まで間違って覚えていた?)

『請求締日』というのは、
例えば9月1日から9月30日(末日)までの金額で請求をあげるとしたら 
この場合 末日でよいのでしょうか?

うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが
1日~末日までの請求金額を 20日、もしくは末日に請求する 
ということを締日と呼んでいるようなのですが…。
これは『請求受付締日』ではないのでしょうか?
20日が『請求締日』だとすると、私の考えていたことに当てはめると
9月21日~10月20日までの請求金額で請求をあげるのだということになってしまいます…。

以前の会社で見る請求書はほとんど末締めの翌月20日支払いだったような気がするのですが…。
(本当に初心者なので、全然違うぞ!って指摘もどうぞよろしくおねがいします…)

こんな基本もわかんないヤツに経理やらせるなよ~と思われるでしょうが、
頑張って覚えていきたいので教えてください、お願いします。

たびたび質問させていただいてます。
経理初心者で、今 頭がこんがらがっちゃってます。

新しい職場に入ったばかりなのですが、
『請求締日』の 意味がわからなくなっちゃいました。
(今まで間違って覚えていた?)

『請求締日』というのは、
例えば9月1日から9月30日(末日)までの金額で請求をあげるとしたら 
この場合 末日でよいのでしょうか?

うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが
1日~末日までの請求金額を 20日、もしくは末日に請求する 
ということを...続きを読む

Aベストアンサー

>うちの会社では請求締日が20日と末日、という2種類があるのですが

売上先によって、20日締めと末日締めの会社があることだと思われます。

例)
 20日締め:8/21~9/20売上分
 末日締め: 9/1~9/30売上分

>以前の会社で見る請求書はほとんど末締めの翌月20日支払いだったような気がするのですが…。

これは自社の支払日を指すもののことではないでしょうか?

例)
 9/1~9/30の仕入れ金額
 9/1~9/30分の従業員給与
 これらが10/20に支払われる

これは私が以前勤めていた会社で
同様の表現をした場合、このようになると言う例を挙げてみました。
表現方法の問題なのであなたの会社の表現方法と同じとは限らないので前任者か同じ部署の方に確認をしておいた方がいいですよ。

Q月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。

月末締めの請求書を送るタイミングについておしえてください。
月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが普通でしょうか?
翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが一般的ですか?

例えば、5月末締めの場合、
「5月31日必着」や「6月1週目くらいまでOK」などのご意見が欲しいです。

相手会社から特にルール指定がない場合の一般的なご意見をお願いします。

個人事業を営んでいますが、毎月納品確認がギリギリになるものあり、
翌月の月初になってしまいます…。これは失礼なことでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>月末締めで請求書を送る場合、その月の末日までに請求書を送るのが…

月末締めの意味は、月の末日の取引分まで記載すると言うことです。
したがって末日に送るというのは事実上不可能です。

>翌月になってからでもよい場合、翌月の何日頃までに送るのが…

月末の翌日以降、請求書ができ次第なるべく早くということです。
個人事業レベルなら最大 1週間もあればじゅうぶんできるかと思いますけど。

Q請求書の日付と実際の支払日について

かなり初歩的な質問かもしれませんが宜しくお願いします。
12月にとある業務を行い、ある方に手伝って頂きました。
うちでは月末締めの翌月末払いですので、その方に請求書を12月の月末までに送ってくださいとお願いしましたが、忘れていたみたいで結局請求書が届いたのは1月の中旬でした。
ですが、請求書の日付は12月と書いてあります。
この場合は請求書が届いたのが1月なので、1月末締めで処理をして2月末払いでも問題ないのでしょうか?
それとも、請求書の日付が12月なので、1月末に支払うべきなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずは契約を確認したほうがいい。

「月末締め」ってのは、計算期間が毎月初から月末だという意味になるのが一般的だ。そうでなく請求書の到着日という意味にするのなら、そのように契約ではっきりさせておく必要があるだろう。はっきりさせていないのであれば、「月末締めの翌月末払い」だからといって請求書未着の場合に翌月回しにすることは出来ないと考えたほうがいいだろう。

