よく耳にする、「バー」「ショットバー」「ワンショットバー」。
この3つって、何か違いがあるんでしょうか?
カウンターでカクテル作ってくれたら、バーですか?
ショートカクテル出てこなくてもバーですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ショットと言うのは、酒等の液体を計る単位のことです。


所謂シングルで1oz(オンス)で約28ccです。
昔、アメリカではウイスキーを水で割る習慣が一般的でなく、殆どストレートで1ozづつ注文して飲んでいたので
ワンショットと呼ばれるようになりました。バーの語源については、他の方もおっしゃっておられましたが、奥さんなどにわからないように男同士のスラングだったそうです。「馬を繋ぐ棒(bar)のある所に行こう」と言って奥さんの目をごまかしていたということです。因みに日本でボトルキープの習慣ができたのは、1970年ころ、京王プラザホテルでミニマムチャージが導入された時からだと聞いております。

この回答への補足

うんちくが又ひとつふえました。
ありがとうございました。

補足日時:2001/05/03 21:29
    • good
    • 0

「バー」の語源は足元の棒ではなく、アメリカの開拓時代に酒場の前に馬を繋ぐ棒(バー)があったことから酒場のことを「バー」と呼ぶようになったようです。


ショットバーやワンショットバーはボトルを預かることがない、酒を全部量り売りする酒場という意味です。
単にバーというと日本ではカクテルを出す店、カウンターの店というイメージがあります。税務署などの区分では洋風酒場という言い方をします。
バーは広い意味で酒場というような意味になるんではないでしょうか。
    • good
    • 0

3つの違いは良く分かりませんが、「バー」の由来は


カウンター席の足元に足をのせるための金属の棒が
設置してあることから、そういうカウンター席をもつ
飲み屋のことを「バー」といういうようになったそうです。
    • good
    • 0

バーというのは、そもそも「酒場」の場所を意味した単語です。


ショットとワンショットは日本では同じ扱いですが、「この店はワンショットずつしか飲ませんよ」という泥酔客をこばむ店の姿勢がワンショットバー。
ショット=ストレートで飲むやり方なのですが、「ワンショットでもツーショット」でもお気楽にどんどんいこう・・・という感じがショットバー。
バーは全体を指し、カクテルバーだったりワインバーだったりフードバー、カフェバーといった具合に頭に形容詞をつけてアルコールを主とした酒場を意味します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に判りやすく明快な回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/05/03 21:28

バーはカウンタのある洋風酒場。


ショットバーはshot+barの和製英語で軽く一杯飲むためのバー。英語ではa one-shot barのようです。
ということでショットバーとワンショットバーは同じ意味でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

結局、3つとも一緒ってことでしょうか?

お礼日時:2001/05/02 00:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「嫉妬」や「やきもち」の意味を持つカクテル。

「嫉妬」や「やきもち」の意味を持つカクテルがあったら、
ぜひその名前を教えてください。

また、由来からカクテルの名前を調べられるサイトがあれば、ぜひ教えてください。
いくつかググったのですが、由来から、というのがみつからなかったので。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

【ギブソン】
嫉妬という言葉当てはまるカクテルです。
このカクテルが世の中の女性に嫉妬させるほどの
女性に捧げたカクテルだといわれています。
美しい女性を描いた人気画家のチャールズ・ギブソンが、
自分の描いた「ギブソンガール」に捧げた一杯といわれています。
男性の喝采と女性の嫉妬がこのカクテルに注がれたそうです。
カクテルグラスの底に沈んだパールオニオンが美しい
カクテルです。
マティーニをシェイクしたものですね。

http://yuki194.ameblo.jp/category-d5504b5cd2d7031a851b53f674749ad8.html

http://www.theitaliantaste.com/international-recipes/cocktail/iba_cocktail/cucint_cktiba_018_gibson_eng.shtml

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Foodpia/9966/kakuteru/ginresipi.html

Q【バー】【ショットバー】どう違うのですか?