また、契約に、請求書未着なら支払を1ヶ月遅らせるという定めがあるかどうかも確かめたほうがいい。そのような定めがあれば、遅らせる根拠となる。定めがなければ、遅らせる根拠に乏しい。


それから、建設業なら建設業法を確認したほうがいい。支払を遅らせると抵触するおそれがある。「国家が法令類で管理していることがらではありません。」という回答は間違いだ。なお、下請法で親事業者となるのは法人に限られるから、「貴社が下請法の対象ならばより注意が必要なことです。」という回答はあなたには無関係だ。


法に依拠すると、このような回答になるぜ。

Q請求書の日付なしについて

お客様より、請求書の日付を空欄にして欲しいという要望がありました。
対応することは可能ですが、これをしたことにより、何か不利になること、または法に触れることはありますか?
また、全く別の日付(月が変わることもある)にすることは問題ありませんか?
基本的な質問で、申し訳ありませんが、教えてください。

Aベストアンサー

>何か不利になること…

それは相手次第です。
たとえば、本来なら今日3月6日付の請求書は当月20日に支払われる慣例だとして、日付がなければ翌月に回される可能性もないとは言えません。
相手がそのように姑息な手段を執るような人・会社でなければ、相手の便宜を図ってあげるのもよいかと思います。

>法に触れることはありますか…

請求書に日付を入れなさいなどと決めた法律はありません。

>全く別の日付(月が変わることもある)にすることは問題ありませんか…

どのような形態の方か存じませんが、個人事業で青色の現金主義を届け出た人でない限り、自身・自社の売上は発生主義で管理します。
請求書に記載した日付にこだわらず、実際に売上があった日に記帳している限り、自身には問題ありません。
12月の売上を3月の日付で請求しても、12月のうちに売掛金としてカウントされていれば、それでよいということです。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Qエクセル 表を大きく、紙いっぱいに印刷したい

エクセルで表を作りました。
印刷プレビューで確認したところ
用紙に対して表が小さく見栄えがしません。

一つ一ついじればできると思いますが、
簡単に、
用紙いっぱいにフォントも大きくし、表も大きくし、
印刷するやり方はありますか。
教えてください。

Aベストアンサー

CtrlキーとPのキーを同時に押すと「印刷」ダイアログが呼び出せます。その状態でAltキーとWのキーを同時に押すと「印刷プレビュー」が表示されますので、印刷のイメージがつかめます(必ずしもプレビュー通りには印刷されませんが)
印刷プレビュー画面の上にある、設定のボタンを押してあげれば、余白を少なくしたり、拡大縮小印刷をパーセンテージを指定しておこなえたりします。いずれにせよ、プレビューで確認しながら拡大率を決めていけばいいと思います。なお、「拡大縮小印刷」のところに「次のページ数に合わせて印刷をする」というチェックをいれて横1×縦1にしてあげれば自動で拡大縮小印刷ができる場合がありますが、やってみればわかりますが、特に縮小印刷の場合小さくなりすぎたりする場合もあります。

Q請求書・納品書の日付と作成日について

いつもお世話になっております。

当方営業事務をしております。
春~この時期営業が長期出張のことがたまにあり、長期出張中に納品がきまっている品物については、先に納品書を作成しています。
納品書はもちろん納品日です。
納品書作成日である決裁のハンコの日付=納品日となっています。

社長より決裁のハンコを頂くときに、納品書作成日を納品日と同じにしなくてもいいんじゃないか?と指摘されました。

納品書作成日が納品日よりも前というのは、何か問題がないでしょうか?
また、うちの会社のフォーマットは売掛票~物品受領書までがセットで印刷されるのですが、この方法だと請求書・売掛票も実際の納品日よりも前の日付で売掛票・請求書が発行されてしまいますが、これも問題ないでしょうか?

Aベストアンサー

納品時ごとのフォーマットであれば、納品書作成が、納品日より前になるのは別にアリだとは思います。

どのような販売形態かにもよりますが、直接、お客さまに手渡しされているような形なら、注文を受けた日に納品書を作成し、納品できる日、納品を指定された日を記載するなどのように、明日納品する分の納品書を前日に作成しましたでも問題はないかと思います。
逆をいえば、お客さまから「先日納品してもらった分について、納品書もらってなかったから、今度くるとき、ちょうだい」と言われる事もあると思いますので、納品書作成日が納品日より後になることも、当然あると思いますし、(紙出力日ではなく、データ入力時が作成日になるシステムならありえないか...。)

ただ、頻雑になってしまうので、極力、納品日と納品書作成日が同じになるように作成していたほうがミスは少ないでしょうね。

余談ですが、納品日だけでなく納品書作成の日付まで、管理されているなんて、すごくキッチリされているんですね。すばらしいです。

Q見積もりや契約書をメールで送る際、パスワード付で送るのはマナーですか?

初歩的な質問ですいません。

他社から見積もりや契約書をメールで頂く際、zip(pass)を添付されることが多いです。
で、追っかけメールでパスワードの連絡を頂きます。

その会社の社内ルールやファイルの秘匿性でそうする、という要素は全然理解できるのですが、
逆に、見積もりや契約書をそのままメール添付して送るのは、相手に対して失礼にあたるものでしょうか?

本質は「そのファイルが他に漏れてまずい情報かどうか」次第なのは承知していますが、
それとは別に一般的にビジネスマナーとしても定着した習慣になっているものでしょうか?

例えば、定価見積もりの見積書が漏えいしても、特に問題はありません。
が、受け取る相手によっては「常識のない人・会社」と見る人が多いのかどうか、
その辺の感覚が気になって質問させて頂きました。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

> 本質は「そのファイルが他に漏れてまずい情報かどうか」次第

基本はそれに尽きると思いますね。

たとえば防衛関係もやってる会社などでは、情報漏洩防止の観点で、添付ファイル付きメールは、何でもパスワードにする会社もありますが・・。
ぶっちゃけ「めんどくさい」ですね。
たとえば「飲み会のご案内」でも、パスワードで開封させられます。(^^;)

見積書は、一部上場の超大手企業で、情報漏洩に割とうるさい企業宛に、普通の添付ファイルで見積書を送ってますが、特に文句などを言われたことはありません。
逆に大手企業からも、普通の添付ファイルで送られてきます。

見積情報が漏れて困るのは、「他社より高いじゃないか!」などと言われる側の、送信者(送信元企業)でしょ?
すなわち自己責任で、パスワード付きにするかどうか、判断すれば良いことで。
自分が誤送などにさえ気を付ければ、客筋に当たる送信先に、一手間かけさせるか?と考えますと、「パスワード付きにしない」のが、現段階では主流じゃないでしょうか?

契約書などになりますと、「内容による」としか言いようが無いですが。
たとえば弁護士や司法書士などに、「契約書(案)」の段階で、内容確認のため、送受信する場合もありますが、守秘義務を負ってる弁護士などからの返信も、ほぼ100%が普通の添付ファイルです。

> 本質は「そのファイルが他に漏れてまずい情報かどうか」次第

基本はそれに尽きると思いますね。

たとえば防衛関係もやってる会社などでは、情報漏洩防止の観点で、添付ファイル付きメールは、何でもパスワードにする会社もありますが・・。
ぶっちゃけ「めんどくさい」ですね。
たとえば「飲み会のご案内」でも、パスワードで開封させられます。(^^;)

見積書は、一部上場の超大手企業で、情報漏洩に割とうるさい企業宛に、普通の添付ファイルで見積書を送ってますが、特に文句などを言われたことはありません...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報