タイトルの通りですが、バーとショットバーはどう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

あんまり明確な定義はないと思いますが…

ショットバーは、ボトル売りではなく、1杯ずつ酒を売るバーという意味です。
バーは、カウンターがあって酒を飲ます店の総称。バーは、そのタイプによっていくつにも分類することができて(例:ダイニングバー、ワインバー、オーセンティックバーetc)、ショットバーもその分類のひとつです。

最初にも書きましたが、それほど厳密に使い分けられてるわけではないです。

Qショットバーとバーの違い

ショットバーとバーの違いが分かりません。
教えてください。
それとそのようなお店にこの前連れて行ってもらって店の雰囲気とかすごく気に入ったのですが、メニューとかもないのでどう頼んで良いのか分かりません。スマートに頼んでかっこよく飲みたい!って思うのですがお酒に詳しくないので困ってます。
そういうオーダーのポイントなど教えて下さい。
やはりお酒に詳しくならないといけないですね 。
勉強ですね。

Aベストアンサー

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていますね。
接客があってもスナックとは一線を画す静かで落ち着いたものです。

お酒とかの頼み方ですが、お酒の知識がないのでしたら臆することなく何でもバーテンに相談すれば良いですよ。
生半可な知識で背伸びしていることは直ぐに見透かされてしまいます。
付け焼刃なウンチクでも語ろうものなら裏で失笑されてしまいます。
好みだけを伝えて見繕ってもらえば良いですね。

私も何度も通っていても自分の知識だけでは飲むお酒が固定されてしまうので時々新しいお酒に挑戦しようと相談します。
ラックにいっぱい並んでいるお酒の名前もほんの数種類しか分かりません。
いつもボトルを指差して”あれちょうだい”なんて注文しているものだから”いい加減名前くらい覚えてくださいよー(笑)”なんて言われてます(笑)

昔(昭和30年代まで)はバーというとカウンターにホステスがいて接客をする店(今で言うスナック)だったみたいですね。
そこからホステスの接客やボトルキープもしないでショット(1杯)単位でお酒そのものを気軽に飲めるショットバーが派生したそうです。
お酒の味そのものを楽しむためにお酒の品揃えや氷や水にこだわり、店の雰囲気も静かで落ち着いたものにして人気が出て現在に至ります。
現在はホステスの接客を受けられる店=スナックが一般的ですからバーとショットバーの区分けはあいまいになっていま...続きを読む

Qショートカクテル

こんばんは。
今度女友達とショットバーにのみに行くことになりました。
その友達はバーに行くのが初めてなので、雰囲気を味わってもらいたいと思い、いいショートカクテルを紹介したいのですが、友達はお酒に強くありません。
なので、普通のショートカクテル(30度~)は飲めないと思います。
カクテルの本で調べてもせいぜい20度くらいなのですが、もう少し弱いカクテルがあればぜひ教えてください。
バーテンダーさんに聞けばいいとは思いますが、少しいい格好もしたいもので。

ここで言う「ショートカクテル」とはカクテルグラスで飲むカクテル、と定義させていただきます。
作り方はシェイク、ステアなど何でもありで。

Aベストアンサー

口当たりのよさでいったら女性好みは
ラムベースですね

フローズンダイキリとかはダイナミックなわりに
度数は低いです

お勧めは ネバダ

Qカクテルのギムレットはアペリティフ・カクテル?

今度、食事の前にカクテルを飲むことになったのですが、ギムレットを飲もうと思ったのですが、ギムレットはアペリティフ・カクテルでしょうか?

Aベストアンサー

バーテンダーです。

現在のレシピでは食前酒として通用します。
レイモンド・チャンドラーの時代のギムレットでしたら食後酒のくくりで間違いないと思います。
カクテルは時代によってレシピが変わっていきます。
昔のギムレットのレシピはジンとライムシロップ(ローズ社が指定だったそうです)を半々に割る、かなり甘いカクテルでした。
現在では生のライムが手に入りやすくなってきたため、ライムジュースを使いバランスを考慮したすっきりした辛口のカクテルに変わってきました。

アペリティフの定義を説明するとちょっと長くなりますので割愛いたしますが、辛口でスッキリしていて酸味のあるカクテルですから、食前酒として十分通用します。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報